1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
地域おこし協力隊
1
エントリー
on 2021/04/15 84 views

新規事業! 希少海藻 まつも の6次化とPR! 海のまち 南三陸からの挑戦

宮城県 南三陸町

宮城県 南三陸町のメンバー もっと見る

  • 採用広報担当
    ライター

  • ・東京都杉並区出身(父-山梨、母-秋田)
    ・人材サービス会社に就職
     インターネット求人メディア事業の立上げ
    ・2014年秋から、仙台に移住
     就職支援等、数々の公共事業PJTを受託運営
    ・2018年春から、南三陸町の移住事業に携わる
     初めて、漁師さんと出会い「同じ人間なんだ」と知る
     「地域にどれだけ必要とされるか、貢献できるかは自分次第」
     という感覚にハマる
    ・結果、仙台と南三陸の二拠点生活を実践中

なにをやっているのか

  • 仕事場の目の前に広がる海
  • マツモの陸上養殖を観察している様子

【希少海藻「まつも」の陸上養殖。海藻マーケットに挑みます】
◆ご存じですか?
海藻と聞くとワカメやひじきを思い出す方が多いと思いますが、実は食品の粘り気を出すのに使われたり、ビールなどの発酵にも使われてます。実は、私たちは毎日のように海藻を食べているのです。

◆希少海藻『まつも』とは
『まつも』は、上品な磯の香りと松の葉のような形をしているのが特徴で本来、岩礁に生育する海藻です。1年で約2~30センチほどの大きさまで育ちます。
栄養価も豊富で、抗がん作用であるβカロテンが海苔の約10倍。ビタミンEやフコイダンが含まれており美容や健康にも良い海藻です。

代表的なお料理には「まつものお吸い物」や「まつも酢」などがあり、料亭で扱われることが多く高級食材として知られています。

しかし、全国どこでも採れるわけではなく、北海道~東北地方で冬の短い間だけしか採取することができません。

そこで、私たちは『まつも』に目を付けました。

2019年11月から北里大学と共同研究して、まつもの陸上養殖を開始。
2020年4月には500gの収穫に成功しました。
同時にサステナブルブランド「SEASONS」を立上げ、「まつも」を素材に地域の優れた食材を組み合わせた商品を展開しようとしています。

なぜやるのか

  • 開発した海藻バター
  • 商品開発をしている様子

◆食文化としての存続が危うい
そんな『まつも』ですが、ワカメやひじきのように大量に採取できず加工の手間もかかります。
さらに、生息域の変化や漁師の担い手不足による収穫高の減少により現在は希少な海藻。
なかなか市場に出回らなくなってしまいました。
このままでは、食文化としての存続も危ういことも知りました。

「まつも」を食べる文化を消滅させたくない。
「まつも」をもっと多くの人に知ってもらいたい。

そこで考えたのが「まつも」の陸上養殖。
天候に左右されることなく、年間を通じて安定的に収穫が可能で作り手への負担も軽減できます。
目指すは、100年先も海藻文化を絶やさず持続可能な生産と消費の実現。
そして、水産資源の保全を図るサスティナブルな取り組みを進めていきます。

どうやっているのか

  • まつも陸上養殖プロジェクト責任者 阿部 将己さん
  • 陸上養殖施設、建設中! 目の前は海! 絶景です。

【地域おこし協力隊としての仕組み・活動】
町の活性化につながる事業として、私たちは認定を受けています。南三陸町から地域おこし協力隊員としての委託を受けながらも、当社の社員とし勤務いただきます。

【まつもの魅力】
まつもの魅力はなんといっても、上品な磯の香りと高い栄養価です。
そして、素材を活かした商品化、サステナブル社会への発信など、いろんな可能性を秘めているということ。

【ここから、スタート】
始まったばかりのプロジェクトです。
ここからさらに広めていく為に一緒にアイディアを出しながら進めていきましょう!

こんなことやります

◆サスティナブルブランド「SEASON」
現在、「まつも」を素材に地域の優れた食材を組み合わせた商品を展開するサスティナブルブランド「SEASON」を立上げ、「まつも」と那須の小さな牧場で作られた発酵バターと稀少なジャージー牛の生乳を原料とした珍しい発酵バターの2種類の「三陸海藻バター」を作りました。
従来からの主な顧客ターゲットは年配層ですが、6次アイテム化することにより、若い層にもアプローチしていきたいと思っています。

その為にも、柔軟な考えと新しいアイディアが必要だと思っています!
「見て楽しめ、食べて健康になれる」
そんな商品を一緒に養殖しながら開発し、販売できる仲間を募集しています!

\こんなお仕事です/
まつも陸上養殖事業のPR、商材開発などを通じてまつもを国内外に広めていただきたいです!
陸上養殖まつもの生産から加工・販売までの6次産業化を実現し、海藻マーケットで軌道に乗せることを目指します。

【必須条件】
・モノを売った経験のある方

\こんな方を歓迎します!/
・営業経験がある
・情報発信が好き
・新しいマーケットを開拓することに興味がある
・裁量権を持ってPRや企画に取り組みたい
・フレキシブルでベンチャー志向なマインドの持ち主
・事業責任者として起業することにも魅力を感じている

※阿部伊組での雇用になります
雇用の仕組みついては、すぐ上の項目、「どうやっているのか」をご参照ください。
▼阿部伊組のHPはこちら
https://www.abei.jp

まずはチャットや電話で、仕事のこと・南三陸町のことなどについてざっくばらんにお話ししましょう!
お気軽にご応募ください!

エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
宮城県 南三陸町
  • 〒986-0725 宮城県本吉郡南三陸町志津川字沼田101番地
  • 新規事業! 希少海藻 まつも の6次化とPR! 海のまち 南三陸からの挑戦
    宮城県 南三陸町