1
/
5
バックエンドエンジニア
中途
32
エントリー
on 2021/10/05 1,612 views

Google出身のCTOの元で自社サービスのバックエンド開発を推進!

株式会社Belong

株式会社Belongのメンバー もっと見る

  • 大学院卒業後取得後 Goldman Sachs にてソフトウェアエンジニアとしてシステム開発や運用に従事。その後 Google でテクニカルソリューションエンジニアとしてクラウド関連技術の経験を積み、2020年に Belong の CTO として参画。Belong では技術戦略の立案やエンジニアリングチームの立ち上げ・マネジメント、サービス開発を行う。趣味は魚釣り(オフショア)。

  • 伊藤忠商事株式会社入社後、情報通信業界における事業会社の経営管理及びM&Aを担当。直近は、携帯サービス事業会社のM&A、アジアでの携帯ファイナンス事業立ち上げなどに従事。ニューヨーク駐在中、携帯事業者との協業推進時にCOO清水とBelongを構想し2019年にBelong設立、2020年に同社代表取締役就任。サウナと旅行が好きです。

  • 業務系アプリやWeb/モバイルアプリの開発を経験した後、2020年に株式会社Belongに入社。
    バックエンドエンジニアとして GAE/Cloud Run + Go でのシステム構築や社内ライブラリの実装などを行なう。
    gRPCやGraphQLなどスキーマベースの開発が好み。趣味は散歩とゲーム、時々将棋。

  • ソフトウェアエンジニア(バックエンド)兼PM。WEBを専門に会社で働いています。実装も好きですが、開発支援的なところに適性とやりがいを感じてます。セミナーに行くのも主催するのも好きで、完全に理解したTalkというイベントを定期的にやるEasyEasyというグループを運営してます。

なにをやっているのか

  • Belongの事業概要をペライチでご紹介
  • CxO陣それぞれが自身の専門性を持って、事業に取り組んでいます。

Belongは、以下、toC・toBそれぞれで2つ、合計4つサービスを展開しています。

■B2C事業
①にこスマ:中古スマートフォンECサイト
https://www.nicosuma.com/
「新しいより、あなたらしいを。」をコンセプトに、国内最大級の中古スマホを扱うECを展開しています。
にこスマは以下の特徴を持つ中古スマートフォンを"三つ星スマホ"と評し、誰もが安心して購入できるサイトを目指しています。
- 制限ナシ:ネットワーク利⽤制限○、SIMロック解除済の端末
- 外観キレイ:全てのグレードで画⾯や本体に割れや⽋け無し
- 検査クリア:バッテリー最大容量80%以上、機能不良なし
また、全端末360度写真の提供や、業界最長水準の1年保証など、実際のお店で新品を買うかのようなサービスを拡充しています。

②にこスマ買取:Web完結型のスマートフォン買取
https://www.nicosuma.com/sell
初めて手元の端末を売却する方でも安心して簡単にご利用いただける、スマホ・タブレットに特化したWeb完結型の買取サービスです。
8つの質問に答えるのみでシンプルな3グレードの査定結果を表示し査定後の減額要素を排除
スマホ買取サービスとしては業界に先駆けてeKYCを導入しオンライン上で本人確認が完了
査定完了後の端末送付もヤマト運輸との連携により集荷やコンビニなどへの持込で簡単に発送

■B2B事業
①Belong One:中古スマートフォンのレンタルサービス
https://belong.co.jp/business/lease_lp1/
フレキシブルな期間設定で、高品質な中古スマートフォン・タブレットを月々数百円からレンタル可能なサービスです。
- 伊藤忠商事グループの調達力を活かした低価格
- 短期レンタル対応
- キッティング対応
といったワンストップでスマホにまつわる業務をお任せいただけることから、ご好評いただいております。

②Belong 買取 for Biz:不要になった法人所有のスマートフォン・タブレットの買取サービス
https://belong.co.jp/business/sell/
- 通信キャリア様採用のデータ消去フロー
- 国内外の再販ルートを通じた高値買取
- iCloudロック解除代行や物流手配までワンストップ対応
こうした特徴から、法人のお客様にもご安心いただきながらお取引させていただいております。

