1
/
5
プロパティマネジメント
中途
23
エントリー
on 2021/10/13 601 views

大型シェアハウス|SHARE PLACEのコミュニティマネージャー募集

株式会社リビタ

株式会社リビタのメンバー もっと見る

  • 経営戦略部 人事担当

    建築・内装設計や施工のキャリアを活かし、株式会社リビタでは不動産とリノベーションのコンサルタントとして100組以上のお客さまのリノベーション住宅に携わる。中古を買ってリノベーションしたい人向けに有料講座の「リノベ塾」などを主宰し、現在は無印良品銀座でのトークイベントやセミナーにも登壇中。リビタでは現在、経営戦略および人事担当。その他、プライベートでは武蔵野市にて「まち“が”ほいくえん」という地域活動も主宰し、まちの子どもや親たちの場づくりを実践中。今週、仕事をしながら2年通ったビジネススクールを無事卒業。

  • 経営戦略部 人事担当

    大学では国際関係学、大学院では都市計画を学んだことで、ハードだけによらないソフトの両視点からアプローチするまちづくりへの意識が高まる。
    「次の不動産の常識をつくり続ける」をミッションに掲げるリビタに共感し、2020年に入社。
    新卒入社後、半年間の研修を経て経営戦略部に配属。現在は経営企画業務や新卒採用担当として業務に従事。

  • 大学で住居・住環境を学んだ後、創業間もないリビタに入社。個人邸・木賃アパートのリノベーションコンサルティングや、設計施工会社への出向、新規事業として戸建事業の企画推進、商業施設の企画コンサルティングなどに走り続けてきました。沿線活性化、コミュニティ創出、脱炭素、SDGs、環境問題、地域経済の創出、ストック活用 etc…社会の課題に対して、リノベーションという手法をもって向き合い、小さな一石を投じていけることにとてもやりがいを感じています。

なにをやっているのか

  • リノベーションオブザイヤー2017受賞「てとてと食堂はじめます」
  • 東京を豊かに暮らす「R100 TOKYO」事例

わたしたちリビタは、「くらし、生活をリノベーションする」をコンセプトに、既存建物を活用するリノベーションによって、くらしを豊かにする住まいや場づくりを行なっています。近年では、『くらし』の概念を『働く』『遊ぶ』『学ぶ』『旅する』へ領域を広げ、事業ポートフォリオを拡げています。

リノベーションがまだ一般的でなかった2005年に創業し、ビジネスモデル・しくみづくりと新しいくらしの提案でマーケットを開拓しながら、成長してまいりました。

マンション一棟単位から一戸単位、戸建てのリノベーション分譲事業、中古住宅購入とリノベーションの個人向けコンサルティング事業、シェア型賃貸住宅「シェアプレイス」や国際交流寮、商業施設や公共施設の企画・運営、さらにはホテル事業まで、リビタの事業は多岐にわたります。

経営ビジョン「次の不動産の常識をつくりつづける」のもと、今後も時代の先を見据えたニーズ、新しい価値の創造に挑戦し続けます。

なぜやるのか

  • “Before”内装を取り払った状態
  • “After” それぞれの暮らし方にあった、Only oneの住まいに

■リノベーションでくらしを変える
リビタは、既存建物(ストック)の活用によって、新しいくらし方、住まいの選択肢を提案していくことを目的に、2005年に設立されました。リビタという社名には、「くらし、生活をリノベーションしたい」という想いが込められています。

環境にやさしい建物の再生に留まらず、一人ひとりのライフスタイルにあった住まいをリーズナブルに実現するサービスを創造。さらにはライフスタイルや価値観をプラスに転換する出会いや、心地よい時間をもたらす場づくりにより、家族・近所・地域といったコミュニティ再生までを考えた事業をしています。
私たちは、ストックを甦らせることで、地球とそこに生活するすべての人にとってやさしい未来、豊かなくらしが育まれることを、事業のゴールとしています。

■「古いもの≠価値のないもの」
「つくること」「拡大すること」だけに意味を見出す社会は終焉を迎え、「活かすこと」「循環すること」を社会が意識するようになりました。建物が使われなくなる背景は様々ですが、単に老朽化だけが原因ではなく、建物の使われ方が、社会のニーズに合致しなくなることも、大きな要因として挙げられます。リビタは、『物質的視点』『文化的視点』『機能的視点』から建物をリノベーションし、時代に適した、または時代を先取る提案で、建物を再生していきます。

