350万人が利用する会社訪問アプリ

  • VRエンジニア
  • 1エントリー

アーキテクチャ設計やビジョン提示!Unityの可能性を広げるVRエンジニア

VRエンジニア
Mid-career
1エントリー

on 2021/06/07

430 views

1人がエントリー中

アーキテクチャ設計やビジョン提示!Unityの可能性を広げるVRエンジニア

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

Kensuke Joji

テレビ局、広告会社、北米、アジアにて先端テクノロジー事業開発のリーダー20年を経て、2014年に帰国し、株式会社ジョリーグッド創業。2015年に高精度VRラボ「GuruVR」を立ち上げ、テレビ業界トップシェア。2018年VR×AI人材育成ソリューションを発表し、2019年には医療教育VR、発達障害向けソーシャルスキルトレーニングVR、介護教育VRを発表し、医療福祉業界のVR実績トップに。2020年精神疾患向けデジタル治療VR事業(DTx)を発表。累計資金調達22億円。映像・IT技術・先端テクノロジー事業開発、海外事業、企業経営が専門。

<JOLiC>CEO上路健介(前編):VRで”体験”をコンテンツ化する

Kensuke Jojiさんのストーリー

Hiroaki Sasaki

吉田 雄貴

2017年3月中央大学卒業後、同年4月より新卒で野村證券株式会社に入社。東京都の蒲田支店にてリテール営業を行う。2019年6月からミイダス株式会社にインサイドセールスとして入社、2020年1月より同社の開発部人事に異動しエンジニア採用、オンボーディング、サーベイ分析などを行う。 2022年10月より株式会社ジョリーグッドに入社し人事として採用や人事業務に携わっております。

Makoto Nishida

医療VR×AIテックベンチャーのジョリーグッドで人事総務をしています!

株式会社ジョリーグッドのメンバー

テレビ局、広告会社、北米、アジアにて先端テクノロジー事業開発のリーダー20年を経て、2014年に帰国し、株式会社ジョリーグッド創業。2015年に高精度VRラボ「GuruVR」を立ち上げ、テレビ業界トップシェア。2018年VR×AI人材育成ソリューションを発表し、2019年には医療教育VR、発達障害向けソーシャルスキルトレーニングVR、介護教育VRを発表し、医療福祉業界のVR実績トップに。2020年精神疾患向けデジタル治療VR事業(DTx)を発表。累計資金調達22億円。映像・IT技術・先端テクノロジー事業開発、海外事業、企業経営が専門。

