1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Webエンジニア
1
エントリー
on 2021/03/15 77 views

エクサバイト級の多様なデータを汎用的な意味のある抽象化された価値を発見する

株式会社プレイド

株式会社プレイドのメンバー もっと見る

  • 東京大学工学部にて神経科学、チューリッヒ工科大学にてロボティクス、東大大学院にて分散環境における機械学習の研究に従事。2009年未踏本体採択。2013年同大学院博士をドロップアウトし、同社CTOとして参画。2018 CPO。
    週末はいつも二児の子供と戯れています。

  • プレイドでデータ分析エンジンの研究開発を担当。

    2009年から2014年まで、IBMソフトウェア開発研究所で研究開発業務に従事。分散データベースの開発、並列プログラミング言語処理系の研究、テキスト分析システムの開発、コグニティブコンピューティングシステムの知識グラフ部分の研究開発を担当。

    2009年まで、東京大学工学系研究科で修士課程を卒業。認知システム工学の研究室で、ヒューマンモデルを用いたシミュレーションシステムの研究や開発を行った。

    プレイドでは、その他、エスプレッソマシンの傍らで、流行りのサードウェーブコーヒーを推進するために、3時頃からハンドドリップコーヒーを...

  • 2011年にNECに入社しクラウドサービスの立ち上げにエンジニアとして従事。2014年からKARTEローンチ前のプレイドに参画し、KARTEの裏側を全般的に担当。現在はHead of Engineeringとしてエンジニアリングだけでなく事業開発まで幅広くリード。

  • 一橋大学商学部卒業。新卒で株式会社日立製作所に入社し、アプリケーションフレームワークの開発に従事。2016年より株式会社プレイドに参画。フロントエンドやサーバサイドの開発を担当。高校時代に囲碁の全国大会での優勝経験有り。

なにをやっているのか

  • データを一人の人として捉えるプロダクトです
  • 「相手を知る」を様々な軸でのビジュアライズすることに取り組んでいます

私たちは、オンラインにおけるユーザーの行動や感情を強烈に見える化し、一人ひとりに合わせた体験を設計できるプロダクト、『KARTE』を開発・運営しています。
https://karte.io

ログとして捨てられてきたデータを"直感的に" "人として" 理解できるように解析し、ビジュアライズすることで、ウェブ/アプリでの体験を豊かにする仕組み作りに取り組んでいます。

また、KARTEのアプリ版『KARTE for App』、顧客データや行動データ、オフラインデータなど分断されているデータベースを統合、アクションまでを行うことができる『KARTE Datahub』もリリースし、顧客の解像度を上げ、より深く顧客を知ることを可能にしています。
https://karte.io/product/app/
https://karte.io/product/datahub/

2020/11/18からオープンβ版として、ノーコードでサイトをBlockの集合体として捉え直し、Blockごとに管理・更新・評価できる新しいサイト管理システム『KARTE Blocks』もリリースしております。
https://karte.io/product/blocks/

KARTEでどんなことが実現できるのかより深く理解することが出来る『KARTEプロダクトツアー』もございますので、ぜひ一度ご視聴ください
https://www.youtube.com/watch?v=C_zOA8wtNUY&feature=emb_logo

【メディア掲載】
# 顧客体験プラットフォーム「KARTE」のプレイドがGoogleから資金調達
- https://jp.techcrunch.com/2019/11/27/plaid-fundraising-from-google/
# プレイド、Webでの顧客体験を「便利」から「快適」へ深化
- https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19nv/00125/00028/
# 事業撤退を経て。『KARTE』リリースまでの3年間|PLAID(プレイド)倉橋健太
- https://careerhack.en-japan.com/report/detail/1100
# 「KARTE」運営のプレイド。創業時を倉橋/柴山氏が振り返る
- https://media.startup-db.com/interview/plaid

なぜやるのか

  • サービスに携わる人々に、顧客目線という共通言語を提供します
  • エンドユーザーが笑顔になる体験を増やしていきます

ミッション:データによって人の価値を最大化する

私たちはデータを民主化していくことで、価値創出と流通を再発明することを目指しています。

データは一部の会社が独占するものではなく、あらゆる人にとって価値となるもの。私たちは従来の淡白なデータの世界から、より人が扱いやすい直感的なデータに変換し、コミュニケーションのような人間の行動と直接的に繋げることで、人間の多様な感性や発想をミックスし、”データ”と”人”の双方の価値を最大化することができると考えています。

https://plaid.co.jp/mission.html

どうやっているのか

  • 役割に関係なく、フラットにサービスの未来を日々議論。
  • 2018年7月から銀座に引っ越しました

本当に面白いことをするためにも"世界に価値観を押し付けて" 前に進むことが出来るように、メンバーの自由度をどこまで担保できるかを考えています。熱い議論がホワイトボードの前で毎日起きているのが私達の強みです。

