1
/
5
データエンジニア
on 2021/05/25 61 views

8億以上の企業データを扱う新規自社サービスを支えるデータエンジニア

株式会社QuickWork

株式会社QuickWorkのメンバー もっと見る

  • 株式会社QuickWork
    代表取締役
    2017年にレバレジーズに入社。新規事業の営業戦略立案及び実行を担当し、法人営業のマネージャーを経験。大学時代にRuby・PythonエンジニアとしてWEBアプリケーションの開発及び運営をしていた経験とレバレジーズでの法人営業のノウハウを掛け合わせQuickWorkにて BtoBマーケティングツールApoKakuを2019年にローンチ。

  • 株式会社QuickWork
    取締役兼COO

    大学時代は複数のWebサービスの立ち上げ・運営や、IT企業で1年半の長期インターンを経験後、アメリカに交換留学。留学中に飲食店営業支援Webサービスをローンチ。ボストンキャリアフォーラムにて複数のIT企業から内定。帰国後に1年間内定者インターンを経験し、2017年にレバレジーズに入社。新規事業のWeb広告運用やマーケティング・採用業務などに従事。

    2019年に代表と共にQuickWorkを共同創業。営業リスト作成ツールApoKaku, AI営業マン
    Daniel, RPA支援サービスTechOrder, 経営者/営業マン向けメディアSale...

なにをやっているのか

  • 代表の村岡。人材ベンチャー企業で法人営業のマネージャーをしていた時に非生産的なBtoB営業手法に強い課題意識を抱き、独学でサービスをリリースしたことがQuickWork起業のきっかけ。
  • COOの粂。実は最初は別の人と起業しようと考えていたが、村岡の熱い想いと、村岡が開発したサービスのデモ画面をみて、これを世の中にプロデュースしていきたいという思いを募らせてQuickWorkにジョイン。

私たちはテクノロジーで、社会の生産性を底上げするというビジョンのもと、
2019年7月に誕生し、SalesTech / HRtech領域を中心にクラウド型のITサービスを運営しています。
2021年1月には昨年同月比38.4倍の事業成長を達成し、1年間でメンバー数も3名から50名に急拡大しました。
そして現在は、世界のインフラサービスになっていくという長期的な目標の実現のために、
海外支社の設立に向け準備を始めています。

現在QuickWorkが展開する2つの領域

◆◆◆ // SalesTech領域 // ◆◆◆
Mission:データとAIで、未来の営業を創る。

意義:
法人営業における非効率な業務をAIが代替・実行することにより「飛び込み営業」「テレアポ」などの非効率な営業手法を無くし、生産的な活動に人が時間を使える世界を実現したい。またアプローチ業務の代行だけでなく、企業の特徴・戦略を含めて可視化して、実際の企業のニーズを捉えてターゲティングしていくことを目指します。営業組織における非効率性を解消することで、より本質的な仕事である「顧客との対話」「満足度の向上」にフォーカスできるインフラを目指していきます。

SERVICE
<SalesNow Targeting>
BtoB営業/BtoBマーケティングの初期フェーズ「ターゲティング」「リスト作成」の業務時間を10秒に短縮し、営業効率を飛躍的に高めるセールスクラウド。
https://top.salesnow.jp/

<SalesNow DB>
「SalesNow DB」は、日本中にある全ての企業の約490万社の企業情報を網羅したデータベースです。データベース上の情報は日次で更新され、常に最新の企業情報を取得することが可能。
https://db.salesnow.jp/

<SalesNow LP>
「SalesNow LP」はデザイン&プログラミングの知識が不要で、誰でも簡単にLP制作と効果分析ができるセールスクラウドです。ノーコードでデザイン性の担保されたLPを作成可能です。
https://top.salesnow.jp/lp/

<SalesNow Letter>
「SalesNow Targeting」との連携により日本の企業全て(約490万社)から企業リストを絞り込み、手紙を自動郵送することが可能です。企業データは日次更新し、移転先もスピーディに反映されるため、効果的なアポ獲得が見込めます。
https://top.salesnow.jp/letter/

<SalesNow Form>
AIによって法人営業プロセスの一部を自動化するSaaS型のサービスです。シンプルなUX/UIの管理画面にて設定した要件に伴い、SalesNow Formが自動で営業を行います。その所要時間は約1分。
https://top.salesnow.jp/daniel/