なにをやっているのか

ジョリーグッドは高精度なVRコンテンツとVR空間のユーザー行動を解析する機能を開発し、VRプラットフォームを提供しているテクノロジーカンパニーです。 私たちは「テクノロジーは、それを必要とする人に使われて、初めて価値がある」と考えていて、VRで人の成長をサポートすることをビジョンに掲げています。 単なるエンターテイメントでは終わらせない、世の中の課題を解決するためのVRを、より多くの人に届けるためにチャレンジし続けています。   VRはゲームや映画などのエンタメ分野のみならず、ビジネス用途や教育分野での活用が急速に拡大してる中で、新型コロナウィルスによるオンライン教育のニーズの高まりや、5Gの本格導入による360°動画のリアルタイム配信など、ますます注目が高まっています。   そうした成長市場において、高精度な実写VRコンテンツの制作からアプリ開発までワンストップで提供。誰もが直感的に操作できるシンプルなオペレーションを構築し、企業向けVRサービスのリーディングカンパニーとして、主に<医療><福祉>の分野でニーズを捉えたVRソリューションを展開しています。   【 ジョリーグッドの事業の3つの柱 】 ①医療教育 ▶︎VR制作ソリューション【JOLLYGOOD+make】 「JOLLYGOOD+make」は、医療に関わる全ての要素を高精度VRカメラを用いて本人視点の360度実写映像で簡単にVRコンテンツ化することができる医療VRセルフ制作ソリューションです。従来のCGで制作されたVRコンテンツと比較して、本サービスで制作した実写医療VRは、圧倒的な当事者⽬線で憑依するようなリアリティの高い臨床体験や患者体験などを得ることができます。 https://jollygoodplus.com/about/make/ ②医療福祉に特化したVR総合プラットフォーム【JOLLYGOOD+】 ▶︎ジョリーグッドプラスは、ジョリーグッド独自の手法により作り上げられた当事者目線VRコンテンツを、いつでも・どこでも・何度でも体験できる、デジタルヘルスVRに特化した月額サブスクリプションサービスです。400本以上の医療・SST・リラクゼーション・職業体験のコンテンツを用意しています。 https://jollygoodplus.com/#/ ③VR DTx(デジタルセラピューティクス) ▶︎デジタル治療VR VR制作の技術力を生かし、一人でも多くの方が、適切な治療を受け、豊かな生き方ができる世の中を実現するため、医学的エビデンスに基づいた新たなデジタル治療を開発します。 https://jollygood.co.jp/vrdtx
手術を術者目線で360度体験できるVR臨床教育プラットフォーム「JOLLYGOOD+make」は、コロナ重症患者で需要が増した人工心肺ECMOのトレーニングや、臨床実習ツールとして日本医科大学・日本体育大学・国立がん研究センターへの導入の他、医療機器メーカーの安全教育など、医療技術を牽引する多様な機関で豊富な導入実績を誇っています。
精神疾患向けのデジタル治療の開発と、その薬事承認を国際的に推進する専門部署「DTx事業部」には医療統括顧問として精神科専門医も参画。精神疾患や認知症、慢性疼痛などを中心に、薬物や既存の治療法だけでは効果が不十分な疾患に対する医療ニーズ、“アンメット・メディカル・ニーズ”へ挑むことで、VRによる心豊かな生き方を実現していきます。
オフィスでは不定期にセミナーや勉強会など、社内イベントが開催されます。お互いの個性を尊重しながら、業務に取り組んでいます。
2022年に増床した新フロア「オーシャン」は、見晴らしの良い開放的な「海岸」をイメージしており、オープンテラスのような空間となっております。カフェスペースやハンモック、ゲーミングルームなど仕事の合間にリフレッシュできるスペースも設けています。
第36回日本外傷学会総会・学術集会にて、VRゴーグル100台同時接続の大規模医療VRセミナーを実施しました。本VRセミナーでは、ドクターカー内での外傷処置、転落による重傷患者の転院などのVRコンテンツを受講者に体験・学習いただき、受講者は外科学会「外科専門医」認定のための単位を取得することができます。
新型コロナウイルスの感染拡大が終息せず、医学生や看護学生、研修医など若手医療人材が臨床実習を行えない状況が続いています。教育環境の整っていない地方の教育問題は、さらに深刻な状況にあり、密集を避け現地に集まらなくても臨床実習が行えるVR研修への期待は非常に高まっています。

なにをやっているのか

手術を術者目線で360度体験できるVR臨床教育プラットフォーム「JOLLYGOOD+make」は、コロナ重症患者で需要が増した人工心肺ECMOのトレーニングや、臨床実習ツールとして日本医科大学・日本体育大学・国立がん研究センターへの導入の他、医療機器メーカーの安全教育など、医療技術を牽引する多様な機関で豊富な導入実績を誇っています。

精神疾患向けのデジタル治療の開発と、その薬事承認を国際的に推進する専門部署「DTx事業部」には医療統括顧問として精神科専門医も参画。精神疾患や認知症、慢性疼痛などを中心に、薬物や既存の治療法だけでは効果が不十分な疾患に対する医療ニーズ、“アンメット・メディカル・ニーズ”へ挑むことで、VRによる心豊かな生き方を実現していきます。

