1
/
5
法務担当
27
エントリー
on 2021/07/07 1,216 views

アート×ブロックチェーン事業拡大を法務でサポートしてくれる方を募集!

スタートバーン株式会社

スタートバーン株式会社のメンバー もっと見る

  • 京都大学経営管理大学院修了。2011年大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社(現 大和証券株式会社)入社。公開引受部に配属され入社以来一貫して、上場準備企業の内部管理体制の構築支援、新規上場時の引受業務に従事。その後ITベンチャー企業に転じ、経営企画部にてKPI管理、施策決定の為のデータ分析、事業計画策定、上場準備対応等の業務を経験した後、東京大学エッジキャピタルのベンチャーパートナーとして投資先のバリューアップ業務に従事。支援先の一社であったスタートバーン株式会社に参画。

  • 美術家であり起業家です。東京大学の構内に事務所があります。

  • 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。卒業後はスイスの建築設計事務所Herzog & de Meuronで建築家として、美術館やファッションブランドショップの設計に従事。2015年に経営戦略コンサルタントに転身し、ベイン・アンド・カンパニーの東京およびドバイ支社で大手企業の経営支援に携わる。2019年にスタートバーンに参画し、デジタル技術に関わる事業をはじめとして各事業を牽引している。

なにをやっているのか

  • アート作品の軌跡を循環させるネットワークとして浸透していきたいという思いが込められた、「Startrail」のロゴデザイン。
  • 自社で開発を進めるウェブサービスの管理画面

私たちスタートバーン株式会社は、世界中のアーティストそしてアートに関わる全ての人が必要とする技術を提供することで、より豊かな社会の実現を目指しています。
NFTの発行や管理のためのブロックチェーンインフラ「Startrail」の構築を通して、アート作品の信頼性や真正性の担保および価値継承を支えています。

■ StartrailのNFTの特徴

1. 価値に関わる情報を豊富に記録
NFTを発行した事業者の情報はもちろん、その後の展示や取引、修復や鑑定など、作品の価値に関わるさまざまな情報やデータを記録できます。

2. 流通や利用を長期的に管理
作品の二次流通・利用について設定した規約がサービスを横断して引き継がれ、長期的に作品を管理することができます。

3. あらゆる作品に対応
絵画や彫刻などの物理的な作品はもちろん、画像、映像、音声などのデータにもとづくデジタル作品、さらにはインスタレーションなど、さまざまな作品の形式に対応しています。

■ パートナー・提携先(一部)

● 集英社
「集英社が「マンガアート」の世界販売を開始。スタートバーンのブロックチェーン証明書が「美術品」としての新しい価値継承を支える。〜『ONE PIECE』や『ベルサイユのばら』などに発行され、作家・版元や来歴の情報を永続的に記録 〜」https://startbahn.jp/smah-20210301/

● SBIアートオークション
「スタートバーンは、SBIアートオークションが開催する日本初のNFTオークションセールに協力。出品される作品のNFT発行に「Startrail」が用いられます。」https://startbahn.jp/sbiaa-nftsale_20211008/

● 池田亮司
「池田亮司がスタートバーンの「Startrail」を活用し、初のNFT作品をサザビーズに出品」https://startbahn.jp/ryojiikeda-sothebys_20210531/

● アンリアレイジ
「スタートバーンは、アンリアレイジが2022年春夏パリコレクションで発表したデジタルルックを販売するNFTプロジェクトに協力。 デジタルルックのNFT発行には「Startrail」が用いられています。」https://startbahn.jp/anrealage_20211014/

なぜやるのか

  • 現代美術家であるCEOが、自身の経験や問題意識から着想を得る。
  • アートの管理を手軽にすることで、マーケット全体の拡大を目指しています。

■ アート業界の課題

アート作品の価値や評価は、「誰が所有したか」「どこで展示されたか」のような、作品がこれまで辿ってきた来歴によって左右されます。

しかしこれまで、このような来歴情報の管理は、脆弱な紙の証明書のみで行われてきました。情報の改ざん・コピー・偽造・紛失のリスクが高く、アートマーケット全体の信用が損なわれる要因になっています。また、二次流通に関わるプレイヤーは、信用を担保するために作品の来歴調査や権利管理に膨大なコストを費やしています。

スタートバーンでは、このようなアートマーケットの課題を解決するために、アートのためのブロックチェーンネットワーク「Startrail」を構築しています。

■ 次世代NFTの活用に向けて

昨今「NFTアート」が脚光を浴びています。NFTとは、ブロックチェーン技術を用いたデジタルアセットの一種です。複製が容易に行われてしまうデジタルコンテンツでは難しかった、所有者であることの証明を実現するものとして注目されています。一方、その流通には多くの課題が潜んでいます。特に留意すべき点は、既存のNFTサービス同士の互換性がなく、サービスを横断した二次流通・利用が難しいことです。

このような課題に対して「Startrail」の活用を提案しています。コンテンツを取り扱う事業者がNFTサービスを開始するためのシステムおよびソリューションとして「Startrail API」を提供し、希少なブロックチェーンエンジニアの採用と多くの開発時間を削減します。また、既にNFTを導入しているマーケットプレイスに対しても、サービス横断で互換性を持たせるためのソリューション「Startrail PEG」を提供しています。

