1
/
5
事業開発(BizDev)
中途
4
エントリー
on 2021/10/11 347 views

TOYOTA、三菱商事も選んだ!AI SaaSの事業開発メンバーを募集

MNTSQ, Ltd.

MNTSQ, Ltd.のメンバー もっと見る

  • MNTSQ株式会社 CEO / 東大法 → 予備試験 → 長島・大野・常松法律事務所(67期)
    トップローファームからリーガルワークを変えていきます。

  • MNTSQ(事業開発・コンサル)
    ↑エクサウィザーズ(AIコンサル・PM等)
    ↑デロイトトーマツコンサルティング(コンサル)
    ↑日本IBM(ITエンジニア)

    テクノロジーとビジネスの交差点で、社会に良いインパクトを与える仕事をしていきたい。
    という思いを胸に、日々ラーメンやカップ焼きそばの摂取に励んでいます。

  • AIやSaaSといったキーワードでスタートアップの事業開発をしています

  • 世界を変えるテクノロジーと、未来をつくる仕事を追いかけて。
    社会の可能性を探りながら、自分の可能性も試し続けていく。

なにをやっているのか

  • 「日本トップローファーム × 機械学習テクノロジー」で「契約」を変革するSaaS
  • 大企業の契約ライフサイクルを一気通貫でデジタル化する業務システム

「すべての合意を、フェアにする」
誰もが一瞬でフェアな合意をすることができ、あらゆる協力関係がスムーズに構築される世界を目指します
---

〈エンタープライズ向けSaaS × 機械学習テクノロジー × 日本トップローファームの力〉

「契約」というすべてのビジネスの負担を、機械学習テクノロジーで変革するSaaSプロダクトを提供しています。

日本を代表する大企業にすでに導入され、契約のあらゆる業務プロセスを一気通貫でデジタル化する基幹システムとして活用されています。

 ○ 現在のおもな導入先企業
 https://www.wantedly.com/portfolio/projects/64765

法務部門に限らずあらゆる部署を横断して活用されており、1企業あたり最大8万人規模のユーザーが存在します。それでありながら、受託ビジネス/個社カスタマイズをせず、標準化されたSaaSとしてのみ提供しています。

日本だけでも契約には年間10億時間がかけられていますが、MNTSQを導入することで契約業務が30%高速化され、人間が真になすべき業務にフォーカスできるようにしています。
また、レガシーなシステムの体験に慣れてしまっているユーザーに、プロダクトを通して新しい業務体験をもたらします。

〈順調な事業成長〉

SaaS成功のベンチマークとして用いられているT2D3目標(5年間で売上を72倍にする)に沿ったペースで成長を続けています。この1年間で導入社数は約8倍になりました。導入企業の業種は製造、重工業、エネルギー、食料品、金融、出版、製薬など多岐にわたります。

 ○ MNTSQ採用情報
 https://careers.mntsq.co.jp/
 ○ CompanyDeck(会社紹介資料)
 https://speakerdeck.com/mntsq/mntsq-careersdeck

 メンバーによる情報発信
 ○ note
 https://note.com/mntsq/m/mfedfcccf994b
 ○ Wantedly
 https://www.wantedly.com/companies/mntsq/stories
 ○ Tech Blog
 https://tech.mntsq.co.jp/

なぜやるのか

  • 代表の板谷は大手弁護士事務所出身。誰でも一瞬でフェアな合意ができる世界を目指し、MNTSQを創業
  • 一部で独占されている企業法務の高度なノウハウをSaaSとして利用可能に

〈存在意義〉

「契約」はこの世界のあらゆる協力関係を支えるものです。しかし、契約書はとても難解で、作るのにも交渉するにも時間がかかり、その内容がフェアであるとは限りません。

私たちは、機械学習テクノロジーの社会実装を通して、誰もが一瞬でフェアな合意をすることができ、あらゆる協力関係がスムーズに構築される世界を目指します。

〈チャンスがひろがる大きな市場〉

法務人件費は総額2.6兆円*とも言われています。法務領域は属人的かつもっともDXが進んでいない領域のひとつであり、現時点でテック化されているのは300億円程度ですが、最終的に30-50%はテック化される見込みです。企業の合意のハブとなっている大企業から導入進めることで、社会全体への波及を狙っていきます。

*経産省センサス、NBL(企業法務部実態調査)、日弁連統計などから当社推計

〈契約業務は自然言語処理、機械学習が課題解決に貢献しやすい領域〉

また、機械学習というテクノロジーを地に足ついたものとして社会に実装するという、人類がまだ実現していない最先端の試みに取り組んでいる事業でもあります。

私たちが解決しようとしている契約業務の課題は、機械学習や自然言語処理の技術との相性が良い領域です。現在の自然言語処理でできることには制約も多く、決して万能ではありませんが、契約書の文章は整った日本語で書かれており、条項号の構造があるため、処理がしやすくアルゴリズムによって付加価値が出せる余地が大いにあります。

〈専門領域のドメインエキスパートの力〉

日本トップローファームである長島・大野・常松法律事務所と、機械学習テクノロジーに強いPKSHA Technologyと資本業務提携をしています。業界でも圧倒的なノウハウを獲得することにより、他社には模倣不能なアルゴリズムを開発することができています。

誰もが一瞬でフェアな契約をできる世界のために、私たちはテクノロジーの力で、最高のUXのプロダクトづくりを進めています。それができるのは、MNTSQをおいてほかにはないと確信しています。