なぜやるのか

  • 中古スマートフォン市場は年々加熱している市場です。
  • 伊藤忠バックグラウンド・テクノロジーとオペレーションの掛け合わせ・中古を扱うからこその高い基準が弊社の強みです。

◆生活になくてはならないスマートフォンを取り巻く環境変化
2007年にスマートフォンが台頭してから、1人1台が当たり前の世界になりました。しかし、急速な拡大によって市場は未整備のまま。
スマートフォンという社会インフラは、総務省の推進のもと主に3つの観点から、大きな転換期を迎えています。

↓当社の中古スマホ市場や事業についてまとめたspeakerdeckになります。
ご覧くださいませ。
https://speakerdeck.com/belongadmin/belong-inc

(1)通信費用は安くなっているのに、端末代が安くなっていないということ
つまり、端末代と通信費を車の本体とガソリンに例えてみると、現在の状態は、日々使うガソリンは安くなってきているのに車の本体代は下がっていないという状況にあると考えています。
今、携帯電話の料金体系は国をあげて見直しが進んでおり、分離プラン(本体代金と通信サービス費を別々に請求する仕組み)へのシフトが起こっています。
通信サービス費は値下げが始まったことに付随して、「なんとなく2年に1回買い換えるもの」という商習慣にユーザーも疑問を感じ始めているのではないでしょうか。

(2)スマホ機能の進化の幅が緩やかになっているということ
例えば、インスタ・LINEといったSNSが使用でき、タッチ決済に対応しており、写真をキレイに取りたい。というユーザーがいたとしましょう。
そのニーズであれば、iPhone7・8で充分です。その場合、新しい機種に10万以上のお金を掛ける必要があるのか、という疑問から中古を選択するユーザーが増えていると私たちは市場を捉えています。

(3)中古に対して寛容になったこと
2020年の中古市場規模は、前年比2.5%増の2.4兆円。10年間の年平均成長率は7.5%で、11年連続して増加傾向が続いています。今後、さらなる市場成長が期待されており、2025年には3.5兆円に拡大するという予測が立てられています。背景は、CtoCのフリマアプリが浸透し、「中古品」への心理的ハードルが年々下がっています。

また、中古スマホの一大市場である中国では、当社の類似事業を展開する愛回収という会社が非常に大きな額でIPOを遂げたということも話題になっています。
中古スマホ売買「愛回収」が米国でIPO、250億円を調達
https://forbesjapan.com/articles/detail/41956

どうやっているのか

  • 社内全員がそれぞれの専門性とValuesを軸にお仕事をしている生産性の高い組織です。
  • エンジニアリングチームはBelongの価値創造の根幹です。

◆3つのバリューを体現し続け、社内外問わない価値の創造を行います
私たちは、「大切な人に誇れる、次なる価値を届けよう。」というミッションを掲げ事業を推進しています。そのミッションを体現していくために、私たちは3つのバリューを体現し続けます。
当社の事業上、ビジネス・エンジニアシング・オペレーションのコラボレーションが不可欠です。そして、エンジニアリングが当社の成長の源泉です。

Belongのサービスは、Web上だけでは完結しません。実際の商品を入荷・検査・査定し、個々のお客様の元に届けるといったオペレーションとの連携が不可欠です。

オペレーションを伴うビジネスでは、複雑に要素が絡み合い解決すべき課題が多く発生します。例えば、1台1台状態の違う中古スマホを、どのように在庫管理するのか?どのようにダイナミックに変わる需給バランスに対応するのか?どのように可能な限りコンパクトな在庫量で売上最大化達成するのか?こういった課題に対してBelongのエンジニアリングチームは挑戦しています。

製品をただ横流しするのではなく、サプライチェーンを川上から川下まで一気通貫してカバーし、
テクノロジーによって顧客価値の最大化を目指します。

■Be Honest/お客様に、チームに正直に
中古だからこそ、端末の状態を正直にお伝えします。Belongチーム同士も、お互いへの正直さを徹底しています。
CTO 福井より↓
【CTOインタビュー】"正しいことを正しくやる"Google・ゴールドマンサックスでの学びを活かしたBelongの開発組織とは?
https://www.wantedly.com/companies/company_114574/post_articles/359253