詳細はこちら:
「アートの価値をブロックチェーンで支えるスタートバーン、京大・東大関連VCなどから11.2億円を調達。アートの信頼性担保や次世代NFTのインフラ提案を含む、3軸のネクストステップを公開します。」
https://startbahn.jp/fundraising-b_20210512/

どうやっているのか

  • 海外の提携企業とイベント時に記念撮影。
  • アート、IT、コンサルなど、メンバーの出身業界も様々。

■ グローバルなチーム

アートに関わる事業に取り組んでいることもあり、様々なカルチャーや領域に関心のある人が揃っています。現役ギャラリストや美大出身者から、元コンサルや事業会社出身者、さらには金融出身のブロックチェーンエンジニアまで、非常に幅広い領域から集まっています。

国際的に利用されるインフラを構築していることもあり、外国人のスタッフも多く在籍し、社内公用語は英語です。

■ 働く場所は自由

職場は東京大学の本郷キャンパス内にある、ベンチャー支援施設「アントレプレナーラボ」の一角にあります。学生や研究者との交流も多く、学食が食べられることも特長です。

現在はリモートワークを推奨しており、従業員の9割以上が各自宅にて勤務しています。2020年6月より、住宅環境整備手当や、モニターやチェアの備品の支給など、福利厚生のアップデートも行いました。もちろん、海外からリモートで働いている従業員も多くいます。

■ 風通しの良さ

役職や年齢はもちろん、チームやプロジェクトも跨ぎながら、常にフラットなコミュニケーションが行われています。

また、経営陣との距離も極めて近く、社員全員が新たな事業の提案や社内の仕組みの変革を行える、風通しの良い職場です。自分たちのサービスに対しては、みんなで話し合うのが当社の文化です。

各部署やプロジェクトの進捗や決定事項については、常に社内全員が簡単にアクセスできる形でシェアされています。そのため、自分の所属していない部署やプロジェクトについても、意見・議論することができます。

こんなことやります

■ 募集概要

【事業の拡大に伴い法務面から会社の成長をサポートして頂きます!】

アート×ブロックチェーンというユニークな分野で活動する当社で、1人目の法務専任担当者を募集しています。当社では新しい事業の立ち上げや既存事業への機能追加など、ビジネス上の新しい動きが多く発生しています。事業やプロダクトの主旨を理解した上で、契約書/利用規約の作成/改定や、その他留意すべき法務上のリスクの整理など、単なる作業者ではなく法務戦略を担当する意識で、事業に一緒に取り組める方を求めています。

またブロックチェーン領域はまだ技術的に新しく、資金決済法上や金融商品取引法など、関連する規制の改定が進んでいる状態であり、法務の社内担当者として定常的に情報収拾を行い、事業へのインプットをしてくれることも期待しています。

■ 業務内容

【 一般的なコーポレート法務からブロックチェーン法務や知的財産関係の法務まで幅広い業務にチャレンジ出来ます!】

・各種契約書(NDA、業務委託契約)の作成(和文:英文=7:3)、レビュー及び管理
・各種サービス、プロダクトに係る規約の作成、レビュー及び管理
・社内規程の作成及び管理・新規事業企画、共同事業に対する法的リスクのアドバイス
・知的財産の法務戦略の立案、管理
・ブロックチェーン、著作権などの各種法令に関するリサーチ
・取締役会及び株主総会の運営サポート

■ 職場環境

【全て1人で抱え込むのではなく、各専門家に相談できる環境が整っています!】

・アート/著作権領域において著名な水野祐弁護士(社外監査役)、塩野入弥生弁護士(社外取締役)、木村剛大弁護士(リーガルアドバイザー)に相談できる環境です。その他にも顧問契約を締結しているファームがあり適宜ご相談しながら業務を進めていけます。
・ブロックチェーンに関する法制度は当社の事業の根幹に影響を及ぼすため、当該領域の法制度への対応について日本のトップファームと協議して頂く必要が出てきており、最先端のリーガルナレッジを得られる環境になっております。

【 フレックスタイム/リモートワークを導入し、自由度の高い働き方を整えています!】

・1日の標準労働時間は8時間で、コアタイムは11:00~16:00
・リモートワークを推奨しており、社員のほとんどがフルリモートで勤務しています。
 ※本ポジションは一定程度(週2-3程度)の出社を想定
・外国籍メンバーと交流する機会が多くあり、現在英語に少し自信がなくても、英語力をブラッシュアップしながら、インターナショナルな環境で働く機会があります。

■ 必須要件

・法律系の実務経験 (事業会社、法律事務所 等)
・契約交渉等におけるクライアント企業や弁護士との折衝経験
・知的財産権関連業務(著作権、商標、特許等)の知見
・ビジネスレベルの英文作成スキル
・プロアクティブに動ける方
・会社の成長/変化を楽しめる方

■ 歓迎要件

・弁護士資格
・IT企業での法務経験

会社の注目のストーリー

【 2020年を振り返る 】スタートバーン大開花の年

【 メンバー対談 】 アーティストの意思を100年後まで残すためにできること

【 役員インタビュー 】2021年のスタートバーンでしか学べないビジネスとは?

エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
スタートバーン株式会社の会社情報
スタートバーン株式会社
  • 2014/03 に設立
  • 55人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
  • 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 南研究棟 255
  • スタートバーン株式会社の会社情報
    アート×ブロックチェーン事業拡大を法務でサポートしてくれる方を募集!