1
/
5
Webマーケティング
中途
26
エントリー
on 2021/08/20 900 views

マーケティング組織立上げ!SDGsモデルで就労困難者の大活躍時代をつくる

VALT JAPAN株式会社

VALT JAPAN株式会社のメンバー もっと見る

  • ■製薬企業のMR(精神疾患・生活習慣病担当)に従事中、障害や疾患を抱える多くの方々には、より一層「仕事で活躍できる社会(社会的仕組み)」が必要だと衝撃を受け、2014年同社を創業。
    ■創業時より、全国10,000名を超える障害者ワーカー、1,000を超える事業所をネットワーク化し、民間企業からの受注した累計400種類・1,000案件以上の仕事をマッチングする「障害者特化型BPO事業」を展開。
    ■企業・団体との業務提携、官民連携、産学連携など、様々な業界との連携も強化し、就労支援業界の新たな経済圏構築に邁進。

  • 【起業家として実力も掛け持つ理学療法士】
    大人の障害者に対する就労支援を、理学療法士・作業療法士の ノウハウを活用して行うビジネス「ジョブリハ」の理事として、 スタートアップゲイトウェイ(Startup Gateway)という社会起業家のビジネスコンテストで優秀賞を受賞。

    【自身の経験が未来をつくる】
    在学中は小児分野に興味をもち、卒業後は重症児者福祉医療施 設へ入職するも、身体機能の改善や福祉機器の整備だけでは、 障がいのある方の人生が、その人らしく変化しない現状に直面 し、疑問をもつ。 福祉やリハビリに対し迷い、悩みな がら働くうちに、精神疾患を抱えるように。弱さと強さ(信念)を...

  • 働くことで元気になれる、そんな社会を実現したい

なにをやっているのか

  • 就労困難者特化型DXプラットフォーム「NEXT HERO」
  • IVS2021 LAUNCHPAD NASU 3位入賞

「仕事」を通じて就労困難者が大活躍するための社会的インフラをつくっています。
①就労困難者特化型DXプラットフォーム事業(NEXT HERO)②EC/D2C特化型、自社専用カスマイズ・ロジセンター(EC HERO)③官民連携事業の3つの事業を展開しております。

主力サービスである「NEXT HERO」では、当社がプラットフォームとなり、障がい者ワーカー(就労継続支援事業所等)と仕事を委託したい民間企業や自治体をつないでいます。

現在、全国にある就業継続支援事業所・就業移行支援事業所は国の財源で運営され、就労困難者は施設に通って作業などをしておりますが、非常に低い時給で作業を行っているのが現状です。
これは、それぞれの施設が民間企業へ仕事獲得のためのマーケティング、営業に注力できないことが起因しています。

そこで当社がプラットフォームとなり、「仕事の流通」を起こすべく、全国の事業所と提携し、所属する就業困難者の得意なこと、できることをデータベース化。
それをもとに民間企業へ営業し、受注した仕事を障がい者チームに再委託しております。

民間企業からは例えばECサイトのデータ入力、修正や、通販の発送代行など、多くのニーズを獲得。
障がい者ワーカーは自分の得意な仕事に取り組むこができ、労働条件はもちろん、やりがいや自己成長を感じられる「仕事」を提供しております。

【事業内容詳細】
①NEXT HERO(就労困難者特化型DXプラットフォーム事業)
全国15,000名を超える障がい者ワーカー、1,500を超える事業所をネットワーク化し、民間企業からの受注した累計500種類・1,300案件以上の仕事をマッチングし、就労困難者の新たな「活躍機会」を創出。本モデルは、国内公的セクターから評価、期待されており、2021年にはJICA(国際協力機構)の事業にも採択。

②EC HERO(EC/D2C特化型、自社専用カスタマイズ・ロジセンター)
海外スタートアップでは特に注目されている、マイクロフルフィルメントモデルとして、D2C事業者様へ、専用のロジスティックセンターを提供。
EC/D2C市場が急成長し続ける中、ロジスティックセンターや人材が圧倒的に不足しています。当社がネットワークする全国の働く障がい者ワーカーと1,000箇所以上の事業所を活用し、D2C事業者様オリジナルのロジスティックセンターを提供しています。

③官民連携事業
自治体との連携協定を通じて、地域社会に密着し、NEXT HERO事業を展開。
現在、5つの自治体と連携しており、今後5年間で、47都道府県全ての自治体との連携を実現させる。

なぜやるのか

  • 代表 小野

代表の小野が大手製薬会社のMRとして勤務していた際、精神疾患を持つ方々の患者会へ参加。
そこで医薬品では解決できない、「仕事の成功体験が少ない」という実態に衝撃を受けたことがきっかけで​ヴァルトジャパンを創業しました。

代表自身が多くの障がい者の声を直接聞いてきた経験の中で、多くの人たちに共通していた「本当はもっとがんばりたい」という本音。
障害者への「仕事の流通」を通じて、障がい者の方々が抱える「誰かに喜んでもらいたい」、「認めてもらいたい」、「もっと社会に貢献したい」という純粋でまっすぐな気持ち(意志)の実現を目指しています。

■Vision
就労困難者の大活躍時代をつくる
■Mission
就労困難者が仕事を通じて活躍できる、
新たな社会的インフラをつくる
■Passion
意志のある可能性に愛を

どうやっているのか

  • 鎌倉市とVALT JAPANの連携協定締結式
  • 茨木市とVALT JAPANの連携協定締結式

「経済市場×医療福祉市場」のノウハウを掛け合わせることで、就労困難者の「新たな未来」を創ることができます!

