1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
インターン・学生バイト
Webマーケティング
9
エントリー
on 2021/04/18 227 views

英語が活かせるインターン!外資系スタートアップでCEOアシスタントを経験!

エアロダインジャパン株式会社

エアロダインジャパン株式会社のメンバー もっと見る

  • テレビ番組制作会社のADからキャリアを始め、現在は外資系ドローン企業エアロダインの日本法人代表を務める。

    自称、ドローン業界のエヴァンジェリスト。
    別名、ドローン業界のおしゃべりバズーカ。

    エアロダインの持つ豊富な海外実績を元に、日系企業・行政向けにドローンを起点としたデジタルトランスフォーメーションを推進する活動を行っている。

    ドローン企業の代表にも関わらず、ドローンを飛ばした経験は3分程度しかないのはここだけの秘密。

  • 1994年北海道生まれ。
    大学卒業後はインターンとして国内企業で働きながら、カナダへ一年間渡り通用するビジネス英語取得のため武者修行。
    帰国後はエアロダインジャパン株式会社のスターティングメンバーとして入社。

    [ 入社後 ]
    2019年、エアロダインジャパン株式会社に新卒入社。
    エアロダイングループが世界各国で展開するドローンサービスを
    日本国内へ持ってくるためソリューション開発やローカライズをイチから担う。

    入社当初から、マレーシア本社と海外 / 国内の様々なドローン点検現場を行き来し、プロジェクトマネージャー / ドローンパイロットとして日本支社の活動をリード。

    プロジェクト...

  • A bubbly person. Love challenges.
    Currently at Malaysia and always looking forward with the opportunity to meet people from all over the globe. To exchange cultures, knowledges, and experiences.

なにをやっているのか

  • エアロダインが他のドローン企業と差別化されるポイントは、ドローンを飛ばすだけではなく、ドローンで集めた情報をどのよう処理し、顧客のアセットマネージメントそのものをDXすることにあります。
  • マレーシアで電線の点検の様子。ドローンの企業と言うと、この写真のようなドローン飛行部分を捉えられがちですが、これはDT3のコンセプトの最初の一歩です。

エアロダインのビジネスの柱はDT3=Drone Tech + Data Tech + Digital Transformation

「ドローンの会社」と表現すると、ドローンを飛ばすことを生業にしていることが容易に想像できると思います。しかし、それはエアロダイングループの事業の最初のステップです。ドローンはお客様が必要とするデータを取得するツールに過ぎません。弊社のビジネスの柱は「Drone Tech、Data Tech、Digital Transfer」の3つが合わさった、オリジナルのソリューションサービスです。

【1の柱 = Drone Tech】
弊社はドローンの製造業者ではありませんので、特定の機体に縛られることなく、常にお客様にとって最もフィットする機体を選んでいます。ドローン導入に際して何が達成すべきことなのかを明確にしながら、予算やデータのクオリティーを考慮して機体を選定しています。

【2の柱 = Data Tech】
集めた写真や動画データを元にしながら、お客様の設備の異常箇所の検出や点検したり、プロジェクトの進捗状況のモニタリングを実施します。対象設備の専門的な知識を有するスタッフによるマニュアル点検だけでなく、AIも駆使して膨大な量のデータを効率よく処理しています。

【3の柱 = Digital Transformation (DX)】
点検データはオンラインに用意したプラットフォームにてお客様へお渡しをします。台帳を使った紙ベースの設備管理から、最終的意はお客様のお持ちのアセットをすべてデジタル化して、設備管理のワークフローをオンラインへ移行するDXが目標です。

お客様は多岐にわたり、電力事業社や通信事業社、太陽光・風力などの再エネ事業社、建築土木事業社、総合商社など、ドローンを使った新しい点検手法を模索しているすべての企業がポテンシャルカスタマーとなります。

これらのサービスを日本国内はもとより、ドローン業界で世界最大級の弊社のグローバルネットワークを駆使しながら、日本の大企業が所有する海外アセットの点検にも導入を進めております。

なぜやるのか

  • 代表の伊藤が参加した政策提言ピッチの様子。ドローンの規制緩和から踏み込んで、国交相のインフラ点検要項改定という観点からお話をさせていただきました。
  • 2019年11月、岸田政調会長(当時)をはじめ、デジタル社会推進特別委員会、自民党スタートアップ推進議員連盟の先生方へ、政策提言のためのピッチと意見交換会を行いました。現在はデジタル改革担当の平井大臣や、ドローン推進議員連盟で座長をされている今枝 宗一郎議員も列席。

