1
/
5
権利擁護支援
中途
5
エントリー
on 2021/09/10 1,062 views

社会経験された方、気軽に社会的企業の話を聞いてみませんか?

特定非営利活動法人サポートゆう

特定非営利活動法人サポートゆうのメンバー もっと見る

  • 新卒で自動車ディーラーに入社し営業職を経験。その後事務職を経て、人との繋がりや自分自身が誰かの役に立つことを求めサポートゆうに入社。
    プライベートではとにかく身体を動かす事が好きで、毎週末テニスとヨガをしています。

    何でも思い立ったら挑戦したい私、失敗することがあったとしても前向きに楽しく物事を捉えていく気持ちを大切に。

  • 高校3年時、進路を考える際に、当時勃発していたアフガニスタンの紛争や難民となった子どもたちの保護活動をTVで観たことから、大学での方向性が決まり受験・進学。国際協力・国際交流の分野へ進む。
    大学2年時に、フィリピンのスラム街(貧困地区やゴミ山エリア)に行き、現地の環境や子どもたちに触れたことで、フィリピンのストリートチルドレンにスポットを当て研究するようになる。
    在学中は、フィリピンのみならず、タイや中国など、アジア圏において現地を知る機会が増えた。
    そのまま大学院に進み、引き続きフィリピンのストリートチルドレン、その中でもエンパワメントについて研究をしていたが、海外の事情や状況を知るう...

  • 6年間、特別支援学校で勤務し、障がいのある子どもたちの主体的な姿や自立を目指して日々指導・支援を行いました。その後、名古屋への転居をきっかけに会社員として販売業務を経験しました。現在はサポートゆうで高齢者や障がい者の方々の支援者の一人として働いています。

  • 新卒入社後憧れの職につくも挫折。地元の歯医者で歯科助手として3年勤務。受付業務で医療保険制度に触れ、もっと詳しく制度を知りたいと思い、NPO法人サポートゆうに入社。右も左もわからない私に諸先輩方が丁寧に指導・教育をしていただけたお陰で今やチームリーダー・新人教育業務を任されるまでに成長しました。一度は挫折した私でもこうして仕事にやりがいを持って働けることがとても嬉しいです。
    利用者様や関係先から直接感謝のお言葉を頂く機会も多く、日々勉強の毎日ですが、この仕事を頑張ってきて良かったなぁと感じます。
    趣味は食べること・寝ること・アニメ
    残業もほとんど無いので、退社後は自分時間に充てることが出...

なにをやっているのか

「権利擁護」という⾔葉をご存知でしょうか。身寄りがなく将来に不安を感じている⾼齢者や障がいを持つ⽅が本⼈の尊厳を尊重しながら⽣活できるよう、家族代わりとなって⽀えるというもの。少⼦⾼齢化が進んでいることもあり、社会的にもニーズが⾼まっています。私たちは権利擁護の活動で社会的な問題となっている身寄り問題の解決を目指しています。

我々が行うのは本来はご家族が行う事の代行業務。つまり家族代行の業務を行います。
病院への入院時、福祉施設や住居への入所の際に必要となる「身元保証」、
支払のお手伝いや、預貯金の管理をサポートする「金銭管理」、
万一の時に葬儀や納骨・死後の手続きをサポートする「葬送支援」、
介護保険外の日常生活をサポートする「生活支援」等、
簡単なお使いから自宅売買や相続手続等の専門性のある事まで、あらゆる事に家族の代わりとなって対応します。

なぜやるのか

高齢化社会がますます進む現代において家族関係も変化してきました。核家族化が進み、独居高齢者が増えそれに伴う問題が社会問題となっています。

身寄りの問題はご本人様だけでなく身寄りのない方に関わる関係者にも影響があります。
独居の方が入院する病院、入所する高齢者施設、在宅の生活を支えるケアマネさん等ご家族が居ない事によるトラブル、サービスや医療、介護の提供にも様々な影響が出ます。
そんな身寄りの問題により起こるトラブルを解決し、高齢者さんや地域社会に貢献する事を目的としています。