◆◆◆ // HRtech領域 // ◆◆◆
Mission:誰もがいきいきと働く社会を創る。

意義:
今まで計測ができなかった、組織に対するエンゲージメント(愛着心・信頼等)や組織状態を、数分の従業員アンケートを元に可視化し、組織改善のサイクルを生み出していきます。
SalesTech領域の「作業の自動化」とは違い、HR領域では「人のポテンシャルを引き出すこと」で生産性の向上に貢献していきます。結果を分析し、エンゲージメントにおける課題特定と改善を実施していく事で、より望ましい組織を創ることができます。“誰もがいきいきと働く社会”を実現します。

SERVICE
<Visual(ビジュアル)>
組織エンゲージメントの見える化から、改善策の実施までを一気通貫で運用できるクラウドエンゲージメント解析ツール。「10の指標」「50の質問」「150の改善策」といった多角的な切り口から組織状態を分析することで、「組織エンゲージメントの見える化」「組織エンゲージメントのデータを基にした組織内での施策立案」「改善策の実施」の3点によってPDCAを回し、生産性と従業員エンゲージメントを向上させていきます。組織ごとの特徴や傾向、課題の特定を行い、「組織状態の可視化」「離職率低減」「生産性向上」「管理職育成」「モチベーション改善」「困難な課題でも積極的にチャレンジ」「eNPS」といったエンゲージメントを改善することができます。
https://visual.inc/

なぜやるのか

  • 複業を推奨しており板前としても活躍しているメンバーも。フルリモートの働き方も可能なので、日本中から才能が集まっています。(仕事終わりに皆で近くを散歩!)
  • QuickWorkでは多様なバックグラウンドを持つ各分野のプロフェッショナルたちが活躍中です。

営業マンを例に挙げると、彼らが本来すべき仕事は、「アポイントを獲得すること」ではなく「クライアントの課題を把握し、そのためのアウトプットを考え、実行すること」に注力すべきです。しかし現状は、「アポイントを獲得すること」に注力しないといけない現状があり、それに追われることよって実際の商談に集中できない本末転倒な状況が、社会のあらゆるところでまだ起こっています。

一方でどんなに良いテクノロジーやサービスであっても、そのサービスが何の課題を解決するのかが明確でないと、現状を変えていくのは難しい部分もあります。

そのツールが、テクノロジーが、企業の現状の何を変えるのか、どういう効果が得られるのか、
を明示するサービスをつくり続けていき、導入したいと思っていただける企業様を増やし、
「社会全体の生産性を向上し、それにより人の本質的な働き方を創造すること」を私たちは実現していきます。

◆CEO村岡 / インタビュー
https://www.wantedly.com/companies/company_9613540/post_articles/274497
◆COO粂 / インタビュー
https://www.wantedly.com/companies/company_9613540/post_articles/274785

〇過去の媒体掲載実績(QuickWorkが社会からどのように評価されているかわかります)

◆コロナに適応し成長している企業として「FAST MOVERS」に選出
https://www.fastgrow.jp/fast_movers

◆日本の人事部「HRアワード」入賞
組織改善クラウド「Visual(ビジュアル)」は、このたび、日本の人事部「HRアワード」運営委員会が主催する日本の人事部「HRアワード2020」にてプロフェッショナル部門に入賞しました。
https://hr-award.jp/nominate.php#pro
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000049221.html

◆SalesNow Form (旧:Daniel)がBtoB営業自動化ツールで、SalesNow Targeting (旧:ApoKaku)が営業リスト作成ツールで共に顧客満足度No.1 / 使いやすさNo.1獲得
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000049221.html

◆SalesNow Form (旧:Daniel) / SalesNow Targeting (旧:ApoKaku)が「非対面型ビジネスモデルへの転換」のために必要なサービスとしてIT導入補助金に認定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000049221.html

〇経営メンバーnote(QuickWorkがどのように成長してきたかのリアルがわかります)

◆SaaS領域にて 外部資本0 / 初年度黒字 / MRR1,000万円を1期目に突破
【実録 / 1.5万字】創業1期目に黒字化 / 年商2億のラインを突破したSaaSスタートアップの1年間を解説
https://note.com/atsunori_muraoka/n/nced8fb71878e

◆【0→1】非エンジニアがWeb開発で、1年で年商2億円ラインを超えた話。
https://note.com/yosukekume/n/nbbbba8fb749c

◆オープン社内報
https://note.com/quickwork
背景:QuickWorkの”ありのまま”を伝えたい。そんな想いから社内報をオープンにし、入社を考える方をはじめ、ジョインしたてのメンバーにも会社の制度やカルチャー、メンバーの人となりを理解してもらう目的でスタートしました。