インフラは建てたが最後、老朽化する一方です。

日本は世界と比べてもインフラ整備が充実している一方で、戦後に新設した道路や橋、トンネルなど、多くのインフラ構造物が築50年以上を迎えつつ有り、点検・修理の必要性が日増しに大きくなっています。「国土強靭化」という名の元に国が管理する点検項目は増えていくため、年間6兆円以上もある公共事業費の中でも点検・修理に費やされる予算の増加に歯止めが聞いていません。内閣府の調べでは2033年には6兆円の予算のうち、実に5.5兆円が修理・補修で費やされるという試算もあるくらいです。

同時に、点検・修理に従事できる土木エンジニア・建設コンサルタントの人口は減少の一途をたどっています。労働人口の減少と高齢化といった社会的な構造上の問題は、社会基盤となるインフラにおける必要最低限の点検や修理すら不可能になる未来を浮き彫りにしています。

これらの課題を解決するためには、ドローンに代表されるロボティクスによる生産性の向上が必須となっています。
しかし、残念なことに日本のドローン産業の成長性は諸外国と比べても遅れています。
理由は明確で、法規制による発展性の阻害や変化を恐れることによるドローンの社会実装の遅れ、そしてドローンに対する未知の恐怖からくる社会受容の不成熟など。社会的にも意義がある事業にも関わらず、なかなか前進しない。それが今までの日本のドローン業界でした。

エアロダインは本社のあるマレーシアはもちろん、アメリカやチリ、インドなど、海外で圧倒的な現場での実績を積んでおります。日本のドローン事業が前進しない間にも、海外で出来上がるソリューションや運用ノウハウなどを日本に持ってくることで、日本のドローン産業の発展を加速させます。

日本のドローン業界の発展に貢献すること。
それは、すなわち日本経済の発展に貢献することになるのです。

これからの日本の未来を担う世代が安心して住める国造り。
エアロダインはDT3でその一翼を担います!

どうやっているのか

  • 日本政府も推し進める洋上風力発電。ドローンを使った洋上風力発電の点検は、日本国内ではまだ十分な知見がないため、エアロダインの欧州での取り組みが重要視されている。
  • 日本法人はまだ4名の社員しかいませんが、グループ全体では500人以上が在籍しています。本社のあるマレーシアでは今年だけでも100名以上を採用予定です。

【ドローンネットワーク構築】
弊社が思い描く「ドローン前提社会」の未来像は、民間企業1社でどうにかなるものではありません。そこで、ドローン事業に特化したベンチャーキャピタルのドローンファンドと資本業務提携を構築し、出資先の多くのドローンスタートアップと密接な連携をとっています。

NTT西日本の子会社のジャパン・インフラ・ウェイマークとは、日本国内の送配電設備に対するドローン点検サービスの提供及び共同開発を行う業務提携をおこないました。(2019年7月)

ドローン製造企業の自立制御システム研究所(ACSL)とは、機体の連続飛行試験を弊社マレーシア本社で行っています。1,000時間以上のフライトテストを通して、リスクレベル評価、安全性・信頼性を示すための基礎データを取得し、国産ドローンの発展をサポートしております。(2020年11月)

日本最大級のドローン操縦者ネットワークを持つA.L.I. Technologiesとは、ドローンのオペレーターアライアンスを構築し、国内外のオペレーターを相互利用できる体制を構築しております。この体制により、日本全国で高品質かつ、より安価に、よりスピーディーなドローンサービスの提供が出来るようになりました。(2020年11月)

【ケーススタディの輸入】
ファーストペンギンという言葉をご存知でしょうか?群れの中で先頭に立って海に飛び込むペンギンがいると、続々と他のペンギンも後に続いて海に飛び込みます。この先頭に立つペンギンのように、リスクを恐れずに最初に挑戦するユーザーや企業をファーストペンギンと呼びます。

日本企業の中でもドローンの可能性を感じている方々は多いものの、まだまだ導入方法が確立していない中で、あえてリスクをとってファーストペンギンになることを躊躇している会社が多いのが現実です。

海外に目を向けると、既に日本企業がやりたい運用方法が当たり前のようにおこなわれている現実があります。企業のリスクに対するマインドだけではなく、ドローンにまつわる規制や、導入コストなどの様々なファクターはあるものの、海外はケーススタディの宝庫です。そこでエアロダイン35カ国のネットワークを駆使して、海外での先行事例や導入成功事例、さらには失敗事例を集めて、日本のお客様へドローン導入のためのコンサルテーションを実施しています。

