1
/
5
BIMデザイナー
中途
5
エントリー
on 2021/10/05 292 views

木造建築業界のDXを推進するBIMデザイナーを募集します!

株式会社エヌ・シー・エヌ

株式会社エヌ・シー・エヌのメンバー もっと見る

  • 2020年5月~ 株式会社エヌ・シー・エヌ
    経営企画、採用・人事、税務・経理などコーポレート部門全般を担当。

    2009年3月~2020年4月 ユナイテッドベンチャーズ株式会社
    IT系新興上場企業を投資対象とした「UV新興市場ファンド匿名組合」の投資先2社に対する経営支援のメイン担当として、経営企画機能の強化やM&A支援、新規顧客開拓など企業価値向上に向けた各種支援を実行。
    M&A支援では、買収時のFA業務やビジネスDDを担当するとともに、買収後のグループ全体のシナジー最大化に向けたPMI業務も担当。
    その他、スタートアップ企業や上場準備企業向けの経営企画室支援を実施。

    2005年4月...

  • 2015年1月  株式会社エヌ・シー・エヌ入社 
    管理部アシスタントを経て、2016年1月に人事総務部設立。
    初期メンバーとして、採用・人事・総務・教育の各業務を担当。

    2011年9月~2014年12月 明治安田生命保険相互会社
    個人のお客様を対象に、生命保険の営業を経験。
    新規開拓と既契約顧客への訪問営業を行う。

  • 学生時代、私は意匠設計事務所を目指し就職活動をしていました。いろいろなお話を聞いていくうちに、意匠設計をするためにはまず構造のスペシャリストにならなければならないと思うようになりました。そこでエヌ・シー・エヌを見つけ業界では珍しい木造の構造設計と弊社独自の技術であるSE構法を持っている弊社を見つけ、ここなら自分が成長することができると思いエヌ・シー・エヌを選びました。
    この仕事は基本的にはデスクワークであり自分たち自身で施工などを行う機会が無いのですが、先日現場に行き自分たち自身で部材を運び施工までするという体験をしました。普段図面でしか見ていなかったものが自分たちの手で完成していく建物...

  • 地震大国日本において、建築の耐震性が問題となっています。震災による被害例として、メディアでは木造住宅がよく用いられます。そのような事から、一般には木造は地震に対して弱いなどのイメージがついてしまっていると感じます。実際に4号特例等によって耐震性が保証されていない住宅は多く存在しています。
    私は大学、大学院在学中に木造住宅の耐震性能に関する研究を行っており、就職活動をするにあたり、木造に関連した会社を中心に考えていました。エヌ・シー・エヌは基準法上4号建築物と呼ばれる建物であっても全棟構造計算を行い、安全性の保障をしています。建物の耐震化100%を目指した取り組みも行っています。研究内容と...

なにをやっているのか

  • BIMで作成したモデリングです。
  • 写真ではなくBIMで作成しています。

「日本に安心・安全な木構造を普及させる」
「日本に資産価値のある住宅を提供する仕組みをつくる」

エヌ・シー・エヌは、創業以来20年以上にわたり、木造建築の耐震性の向上による安全性の確保と資産価値向上を目指し、木造建築の構造設計を事業化するとともに、独自の建築システム「SE構法」を開発し、全国500社以上の工務店ネットワークを通じて、耐震性の高い木造建築を提供しています。

現在、世界中で脱炭素社会に向けた取り組みが加速していますが、当社が取り組む木造建築に関する事業は、「①木造化」「②耐震長寿命化」「③省エネ住宅化」という観点からCO2削減に不可欠な事業です。
具体的には、
 ①木造化によりCO2を地面に固定し、
 ②耐震化・長寿命化によりCO2の固定を持続させ、
 ③省エネ住宅に帰ることによりCO2の排出量を減らす
ことで、事業を通じて脱炭素社会の実現に向けて貢献しています。
当社でご自身のスキルを更に磨きながら、脱炭素社会の実現に向けて貢献してみませんか?

なぜやるのか

  • SE構法は優れた耐震性能と自由度の高い空間を実現できます。
  • 建築が大好きな若手メンバーが集まっています!