ジョリーグッドは高精度なVRコンテンツとVR空間のユーザー行動を解析する機能を開発し、VRプラットフォームを提供しているテクノロジーカンパニーです。 私たちは「テクノロジーは、それを必要とする人に使われて、初めて価値がある」と考えていて、VRで人の成長をサポートすることをビジョンに掲げています。 単なるエンターテイメントでは終わらせない、世の中の課題を解決するためのVRを、より多くの人に届けるためにチャレンジし続けています。   VRはゲームや映画などのエンタメ分野のみならず、ビジネス用途や教育分野での活用が急速に拡大してる中で、新型コロナウィルスによるオンライン教育のニーズの高まりや、5Gの本格導入による360°動画のリアルタイム配信など、ますます注目が高まっています。   そうした成長市場において、高精度な実写VRコンテンツの制作からアプリ開発までワンストップで提供。誰もが直感的に操作できるシンプルなオペレーションを構築し、企業向けVRサービスのリーディングカンパニーとして、主に<医療><福祉>の分野でニーズを捉えたVRソリューションを展開しています。   【 ジョリーグッドの事業の3つの柱 】 ①医療教育 ▶︎VR制作ソリューション【JOLLYGOOD+make】 「JOLLYGOOD+make」は、医療に関わる全ての要素を高精度VRカメラを用いて本人視点の360度実写映像で簡単にVRコンテンツ化することができる医療VRセルフ制作ソリューションです。従来のCGで制作されたVRコンテンツと比較して、本サービスで制作した実写医療VRは、圧倒的な当事者⽬線で憑依するようなリアリティの高い臨床体験や患者体験などを得ることができます。 https://jollygoodplus.com/about/make/ ②医療福祉に特化したVR総合プラットフォーム【JOLLYGOOD+】 ▶︎ジョリーグッドプラスは、ジョリーグッド独自の手法により作り上げられた当事者目線VRコンテンツを、いつでも・どこでも・何度でも体験できる、デジタルヘルスVRに特化した月額サブスクリプションサービスです。400本以上の医療・SST・リラクゼーション・職業体験のコンテンツを用意しています。 https://jollygoodplus.com/#/ ③VR DTx(デジタルセラピューティクス) ▶︎デジタル治療VR VR制作の技術力を生かし、一人でも多くの方が、適切な治療を受け、豊かな生き方ができる世の中を実現するため、医学的エビデンスに基づいた新たなデジタル治療を開発します。 https://jollygood.co.jp/vrdtx

なぜやるのか

第36回日本外傷学会総会・学術集会にて、VRゴーグル100台同時接続の大規模医療VRセミナーを実施しました。本VRセミナーでは、ドクターカー内での外傷処置、転落による重傷患者の転院などのVRコンテンツを受講者に体験・学習いただき、受講者は外科学会「外科専門医」認定のための単位を取得することができます。

新型コロナウイルスの感染拡大が終息せず、医学生や看護学生、研修医など若手医療人材が臨床実習を行えない状況が続いています。教育環境の整っていない地方の教育問題は、さらに深刻な状況にあり、密集を避け現地に集まらなくても臨床実習が行えるVR研修への期待は非常に高まっています。

ーテクノロジーは、それを必要とする人に使われて、初めて価値がある。   先端テクノロジーを、研究者やマニア層の人たちだけに留めていては価値がありません。今それを知らない人たち、それを日々の生活で本当に必要とする人たちに届いて、初めて価値があります。   先端テクノロジーは、それだけ見ると “ちょっと難しい” 。 でもそこに適したコンテンツや素敵な体験を加えると、“ちょっと楽しい” に変わります。   人、場所、モノ、文化、空間、そしてそれらを繋ぐストーリー。 これらは全てコンテンツです。テクノロジーを多くの一般生活者にしっかり届けていくためには、コンテンツを上手に活用した“楽しさ”が必ず必要です。   ジョリーグッドは、世の中の課題を皆さんと一緒に発見し、それを解決するテクノロジー・エンターテイメントを創ります。 そこで生まれた “ちょっと楽しい”から地域格差や世代格差を取り除き、先端テクノロジーがもたらす恩恵を、一部の専門家だけでなく“本当にそれを必要としている人達”に届けていくこと。これを企業理念、ミッションとしています。