■Be United/一致団結して、助け合う
「それは自分の領域じゃない」と壁を作らず、Belongは困難に対して、助け合いの力で挑戦します。
プロジェクトマネージャー 小林より↓
【社員インタビュー】チーム一丸となり開発を進めるBelongのエンジニアライフとは
https://www.wantedly.com/companies/company_114574/post_articles/362540

■Make a Contribution/チームや社会に貢献
ただ漫然と与えられた仕事をこなしていないか?チームや社会への貢献度がBelongの物差しです。
エンジニア 畠山 より↓
【社員インタビュー】Belongを選んでよかった。技術力向上を目指しBelongにジョインした理由とは
https://www.wantedly.com/companies/company_114574/post_articles/362542

こんなことやります

Belongは中古スマホのエコシステムを構築することを目標にサービスを展開しています。
各プロダクトは成長過程にあり、今後は機能追加に加え、大量のアクセスに対応できるように強固な基盤を整えていくなどやるべきことが多くあります。また、1から立ち上げが必要なプロジェクトも控えていることもあり、開発体制をさらに強固にし、世界で戦えるエンジニアチームを作っている最中です。

Belong Inc. におけるバックエンドのソフトウェアエンジニアは、
・Web サーバーや API サーバーの設計・開発
・テスト、運用
において各々がリーダーシップを持ち主体的に取り組む事が期待されています。

■業務内容
・社内在庫管理システムや買取アプリのサーバ側アプリケーションの開発・運用
・社内・社外のアプリケーションと連携する API の開発・運用
・GCP プロダクトの設定や連携
・API やスクレイピング等を用いて集めた情報と社内で発生するデータを統合し分析するプラットフォームの構築

■開発環境
言語:Go, Python,JavaScript (Node.js)
フレームワーク/ライブラリ:go-chi, sqlboiler (ORM), gRPC
インフラ:GCP (Cloud Run, GAE, e.t.c.)

■Belongのエンジニアとして働く魅力
・Belongでは、手を挙げればチャレンジできる環境があります。やることは無限にあり、未経験のことでも挑戦できます。CTOも「仕事をどんどん奪ってほしい」という意向を持っています。

・アジャイル開発をおこなっており、且つ開発工程における要件定義/設計などの役割単位でメンバーに割り振ってます。開発(実装)フェーズはもちろんのこと、設計から運用まで課題解決をするためのサービス開発における様々な工程をまとめて経験することができます。

・エンジニアもプロダクト企画のMTGに参加でき、機能企画に携われます。また、社内の LT 会や、バックエンド・フロントエンドなどの専門メンバーを集めて行う議論の場も全てのエンジニアに開かれており、自身の専門領域に囚われず興味のある領域の知見もつけることができます。

■必須要件
・BelongのMissionに共感頂ける方
・Belongの3Valuesを実践出来る方
・バージョン管理システム、CI/CDなどのSDLCへの理解
・Go, Python, Java などのプログラミング言語の経験
・Webアプリケーション開発・マイクロサービスにおけるAPI連携の開発のいずれかの経験

■歓迎要件
・コンテナ技術・データベース・情報セキュリティに関わる知識
・GCP, AWS などのパブリッククラウドの経験
・REST APIの構築経験
・Protocol Buffer を用いた gRPC による API 連携システム構築経験
・オンライントランザクション在庫管理システムの開発・運用経験
・GAE, Cloud Run, CloudSQL, Dataflow, BigQuery, Firebase といった GCP プロダクトの利用経験
・マイクロサービスや DDD に関連する設計の知識・経験
・ジュニアメンバーのメンタリングやマネジメント経験
・日本語における流暢な会話、リモートミーティングでの会話に問題がないビジネスレベルの英語スキル

会社の注目のストーリー

「市場:◎、資本:◎、その他:これから」 そんなハイブリッドスタートアップで、貴方ならどう進めていきますか?

【CMOインタビュー】伊藤忠リソースxベンチャーライクなスピード感がBelongの特徴

「チーム力」が組織の強さの根幹。Belongの開発組織についてCTOに聞いてみた

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社Belongの会社情報
株式会社Belong
  • 2019/02 に設立
  • 46人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都港区赤坂6-4-10 赤坂ZENビル4F
  • 株式会社Belongの会社情報
    株式会社Belong から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?