そんな「権利擁護」を⼿がける当法⼈において、あなたには支援スタッフとしてご活躍いただきます。たとえば、一人では生活が困難な方の受診付添をしたり、一緒に住むところを探したり。社会的にも⼤きな意義のある仕事となります。

どうやっているのか

支援は、簡単なお使いから、自宅売買などの専門的なことまで様々な支援を行います。
社外で活動する外勤とデスクワーク中⼼の内勤があり、希望や適性に応じてお任せしております。

《 具体的な⽀援内容 》
◎⽣活⽀援
買い物の代⾏や通院の付添いなど、⽇常⽣活全般を⽀援します。⾃宅売却や遺⾔のお⼿伝いといった専⾨的なサポートも⾏ないます。

◎⾝元保証
病院への⼊院や介護・福祉施設への⼊居時に、利⽤者様の⾝元保証をします。緊急対応のオンコールがあれば駆付けもおこなっています。

◎⾦銭管理
公共料⾦や家賃、施設等の利⽤料⾦の⽀払代⾏、銀⾏での⼿続き、⼊出⾦の管理、記帳、重要書類や貴重品などの管理を行っております。

◎電話対応
利⽤者様からの様々な相談をはじめ、施設や病院、役所からの支援依頼や問い合わせが寄せられます。 利⽤者様それぞれの状態や資⾦の状況も考えながら、必要な対応を進めます。必要があれば訪問対応もします。

◎葬送⽀援
万⼀の場合の死後事務や葬儀・納⾻⽀援などを担当します。

現在利用されている方の生活状況は本当に様々な状況です。
まず、ご本人様と事前面談させていただき、お困り事の確認と、支援内容・費用等をご確認いただきます。その後、内容にご納得いただけましたら、当団体と契約となります。
契約には弁護士や司法書士が立会いますので、ご安心して契約いただけます。

今注目の高まる社会的企業として
既に、1000名以上の方が利用されており、
業務は年々拡大をしています。

名古屋市内を中心に、
迅速な対応、丁寧な対応を心掛け、
利用者様や、病院、役所などからも評価され、
多くの紹介も頂いております

こんなことやります

「権利擁護」という⾔葉をご存知でしょうか。身寄りがなく将来に不安を感じている⾼齢者や障がいを持つ⽅が本⼈の尊厳を尊重しながら⽣活できるよう、家族代わりとなって⽀えるというもの。
寄せられる依頼や相談も益々増えており、受け⼊れ体制の強化もしたいです。適性や、やる気が合えばッフのマネジメントも行える管理者、ゆくゆくは責任者となっていただける方もぜひお話を聞きに来て下さい

自分自身の人生にも役に立つ業務を行っていただきます。役所への申請、金銭管理、収支の計算、不動産、税金、病気、薬、相続、、、、多岐にわたる業務があります。
・人生を営む上で大切な仕事を、利用者様に寄り添い、自分自身もともに成長して行くので、大いに自身に役に立つでしょう。こういった仕事、業務というのは、なかなか他の業界では味わえない(体験できない)ことだと思います。自分のためになり、社会貢献にもなり、生活を営むことができるというのは、一見の価値あり。
・また、NPO=特定非営利活動法人の団体の為、ノルマなどなく、ご自身にあった適性で業務ができます。
・トップとの距離が近く、風通しのよい風土の為、まずはお話を聞きに来て下さい。
きっと、この時代において、将来のわくわくした自分を想像できる、一つのきっかけになると思いますよ。

・入社してからは、研修を経て、先輩社員の付き添いの元、業務をすすめます。その後慣れてきたら、サブリーダー、リーダー、サブマネージャー、マネージャーとの役職に上がっていきます。

会社の注目のストーリー

遠方の家族から、感謝の手紙が!
外回りの業務内容の一部紹介!
権利擁護とは
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
特定非営利活動法人サポートゆうの会社情報
特定非営利活動法人サポートゆう
  • 2010/09 に設立
  • 35人のメンバー
  • 〒462-0861名古屋市北区辻本通三丁目2-2 古田ビル2階
  • 特定非営利活動法人サポートゆうの会社情報
    社会経験された方、気軽に社会的企業の話を聞いてみませんか?