350万人が利用する会社訪問アプリ

  • CRM戦略スタッフ
  • 10エントリー

東証一部上場企業の事業変革期を共に推進するCRM戦略スタッフを募集!

CRM戦略スタッフ
Mid-career
10エントリー

on 2021/06/28

764 views

10人がエントリー中

東証一部上場企業の事業変革期を共に推進するCRM戦略スタッフを募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

Haruka Sugiyama

美術大学卒業後、株式会社マイナビに就職。採用支援業務に従事後、スタートアップへ。ビジネスサイドの立ち上げを行い、最終的にCCSO(Chief Customer Success Officer)。事業譲渡と共にリンクアンドモチベーションへ入社。現在はCSオペレーションチームに所属。 影響を受けた人:ピーター・ドラッカー、リンダ・グラットン、ウェンディ・コップ

株式会社リンクアンドモチベーションのメンバー

美術大学卒業後、株式会社マイナビに就職。採用支援業務に従事後、スタートアップへ。ビジネスサイドの立ち上げを行い、最終的にCCSO(Chief Customer Success Officer)。事業譲渡と共にリンクアンドモチベーションへ入社。現在はCSオペレーションチームに所属。 影響を受けた人:ピーター・ドラッカー、リンダ・グラットン、ウェンディ・コップ

なにをやっているのか

▶リンクアンドモチベーションについて リンクアンドモチベーションは、「良い組織の定義を変える」をミッションに掲げ、従業員エンゲージメント市場(※)において、多領域に事業を展開するテクノロジーカンパニーです。 リンクアンドモチベーションが挑戦しているのは、まさに”社会課題”の解決です。 いま日本が直面している問題として、 ・労働者の32.3%が「職場の悩みを抱えている」 ・労働生産性がG7の中で約50年間最下位 といったデータが発表されています。 特に、昨今はコロナ禍により多くの企業がテレワークを導入し、働き方が多様化した結果、従来よりも従業員のコンディション把握やモチベーション向上支援が困難になっています。 私たちは、展開しているプロダクト/サービスを通じて従業員エンゲージメント(※)の向上を叶え、「働きがいを持つ従業員の増加」、「日本の生産性向上」など、日本の社会課題の解決にチャレンジしています。 ※従業員エンゲージメントとは「企業と従業員の相互理解度合い」、すなわち企業への愛着や仕事への情熱度合いを示します。

なにをやっているのか

▶リンクアンドモチベーションについて リンクアンドモチベーションは、「良い組織の定義を変える」をミッションに掲げ、従業員エンゲージメント市場(※)において、多領域に事業を展開するテクノロジーカンパニーです。 リンクアンドモチベーションが挑戦しているのは、まさに”社会課題”の解決です。 いま日本が直面している問題として、 ・労働者の32.3%が「職場の悩みを抱えている」 ・労働生産性がG7の中で約50年間最下位 といったデータが発表されています。 特に、昨今はコロナ禍により多くの企業がテレワークを導入し、働き方が多様化した結果、従来よりも従業員のコンディション把握やモチベーション向上支援が困難になっています。 私たちは、展開しているプロダクト/サービスを通じて従業員エンゲージメント(※)の向上を叶え、「働きがいを持つ従業員の増加」、「日本の生産性向上」など、日本の社会課題の解決にチャレンジしています。 ※従業員エンゲージメントとは「企業と従業員の相互理解度合い」、すなわち企業への愛着や仕事への情熱度合いを示します。

なぜやるのか

▶背景にある社会課題 ①労働者の32.3%の方が「職場の悩み」を抱えているといわれています。(参考:日本産業カウンセラー協会 2020年第14回「働く人の電話相談室」結果報告) ②日本の労働生産性はG7の中で約50年にわたって最下位(参考:公益財団法人 日本生産性本部 「労働生産性の国際比較 2019」公表データ) 特に、昨今はコロナ禍により多くの企業がテレワークを導入し、働き方が多様化した結果、従来よりも従業員のコンディション把握やモチベーション向上支援が困難になっています。 私たちは、展開しているプロダクト/サービスを通じて従業員エンゲージメント(※)の向上を叶え、「働きがいを持つ従業員の増加」、「日本の生産性向上」など、日本の社会課題の解決にチャレンジしています。 ※従業員エンゲージメントとは「企業と従業員の相互理解度合い」、すなわち企業への愛着や仕事への情熱度合いを示します。

