Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
農で日本を元気にする仕事

地域と日本の農業を再生する「生産者」「バイヤー」「直売所運営」

株式会社類設計室

株式会社類設計室のメンバー

全員みる(4)
  • 新卒で類グループに入社して、早くも11年!!
    はじめはできないことだらけでしたが、夢中で過ごす内にこんなに経ってました。

    ひとつひとつの課題・出来事から、気づくこと、学ぶことがもりだくさん!
    赤ちゃん~70代まで、家族のような仲間と日々学びながら仕事をしています。

    ほんとに、ほんとに、とことん本質をつきつめて、
    「社会のためになる」「みんなの役に立つ」ことを仕事にできる会社にいることを、わたしは、心から誇りに思ってます。

    「本当に社会の役に立つことがしたい!」方、ぜひ一緒に働きましょう!

  • みなさんとの出会いをたのしみにしています。

  • 沖田 栄里
    エンジニア

  • 山根 教彦
    ディレクター

なにをやっているのか

  • 5234b0e4 cb1c 4af2 ac55 a6c74cc8acbc ★類グループの5つの事業部★
  • 7e01020f 511a 466d 93f6 c9cdb58dd3e6 ★全社員が参加する劇場会議★

◆類グループって、どんな会社?
類グループは、「自分たちの生きる場は、自分たちの手で作ってゆく」
と志した6人の若者によって【共同体】として創立されました。

時は1972年、6人の平均年齢は26才、社会経験は2~3年。
仲間による起業の先駆けと言えるかもしれません。

その後、次々と新しい事業を展開してゆき、
「建築設計」「教育」「農業」「不動産」「社会事業」と、
5つの事業を展開し、社会の期待に応え続けています。

◆5つの事業部では、何をやっているの?
<類設計室>http://www.rui.ne.jp/architecture/
これまで手がけてきた仕事は、長野オリンピックのメインスタジアム、東京大学、京都大学、同志社大学、民間企業ではアシックス本社ビルなど、多岐にわたります。
安全な「箱」というハードだけでなく、その中に息づく人々の活動や思い、「志」といったソフトの提案まで行う戦略パートナーとして、クライアントから厚い信頼をいただいています。
  
<類塾>http://juku.rui.ne.jp/
類塾は、大阪・奈良に67教室を展開、1万2千人以上の生徒を擁する学習塾です。対象は、5才~中学3年生まで。
暗記ではなく、自分で問題を解く中での「気づき」を発表し合い、仲間とともにその核心に迫っていく「グループ追求」を中心とした「追求型」授業に取り組んでいます。さらに、生徒たちが自主的に自習室で行う、グループ追求「自主グループ」が授業の2倍(!)行われています。
  
<社会事業>http://www.rui.ne.jp/network/
類グループの社会事業部が発行する「週刊事実報道」では、既存のマスコミ・メディアが発信しない社会問題の「事実情報」を発信しています。
新聞事業を通して、事実を世の中に広めるとともに、新聞の宅配ネットワークを通じて、地域の人々の絆の再生、助け合いや想いのマッチングによる新しい事業の展開など、安心して暮らせる「地域共同体の構築」を目指しています。
  
<類農園>http://www.rui.ne.jp/agriculture/
市場の幻想価値という仕組みに乗らない農業は、衰退の一途を辿ってきました。現在は、都市を中心に「食」への不安と関心が高まる一方で、農村では担い手が育っていません。
類農園は日本の「農の再生」を目指し、1999年に設立されました。奈良と三重の農園で「農産物の生産」を、大阪の直売所では「販売」を行っています。

<類地所>http://www.rui.ne.jp/realestate/
類地所には、「企業の事務所や社宅を斡旋する仲介部門」「オーナー様から土地やビルをお預かりして代わりに運用・管理を行う不動産コンサルティング部門」「類グループが所有する本社ビルや塾の教室、農地など、不動産の仕入れ・管理を行う資産運用部門」があります。地域の可能性を拓き、社会的な資産を作ってゆく仕事です。

なぜやるのか

  • 700eb5ce 1230 4bf3 96e5 12e9bdb4106a 類農園(奈良県宇陀市)
  • 86e58171 3282 47b2 83a1 e9bc3df6403a 設計部の打ち合わせでのヒトコマ

◆仕事とは、あまねく人々の期待に応えること。
企業の存在価値は、どれだけ社会の、そして、多くの人々の本質的な期待に応えられるかにあります。

表面的な需要ではなく、その奥にある、まだ顕在化していない期待を「言葉」にし、「事業」にし、「商品・サービス」にしてゆくこと。
それこそが、これからの時代を生き残る企業の生命線です。

類グループの使命は、「あまねく人々の期待に応え続けること」。
「建築設計」「教育」「農業」「不動産」「社会事業」。
全員が、どの事業部門においても、その使命を中心軸において、仕事に取り組んでいます。

どうやっているのか

  • Bfd4eab9 4a2e 4c96 a3e0 4bacf0aaac7c
  • 54a6b2d7 96d2 4f35 bb56 5a8ef9fe76bd

◆「はたらく価値」とは、何だろうか?