どうやっているのか

オフィスでは不定期にセミナーや勉強会など、社内イベントが開催されます。お互いの個性を尊重しながら、業務に取り組んでいます。

2022年に増床した新フロア「オーシャン」は、見晴らしの良い開放的な「海岸」をイメージしており、オープンテラスのような空間となっております。カフェスペースやハンモック、ゲーミングルームなど仕事の合間にリフレッシュできるスペースも設けています。

ジョリーグッドでは、それぞれの個性を尊重し、お互いの強みや長所だけでなく、強めのクセやこだわりなども「ウリ」に変えて楽しみながら、非常識な急成長にチャレンジしています。 また、管理階層も少なくトップとの距離も近いので、会社の目指す方向や成長をダイレクトに感じられ、チーム目標に向かって一人ひとりが主体性に考え行動することで、組織力の最大化を図っています。 革新的なサービスを生み出していくために、会社も人も、変化を恐れず進化と成長を楽しむことを大切にしながら、テクノロジーで人々の「発見」「成長」「達成」をサポートし、誰一人取り残さない社会の実現を目指しています。 <note>主要メンバーのインタビュー https://note.com/jollygood_hr/ どんな仕事をどんな風にやっているのか・・ ジョリーグッドのスタッフやオフィスの様子はYouTubeをぜひご覧ください! ▶︎VRびず部 https://www.youtube.com/channel/UC0gHXe5W7HAxCCyvteReeJw

こんなことやります

医療福祉のVR総合プラットフォーム「JOLLYGOOD+」や、医療現場のVRライブ配信「JOLLYGOOD+make」などの既存サービスの他、企画中の新サービスから未来に向けたR&Dまで、当社のVRプラットフォームの開発をお任せします。 【具体的な仕事内容】 ・VRプラットフォーム開発 →動画再生やリアルタイム通信の機能開発 ・ビジネスサイドと連携し仕様策定 ・CI/CDなどの開発環境改善 ▶︎対応プラットフォーム iOS、Android、Pico VR, metaquest ▶︎開発環境 ・利用言語:Unity(C#)、Python ・コミュニケーション: Slack、JIRA,Notion,zoom ・CI:Jenkins、GitLab CI ・バージョン管理:Git 利用ツール: Unity,gitlab rider,keynote,xcode, AIrtest, 【必須スキル】 ・C#、Unityでの開発経験(3年以上) ・単体機能の実装でなく、アプリ全体の最適な構成の設計 ※リードエンジニアの場合(トータル開発経験5年以上) ・コードレビューによるチームのソフトウェアのコード品質の担保 ・チームの生産性向上のため、設計方針の検討やプロトタイピング等の実施 ・アーキテクチャや設計に関して、チームに技術的なビジョンの提示 ・事業全体を俯瞰した上でのPMやビジネスサイドとの連携・調整 【歓迎スキル】 ・テックリードやリードエンジニアとしてのご経験 ・新規プロダクトの開発経験や、ゼロベースでプロジェクトを立ち上げた経験 ・XR業界での開発経験 ・AWSの知見がある方 ・コードレビューによるチームのソフトウェアのコード品質の担保 ・チームの生産性向上のため、設計方針の検討やプロトタイピング等の実施 ・アーキテクチャや設計に関して、チームに技術的なビジョンの提示 ・事業全体を俯瞰した上でのPMやビジネスサイドとの連携・調整 【求める人物像】 ・技術面に関してチーム内で積極的かつ冷静に議論できる方。 ・コミュニケーション能力の高い方 ・社内、外での技術情報の発信が好きな方(高くなくても好きなこと)
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2014/05に設立

    70人のメンバー

    • Funded more than $300,000/
    • Expanding business abroad/
    • CEO can code/
    • Funded more than $1,000,000/

    東京都中央区日本橋富沢町10-13 WORK EDITION NIHONBASHI 701