1
/
5
エンタープライズセールス
中途
14
エントリー
on 2021/08/27 547 views

製造業×SaaSスタートアップでエンタープライズセールス募集!

株式会社東京ファクトリー

株式会社東京ファクトリーのメンバー もっと見る

  • 川崎重工業→ボストン・コンサルティング・グループを経て2020年4月に東京ファクトリーを創業。
    重厚長大産業向けの製造情報の見える化・蓄積を行うSaaSプロダクト”Proceedクラウド”を提供しております。
    好きなこと:登山・キャンプ・クライミング

  • 2014年4月、企業向けIT業務システムの構想検討から、構築、運用保守サービスを提供するシステムインテグレーターへ営業職とし て入社。
    大手企業(医薬品メーカー/医薬品卸、アパレルメーカー)向けに、販売物流システムの提案活動に従事。
    顧客担当営業として、引き合いフェーズのヒアリングからご提案、受注/契約、納品/請求/入金、本稼働後のフォローアップまで 営業における全工程を経験。

    2019年2月からHacobuへ入社し、インサイドセールス、フィールドセールス、エンタープライズセールスに従事。
    2020年11月からは導入済み顧客の活用効果向上やデータ活用に基づいた業務改善を推進するため、カ...

なにをやっているのか

  • 製造現場のサプライチェーンの見える化や技能継承の効率化を実現するSaaSプロダクト「Proceedクラウド」を開発・販売しています

**“もっと高機能に、もっと多くの製造業へ”**

今後は現在使用いただいている顧客の満足度向上や新規顧客獲得に向けて、”製造情報の蓄積”、”製造情報の検索”、”情報のアウトプットの効率化”を行うことをプロダクトの基本思想として、図面の共有や検索・レポート機能の高度化に取り組んでいきます。

現在は造船やプラント、産業機器の製造や調達を行っている重工業を中心に事業展開をしており、現在数十社の企業にプロダクトを提供しております。(2022年5月時点)

直近では造船とプラントを中心に事業展開をしていますが、今後は品質保証やファシリティメンテナンスなどの写真を多く撮影する部門でのニーズもあるため、重工業に限らず幅広く製造業にアプローチするなどの事業展開も計画しております。

【導入事例】

[https://mag.proceed-cloud.com/archives/category/導入事例](https://mag.proceed-cloud.com/archives/category/%e5%b0%8e%e5%85%a5%e4%ba%8b%e4%be%8b)

【特許取得】

製造業のDXを支援する東京ファクトリー、写真を用いた工程管理システムの特許を取得

[https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000064407.html](https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000064407.html)

【資金調達】

- 製造業向けSaaS「Proceedクラウド」を提供する東京ファクトリー、プレシリーズAにて2.5億円の資金調達を実施

[https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000064407.html](https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000064407.html)

- 製造業のDXを支援する東京ファクトリーが2月より「Proceedクラウド」の一般提供を開始、1億円をシード調達

[https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000064407.html](https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000064407.html)

なぜやるのか

  • 重工業の生産現場は労働集約的であるがゆえにIoTやAIの恩恵を受ける余地が少なく、デジタル化に遅れが生じています。
  • 生産現場で得られる情報は様々なところに分散しており、そのため、振返り・改善や情報共有・可視化が困難です。

**“製造現場の生産性向上・より高いレベルのモノづくりを実現したい”**

代表の池は川崎重工業でボイラの生産技術として勤務した後、ボストンコンサルティンググループで製造業やエネルギー企業へのコンサルティングに従事してきました。その経験を通して、製造業の中でも特に重工業の生産現場では紙によるオペレーションや口頭/紙での情報伝達が行われているなど、多くのレガシーなオペレーションが残されていることに気が付きました。

これは重工業が一般的な製造業がライン生産を取り入れて作業を効率化・標準化しているのに対して、製品が巨大であるがゆえにライン生産が出来ず、労働集約なモノづくりをせざるをえず、IoTやAIといったテクノロジーの恩恵を受けて来れなかったためだと言えます。また、そのような労働集約的な製造業では人件費の安い国に生産拠点が移ってきており、競争力が次第に失われつつあります。