類グループは全体で約500名の社員が在籍していますが、全員が「経営者」として、事業に参画しています。具体的には、社員全員が「株主」であり、「取締役」であり、「労働者」でもあります。

株式会社とは、株主のものですから、株主の意向を受けた取締役が会社の指揮をとり、労働者はその指揮のもと、業務を行うのが一般的です。
類グループでは、このような重要な会社の方向性の決定を株主・取締役だけで行うのではなく、全員で行い、「自分たちの生きる場を自分たちで作ってゆく」というスタイルをとっています。

もちろん、「経営者としての判断」が求められますので、個人の意見や価値観を超えて、全員が、組織として、「事実」をよりどころとして、物事を思考する必要があります。
そこには、上からの指示で動くだけでなく、切り取られた業務を行うだけでなく、全員で追求し、学びを深め、全員で社会の期待に応える「やりがい」があります!

類グループでは、「はたらく価値」を、単なる時間の切り売りによる能力提供を超えて、より本質的でやりがいのある、「皆で社会を作っていく活動」へ変えてゆきたいと考えています。

こんなことやります

類農園では、下記の取り組みを共に本気に追求し、実現する仲間を探しています。
私たちの想いに共感し、志をもって主体的に課題に取り組んで下さる仲間を募っています!

◆農と地域を再生する「直売所」の新たなカタチ◆
「高度成長と消費社会の中で、単価の低さから収益が上がらない農業は、衰退の一途を辿ってきた。都市を中心に、食への不安と関心が高まる一方、農村では担い手が育たない。つまりは都市も農村も、消費者も生産者も不全を抱え、活力を失い続けている。
「農の再生」を目指して1999年に開設された類農園も、一時はこうした赤字構造と活力衰弱に陥った。全社一丸となって可能性を探索した結果、辿り着いたのは都市と農村を繋ぐ「直売事業」だ。事業を成功させることができれば、これからの農業の勝ち筋を示すことにもなる。
そして、2014年、大阪市淀川区と茨木市の彩都地区で、都市型直売所をオープンし、新たな挑戦が始まった。

◆共に追求する場が活力を再生する◆
まず着手したのは、生産者の組織化だ。そして、単なるモノではなく思いや情報を乗せた商品で、消費者を組織化する。
消費者が食に安全安心を求める機運は上昇する一方、情報が溢れて何を選べば良いのか分からなくなっている。農薬を使わない「有機=安全」といった浅い認識に留まらず、将来に渡って持続できる安全を確保していくには、どんな農業をし、どんなものを選んで行けばよいのか。
類農園が目指す組織化は、安全・安心のさらに奥にある期待に応えることにほかならない。そういった意味で、直売所は消費者と生産者が共に追求に向かい、ひいては生きる活力を取り戻すことに繋がる事業。人々の意識の最前線に立ち、社会を牽引する事業なのだ。

◆育つ人材、広がる繋がり◆
栽培の傍ら、農場で実施してきた長期研修やインターンの中からも、独立自営農家が生まれ始めている。
コピー機や置き薬の営業をしていたKさんは、かつては仕事に身が入らず、上司や周囲とぶつかってばかりいたという。個人の数字だけに追われる毎日に疑問を持ち、本当に人の役に立つ仕事、生まれ故郷に貢献できる仕事をしたいと、類農園の門を叩いた。
技術以前の人間教育が課題となる中、本社での劇場会議や仲間会議などを通じて認識を学び、就農を決意。周囲の反対を説得し、イチゴ農家として独立した。その後、5年目で経営規模は2.5倍、無借金経営を達成。年間売上1500万円も目前になり、一人前の専業農家に成長している。
また「雇用を生み出してこそ地域貢献」とパート雇用も採り入れ、更なる経営拡大、数年後の法人化も見据える。
現在は類農園のインターン生の日帰り体験としても協働し、次世代の人材育成にも貢献中だ。

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 農で日本を元気にする仕事
採用形態 新卒採用 / 中途採用
募集の特徴 学生さんも歓迎
会社情報
創業者 岡田淳三郎
設立年月 1972年9月
社員数 520 人
関連業界 食品・飲料・農林水産 / 建築・不動産・住宅 / 教育・研究

応援している人(11)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(11)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

大阪市淀川区西中島4-3-2 類ビル

Page top icon