350万人が利用する会社訪問アプリ

  • イベント企画、運営、広報
  • 18エントリー

自社製品の可能性を追求し、収録して配信する新世代の広報@大阪

イベント企画、運営、広報
Mid-career
18エントリー

on 2021/08/10

860 views

18人がエントリー中

自社製品の可能性を追求し、収録して配信する新世代の広報@大阪

Online interviews OK
Osaka
Mid-career
Osaka
Mid-career

加藤真平

代表取締役社長

株式会社ポスタリテイトのメンバー

代表取締役社長

なにをやっているのか

株式会社ポスタリテイトは、防災・アウトドアで活躍する家電ブランド「LACITA」を運営している会社です。 2017年に設立したブランドLACITAは、停電時やアウトドアなど全く電気がないところで家電製品の使用を可能にする「エナーボックス」や「ソーラーパネル」を開発しています。その代表となるエナーボックスは、燃料を使用しなくとも事前に蓄電しておくことで電気の無い屋外でAC電源やUSB電源などがとれる画期的な製品で、これまでにも多くのユーザー様にお使い頂いています。 そしてエナーボックスをいつでもどこでも充電できるようにソーラーパネルを片手で持ち運びができるコンパクトサイズに開発し、更には車での移動中にも高速で充電ができるようにカーチャージャーも独自開発しています。 我々が作り出すプロダクトはアウトドアレジャーの分野だけでなく、自然災害時の電源供給としても非常に注目されており、『防災製品等推奨品』などにも選ばれています。 エナーボックスという「電気のないところに電気を生み出す」製品を扱う我々LACITAは、今独自のブランドジャーナリズムを創造しようと模索しています。21世紀はテクノロジーの発展によりほんの数年前まで当たり前であったことが当たり前でなくなるそんな世の中です。それは言い換えれば、「日常と非日常の境目がなくなりつつある」ということかもしれませんが、決して悪いことばかりではなく、人々に人生の価値とはなにかを考えるきっかけを与え、経済的な豊かさとは一歩距離をおいた「クオリティオブライフ(生活の質)」を上げることに向かい始めたともいえます。一方で、一瞬にしてこれまでの生活を崩壊させる「災害」はこの21世紀においても未だ不可避なものであり、時にはかけがえのない命さえをも奪っていきます。災害時において、少しでも人々に「灯り」と「温もり」を与えることがLACITAの使命です。我々が掲げる理念は、エナーボックスという製品を通して、「これがあって本当によかった。」と思える”絶対的な安心感”と、「こんな使い方もあったんだ!」という”豊かな価値観”を提供し続けることです。 この理念を実際のフィールドに置き換えると、「防災」と「アウトドア」に繋がると考えています。どちらも”非日常”的でありながらも、生活する上で最低限の物理的豊かさを確保することで、これまでただ備えるだけだった防災やたまの休日に出かけるアウトドアから、日々の生活そのもの自体が防災やアウトドアに繋がる、つまり”日常”の延長になると考えています。エナーボックスは、ただ持つことで満たされる感覚的な安心感やワクワク感に止まらず、日々の生活に活用していくことで現実味を帯びた絶対的安心感や、豊かな価値観を発見することができるそう信じています。 ▼LACITA ホームページ https://shop.lacita.co.jp/
ポータブル電源ENERBOX
プロダクト制作
プロジェクトメンバー
MTG
Our Outdoor Style
Our Indoor Style

なにをやっているのか

ポータブル電源ENERBOX

プロダクト制作

株式会社ポスタリテイトは、防災・アウトドアで活躍する家電ブランド「LACITA」を運営している会社です。 2017年に設立したブランドLACITAは、停電時やアウトドアなど全く電気がないところで家電製品の使用を可能にする「エナーボックス」や「ソーラーパネル」を開発しています。その代表となるエナーボックスは、燃料を使用しなくとも事前に蓄電しておくことで電気の無い屋外でAC電源やUSB電源などがとれる画期的な製品で、これまでにも多くのユーザー様にお使い頂いています。 そしてエナーボックスをいつでもどこでも充電できるようにソーラーパネルを片手で持ち運びができるコンパクトサイズに開発し、更には車での移動中にも高速で充電ができるようにカーチャージャーも独自開発しています。 我々が作り出すプロダクトはアウトドアレジャーの分野だけでなく、自然災害時の電源供給としても非常に注目されており、『防災製品等推奨品』などにも選ばれています。 エナーボックスという「電気のないところに電気を生み出す」製品を扱う我々LACITAは、今独自のブランドジャーナリズムを創造しようと模索しています。21世紀はテクノロジーの発展によりほんの数年前まで当たり前であったことが当たり前でなくなるそんな世の中です。それは言い換えれば、「日常と非日常の境目がなくなりつつある」ということかもしれませんが、決して悪いことばかりではなく、人々に人生の価値とはなにかを考えるきっかけを与え、経済的な豊かさとは一歩距離をおいた「クオリティオブライフ(生活の質)」を上げることに向かい始めたともいえます。一方で、一瞬にしてこれまでの生活を崩壊させる「災害」はこの21世紀においても未だ不可避なものであり、時にはかけがえのない命さえをも奪っていきます。災害時において、少しでも人々に「灯り」と「温もり」を与えることがLACITAの使命です。我々が掲げる理念は、エナーボックスという製品を通して、「これがあって本当によかった。」と思える”絶対的な安心感”と、「こんな使い方もあったんだ!」という”豊かな価値観”を提供し続けることです。 この理念を実際のフィールドに置き換えると、「防災」と「アウトドア」に繋がると考えています。どちらも”非日常”的でありながらも、生活する上で最低限の物理的豊かさを確保することで、これまでただ備えるだけだった防災やたまの休日に出かけるアウトドアから、日々の生活そのもの自体が防災やアウトドアに繋がる、つまり”日常”の延長になると考えています。エナーボックスは、ただ持つことで満たされる感覚的な安心感やワクワク感に止まらず、日々の生活に活用していくことで現実味を帯びた絶対的安心感や、豊かな価値観を発見することができるそう信じています。 ▼LACITA ホームページ https://shop.lacita.co.jp/