■第一フェーズ(新経済圏をつくる)
「就労困難者へ、仕事を流通させる」

■第二フェーズ(データドリブンなプラットフォームを拡大)
「ビッグデータを活用し、仕事の最適マッチングと体調管理の両立を最適化」

■第三フェーズ(47都道府県との官民連携)
「障害や疾患を抱えながらも、仕事を通じて自分の存在価値を"強く"実感し続けられる社会を実現する」

【今後の事業展開】
7年間蓄積してきたビッグデータ(受発注のマッチングデータ、障がい特性データ、発注企業特性データ等)を活用し、データドリブンな就労支援プラットフォームを展開。(NEXT HERO)

合わせて、就労困難者が大活躍できる市場を特定し、業界特化型のサービス、プロダクト開発を実行し(EC HEROS)、より持続可能な社会課題解決型のテクノロジーカンパニーとして、業界をリーディングする。

公的セクターとの連携も強化。
「神奈川県鎌倉市」「大阪府茨木市」「宮崎県延岡市」「宮城県庁」「福岡県庁」、5自治体との連携がスタート。当社の事業は社会課題の解決という観点で国・地方自治体・大手企業からの注目度も高く、障がい者雇用政策のひとつとして、国策に関わる業務も担っております。

「神奈川県鎌倉市」:障害者の仕事と体調管理両立支援システムの実証実験に関する協定を締結
「大阪府茨木市」:ICTを活用した就職困難者への就労支援を行う包括連携協定の締結
「宮崎県延岡市」:​延岡市特産品EC事業のサイト開発及び運用
「宮城県庁」:共同受注窓口組織と連携し、地域特化型のBPOモデル(プラットフォームモデル)を展開
「福岡県庁」:共同受注窓口組織と連携し、地域特化型のBPOモデル(プラットフォームモデル)を展開

こんなことやります

社会課題解決型(SDGsを推進)の2つの事業を、公的セクターと連携しながら推進するのが、私たちソーシャルインパクトチーム(社会課題を解決する組織)です。

当社として、初めてのマーケティング部門の立ち上げです。

※業界最大級、就労困難者が仕事を通じて大活躍するプラットフォーム「NEXT HERO」
※EC/D2C特化型、自社専用カスタマイズ・ロジセンター「EC HEROS」
(いずれも、就労困難者の活躍機会・賃金・はたらく喜びを増加するモデルです。)

調達させていただいた資本を活用し、国内最大級のネットワークを持ちながら、Webマーケティングを通じて、圧倒的な競合優位性のある上記2事業をグロースさせます。

これらの構想は、代表の小野が描いておりますが、力強く実行いただけるマーケティング担当者(チーム)が必要です。カタチにし、進化させ、日本を代表するソーシャルインパクトチームを一緒に作っていただきたい思いです。ぜひ一度、明るい未来について、お話しましょう。ご応募を、お待ちしています!

<具体的なお仕事>
■マーケット形成
・SDGsモデルである「NEXT HERO」「EC HEROS」のブランディングを通じて、世の中に新しい価値をつくります。(新たなマーケットポジションをつくる)

■リード形成
・新規ユーザー獲得に関する戦略立案、管理、PDCAマネジメント
・サービスサイトに掲載する、新規リードの獲得/ナーチャリングを推進するナレッジ資料、ホワイトペーパー、動画等のコンテンツ企画及び制作
※オウンドメディア等の施策も検討
・セミナー施策の企画運営(大手企業を含むクライアント様との対談、事業連携等)
・広報チームと連携した企画立案

■マネジメント
・経営ボードメンバーや外部アドバイザーと連携した各施策の実行
・ディレクターチーム、プロダクトチームと連携し、コミュニケーションシナリオを設計
・各種マーケティングツールを活用した効果測定/分析
・KPI、KGI設定
・予算管理

<歓迎する人物像>
・toB向けマーケティングコンテンツの企画、制作経験
・当社のミッション・ビジョン等に共感いただける方
・社会的課題解決を、業界のリーディングカンパニーとして推進したい方
・就労支援業界未経験大歓迎です!

<仕事の進め方>
・スピーディに意思決定し実行できる権限、責任を委譲し、マーケティングを推進していただきます。
・代表小野、戦略担当者など、経営チームと連携して業務を進めます。
・社内コミュニケーションは、主にSlack、Google meet、Wrikeを使用。
・ソーシャルインパクトチームのメンバー1人ひとりの活躍や成長はもちろんのこと、クライアント企業サイド(経済セクター)、就労困難者サイド(公的セクター)の声を直接感じながら、社会課題を着実に解決し、一緒に未来をつくります。

<社会からも貴重な期待をいただいています>
日本経済新聞、日経BP(日経MOOK)、日経産業新聞、毎日新聞、読売新聞、テレビ東京、TBSラジオ、ビジネスインサイダージャパン、THE21、日本財団ジャーナル、NHK、厚生労働省 等

ぜひ、一緒に就労困難者が仕事を通じて大活躍する「社会的インフラ」をつくり、新たな未来を実現しましょう。カジュアル面談大歓迎です、ぜひお話ししましょう!

会社の注目のストーリー

障がい者特化型の仕事受発注プラットフォーム「NEXT HERO」を運営するヴァルトジャパンが資金調達を実施。累計調達額は7.4億円に。企業のサステナビリティ経営と障がい者等の就労困難者の活躍を両立へ

「IVS2021 LAUNCHPAD NASU」3位入賞

資本と意志で生まれる。就労困難者の大活躍時代

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
VALT JAPAN株式会社の会社情報
VALT JAPAN株式会社
  • 2014/08 に設立
  • 19人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル2F
  • VALT JAPAN株式会社の会社情報
    VALT JAPAN株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?