1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
サーバサイドエンジニア
on 2021/04/28 36 views

開発チーム主体で今までにないFintechプロダクト開発に挑むエンジニア

ファンズ株式会社

ファンズ株式会社のメンバー もっと見る

  • クラウドポート代表取締役

  • 4-time Serial Entrepreneur / Angel Investor / Tokyo Founders Fund / Walk-in point app. Smapo (Spotlight, Inc.) / Japanese #1 Taxi App Japan Taxi

  • ファンズ株式会社のプロダクト開発部長(エンジニア)です。

    ファンズ株式会社(旧 株式会社クラウドポート)には2016年の創業時より在籍。
    チームマネジメント・エンジニア採用業務などのほか、Fundsの仕様定義とシステムアーキテクチャの設計、Scalaによるバックエンドサービス・ユーザー向けWebサイトの設計・開発などを担当しています。

    Fundsのプロダクト開発では、サービス立ち上げ時より持続可能な開発を意識しています。
    スタートアップとしてのスピート感と金融システムとしての安全性を実現しつつ、将来の事業展開やチームの拡大に応じてスケールできる組織・システムの実現を目指しています。
    ...

  • ネット広告効果測定、就活、大手結婚相談所、大学業務、ライブセミナー配信、etcと様々な業界のシステム開発をしてきまして、ファンズ前身のクラウドポートにジョインしました。
    クラウドポートではPython3.x Django1.xでバックエンド開発を担当しており
    現在Fundsでは主に社内オペレーションシステムのフロントエンドを担当しています。
    Fundsで採用されたScalaは現在修行中です。

なにをやっているのか

  • 右が代表の藤田、左が共同創業者/取締役の柴田です。
  • IVS 2019 LaunchPad優勝時の写真です。

ファンズ株式会社(旧名:クラウドポート)は、2016年創業のFintechスタートアップ企業です。
2019年1月にリリースした貸付投資のオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」を開発・運営しています。

▼「Funds ( https://funds.jp/ ) 」とは
Fundsは、資産形成したい個人と事業資金を借りたい企業をつなぐオンラインマーケットです。当社の定める選定基準をクリアした企業が、自社グループの事業に必要な資金を調達する目的でファンドを組成し、それに対して個人が少額から出資し分配金を得ることができます。

「1円から1円単位で投資ができる」「投資家の手数料ゼロ」「投資後に値動きを見る必要なし」といった、株式投資やロボアドバイザーなどの既存の資産運用サービスにはない特徴と価値を提供し、業界を代表する多くの上場企業にも参加いただいています。

このようなビジネスモデルが評価され、国内最大級のピッチコンテストであるIVS 2019 Launch Padでの優勝をはじめとした多数の受賞実績の他、経済ニュース番組のワールドビジネスサテライト(WBS)等のメディアにも多く取り上げていただいており、業界内外で知っていただく機会も増えています。

また、業界初の取り組みとして、メルペイを投資に利用できる機能を実現。Fundsで得た利益はメルペイで使えることで話題が集まり、初回ファンドは1億円の先着希望枠に対し、約1分で満額申込を達成しました。

▼参考記事
国内初、スマホ決済サービス「メルペイ」で貸付投資!「Funds」がメルカリ サステナビリティファンド#1を募集
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000023781.html

IVS Summer 2019のLaunchPad優勝者はクラウドポートの「Funds」に決定
https://jp.techcrunch.com/2019/07/12/infinity-ventures-summit-2019-summer-kobe/

3年後の運用残高1000億円へ加速ーー秒速で売れる貸付投資「Funds」運営が7億円調達
「貯蓄から資産形成」の実現目指す
https://thebridge.jp/2019/08/funds-raised-money-to-save-your-future-life

テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト (WBS)」でFundsの取り組みが紹介されます
https://funds.jp/blog/detail/53

なぜやるのか

社会を取り巻いている、未来のお金に対する不安は、深刻さを増すばかりです。これまでも、国や企業が「個人の資産運用」の普及に力を注いできましたが、貯金で資産形成ができないのは分かっていても、値動きのある株式は手間がかかりそう、FXや仮想通貨はリスクが高そう、という資産運用への不安から、なかなか踏み出せないひとが多いのが現状です。

この不安を少しでも解消することため、これまでにない、人々の暮らしに根ざしたの新たな投資機会を創出し、より多くの方が貸付投資に参加できるようにする。そして、すべてのひとが未来も今も思いきり生きられる世界を実現したい。
これが、

「未来の不安に、まだない答えを。」

というミッションに込めた想いです。

「日本で運用残高 NO.1のFintech資産運用サービスになる」という成長目標を掲げ、金融、テック、法律などの様々な領域のプロフェッショナルが集まり、サービス拡大に努めています。

どうやっているのか

昨今のリモートワークの推進に伴い、アフターコロナも含めた中長期的な視点からも環境の変化に順応できる働き方へシフトしています。

◆月次全社MTGをオンラインで実施
毎月経営情報を全社MTGで発表しており、その内容は社員全員がアクセス可能。
社員に対して透明性の高い経営を行っています。
また全体MTGの最後には社員が持ち回りでLTを実施。相互理解と知識の共有の場となっています。

