1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
事業開発/ PDM
5
エントリー
on 2021/04/07 109 views

事業開発_プロダクトマネジャー候補/日本の製造業が再び世界で勝てる起爆剤

株式会社ユーザベース

株式会社ユーザベースのメンバー もっと見る

  • 新卒で不動産ディベロッパーに入社。
    その後、大手人材紹介会社のキャリアコンサルタント・ハンティングエージェントを経て、2019年よりユーザベースグループ・株式会社FORCASにリクルーターとして入社。
    現在、更なる事業成長に向けて、最高の仲間集めに奮闘しています!

    プライベートでは2児のママ。
    仕事も子育ても諦めることなく、人生欲張りに生きたい!

  • 2013年〜2017年まで国内証券会社にて、リテール営業・資産運用コンサルティングを経験した後、
    2017年株式会社ユーザベースに入社。
    SPEEDA、entrepediaインサイドセールスチーム所属。
    インサイドセールスチーム リーダー
    インターン採用/教育担当。

なにをやっているのか

「経済情報で、世界を変える」

BtoCの世界では、Google や Facebook が効率的な情報アクセスを実現しているなか、BtoBの世界では、企業データは金融情報サービスから、統計データは官公庁サイトから、決算データは各社サイトからと情報集めは非効率なままでした。
そこで「BtoBの世界で情報アクセスを効率的にしよう」と考え、「経済情報で、世界を変える」というミッションを掲げ、2008年に設立しました。

私たちは、経済情報プラットフォームとして、ビジネスパーソンの日々の意思決定を支え、世界中で愛される経済情報インフラを目指し4つのサービスを展開しています。

<SPEEDA>
http://www.uzabase.com/speeda/
SPEEDAは、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。

<NewsPicks>
https://newspicks.com/
NewsPicksは、経済ニュースを業界人や専門家のコメントとあわせて読むことができるサービスです。国内外100メディアのニュースのほか、NewsPicks編集部が作成するオリジナル記事も配信しています。

<INITIAL>
https://initial.inc/
INITIAL(イニシャル)は、データとストーリーからスタートアップの現在と未来を紐解く独自のコンテンツを提供。多数のメディアで引用される資金調達レポートや独自のスタートアップ成長モデルなどを公表する。

<FORCAS>
https://www.forcas.com/
FORCAS(フォーカス)は、データ分析に基づいて成約確度の高いアカウントを予測し、マーケティングと営業のリソースをそのターゲットアカウントに集中する最新マーケティング手法「ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)」の実践を強力にサポートするマーケティングプラットフォームです。

なぜやるのか

私たちは、あらゆる経済情報を人とテクノロジーの力で整理・分析・創出することで、ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を解放することで、世界に変革をおこしていきたいと考えています。
経済情報を通して、世界中のビジネスパーソンの意思決定を支える、日本発のデファクトになる経済情報インフラづくりを目指しています。

どうやっているのか

「経済情報で、世界を変える」というミッションのもと、事業を拡大していくうえで多様な人材は私たちの競争力の源泉だと考えています。

個々の個性を一色に染めることはせず、それぞれの生き方を尊重しながらも、力を結集するための共通の価値観をもつために、私たちが大切にしている共通の価値観。それが「The 7 Values」です。

「The 7 Values」
https://www.uzabase.com/company/seven-rules/
1.自由主義で行こう
2.創造性がなければ意味がない
3.ユーザーの理想から始める
4.スピードで驚かす
5.迷ったら挑戦する道を選ぶ
6.渦中の友を助ける
7.異能は才能

ユーザベースでは、「スーパーフレックス制度」を導入しており、出社義務もなければ服装も自由。生産性を最大限に高められるように、自分にあった働き方を選ぶことができます。

「働き方を自分で決める、スーパーフレックス制度の紹介」
https://www.wantedly.com/companies/uzabase-inc/post_articles/82896

「ユーザー=社員の声から導入決定!ユーザベースの「保育料補助制度」」
https://www.wantedly.com/companies/uzabase-inc/post_articles/104513

【就業場所における屋内の受動喫煙対策】
・受動喫煙防止措置:有り
・対策:執務スペースでの喫煙禁止、喫煙は別途設置の喫煙専用室でのみ可とする
・特記事項1:喫煙専用室設置(オフィスビル内共用)
・特記事項2:喫煙可能区域での業務なし

こんなことやります

【概要】
SPEEDAはビジネスパーソンの情報収集の課題を解決し、企業の進化を加速する経済情報プラットフォームです。
2019年11月、SPEEDAに『特許動向検索機能』という新たな機能が実装しました。
「経営」と「知財」。まだまだ日本企業では経営と知財が分離している中で、企業の優位性を高めていくためには、両者を一体化する必要があります。
企業がもつ知的財産を分析し、経営戦略に生かす知財一体型の経営をSPEEDAの『特許動向検索機能』は可能にし、企業の進化を加速させます。

