350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 治療用アプリのPdM
  • 15エントリー

治療効果を持つ医療アプリのプロダクトマネージャー

治療用アプリのPdM
Mid-career
15エントリー

on 2021/07/14

938 views

15人がエントリー中

治療効果を持つ医療アプリのプロダクトマネージャー

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Tomofusa Kawakami

1980生 エンジニアリングからマネジメントまで幅広く技術開発に関わってきた経験を活かして、現在ヘルスケア領域でチャレンジをしています。 先端技術やサービス開発に関する技術が好きで、情報交換も歓迎しています! Save MedicalのMissionであるDTxというドメインに関しては社会的な意義や価値と共に実現や浸透に対してのハードルも感じております。あるべき社会デザインの一つという想いをやりがいに取り組んでいます。

React Native Matsuri 2022にCTO川上が登壇します & Silver Sponsor として協賛します

Tomofusa Kawakamiさんのストーリー

Shotaro Asano

株式会社Save Medical 代表取締役社長CEO 1982年生まれ。一橋大学法学部を卒業後、2005年に株式会社リクルートに入社し、営業・企画・海外事業開発・VC子会社(サンフランシスコ駐在含む)に従事。2017年より日本医療機器開発機構(JOMDD)に事業開発ディレクターとして参画。2018年に株式会社Save Medicalを創業。 聖路加国際大学公衆衛生大学院(MPH)を修了し疫学の基礎を学ぶ。 デジタルヘルスを社会実装するための臨床課題の把握・エビデンス作りを研究テーマとしています。

Satoshi Nozoe

株式会社 Save Medical のメンバー

1980生 エンジニアリングからマネジメントまで幅広く技術開発に関わってきた経験を活かして、現在ヘルスケア領域でチャレンジをしています。 先端技術やサービス開発に関する技術が好きで、情報交換も歓迎しています! Save MedicalのMissionであるDTxというドメインに関しては社会的な意義や価値と共に実現や浸透に対してのハードルも感じております。あるべき社会デザインの一つという想いをやりがいに取り組んでいます。

なにをやっているのか

Digital Therapeutics(DTx)を開発しています。このプロダクトはソフトウェアでありながら、医療機器として医療機関で利用される新しい分野です。 現在当社では、糖尿病・メンタルヘルスを中心に開発を複数進めています。 認知行動療法など、いわゆる非薬物療法と呼ばれる従来「時間」「手間」「専門性」を要する技法をアプリ化し、医薬品のように流通させることを目指しています。
本邦初となった糖尿病アプリ治験を実施

なにをやっているのか

本邦初となった糖尿病アプリ治験を実施

Digital Therapeutics(DTx)を開発しています。このプロダクトはソフトウェアでありながら、医療機器として医療機関で利用される新しい分野です。 現在当社では、糖尿病・メンタルヘルスを中心に開発を複数進めています。 認知行動療法など、いわゆる非薬物療法と呼ばれる従来「時間」「手間」「専門性」を要する技法をアプリ化し、医薬品のように流通させることを目指しています。

なぜやるのか

医療・ヘルスケア分野においてもソフトウェアを活用した新しい治療方法が模索されています。 我々は、テクノロジーを社会実装することで患者の健康・生活の質を守り(Save Patients)、医療者の人手不足を軽減し(Save Medical Resource)、社会全体の医療費を適正化すること(Save Healthcare Cost)に貢献したいと考えています。

どうやっているのか

新しいテクノロジーを医療の現場に根付かせるには、 ・効能効果を科学的に証明すること ・規制を真正面からクリアすること ・医療者にとって使いやすいこと ・患者にとって使いやすいこと など多くの課題をクリアしていく必要があります。 我々は、ビジネス、薬事、プロダクト、テクノロジーのプロフェッショナルが集まり、試行錯誤を重ねています。

こんなことやります

■仕事概要 身近なスマートフォンなどにインストールするアプリケーションでありながら、医療機器として厚生労働省の承認を取得し、医療者と患者の皆様が使う治療用アプリ開発を行っています。企画立案から、仮説検証のプロセスを回し必要なエビデンスを積み重ね、PMFを目指しています。プロダクトマネージャとして医療の最先端をリードするプロダクトをゼロから産みだしてみたい方を募集しています。 患者様と向き合いながら、医療者や大手製薬企業の皆様とも連携して、プロダクトマネジメントに取り組んでいただきます。 医薬業・治験実務などの専門知識については当社メンバーのサポートしますので、社会課題・医療の課題に取り組んでいきましょう。 ◾️具体的な業務内容 ・既存プロダクトの強化、運用を行うエンハンス中心のプロダクトマネジメント ・新規パイプラインのプロダクト企画・UX構築 ・新規パイプラインのプロダクトマネジメント ・当社のプロダクトマネジメント戦略立案とオペレーション ■必須スキル 下記のいずれかに該当される方 ・医療・ヘルスケア分野のIT系プロダクトでUI/UXの構築のご経験がある方 ・コンシューマ向けWebサービス(業界不問)でUI/UX設計を主軸となっての立ち上げのご経験がある方 ■歓迎スキル ・新サービスの商品開発・企画 ・プロダクトマネジメント経験 ・システム開発経験 ・エンジニアとしての開発業務経験 ・カスタマージャーニーマップなどのユーザー体験構築経験 ・Web/ アプリのUI/UXデザイン経験 ・ユーザビリティテスト設計、実施、分析経験 ■求める人物像 ・弊社ビジョン/事業に共感をしていただける方 ・考え方に柔軟性のある方 ・課題に対し主体的に改善策を考え、地道に実現していける方 ・チームでコミュニケーションし良いサービスを作りたい方 ・事業を自らの裁量で0→1したい方 ◾️本ポジションの魅力 当社での取り組みは、自身が生み出したプロダクトが直接患者様の治療に結びつき、個人としてのやりがいだけでなく社会的な意義も大きいものです。また、本邦における医薬品・医療機器の市場規模は大きく、取り組む市場としても魅力的です。 しかし、このような期待の大きい分野ではありますが、治療用アプリへの取り組みはまだ始まったばかりです。販売までに必須となる「治験」の実施経験があるのは当社を含めまだ数社のみ、とプレーヤーは限られています。 当社でのプロダクトマネジメントの経験は、今後主流になるであろう本邦の治療用アプリ開発のスタンダードを作る貴重な機会となります。
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2018/05に設立

    7人のメンバー

    • Funded more than $1,000,000/

    東京都中央区日本橋本町3−3−6 ワカ末ビル2F