また、社員がより事業/プロダクト/クライアントに向き合えるように環境への投資は惜しみません。
MacBook Pro 16inc or 13inc / デュアルディスプレイ / ハーマンミラー or エルゴヒューマン / iPad(希望者付与) / コーヒー、エスプレッソマシーン多数完備 など働きやすい環境を用意しています。

【出身企業】
IBM、DeNA、ヤフー、NEC、Fujitsu、Salesforce、リクルート、楽天、博報堂、サイバーエージェント、グリー、オリックスなど

【技術ブログ】
http://tech.plaid.co.jp

こんなことやります

# このissueで取り組むこと

### データを適切に抽象化しKnowledge化することで汎用性を持たせ多数のクライアントに価値を持たせる

- ”ビッグデータ”時代で大量のデータを保持できる環境は整いつつありますが、保持したデータを実際にどう生かすかについてはまだまだ試行錯誤の余地があります。
- 一つの原因としてどういう風に分析すべきかという問題が、個別具体の問題に落ち込み再利用可能な方法を生み出しにくいです。
- その一つの解決策として、データの形を揃えて処理し、適切に抽象化、汎用的意味化することによって再利用可能な手法が生み出せないか模索しています。
- データから汎用的意味が抜き出せるようになると、様々なクライアントに対してデータの活用の仕方を示すことができるようになります。

# これまでやってきたこと

- Web上のユーザー行動からコンテキストを自動抽出するためのJS SDKやレポートの開発

コンテキストイベント(β版) | ドキュメント / インサイト / コンテキストイベント、フローイベント | KARTEサポートサイト
https://support.karte.io/post/2Oa3ClLeYx1bFq5o8iitKm

- ユーザー行動データとその他のデータを統合管理し、施策やレポートや機械学習モデルにシームレスに連携するDatahubの開発

KARTE Datahubが BI(ビジネスインテリジェンス)と機械学習の機能を追加するメジャーアップデートを実施
https://press.plaid.co.jp/data/20201203/

- 業界や企業を横断したWeb/Appの行動データを抽象化し、汎用的に使えるレポートやクエリやアクションのテンプレートとしてナレッジ化

導入企業 | CX(顧客体験)プラットフォーム KARTE(カルテ)
https://store.karte.io/cases/

# このissueの魅力

### 様々な傾向を持つデータの中から意味のある抽象化の仕方に試行錯誤できる

1. 様々な分野のサイトのユーザーの行動のデータや、クライアントのデータの見方考え方をみながら、実データを元に意味抽出の試行錯誤ができる
2. 最新のデータ分析手法を駆使して、最新のリアルワールドのデータを使って現実的課題を解くという、幅広い視野が必要で高度な課題にトライできる

# 担ってほしい役割・責任

### 抽象化のためのデータ分析、モデル作り、もしくはそのための基盤作り

1. 抽象化のためのデータ分析を、自らアイデアを提示しながら試行錯誤できる
2. 抽象化に必要な技術やデータ処理のアイデアやアルゴリズムを創出し実装する

### 役割は決めない

1. 課題を解くための手段を自由に選択可能にするため、個々人の役割は決めていません。
2. プロダクト全体を俯瞰し、課題だと思う部分は、主体的に取り組むことができます。

# 本issueへの社内メンバーからのオススメ

大量のデータが既に溜まっているということはもちろんですが、別のデータを計測する必要が出たらすぐに実装、そして展開していけるというところもプレイドの強みの一つです。
プロダクトのアップデートが非常に速いのでデータ分析も素早く試行錯誤できます。
エクサバイト級のデータ分析を汎用的な機能に落とし込んで提供し、またデータを見るだけで終わらずに実際のアクションにまでつなげられているプロダクトはほとんど存在しません。
この非常に難易度の高い課題に一緒に挑戦しませんか?

Engineer 物井 達也

会社の注目のストーリー

情報を伝えるだけでなく「体験」できるインフォグラフィック「データで振り返るKARTEの1年」を公開
GitHub活用はエンジニアだけじゃない。「仕事の見える化」の進め方。
社員との垣根はない──事業に向き合い、難しい課題に挑戦するプレイドのインターン
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社プレイド
  • 2011/10 に設立
  • 180人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 10階
  • エクサバイト級の多様なデータを汎用的な意味のある抽象化された価値を発見する
    株式会社プレイド