Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
宇宙機開発エンジニア、ほか

宇宙機を、自分達の手で。宇宙機を本気で開発したい人、ウォンテッド!

PDエアロスペース株式会社

PDエアロスペース株式会社のメンバー

全員みる(2)
  • 代表取締役。
    航空機開発、自動車エンジン部品開発を経て、'07年 宇宙機開発ベンチャー:PDエアロスペース株式会社を起業。
    独自技術のエンジンを搭載した弾道宇宙飛行機を開発中。

  • 菊地 拓郎
    エンジニア

なにをやっているのか

  • 7d658ac2 beef 4648 b987 0ecbf03abb36 開発中の燃焼モード切替エンジン
  • 20f9ea60 f5e2 4efb a4b4 555bbf119377 飛行試験中の実験機(X02:無人高速実証機)

私たちは、民間主導による新型ロケット:スペースプレーンを開発しています。

ジェットエンジンとロケットエンジンの2つの機能を1つに集約し、切り替える「燃焼モード切替エンジン」をキーテクノロジーとして採用。
これまでのロケットのような垂直打上げ方式ではなく、飛行機のように滑走路から離陸し、そのまま宇宙へ行き、そしてまた滑走路に戻ってくる、繰り返し使える再使用型の宇宙飛行機(スペースプレーン)を開発しています。
このようなフライトは「サブオービタル飛行」と呼ばれます。

このスペースプレーンで、宇宙旅行ほか、宇宙への輸送サービスの提供を行う計画です。

なぜやるのか

  • 0315a6b1 17ad 4dea a66e e56c89ef33bc サブオービタル宇宙飛行の飛行プロファイル
  • 110d2506 f95c 420c 9d2a b0e92bfe8101 宇宙旅行のための「事前訓練プログラム」の様子

“宇宙をもっと身近に”

宇宙という未知で広大な領域に出ていくことで、見えてくる、分かることがたくさんあります。
新しい資源やエネルギーを手にすることもできます。
宇宙から地球という星を俯瞰することで、自然や命の尊さを見つめ直すことすら出来るでしょう。

宇宙へ出ていくことは、大きな困難やリスクを伴いますが、その何百倍もの恩恵を、人類にもたらしてくれます。

私たちPDエアロスペースは、安全かつ低コストの宇宙輸送の仕組みを作ることで、宇宙をより身近なものとする挑戦を続けています。

どうやっているのか

  • 50351e60 e9db 47ca bf14 6dfa727767a4 大学へ持ち込んでの燃焼実験
  • 611d2b5c c5d4 4355 bb34 794b8d7738b6 事務所に隣接する工作場

代表の緒川と数名の社員で、主に名古屋(有松)の小さな事務所と実験室で開発をしています。
飛行実験や燃焼実験は、静岡、岡山、北海道など、条件に合わせて、実施場所に赴きます。

また、当社の宇宙プロジェクトは、全国に散らばる参画企業や研究室、サポートメンバー(ボランティアメンバー)と共に進めています。

********
宇宙開発や宇宙へ行くことは、国家だけが行う時代は既に終わりを告げています。
欧米などでは、少人数のベンチャー企業が、民間ならではの発想や手法で、宇宙機の開発に着手。宇宙輸送コストの大幅な削減を打ち出し、宇宙ビジネスへ次々と参入しています。

今や、ロケットや衛星の開発/製造は、民間独自でできる時代になったのです。

とはいえ、実際にこれを実施/達成することは、資金的にも、技術的にも、困難であることは間違いありません。

それでも、その困難に立ち向かわなければ、新しい時代は切り拓くことはできません。

当社は、「道が無ければ、己で作れ。」を社訓のひとつに掲げ、道なき道を突き進んでいきます。

こんなことやります

宇宙へ行くことは既に、「夢」として語られる時代ではなくなりました。
今では民間による商用宇宙機の開発が各所で進んでいます。
私たちも、宇宙をビジネスフィールドとすべく、独自の宇宙機開発、事業展開をしています。

創業から9年、これまで少数精鋭のベンチャーとしてやってきていましたが、開発を加速するため、正社員を募集することになりました。
資金調達を含め、今後さらに大きな展開を予定しています!

やるべきことはたくさんありますが、自ら宇宙機を開発してみたい方にとっては、これ以上ないチャンスです。
ロボットコンテストや鳥人間コンテストなど、自ら企画・設計・開発をしてきた方は、その経験が活きる環境です。

文系/理系といったバックグラウンドや関わり方を限定せず、一緒に、開発したい、事業を進めたいという熱意のある方と出会いたいと考えています。

仕事は下記のように多岐に渡ります。

・ロケットエンジン開発
・無人実験機開発
・空中発射に関する検討
・(宇宙旅行のための)事前訓練プログラム事業の企画、運営
・実験および機体運用、宇宙旅行に関する法制
・宇宙港に関する検討
・宇宙旅行に関する医学基準の策定/検討
・人材育成
・渉外
・庶務、事務、財務
・資金調達

勤務地は、以下のとおりです。
エンジニアとして社員で採用の場合は、原則オンサイトとなります。
 2016年12月末まで:愛知県名古屋市緑区有松
 2017年1月から:愛知県碧南市須磨町

「この分野、この技術、この経験で貢献したい!」というアピールポイントを考えて、ぜひご応募ください。

チームの新着トピックス

募集情報
探している人 宇宙機開発エンジニア、ほか
採用形態 新卒採用 / 中途採用
募集の特徴 Skypeで話を聞ける / 留学生さん歓迎 / 学生さんも歓迎
会社情報
創業者 緒川 修治
設立年月 2007年5月
関連業界 物流・運送・旅客

応援している人(1)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(1)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

愛知県名古屋市緑区有松3519番地

Page top icon