今回採用するポジションは、主に製造メーカー(素材~OEMまで)の技術企画・研究開発・知財部門やIT企業で無形資産などの技術・知財戦略を担う技術領域のお客様群に向き合う、SPEEDA R&D(SPEEDA技術領域事業)の事業開発となります。
SPEEDA R&Dは2020年7月からチーム化して市場拡大への準備を進め、2021年1月にDivision化した新組織であり、事業・組織立ち上げメンバーとしてもご活躍いただきます。

【ミッション】
・技術領域の顧客に徹底的に向き合い、SPEEDA導入後の顧客のLTV最大化に向けた活動を通じて、顧客の技術経営/IPランドスケープを推進することで顧客の事業成長・変革の全てを担う。
・事業の未来を描き、ユーザーの理想を起点にプロダクトの新しい価値を創造し、それを実現させるためのSPEEDA R&Dとしてのデータ基盤をつくる。

【業務内容】
#カスタマーサクセス:
・既存顧客からのSPEEDAへの要望やフィードバックを整理し、プロダクトの機能改善についてプロダクトチームと連携を行う。
・SPEEDAを導入いただいた顧客に対し、オンボーディング(ご活用シーンの整理および活用研修の提供)。
・SPEEDAの利用ログや問合せ状況などをモニタリングしながら、メールや電話で継続的に顧客との関係構築を実施します。より活用ポテンシャルが見込める場合にはアップセルの提案を積極的に行い、活用が芳しくない場合は、活用フォローアップ。
・顧客の利活用状況に応じて、他チームとカスタマーサクセス強化対象の精査やリスト管理、フォローアップ等の一斉案内。
・CustomerExperienceを向上させるため、既存顧客や見込み顧客からの要望・ヒアリングに基づき、集合研修やセミナー、ワークショップといった活用レベルをより高める取り組みをご案内します。また、マーケティングやセールスチームと連携し、技術顧客の業務に資するセミナーやワークショップを企画設計。
・活用価値向上とプロダクトフィードバックのサイクルを顧客起点で高速に回すため、コアユーザー様を巻き込んだ「コミュニティ形成・進化」や「公開開発会議」の企画・運営。

#プロダクトアーキテクト:
社会課題や産業変革がもたらすグローバル市場におけるテクノロジートレンドの調査分析、及びその結果を踏まえたSPEEDA内コンテンツの技術情報(特許データ)×経済情報の構造化。
SPEEDAではあらゆる経済情報が、構造的・俯瞰的に整理されているため、それらの情報がつながって解釈できるプロダクトです。新たに加わった特許データ等の技術情報は、まだ十分に経済情報とシームレスにつながる構造化がしきれておらず、途上の段階です。そのため、その構造設計を完成させきることが一番のミッションであり、技術とビジネスの両面を捉えて、その構造を世の中に示す、という大きな価値ある設計部分からプロダクト開発をスタートしていただきます。

最終的(3年以内)には、SPEEDA R&DのPDM(プロダクトマネジャー)として以下をお任せすることを想定していますが、ご入社〜1~2年ほどは、まずはプロダクト・ユーザーをしっかりと理解いただくために上記にコミットいただくことを想定しています。

<プロダクト開発>
・ユーザヒアリング
・プロダクトコンセプトの設定
・詳細設計
・デザイン設計
・実装までの全体マネジメント
<新機能実装に向けたデータ拡充の企画立案>
・データサプライヤーのサーチ
・BizDevチームとの連携

【やりがい】
・「技術企画」というSPEEDAの新たな事業領域の確立・拡大に貢献できる。
・SPEEDAを通じて、「ビジネス×技術」を実現させることで、顧客の事業成長・変革の一翼を担える。
・顧客価値に向き合いながら、SaaSビジネスの醍醐味であるプロダクトの開発やシェアの拡大といった領域にもチーム間連携しながら携わることができる。
・カスタマーサクセスの実現に向けた施策の立案・実行に携わることができる。
・技術領域のお客様にとことん向き合い、プロダクトを改善進化させていくことができる。モノづくり・メーカー・技術に興味関心がある

会社の注目のストーリー

データを見ながらPDCAを回すのは危険?NewsPicks CTOが語る「事業成長のために必要な3つのこと」
働き方を自分で決める、「スーパーフレックス」制度の紹介
ユーザベース初のM&A。実は影の立役者は僕でした。
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社ユーザベース
  • 2008/04 に設立
  • 580人のメンバー
  • 海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
  • 事業開発_プロダクトマネジャー候補/日本の製造業が再び世界で勝てる起爆剤
    株式会社ユーザベース