このような背景から、重工業の製造現場の生産性向上やより高レベルなモノづくりを実現するためのデータベース構築による業務やプロセスのデジタル化が不可欠であると考え、製造業向けSaaS企業を創業しました。

川崎重工とBCGで感じた重工業の課題

[https://note.com/factory_minoru/n/n9c63521c463d](https://note.com/factory_minoru/n/n9c63521c463d)

どうやっているのか

東京ファクトリーはプロダクト開発とビジネスの両輪を上手く廻し、プロダクト開発→事業成長→収益・資金調達→プロダクトへの投資を繰り返すことで、市場への提供価値を最大化し、製造業の課題を解決しようと取り組んでいます。

■ビジネス開発のアプローチ
シリーズAの資金調達に向けて、ProceedクラウドのMRR(月次売上)の積み上げと今後のマーケット拡大の余地を示すために以下のような取組みを行っている・計画中です。

1.セールス組織構築
現在はセールス2名体制で営業活動を行っており、初期に設定した月次リード獲得数や商談数、成約数などのKPIの達成が継続的にできるようになってきました。さらなるスケールに向けた営業の再現性を確立するためにも、営業組織拡大時にKPI達成ができる体制構築に取り組んでいます。

2.CS(カスタマーサクセス)の立ち上げ
現在Proceedクラウドは月額5万円からスタートできるサービスとして提供しております。直近でエンタープライズ企業への導入が急速に増加しており、潜在ユーザー数の多い顧客でのカスタマーサクセスとそれに伴う利用拡大を行うことで、1社あたりの単価上昇を行うことが大きな鍵となります。現在のCSは個々の担当者が属人的に行っている部分も多いのですが、提供価値・品質の安定化と質の向上をすべく、CSの立ち上げ-仕組み化に取り組んでいます。

3.海外展開の検討
現在Proceedクラウドは日系企業を経由して8ヶ国で活用いただいております。今後は直接海外の企業にたいしてプロダクトを展開することで、GDP比率で10倍以上のマーケットへ挑戦していきます。2022年度中に海外企業との取引を実現するための海外展開戦略を立案しています。

■プロダクト開発のアプローチ
2021年度までは仮説検証のための新規機能開発を中心に行なってきましたが、複数のエンタープライズ企業でのプロダクト導入が進み、顧客への提供価値が具体的に見えるようになりました。
仮説検証のフェーズを超え、今後も継続的にプロダクトを成長させるために、継続的な成長を実現するための仕組みづくりを機能追加と並行しながら進めています。
そのために以下のような取り組みを行なっている・計画中です。

1. 積極的なリファクタリングの推奨
- 手早く機能を実装することよりも、チームとして読みやすいコードを書くことに重きを置いています
- 蓄積してしまった技術的負債を解消するため、以下のような仕組みを実施中・実施予定です
 ・メンテナンスが滞ってしまっていたOpenAPIの利用を廃止し、ユースケース層(クリーンアーキテクチャにおけるApplication Business Rulesレイヤの内側)を共通ライブラリ化して、API呼び出しコードの責任範囲を明確化
 ・ReduxからRecoilへの移行
 ・StoryBookの導入
 ・ユニットテストの拡充

2. 開発組織のチーム化
- 職能や役割ではなく、プロダクトの領域ごとに、クロスファンクショナルなチームを組成することにより、コミュニケーションロスを削減すると同時にチームで知識を蓄積できる仕組みを構築しようとしています。

- 開発エンジニアについては、主に所属チームでの開発(6割〜8割程度)を担当していただきますが、加えて1〜2つ程度の役割を担っていただきたいと考えています。役割の例としては、モバイルチームなど他チームでの開発エンジニアロール、セキュリティやクラウドアーキなど技術面でのスペシャリストとしてのロール、EMや採用担当などエンジニアのマネジメントに関するロール、プロダクトマネージャやプロダクトのKPIなどを管理するプロダクト領域のロールなどがあります。
 ・複数の役割を兼務することで、本人のスキルアップ・キャリアアップに資するだけでなく、チームとしてのナレッジ蓄積や属人化防止などのねらいがあります。
 ・担当いただくロールについては、本人の得意な領域や、勉強したい領域にあわせて、なるべく希望に添えるよう調整します。

