1
/
5
Webマーケター
中途
on 2021/10/11 108 views

3か月の研修でマーケターに!急成長中の会社でデジタルマーケター募集

株式会社Wedia

株式会社Wediaのメンバー もっと見る

  • 早稲田大学卒業後、株式会社アイスタイルに新卒入社。
    月間3億PVの日本最大の化粧品口コミサイト「@cosme」のSEO対策などWebマーケティテング業務に従事。
    未上場から、マザーズ、東証二部、東証一部上場まで在職し合計3回の上場を経験。

    2013年に転職し、株式会社イトクロに入社、最大手塾メディア「塾ナビ」のSEO対策、大手教育系企業のコンサルを行なった後、金融事業メディア責任者に就任。
    同職にて売上5~10億円の金融メディアの運営を行う。

    未上場からマザーズ上場まで経験。都合、2社のメディアカンパニーを通して合計4度の上場を経験した。
    2016年株式会社イトクロを退社。

    株式会...

  • 新卒で独立系SI企業へ入社。
    大手保険会社の社内システム開発プロジェクトに従事。
    要件定義から設計、開発、テストまで一貫して経験。
    その後、Wediaに入社し現在はメディア事業部、コンサルティング事業部にてWEBディレクション、マーケティングを担当。
    複数の自社メディアを運営する傍らコンサルティング案件を遂行。

  • 大学卒業後、アルフレッサヘルスケア株式会社に入社し、ドラッグストア向けに一般用医薬品や健康食品、衛生用品の営業を担当。大手GMSや中堅企業を担当させていただき、「客観性」を意識しながら営業活動を行い目標達成率に繋げました。年に一度の表彰では成績が認められ、300人強の営業部から表彰を受けました。その後、将来的にWebマーケティング領域でキャリアアップをしていきたいと考え、一度企業を離れ、自身でWebメディアを運営し、SEO等を学んでおりました。同時期には企業の専属ライターとしても活動をしており、培った知識を生かし、担当するメディアでも検索上位を獲得することができました。直近では株式会社D...

なにをやっているのか

  • 日本最大級の音楽メディアOTOKAKE
  • デジタルマーケティングメディア、デジマクラス

【メディア事業】
Wediaはメディアによってユーザーの「新しい当たり前」を作るをビジョンに掲げたメディア運営、デジタルマーケティングの会社です。
2年という短期間で、年間で2,000万人が訪れる音楽業界大手メディア『OTOKAKE』を作り上げました。
現在もユーザーの「新しい当たり前」を作るために様々なWebメディアを立ち上げています。
こちらがWediaが運営しているメディアの一例です。

 ●OTOKAKE
  https://otokake.com/
 ●デジマクラス
  https://digima-class.com/

WediaではSEOライター100名、SEO編集者40名が24時間体制で月に1,000~2,000記事を執筆しています。Webサイト以外にも分散型メディアを多数運営中で、自社で運営しているFacebookページでは合計500万「いいね」を突破しました。

【デジタルマーケティング支援事業】
■国内最大手(月次数千万PV~数億PV)のWebメディアのSEOコンサルを実施。
■数億円を掛けたメディアビジネスの事業戦略、メディア制作、運営、デジタルマーケティングの実施

事業戦略から運営まで、上流から下流まで全てのデジタルマーケティング領域がWediaの守備範囲です。

なぜやるのか

  • パンではなく
  • デジタルメディアでの解決

なぜやっているのか?

ユーザーが「Wedia」に助けを求めているからです。

Wediaは「欲しい情報が欲しい人へ渡る社会」の実現を目指しています。
そんな社会を実現するために、「メディア」でユーザーの課題を解決しています。

例えば、パン屋は「空腹」という課題を「パン」を作り提供することで解決します。
もし、Wediaが「空腹」という課題を解決する場合は、

 ●自宅ですぐに作れる料理のレシピサイト
 ●空腹を感じる前に間食を取ろうというニュースサイト

などの「メディア」を作ること「空腹」という課題を解決します。
それぞれの職業で課題解決の方法は違いますが、Wediaは世の中の課題を「メディア」を通して解決することにアプローチします。

数年前、音楽に詳しくないユーザーが抱えていた「手軽に音楽情報を知る場がない」という課題を「OTOKAKE」という音楽メディアで解決。

今その「OTOKAKE」は、年間2,000万のアクセス数を誇る音楽メディアに成長しました。

Wediaはこれからも、ユーザーの生活に深く根付き「その存在がない世界にはもう戻れない」といったユーザーの生活様式を変えるメディアを作り、課題を解決することで社会を豊かにしていきます。