どうやっているのか

  • オフィスが入るplug and play shibuyaでは多くのスタートアップが集まるピッチイベントも開催されます。
  • オフィス内はフリーアドレス。コーヒーなどのドリンクも自由に飲めます。(仕事の合間に皆でカフェスペースで団らん)

【数字で見る QuickWork 】
・メンバー数:54 名(業務委託メンバー含む)
 内訳:
 CxO 2 名
 IS 4 名 / FS 6名 / CS 4名 / Marketer 4 名 / PR 2 名
 frontend 15 名 / backend 7名 / database 4 名 / Desiner 4 名
Corporate 1 名
 平均年齢:33 歳
現状は業務委託メンバー中心となっており、各部門の中心となってQuickWork成長に貢献してくれるコアメンバー ( 社員 ) を積極募集しています。

・自己資本比率:100% / 創業以降黒字
「株主ではなくユーザを最優先に意思決定したい」
「社内に意思決定権を完結させることでスピーディーな事業運営を維持したい」
という観点から自己資本比率100%の経営を実現しています。

・中途採用比率:100%
・自社サービス数:7サービス
 サービス内訳①:Salestech 6 サービス / HRtech 1サービス
 サービス内訳②:SaaS 5 サービス / オウンドメディア 1サービス / システム開発1サービス
 1サービスあたりのメンバー数:8名 ( / サービス )

【組織の特徴】
ニューノーマルのこれからの時代において
最適とされる「自律分散型」の組織構造を採用しています。
役職を設けずにフラットな組織構造にすることで
個人の能力と主体性を発揮して働くことが可能です。

フルフレックス制 / フルリモート(※) / 副業可
※開発・デザイナーチームはフルリモート, ビジネスチームは出社&リモート勤務のミックス。

【社内利用ツール】
・主なツール:Slack / Zoom / Gmail / Pardot / GA / Google SS / Salesforce / GoogleMeet / Github / Notion / Discord
・バックエンド:FastAPI / Django / Python
・フロント:React / JavaScript
・データベース:PostgreSQL / RDS
・インフラ:AWS / Docker
・デザイン:Sketch / Illustrator / Photoshop

【採用候補者へのメッセージ】
このような意志を持った方に出会いたい。
・新しいことを学んだり、積極的にチャレンジしたい方
・ベンチャーならではの疾走感を共に楽しめる方
・全体最適の視点で組織づくりができる方
・当事者意識が高く、自ら課題を見つけ、改善に導ける方
・QuickWorkの世界観、バリューに共感してくださる方

自己資本100%で1年目から黒字化を実現できているSaaSサービスを展開している会社は、
世の中を見渡しても、そうそう見つけることはできません。
しかし、私たちは実現できました。
それは「社会の生産性を向上する」というビジョンを掲げたサービスが、
社会にとって必要であるとの証明とも言えるでしょう。

世界展開を本気で視座に入れているQuickWorkは現在2期目です。
創業期にジョインし、この刺激あるビジネスを共に仕掛けていきたい方の
ご応募を心よりお待ちしています。

【採用の流れ】
①エントリー → ②Web面談複数回( 2 ~ 3回 ) → ③正式ジョイン

▲ 複業の場合
①エントリー → ②Web面談30分(代表) → ③ジョイン → ( ④コアメンバー化 )
60時間 / 月 〜 でスタートし相互理解を深めながら
60h ⇔ 80h ⇔ 100h ⇔ 120h ⇔ 140h ⇔ 160h (月間)

⬇詳しくは会社説明資料をご確認ください。⬇
https://speakerdeck.com/quickwork/quickworkhui-she-shuo-ming-zi-liao

【多様な働き方を実現する社員インタビュー】
https://www.wantedly.com/companies/company_9613540/feed

■独立支援制度(資金出資&メンタリング)
従業員の独立を最大限支援します。初期費用の資金援助や不定期でのメンタリングが受けられます。

完全週休2日制 / 祝日、年末年始休み / 有給付与 / 社会保険(もちろん)完備

こんなことやります

## <募集背景>

サービスの成長に伴い、SalesNow をご導入いただけるお客様の規模や業種が拡大しています。SalesNow の基盤となる、日本全国の企業を網羅した「企業データベース」の構築が急務となっております。
そこで、サービスの根幹となるデータベースの構築を担っていただくデータエンジニアを募集することになりました。
早期立ち上がりを目的に、ポテンシャル採用ではなく、経験のある即戦力枠での採用を致します。