■ストック型社会を牽引していくトップランナーを目指して
「ストック型社会を牽引していくトップランナーであり続けるべく、挑戦する心を持ち続ける」
「業界の通例や常識に捉われず、お客さまにとって本質的に良いものを考え、提供し、感動をお届けする」
「プロフェッションにこだわり、部門と組織を超えたチームをつくる」
私たちはそんなことに徹底的にこだわり、ストック活用の可能性を切り開く、新しい提案に挑戦しています。
世界が地球環境の未来を見つめる今、私たちは環境負荷の少ないリノベーション事業を通して、「いいものをきちんと手入れして、長く大切に使う」という、古くからの豊かな価値観に基づいた住文化の再生と、ストック型社会への転換、サスティナブル社会の実現に寄与していきたいと考えています。そして、「建物再生から地域再生、街づくりへ」リノベーションの可能性を広げてまいります。

どうやっているのか

  • リビタの恵比寿オフィス

■社員の自主性・働くマインド
リビタの新しい経営VISIONは、なんと社員の声からつくりだしました。“トップダウン”ではなく、「こんなことがやりたい!」という社員一人ひとりが持つアイディア・自主性を大切にしています。

■社内のコミュニケーションデザインも楽しく
コロナ禍では制約の中実現できていませんが、リビタではオフィス1階にあるオープンなキッチンや通称PICNICと呼ばれるカフェスペースなどで、社員同士が時には朝にコーヒーを、ランチ時や夜には簡単に調理したりする光景も。また、月に数回は夜にキッチンイベントが行われ、社員だけではなく社外の方も招いて楽しくコミュニケーションを図っています。

■社員ならだれでもOK!「リビタNEXT」「ピッチコンテスト」
リビタには、社員ならだれでも新たなビジネスモデルを起案できる「リビタNEXT」という風土があります。これまでも「リビタNEXT」で起案されたアイディアが新たな“事業”として羽ばたいています。そして、社員が任意でチームを組みさまざまな新提案を全社に向けて行う「ピッチコンテスト」なども適宜開催。社会に、地域に、業界に向けて新たな提言を。

■「次の不動産の常識をつくり続ける」
これがリビタの社員がつくり上げた、新しい経営Visionです。
今はまだ世の中で「常識」ではないことも、新たな常識としていけるように、一緒に働いてくれる方をお待ちしています!

こんなことやります

当社企画のシェア型賃貸住宅「SHARE PLACE」におけるプロパティマネジメントの、リーシング業務およびコミュニティマネージャーとして管理・運営業務の役割を担っていただきます。

【募集部署】
プロパティマネジメント部

【業務内容】
○営業戦略立案、入居者の募集、問合せ・内覧対応・契約業務
○ご入居後のウェルカムパーティなど入居者同士や、入居者の方々とのコミュニティ形成を意図した仕掛け・イベント企画、実施
○建物の営繕等まで含めた管理・運営

【歓迎スキル・経験】
○不動産管理経験(PM業務として中規模・大規模賃貸マンションのリーシング、管理業務)
○新築住宅、リノベーション住宅など集合住宅の施工管理経験(リフォーム会社、工務店等での現場管理)
○コワーキングスペースなど交流施設の運営経験

【こちらに当てはまる方歓迎】
○価値観の近い顧客と近い距離感で寄り添って管理・運営していきたい
○世の中に“豊かな暮らし”を提案していきたい
○暮らし、リノベーションに関わる仕事がしたい

▽SHARE PLACEの専用WEBサイトはコチラ!
https://www.share-place.com/

会社の注目のストーリー

数字でみるリビタ社員2023編

最近の働き方(テレワーク・在宅・フレックス)編

住まいの教育を通して人々の暮らしを豊かに【リビタ社員インタビュー第7弾】

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社リビタの会社情報
株式会社リビタ
  • 2005/05 に設立
  • 205人のメンバー
  • 目黒区三田1-12-23 MT2ビル
  • 株式会社リビタの会社情報
    株式会社リビタ から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?