どうやっているのか

▶プロダクトについて 当社では、「モチベーションクラウド」をはじめとして、BtoB/BtoC問わず、幅広く事業展開しています。 特に、モチベーションクラウドについては、従業員エンゲージメント市場で国内売上シェアNo.1(※)のプロダクトに成長しています。 10,060社、312万人という国内最大級の組織人事に関するデータベースから組織エンゲージメント状態を可視化することができ、単なる満足度調査の観点だけでなく、 組織課題を解決するために「何から手を付ける必要があるか」 を見える化しています。 診断することが目的ではなく、「組織改善」に取り組むことができるプロダクトとして、顧客から大きな支持を集めています。 モチベーションクラウドは、さらなるプロダクト成長を目指しているため、現在10→100のフェーズですが、当社にはリリース初期である1→10フェーズのプロダクト、0→1フェーズのプロダクトと、様々なフェーズのプロダクト群を抱えています。 東証プライム市場上場企業としての、安定した事業基盤や資金をもちながら、攻めのプロダクト開発投資を継続的に行っているため、エンジニアとして様々なチャレンジを目指していただける環境です。 ※ITR「ITR Market View:人材管理市場2021」従業員エンゲージメント市場:ベンダー別売上金額およびシェアで連続1位 (2017~2020年度予測)

こんなことやります

【業務内容】 全ての小規模企業を対象として、既存顧客向けのマーケティング企画から実行をお任せします。CRMやプロダクトデータを用いた分析、課題特定を行い、CSや多くの関係者を巻き込みながらイベント、交流会の企画・運営を中心にテックタッチ、ロータッチの施策推進を行います。 また、CRMやテクノロジーを使ったデータ取得方法の設計・実装も行っていただきます。まだまだ立ち上がったばかりのチームですので、新たなアイデアを形にし、事業にインパクトのある施策を立案実行していってください。 具体的な業務 ・既存サービス領域におけるCRM・プロダクトデータを使ったユーザー行動の分析と対策立案・実施 ・大規模イベントと小規模イベント(交流会)の企画・運営・振り返りと改善 ・オンラインコミュニティサイトでのコンテンツ配信・改善 ・データ取得、検証のためのシステム要件の定義・導入・運用改善 ・変化するマーケティング活動に対応した、運用フローの構築 ・新しいメルマガやサイトコンテンツの企画立案、実行 【配属チームについて】 この数年を新たな事業変革期と認識しており、本ポジションが所属するチームは、テクノロジーとデータを駆使し、「最大公約数で最高の顧客体験を実現する」ことをミッションとしています。チームでは主に4つの役割を担っています。 ・Data&Strategy:データを蓄積するための業務設計、データ活用の支援、データを元にした改善提案 ・Enablement:データに基づいた成果の計測と再現性ある教育・育成 ・Systems:CRM,SFA,MAなど必要ツールの要件定義・選定・構築・導入・保守・管理 ・Contents:テック・ロータッチ領域の動画・イベントなどのデリバリー 【プロダクトについて 】 モチベーションクラウドシリーズは、年間売上高(ARR)約30億円の自社プロダクトです。コロナ禍でリモート業務が増える中、組織づくりへのニーズが膨らんでおり、前年比133%の成長を目指しています。 【利用している社内システム】 ・Sales Cloud ・Experience Cloud ・Marketing Cloud ・Service Cloud ・Motionboard ・Backlog ・Google Workspace ・Slack 【必須スキル】 ・システムを用いたCXの改善・向上の経験 ・BtoB領域でのマーケティング業務経験(2年以上、オンライン・オフライン不問) ・イベント企画や運営に携わった経験 ・ステークホルダー(社内・社外問わず)が5名以上いるプロジェクトの推進経験 【歓迎スキル】 ・Salesforce製品、Adobe製品に関する知識・運用保守経験 ・規模問わずマネジメント経験のある方 ・SQLを使ったデータ抽出、集計、分析のご経験 ・自身なりの仮説を立てて、データ検証してこられたご経験 【求める人物像】 ・事業や現場に強い興味を持ち、キャッチアップ・関係構築ができる方 ・抽象度が高く複雑なビジネス上の問題を分解し、構造化できる方 ・業務上の課題に応じて、解決方法やプロセスを変更できる柔軟性のある方 ・働く上で仕事への「モチベーションが大切」という考え方に共感いただける方 ・チームや組織が好きな方、他人を想いやれる方
1人がこの募集を応援しています

1人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2000/03に設立

470人のメンバー

  • Expanding business abroad/

東京都中央区銀座4丁目12−15 歌舞伎座タワー 15階