なぜやるのか

Our Outdoor Style

Our Indoor Style

【LACITAのビジョン】 ▼アウトドアの楽しさを伝える アウトドアをより快適に、かつかっこよく楽しめる社会を広めていくためにも、様々な家電製品をアウトドア環境で使用できるようにと企画していく一方で、製品を作るだけではなく製品を通して自分達自らも「これがあってほんと助かった」という”絶対的な安心感”と「こんなアウトドアの楽しみ方があったんだ?!」という”豊かな価値観”を追求していきたいと考えています。 ▼災害対策、被災地復興 LACITAでは、これからは地方分権、地方創生がより一層重要なキーワードになっていくと捉えており、エナーボックスを通して地域のアウトドアレジャーを盛り上げていくと同時に、地域に根付く災害対策や被災地復興に積極的に取り組んで行きます。それはつまり、企業主導型の施策を推し進めていくのではなく、「現地の人達」やそれを「応援する人達」と一緒になって対策を考え、復興に取り組んでいくことが大事だと考えております。 ▼未来の自然環境へ これまでの家電製品では、当然ながら電力会社や都市ガスなどが提供する電力システムを必要としてきました。LACITAが生み出すエナーボックスやソーラーパネルは、できる限り自然エネルギーを利用し、自然に優しい循環型電力システムで使用できるアイテムを追求しています。大規模では難しいことでも、一人一人が部分的に取り組むことはできると考えており、それを可能にするのは自然エネルギーを利用しても不便なく快適にできるプロダクトの存在だと思います。

どうやっているのか

プロジェクトメンバー

MTG

紹介させていただくチームは5人と小さな規模ですが、メンバーは皆とびきり優秀です。 各々が担当する分野では責任を持ちしっかりと業務をこなし、協力しあい日々仕事に励んでいます。 社内の特徴としましては「仕事をやるときはやる。遊ぶ時は遊ぶ。」が中心にあります。 加えて「楽しみながら責任を持って仕事をする。」という集まりでもあり、これから入社される方にもそのような考え・気持ちを持っていただければと思っています。

こんなことやります

■募集内容 エナーボックスという「電気のないところに電気を生み出す」製品を扱う我々LACITAは今、独自のブランドジャーナリズムを創造しようと模索しています。それは「我々のストーリーを作り出し、発信していく」ことであり、それに共鳴してくださる方々を巻き込むことでストーリーをより色鮮やかなものへと変えていくことだと考えています。 今回新たに企画しているのは、 アウトドアシーンや災害時に活躍するポータブル電源をさまざまな家電製品に使用して実験データを詳細記録し、その実験シーンの画像及び動画の撮影、編集、配信までをするお仕事です。 アウトドアシーン用の素材準備では数日間実際にキャンプをしながら行います。 また、全国で年間数回開催されるアウトドアイベントへの出展にもご同伴いただきます。 アウトドア業界での関係構築にもご尽力いただき、ブランドとのコラボ企画の推進をしていただきます。 主な活動例) STEP1. 撮影企画 STEP2-A(キャンプシーン用). キャンプ場にて4~5日間のテントor車中泊をしながら製品実験、データ記録、撮影 STEP2-B(災害シーン用). 屋内にて数日間の製品実験、データ記録、撮影 STEP3. 画像編集、動画編集(カット、テロップインサート、BGM) ※動画のフレームワークはデザイナーが用意 STEP4. SNS配信 【求める経験&スキル】 ・豊富なキャンプ経験 ・スチール&動画の撮影スキル ・スチール&動画の編集スキル(Adobe Photoshop、Premiere Pro) ・動画出演時の解説スキル ・車の運転経験3年以上(要長距離運転) 【求める人材】 ・妥協をせず追求できる方 ・外向的性格 【その他職務内容】 ・出展イベントでの広報及び販売 ・アウトドアやアパレルブランドとのコラボ商品企画 ・ブランドクリエイティブディレクターとの企画会議 【雇用形態】 正社員登用 ※条件によっては業務委託契約も検討します 【勤務地】 大阪市内 ※条件によってはリモートでのアサインも検討します
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2015/02に設立

    6人のメンバー

    大阪府大阪市西区靱本町3-2-18 ラ・パレス靱公園 3F