## <ミッション>

- 急拡大するサービスの根幹を支えるデータの収集・整理が行える基盤の構築

## < お任せしたい業務内容 >

※ 以下のいずれか、もしくは複数をお任せします。
- Pythonを用いたスクレイピングプログラムの作成
- HTMLをパース・整形・保存するETLプロセスプログラムの作成
- データベース設計・モデル作成・管理
- データ分析基盤の作成
- ブラウザ自動操作プログラムの作成
- 上記を実現するインフラ(AWS Batch/Lambda/S3/RDS/RedShift等の整備)作成・管理
- アプリケーションとの結合相談

## < 開発の進め方 / フロー >

- GitHub Projects を利用したアジャイル開発
- フロントエンド/バックエンド/データチーム/インフラチームなど得意な技術ごとのスクラムチーム ( 4 ~ 8 人 )
- 週に 1 回の定例で、先週やったこと、今週やること、困っていることを報告 ( ウィークリースクラム )
- タスクはGitHub Issues としてバックログに溜まっているものから自由に選択。Issue は PO が要件から切るだけでなく、メンバーも課題を見つけ次第自由にきってバックログに貯めていきます
スプリントや守らないといけない期限は特になく、お仕事したい時にしたい分だけ進められる環境です ( 週 15h 以上の稼働は必須 )

## < 利用するツール・技術 >

■ 進捗管理
GitHub Projects を利用したアジャイル開発 ( 週 1 回 30 分の定例 mtg )

■ 社内 / 社外コミュニケーション
- Slack : 社内チャットツール
- Zoom / GoogleMeet : オンライン商談ツール
- Gmail : メールツール
- Discord : 音声での社内コミュニケーション

■ 業務管理
- GitHub
- Google Workspace
- Notion : 社内情報共有ツール
- Zapiar : API 連携による雑務自動化

■ 利用技術

## Data Team
Selenium(Puppeter/Playwright検証中)
Pandas
pytest
SQLAlchemy
PostgreSQL
RDS/S3/AWS Batch/Lambda/DynamoDB/RedShift
Sentry
Docker

## < 必須要件 >

- QuickWork のミッション、バリューへの共感
※ 下記のうち、1つは必須
- スクレイピングプログラムの作成経験
- ETL処理プログラムの作成経験
- データベース設計・管理経験
- AWS等クラウドサービス上のデータ処理基盤の作成経験

## < 歓迎要件 >

- アジャイル・スクラムでの開発経験
- チームリーダー・プロジェクトマネジメントの経験
- JAMスタックウェブアプリケーションの理解・経験
- コンピュータサイエンスの基本的な知識
- GitHub上での活動・利用するOSSのソースコードリーディング能力
- 機械学習エンジニアとしての知識・経験

## < 求める人物像 >

- 技術が好きで勉強熱心な方
- 思考力があり、変化に対応ができ、謙虚に議論を行える方
- 与えられたミッションの少し外枠まで俯瞰した上で必要になることを考えられる方
- ミニマムでスタートを切りつつも、将来を見据えて保守性の高さを考えるという意識のある方
- 会社の利益に貢献する意識のある方

▼ QuickWorkで活躍しているエンジニアメンバーのインタビュー記事はこちら
[https://prtimes.jp/story/detail/orown5UZ8Nr](https://prtimes.jp/story/detail/orown5UZ8Nr)

## < ポジションの魅力 >

- アジャイル 開発で高速(数日〜数週間)で機能実装できる
- 自由で働きやすい環境
 → フルリモート, フルフレックス
 → 平日夜, 土日稼働 OK

会社の注目のストーリー

「社会の生産性を底上げする。」というビジョンの実現につながると、自分が信じられるプロダクトを世の中に広げていく。それが何よりも面白い。
スタートアップの創業期だからこそ、得られる経験がここにはある。経営の右腕として、事業や組織を支えていきたい。
すべてのビジネスパーソンに共通する、本質的な課題を解決するUIUXを、デザインしていきたい。
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社QuickWork
  • 2019/08 に設立
  • 45人のメンバー
  • 社長が20代 /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都渋谷区道玄坂1丁目10−10番8号 Plug and Play(渋谷道玄坂東急ビル1F・2F)
  • 8億以上の企業データを扱う新規自社サービスを支えるデータエンジニア
    株式会社QuickWork