1995年に発生した阪神淡路大震災において6,400人を超える犠牲者のうち89%が家屋の倒壊によるものであったことなどから、木造住宅の耐震性が問題視されています。
しかし、建築基準法第6条の4の規定により、「2階建て以下・延べ面積500㎡以下・高さ13m以下・軒の高さ9m以下の木造建築物」については、構造計算が義務化されておらず、現在も耐震性を有しない住宅が少なくない状況となっています。
そのような状況を踏まえ、「日本に安心・安全な木構造を普及させる」ことを目的として、1996年12月にエヌ・シー・エヌが設立され、木造建築の構造設計を事業化することで、累計24,000棟以上の構造計算された木造建築を提供してまいりました。

設立以降、日本で発生した「中越地震」や「東日本大震災」「熊本地震」において、「SE構法」で建てられた住宅はどの地震においても1棟も壊れませんでした。これは、本来の理念が実証されたものだと確信しています。

どうやっているのか

  • 当社独自の木造建築用の建築システム「SE構法」を開発
  • 構造計算の事例

■SE構法とは■
「SE構法」とは、従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を木造住宅に取り入れ、安全かつ便利に利用できるようにシステム化した当社独自の木造建築用の建築システムです。
強度が高く品質の安定した構造用集成材を柱・梁に使用し、その柱と梁を専用のSE金物で剛接合したラーメン構造がSE構法です。
さらに全棟に対して構造計算を行い、耐震性のチェックを実施しています。

■当社の構造計算の特徴■
一般の木造住宅ではほとんど構造計算は実施されておりませんが、SE構法では、鉄骨造やRCと同じ手法である許容応力度計算による構造計算を実施しています。
構造計算においては、構造図面作成用CADと連動した立体解析による構造計算プログラムを使用することで、構造図と構造計算図の整合性を確保する形で安全性を検証しております。

■供給体制とネットワーク■
全国9拠点の協力プレカット工場により、建築資材の安定的な供給体制を構築するとともに、519社(2020年3月末時点)の工務店を中心とした登録施工店ネットワークを通じてSE構法を展開しています。

■中大規模木造建築への事業拡大■
2010年に施行された「公共建築物における木材の利用の促進に関する法律」により、保育園や老人ホームなどの住宅以外の建築の木造化が促進されており、市場規模も拡大しております。
それらの住宅に比べて規模の大きい建築物では構造計算が必須となることから、エヌ・シー・エヌの高度な構造計算技術を中大規模木造建築へ転用し、事業を拡大しています。

こんなことやります

木造建築へいち早くBIMを導入し、木造建築業界のDXを推進している㈱MAKE HOUSEで新しい仲間を募集します。
MAKE HOUSEは㈱エヌ・シー・エヌとBIMの先駆者であるペーパーレススタジオジャパン㈱との合弁会社として設立し、7年目を迎えます。今年の6月には㈱エヌ・シー・エヌの100%子会社化となり、さらなる成長に向けた運営基盤の構築が実現されました。

現在、木造住宅の設計から生産に至るまでの工程では、設計・構造計算・積算・施工・設備・プレカットと別々のCADが利用され、データの互換性がなく、非合理的な業務フローとなっています。
そこでMAKE HOUSEでは、BIMを活用することでデータ連携をスムーズに行い設計効率をあげることを目指し木造建築業界向けのBIMソリューションの開発と展開をおこなっています。
また、ハウスメーカーや設計事務所など建築関連企業へのBIM導入支援や、BIMデータを活用した各企業の独自のシステム開発支援など、BIMに関連した業務をトータルでサポートしています。

これまでもBIMソフトを活用したモデリングやシミュレーションの製作、ファミリの作成等の業務をおこなってきていますが、業務拡大により新しいメンバーを募集します。

BIMご経験者はもちろんのこと、未経験でもBIMに興味のある方はぜひご応募ください。
BIM未経験の方でも、BIMデザイナーを目指すことができるよう、BIMのノウハウを最大限お伝えします。

■歓迎条件■
・CADオペレーターの経験
・住宅設計の経験(戸建て・集合住宅)
・オートデスク社のCAD使用経験者
・ハウスメーカーや設計事務所、ゼネコン設計部門にて勤務経験がある方など歓迎します。

エヌ・シー・エヌで雇用し、MAKE HOUSEへ出向を予定しています。
新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインでの提案機会が急増しており、BIMで作成した3Dモデルの利便性に注目が集まっています。最先端のBIMスキルを学びたい方は、ぜひご応募ください。

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社エヌ・シー・エヌの会社情報
株式会社エヌ・シー・エヌ
  • 1996/12 に設立
  • 101人のメンバー
  • 東京都品川区北品川1-21-9 SHINAGAWA1930 E棟
  • 株式会社エヌ・シー・エヌの会社情報
    株式会社エヌ・シー・エヌ から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?