 ○ 代表板谷の創業ストーリー
 https://www.wantedly.com/companies/mntsq/post_articles/191383

どうやっているのか

  • 落ち着いた雰囲気を持つ“大人ベンチャー”です。様々なスキルを持つメンバー間のコミュニケーションを大切にして、開発を進めています
  • 市場環境の変化の激しい領域でエンタープライズ向けSaaSプロダクトを提供する強い組織を支える「自由と責任の文化」

〈ドキュメント文化と透明性〉

私たちは、以下のように徹底的に透明性にこだわっています。

・経営会議は、すべてライブ中継
・経営課題は、すべてGitHubでディスカッション
・意思決定は、すべてPull Requestで記録
・顧客の声は、すべてドキュメントで共有

MNTSQでは、エンジニア、デザイナー、営業、CS、リーガルなどあらゆる専門家の感覚が合わさることで最高のプロダクトができると信じています。ひとりひとりの専門家を信頼するからこそ、その情報を自分より深く理解し活用できる人がいるはずと考えています。

そのため、重要な意思決定とその理由、プロセスをすべてドキュメントに残します。あらゆるメンバーが広く等しく情報にアクセスを持てるようにすることで、パフォーマンスが最大化されると信じています。

〈領域横断コラボレーションで全員で取り組むプロダクト〉

受託ビジネスは一切ありません。自社開発のプロダクト事業のみを営んでおり、会社のすべての職能が、プロダクトに向かっていく体制です。

・セールス/CSメンバーもプロダクトフィードバックを毎週実施
・開発チームも自由に顧客会議に参加可能
・リーガルのドメインエキスパートが社内から改善活動

 ○ MNTSQのMVV
 https://careers.mntsq.co.jp/05261687e647461a81c5b31922cb1ef1

こんなことやります

大企業の契約業務を、AI SaaS(自社プロダクト)によって変革しているMNTSQ。T2D3を超えるスピードで事業拡大している当社の経営戦略の立案、事業開発を担っていただくBizDevメンバーを募集しています。

【募集背景】
MNTSQは、Enterprise SaaSのプロダクトを提供しており、トヨタ自動車・三菱商事・三井住友銀行をはじめとする各業界の最大手企業への導入が進み始めています。8億円の資金調達が完了しており、組織としても拡大を目指すフェーズとなっております。上記を背景に、事業のスケールを目指して事業開発を担っていただくBizDevメンバーを募集しています。

【担当業務】
・業拡大に伴う事業・組織課題の発見・解決
・クライアントへの導入プロジェクトの企画・推進
・ビジネスの各段階でのKPI設計及びトラッキング基盤の整備・実行支援
・その他戦略企画/事業企画に関わるプロジェクトの企画・推進

▼ 事業が拡大していくフェーズ
契約はあらゆるビジネスで必要となりますが、作成・交渉・管理まで負担が大きく、これをAI SaaSで解決するリーガルテックはまさに発展途上のマーケットです。MNTSQは、そのなかでも業界最大手への導入実績などT2D3を超えるスピードで成長しており、スケールにあたってのさまざまな課題を解決していく必要があります。

▼ ナレッジと技術を強みにする会社
MNTSQは、4大法律事務所のひとつである長島・大野・常松法律事務書の契約ノウハウと、PKSHA Technologyと提携した機械学習テクノロジーを武器に、業界でも非常にユニークなポジションを確立しています。

テクノロジードリブンであるだけでなく、具体的な顧客ニーズを解決し、価値を提供し続けながら進化していく会社であるために、顧客ネットワークとの関係構築や、プロダクト開発チームとの連携を重視した営業活動をしていきたいと考えています。

▼ 組織を作り、拡大していくフェーズ
当社はまだ総勢約50名の会社で、これから採用により組織を拡大していきます。社員が増え、事業が拡大するにつれて、様々な組織・技術課題が出てきたりハードな意思決定を求められるタイミングが何度も訪れると思います。そういった変遷を楽しみ、一緒に解決していくことにやりがいを感じていただける方を求めています。

▼応募要件▼
【必須要件】
下記のいずれかの経験のある方
 ・戦略コンサルティングファームや総合コンサルティングファームでの経験(5年以上)
 ・スタートアップでの経営経験/事業責任者経験(2年以上)
 ・その他、上記に準ずる経験
・論理的なコミュニケーション能力
・ソフトウェア技術に関するベースの理解
・Openな姿勢で情報共有を行い、様々な職種のメンバーとのコラボレーションを楽しめる方

【歓迎要件】
・SaaSプロダクトに関する業務経験
・スタートアップでの事業経験
・機械学習に関する高度な知識(実装経験がある、プロジェクト推進経験がある等)-

【求める人物像】
・自律駆動のできる方
・自分の限界を超えて成長する意志のある方
・異なるドメイン知識を持つメンバーをリスペクトし、コラボレーションできる方
・ドキュメントを活用し、他のメンバーとOpenに情報共有できる方

▼BizDevメンバーのブログはこちら
■なぜいまリーガルテック、なぜMNTSQなのか?
https://www.wantedly.com/companies/mntsq/post_articles/192635
■ついにたどり着いた奇跡的リーガルテック企業、その名はMNTSQ(←なんと読む?)
https://www.wantedly.com/companies/mntsq/post_articles/345315

会社の注目のストーリー

組織が行動指針を明文化するプロセス - どこまでもオープンさとドキュメントにこだわるMNTSQの場合

すべての合意をフェアにする - MNTSQの挑戦

MNTSQの働き方 - 自由と責任の文化 -

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
MNTSQ, Ltd.の会社情報
MNTSQ, Ltd.
  • 2018/11 に設立
  • 63人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
  • 東京都中央区日本橋堀留町1-9-8 人形町PREX 5F
  • MNTSQ, Ltd.の会社情報
    MNTSQ, Ltd. から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?