1
/
5
カスタマーサクセス
中途
18
エントリー
on 2021/06/24 507 views

SPEEDAR&Dカスタマーサクセス/技術経営・IPランドスケープ推進担当

株式会社ユーザベース

株式会社ユーザベースのメンバー もっと見る

  • 新卒で通信インフラ企業に入社。
    セールスエンジニア、IaaSクラウドサービス主管を経験したのち、人事部で新卒採用・育成に従事。
    2022年よりユーザベースにリクルーターとして入社。B2B SaaS Company領域を担当。

  • 2013年〜2017年まで国内証券会社にて、リテール営業・資産運用コンサルティングを経験した後、
    2017年株式会社ユーザベースに入社。
    SPEEDA、entrepediaインサイドセールスチーム所属。
    インサイドセールスチーム リーダー
    インターン採用/教育担当。

  • 商品企画/新規事業企画を中心に経験。
    経歴:キヤノン → 東工大(MOT)→ デンソー → Uzabasa

    一つでも多くの「製品/サービス」を世の中にローンチしていきたい!

なにをやっているのか

BtoCの世界では、Google や Facebook が効率的な情報アクセスを実現しているなか、BtoBの世界では、企業データは金融情報サービスから、統計データは官公庁サイトから、決算データは各社サイトからと情報集めは非効率なままでした。
そこで「BtoBの世界で情報アクセスを効率的にしよう」と考え、「経済情報で、世界を変える」というミッションを掲げ、2008年に設立しました。

私たちは、経済情報プラットフォームとして、ビジネスパーソンの日々の意思決定を支え、世界中で愛される経済情報インフラを目指し4つのサービスを展開しています。

<SPEEDA>
https://jp.ub-speeda.com/
SPEEDAは、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。

<NewsPicks>
https://newspicks.com/
NewsPicksは、経済ニュースを業界人や専門家のコメントとあわせて読むことができるサービスです。国内外100メディアのニュースのほか、NewsPicks編集部が作成するオリジナル記事も配信しています。

<INITIAL>
https://initial.inc/
INITIAL(イニシャル)は、データとストーリーからスタートアップの現在と未来を紐解く独自のコンテンツを提供。多数のメディアで引用される資金調達レポートや独自のスタートアップ成長モデルなどを公表する。

<FORCAS>
https://www.forcas.com/
FORCAS(フォーカス)は、データ分析に基づいて成約確度の高いアカウントを予測し、マーケティングと営業のリソースをそのターゲットアカウントに集中する最新マーケティング手法「ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)」の実践を強力にサポートするマーケティングプラットフォームです。

<AlphaDrive>
https://alphadrive.co.jp/
AlphaDrive/NewsPicksは人と企業の変革ドライブカンパニーです。
働く人を変え、企業を変えることで、事業を生み出す。たくさんのイノベーションが、次々と企業の「中から」生み出される日本をつくることを目指しています。メディアを活用し、変革する「型」を開発して、確かに新規事業を生み出していきます。

なぜやるのか

私たちは、あらゆる経済情報を人とテクノロジーの力で整理・分析・創出することで、ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を解放することで、世界に変革をおこしていきたいと考えています。
経済情報を通して、世界中のビジネスパーソンの意思決定を支える、日本発のデファクトになる経済情報インフラづくりを目指しています。

どうやっているのか

「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」というパーパスのもと、事業を拡大していくうえで多様な人材は私たちの競争力の源泉だと考えています。

個々の個性を一色に染めることはせず、それぞれの生き方を尊重しながらも、力を結集するための共通の価値観をもつために、私たちが大切にしている共通の価値観。それが「The 7 Values」です。

「The 7 Values」
https://www.uzabase.com/jp/about/#the7values
1.自由主義で行こう
2.創造性がなければ意味がない
3.ユーザーの理想から始める
4.スピードで驚かす
5.迷ったら挑戦する道を選ぶ
6.渦中の友を助ける
7.異能は才能

ユーザベースでは、「スーパーフレックス制度」を導入しており、出社義務もなければ服装も自由。生産性を最大限に高められるように、自分にあった働き方を選ぶことができます。

▶︎ユーザベース人事制度の考え方を言語化した「HR Handbook」を公開しました!
評価基準やOKR経営、多様な働き方を支える制度などの情報が満載です。
https://speakerdeck.com/uzabase/hrhandobutuku

▶︎「統合報告書2022」をリリースしました!
ユーザベースの「今」と、そして少し先の「未来」がわかります。
https://speakerdeck.com/uzabase/jp-uzabase-integrated-report-2022

▶︎Uzabase for Engineers
ユーザベースのビジネスを支える2つの開発組織についてご紹介しています。
https://tech.uzabase.com/

【就業場所における屋内の受動喫煙対策】
・受動喫煙防止措置:有り
・対策:執務スペースでの喫煙禁止、喫煙は別途設置の喫煙専用室でのみ可とする
・特記事項1:喫煙専用室設置(オフィスビル内共用)
・特記事項2:喫煙可能区域での業務なし