3. AWSインフラのIaC化
- 有効なDevOpsを実現するために、CDKによるインフラ基盤の構築・移行の作業を開始しています。
- 移行と合わせてCI/CDや各種自動化を積極的に進められる環境を目指しています。
こうした改善のアイデアは各メンバーのこれまでの経験を活かし、意見を聞いて採用しています。
まだまだ改善の余地は多くあると考えており、自身の考えを反映しながらより良い仕組みを作り上げていける楽しい環境です。

こんなことやります

製造業現場向けのSaaSプロダクト「Proceedクラウド」のエンタープライズセールスのポジションです。
製造業の技能伝承・サプライチェーンの見える化に興味をお持ちの方はもちろん、製造業に携わったことがなくとも、日本のものづくりの技術を守ることに意義を感じる方や、デジタルによる業務改善や生産性向上に興味がある方も、ぜひお力を貸していただきたいです。

▼この募集の魅力
1. 日本が取り組むべき大きな課題である製造業DXの最前線で働くことが出来る
- 製造業におけるSaaSの導入はまだ進んでおらず、市場を作るところから経験をすることが出来ます

2. 業界最大手企業との実績があり、エンタープライズセールスとして経験を積むことができる
- 現場向けソリューションでありながら製造業のサプライチェーンの上流から下流まで幅広カバーしています。

3. アーリーフェーズのスタートアップのため、一人一人の裁量が大きい
- 0→1、1→10のフェーズのため、仕組み構築や組織構築をCEOと一緒に実行していくことが出来ます。

▼ユーザー像
「Proceedクラウド」の初期的なターゲット顧客は、製造プロセスの中で写真を撮影することを日常的に行っている、1品受注生産品や大型構造物をつくっているメーカーやそれらの製品の調達を行うプラント会社や海運会社などです

▼セールスにおいて大事にしていること
「Proceedクラウド」が主に使用されるのは製造現場。デジタルツールの普及がこれから、という現場のため、デジタルツールの利便性の理解や社内の導入フロー整備もこれからというケースが多いです。

- ユーザーにより現場の状況が異なるため、現場の解像度を上げたうえで、「Proceedクラウド」によってどんな業務の生産性が上がるのか明確にする
- 導入後の業務フローへの組み込み方もセットで提案する
- 現場で使用する社員への利用促進方法や、利用する際の躓きポイントも一緒に想定しながら導入を進める

上記のことを大事にユーザーと向き合っています。

▼業務内容
・お客様フォローアップコール/アポイント獲得
・商談/クロージング
・社内教育体制の確立
・営業人員の採用
・展示会の企画・運営 等

▼必須スキル・経験
・toBソリューション(無形商材)の営業提案経験
▼歓迎スキル・経験
・レガシーな業界や業種に対するデジタルツールの提案経験(経験してみたい、も可)
・SaaSツールの提案営業経験(こちらも経験してみたい、も可)

少しでも興味を持っていただけたら、カジュアルに事業概要やプロダクトなどについてお話させていただきたいと思います。
是非ご応募ください!

会社の注目のストーリー

【ビジネスチーム座談会】東京ファクトリーの営業・カスタマーサクセスのやりがいと喜び

【プロダクトチーム座談会】製造業向けSaaSを開発するダイバーシティな環境

【CEOインタビュー】Proceedクラウドが実現する新しい製造業の形とは?

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社東京ファクトリーの会社情報
株式会社東京ファクトリー
  • 2020/04 に設立
  • 20人のメンバー
  • 海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都文京区本郷3-40-3 SKビル202
  • 株式会社東京ファクトリーの会社情報
    株式会社東京ファクトリー から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?