【少数精鋭】
グローバルでは500名以上の社員がいるものの、日本法人はわずか4名で運営しています。(絶賛増員中!)
それぞれが東京、奈良、沖縄、マレーシアと別々の場所から完全リモートワークで業務に従事しているものの、毎朝のオンラインミーティングや、ビジネスチャットツールを使ってのタイムリーな情報共有、アクションに対してのフィードバックなど、リモートとは思えない蜜なコミュニケーションを大事にしています。少数精鋭だからこそお互いの目が届きやすく、ベンチャーならではのスピードで物事が進行していきます。

こんなことやります

◆募集背景◆

2018年に外資系ドローン企業として日本に進出してから2年。マーケットリサーチ及び業界内でのネットワークを構築してまいりましたが、3期目となる今季からはいよいよ日本のお客様へもサービスを提供するフェーズに移行します。

会社として「攻め」にギアをいれるために、一緒に活躍してもらえるコアメンバーを積極的に採用中ですが、同時に新たに優秀な学生を対象としたインターンを募集します。

ドローン業界が気になる方や、スタートアップで働くことに興味がある方、日常的に英語を使っての仕事をしてみたい方、ぜひご検討ください!

■ 概要

・形態:インターン(有償)

・日数:週3日程度 (週に10時間〜20時間程度の勤務を想定しています)

・時間:ある程度自由に調整可能です(社員のコアタイムで動けると、きめ細かなフォローが出来ます)

・勤務地:リモート対応なので全国どこでも可能

*社員は東京、奈良、沖縄、マレーシアとそれぞれバラバラで完全リモート体制です。
*過去のインターン生も神奈川、大阪、高知、福岡から参加していました。

■ 担当していただくこと

・社長直下のポジションですが、特に決められた役割はありません。
・マーケティング、PR、事業開発、プロジェクトマネジメントなど、様々な業務が予想されますが、適正を見ながら判断します。

・良くも悪くもスタートアップのカオスを体験できる最良ポジションになります。

*飛び込み営業やテレアポなどを強制することはありません

■ ポジションの魅力
・グローバル企業でありながら、まだまだ基盤が整っていない日本法人の初期メンバーと一緒に成長フェーズを1からビルドアップできる
・ドローンという黎明期の成長産業において、自ら試行錯誤しながら事業推進していく経験を積める
まだ世の中にない価値を訴求するため本質的なビジネス力が身につくまだ世の中にない価値を訴求するため本質的なビジネス力が身につく
・インターナショナルなチームと働ける(日本、マレーシアなど)
・ 急成長中のベンチャーで自らも成長できる
・マーケットでも独り立ちできる個の強さを身につけられる
・就活で迷わないために自分の強味/弱みを知ることが出来る

 *毎月実施している代表の伊藤によるインターン生のキャリア相談や、学生では知り得ないドローン業界やスタートアップ業界の話などで盛り上がるオフ会なども好評いただいております。

■ 歓迎するキャラクター

・働き方や仕事について好奇心のある方

・丁寧なコミュニケーションができる方

・受け身にならず、積極的に提案&行動できる方
・成功することへの貪欲さがある事

■ 歓迎するスキル/経験/条件
・長期(原則3ヶ月以上)勤められる方

・Excel、Word、PowerPointなどの一般的PCスキルをお持ちの方
・英語での読み書きが問題なく出来る方
(参考程度ですが英検準1級、TOEIC800点以上)
・留学などの海外経験

✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧✧
お読み頂きありがとうございました。

スタートアップビジネスは人が全てです。
エアロダインは「最高のキャリアアップの場」として存在していきたいと考えています。

エアロダインは現在、スケール期の入り口にあり、まさに自分の成長が会社の成長に直結する環境です。
事業が急成長するなか、適正を見極めた上で学生にも裁量をある仕事をお任せしていくつもりです。
こうした環境で働くことにより、これからのあなたのキャリアポテンシャルを高めることができます!

もし弊社に興味をお持ち頂けましたら、まずはお気軽にご連絡ください!

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
エアロダインジャパン株式会社
  • 2018/07 に設立
  • 3人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都墨田区横川1-16-3 センターオブガレージ
  • 英語が活かせるインターン!外資系スタートアップでCEOアシスタントを経験!
    エアロダインジャパン株式会社