こんなことやります

【求人概要】
日本を支える大手企業の技術戦略・研究開発・知財戦略部門に対し、SPEEDA R&D(SPEEDA技術領域事業)を通じて技術経営や技術マーケティングのノウハウを提供するカスタマーサクセス担当を募集しています。

主に製造メーカー(素材~OEMまで)の技術企画・研究開発・知財部門や、無形資産を武器に技術・知財戦略を担うIT企業の技術領域のお客様群と向き合っていただきます。
このポジションに期待する役割は、より市場情報や技術情報をベースに意思決定をしていきたい顧客の情報活用が浸透するように、SPEEDA R&Dの活用支援を通して顧客と協働しながら情報活用の形を作っていく、一歩踏み込んだカスタマーサクセスです。

▼SPEEDA R&Dとは
https://jp.ub-speeda.com/rnd/

【ミッション】
カスタマーサクセスは、技術領域の顧客に徹底的に向き合い、SPEEDA R&D導入後の顧客のLTV最大化に向けて活動しています。SPEEDA R&Dというプロダクトを通じて市場情報と技術情報を掛け合わせる独自の価値を提案できるようになった今、新たな気づきや示唆の提供、及び、技術経営/IPランドスケープを推進支援することで、顧客の事業成長・変革の全てを担うことがミッションです。

【具体的な業務内容】
・SPEEDA R&Dを導入いただいた顧客に対し、顧客ニーズと、用意しているカテゴライズされたユースケース活用術の組合せおよび一部カスタマイズによるオンボーディング(ご活用シーンの整理および活用研修の提供)を実施します。
・SPEEDA R&Dの利用ログや問合せ状況などをモニタリングしながら、メールや電話で継続的に顧客との関係構築を実施します。より活用ポテンシャルが見込める場合にはアップセルの提案を行い、活用が芳しくない場合は、活用フォローアップを実施します。
また、他部署への導入提案・商談化を積極的に行い、SPEEDA R&Dの導入・活用の部署を増やしていくことで部署間の共創機会を作り、技術経営・IPランドスケープの推進を担います。
・顧客の利活用状況に応じて、他チームとカスタマーサクセス強化対象の精査やリスト管理、フォローアップ等の一斉案内を行います。
・CustomerExperienceを向上させるため、既存顧客や見込み顧客からの要望・ヒアリングに基づき、集合研修やセミナー、ワークショップといった活用レベルをより高める取り組みをご案内します。また、マーケティングやセールスチームと連携し、技術顧客の業務に資するセミナーやワークショップを企画設計します。
・既存顧客からのSPEEDA R&Dへの要望やフィードバックを整理し、プロダクトの機能改善についてプロダクトチームと連携します。
・活用価値向上とプロダクトフィードバックのサイクルを顧客起点で高速に回すため、コアユーザー様を巻き込んだ「コミュニティ形成・進化」や「公開開発会議」の企画・運営も実施します。

【やりがい】
・SPEEDA R&Dを通じて「ビジネス×技術」を実現させることで、顧客の事業成長・変革の一翼を担える。
・「技術企画・IPランドスケープ」という新たな事業領域の確立・拡大に貢献できる。
・モノづくり・メーカー・技術に興味関心があると、トコトン最先端の技術動向を知ることができ、日本の製造業が再び世界で勝てる起爆剤の一翼を担える。
・大企業を中心とした多種多様な技術領域の責任者(部長クラス)と交渉し、データ分析・課題解決に対峙することで、自身の仮説提案スキルを伸ばすことができる。またプロダクトの活用促進を行う中で顧客との信頼関係を構築するコミュニケーションスキルも伸ばすことができる。
・著名な企業の技術戦略部隊や知財アナリストチームでハイレベルな分析調査をされている顧客に対してサポートや活用提案ができ、生きた分析手法を学べる。
・顧客価値に向き合いながら、SaaSビジネスの醍醐味である、プロダクトの開発や進化、シェアの拡大といった領域にもチーム間連携しながら携わることができる。
・組織立ち上げフェーズであるため、業務の仕組み化や組織作りに携わっていくことができる。また、チームが高い信頼関係かつフラット・フェアな立場で戦略連携ができる組織風土がある。

【必須条件】
・技術経営・研究開発DX・知財経営/IPランドスケープなど、製造業やモノづくりに強い関心をお持ち頂ける方
・以下いずれかのご経験をお持ちの方
 ・B2Bセールス or カスタマーサクセス or コンサルのご経験者
 ・経営企画、事業企画、事業開発、などでのご経験者

会社の注目のストーリー

データを見ながらPDCAを回すのは危険?NewsPicks CTOが語る「事業成長のために必要な3つのこと」

働き方を自分で決める、「スーパーフレックス」制度の紹介

SPEEDAセールスについて聞いてみました!(Strategic Partner Teamインタビュー:後編)

エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社ユーザベースの会社情報
株式会社ユーザベース
  • 2008/04 に設立
  • 800人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
  • 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル
  • 株式会社ユーザベースの会社情報
    SPEEDAR&Dカスタマーサクセス/技術経営・IPランドスケープ推進担当