どうやっているのか

  • Wediaメンバー
  • 原宿徒歩5分のデザイナーズオフィス

<Wediaのメンバー>
インターン、業務委託を含めて100名程度のメンバーが働いています。
テレワークが中心だったので、現在はオフィス専任メンバーを募集しており、オフィスは20代が中心です。

皆ポジティブで前向き。前と上だけ見て働いています。

<Wediaの文化>
Wediaで活躍した人材を多角度で定量的な分析を行った結果、日本という規模で影響力を及ぼすメディアを作る為に必要な力は3つであることが導き出されました。

①真摯
②結果主義
③チームワーク

そしてこれらを一言で表したパーソナルコンセプトが「プロフェッショナル」です。

3つの力を備えたプロフェッショナルが集結し、株式会社Wediaを出来上がっています。

直近1年間の正社員応募数は1,600人を超え、倍率100倍〜200倍の激戦を突破して入社してきたメンバーは圧倒的な実力者で、少数精鋭です。

皆それがわかっている為、一緒に働く仲間を深く尊敬し、実際に自分たちの日々の活動によって社会が劇的に変化していく様子に「やりがい」を感じています。

皆さんにも是非、変化の瞬間を目の当たりにしていただきたいです。

「誰かがやってくれる」のではなく。「Wediaがやる」のですし、「Wediaにいる、あなたがやる」のです。

今日も数億人のユーザーが独自の課題を持ち、課題は社会に溢れています。

その課題を自分の手で解決した瞬間に得られる感動は、人生を掛ける価値のあるものです。

電車で、隣の人が「自分が作ったメディア」を見ていたことに喜びを感じることが出来る人は、是非Wediaの門を叩いてください。

こんなことやります

Wediaの正社員マーケターとして、日常の中でたくさんの人に使われているインターネットサイトおよび、そのサービスを提供する企業を主なクライアントとして、 それらのサイト・サービスを支える仕事を担当してもらいます。

入社後は3ヶ月間はOJT形式で研修を行い、最速で成長してもらいます。
その後は各プロジェクトを担当してもらいます。

【3ヶ月間の超実践型研修】
座学だけではなく、実務を通して研修を行ってもらうため、超実践型の知識が身につきます。

ーーー例
<1ヶ月目:基礎編>
Webサイトの運営に必要な業務を一通り実施
    ▼
<2ヶ月目:応用編>
メンバーの管理及びサイトの管理、サイト分析・施策立案
    ▼
<3ヶ月目:実践編>
ディレクション業務
ーーー

【研修を終えたらプロジェクトへ参画】

・企画提案(お客様・営業との打ち合わせ、ヒアリングなど)
・制作ディレクション
・サイト全体の要件定義、方針策定
・情報設計
・制作進行管理
・サイト公開後の運用フォロー

具体的には、営業が受注した後、お客様先を訪問しご要望や改善したい問題をヒアリング。
ヒアリングした内容から、問題点や解決策を洗い出し、お客様にとって最適なWebサイトをご提案。その後、デザイナーやコーダーにディレクションを行い、 制作物を納品。

【研修制度が充実している。】

 入社後は、研修にて基礎知識を身につけてもらいます。
 社員教育カリキュラムを基に進めますが、個々に合せたフォローも行なっています。

【未経験でOK】

 Wediaに未経験で入社した先輩たちの前職は「システムエンジニア」「整備士」
 「営業」「介護職」等、本当にバラバラですが、大丈夫です。
 そんな先輩たちも今ではマーケターとして大活躍中です。

【最後に】

Wediaは、圧倒的に成長できる環境であることを保証します。

少しでも当てはまる方は、ぜひWediaの扉を叩いてください。

会社の注目のストーリー

株式会社Wedia代表今井に聞く!株式会社Wediaの目指すビジョンと求める人材とは?

メディアの未来とは?未来のメディアに欠かせない視点とマーケターの役割の変化を解説

インタビュー記事公開「シネマノーツ運営会社代表に聞く!デジタルマーケティングの視点で見る「映画」コンテンツの過去と未来」

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社Wediaの会社情報
株式会社Wedia
  • 2016/02 に設立
  • 8人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区神宮前1丁目1-8 KEN HARBOR 301
  • 株式会社Wediaの会社情報
    株式会社Wedia から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?