◆個人の裁量でリモートワークを実施
自身で柔軟に働き方を調整できるよう、リモートワークを導入し、リモート勤務手当も支給。
申請は不要で上限日数などもありません。家庭環境や業務内容に応じて自由にリモートワークを取り入れられます。

◆カジュアルコミュニケーションの場を提供
リモート環境においても社員同士がコミュニケーションを取れる機会を制度化。
月イチのシャッフルランチや、毎週朝会後のカジュアルトークタイム「Good&New」をオンラインで実施しています。

こんなことやります

<Scala未経験OK!開発チームの中核を担うサーバサイドエンジニア>
2019年1月8日にリリースされた貸付投資のオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」の開発・運用、機能開発のディレクションをお任せします。

「未来の不安に、まだない答えを。」というミッションの元、「Funds」というサービスをより価値あるものにしていくという想いを共有し、開発に臨んでいただける方を歓迎します。

<具体的な業務>
■Fundsとその関連システムのアプリケーション開発・運用
・Scalaで実装されたFundsのバックエンドシステムの開発
・チーム内のアプリケーションエンジニアやSREと協力し、運用中のアプリケーションの改善
・長期的な運用を見据えたシステムのリアーキテクト・リファクタリングなど

■機能開発のディレクション
・サービスや業務で実現が必要となる要件の整理
・開発に携わるチームメンバーが仕様を理解できるようにするための仕様の整理・明文化
・チーム内外の関係者とコミュニケーションを取り、関係者への周知やリリーススケジュールの調整など

<開発環境>
・主な技術スタック
利用言語:Scala, JavaScript/TypeScript, Python, Go など
フレームワーク/主要ライブラリ:Play Framework, React, Webix, Terraform
クラウドプラットフォーム:AWS, GCP(アプリケーションは主にAmazon EKS上で運用)

・利用ツール等
コミュニケーションツール:Slack, ZOOM, miro など
ドキュメンテーション:Kibela など
チケット管理:JIRA
開発運用:GitHub, PagerDuty, Datadog, Sentry, Terraform Cloud など
その他:TestRail など

<仕事の魅力>
◆Fundsのプロダクト開発チームの中で、アプリケーション開発の中心的な役割を担うポジション
このポジションが担う役割は広く、開発者としてのスキルと、開発に必要な取りまとめを行う能力のどちらも必要となります。
金融や法律などのエキスパートと肩を並べてドメイン固有の問題を議論し、整理されたドメイン知識をシステムに落としていく、他業種ではあまり経験できない業務を経験できることが特長です。

◆開発チーム主体で意思決定できる
常に事業目線で意思決定をすることを大事にしており、プロダクトの新機能開発や改善についても、エンジニアが主体となって意思決定できる体制があります。
また持続可能性という視点で必要となる、リファクタリングやリアーキテクトなどの純粋な技術的改善にも取り組むことができます。

<開発組織のバリュー(行動指針)>
・事業成長のためにやる
・持続可能なやり方を採用する
・誇りなきものを作らない
・自律的チームであれ
下記にてくわしく説明しておりますので、ぜひ一読ください。
https://note.com/yshnb/n/nffdf9c956a84

【MUST】
・静的型付け言語を用いて、アプリケーションアーキテクチャとドメインモデルを意識した開発の経験
・データベースやミドルウェアに関する基礎的な知識
・業務・サービスで実現すべき機能の要件・仕様を他者に理解できるよう整理し、設計と実装までを一貫して行える方

【WANT】
・JVM上で動作する言語で実装されたアプリケーション運用経験
・ソフトウェアアーキテクチャに関する知識
・金融・法律・会計などの分野のドメイン知識
・AWS, GCP などのクラウドサービスに関する知識・本番環境で運用経験
・Kubernetes でのアプリケーション運用経験
・セキュリティ・セキュアなデータの取り扱いに関する知識・経験

【こんな方と働きたい!】
・Fundsの目指す方向性を理解・共感し、チームの一員として事業の成功に貢献したいと考えられる方
・課題を自ら発見し、検討・改善していくことができる方
・課題や分からないことを明確に言語化して伝えられるコミュニケーション能力のある方
・未知の分野においても、自ら積極的に学習して課題解決へ取り組むことができる方

プロダクト開発部では裁量労働制とリモートワークを取り入れており、個人の裁量で柔軟な働き方が可能です!
興味をお持ちいただいた方と、まずはカジュアルな面談で色々とお話しできたらと思います。
ぜひお気軽にご連絡ください!

会社の注目のストーリー

スタートアップの最初の10人はいかにして集うのか
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
ファンズ株式会社
  • 2016/11 に設立
  • 30人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル 7F
  • 開発チーム主体で今までにないFintechプロダクト開発に挑むエンジニア
    ファンズ株式会社