350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Engineering
  • 26エントリー

23年度新卒一期生エンジニアを募集!建築×ITの急成長SaaSベンチャー

Engineering
New Graduate
26エントリー

on 2021/10/22

1,665 views

26人がエントリー中

23年度新卒一期生エンジニアを募集!建築×ITの急成長SaaSベンチャー

Online interviews OK
Tokyo
New Graduate
Tokyo
New Graduate

Takeo Inada

コンストラクションテックのANDPADの代表をしています。

Nozomu Kanechika

株式会社アンドパッド 取締役CTO 1983年生まれ。東京工業大学理学部情報科学科を卒業。2009年よりベンチャー企業にて事業立ち上げに参加し、2012年仕事で出会った仲間とともに、株式会社オクトを立ち上げる。 学生の頃は、バスケ一筋で、やりきることの価値を感じる。 多くの成長の場を世に提供できるように、日々邁進している。好きなアーティストはKreva。

株式会社アンドパッドのメンバー

コンストラクションテックのANDPADの代表をしています。

なにをやっているのか

【日本の建築業界をITで変革する施工管理アプリを自社開発】 2016年3月にサービスを開始した『ANDPAD』は現場の効率化から経営改善まで一元管理していただけるシェアNo1※クラウド型建設プロジェクト管理サービスです。 ※『建設業マネジメントクラウドサービス市場の動向とベンダシェア(ミックITリポート2023年10月号)』(デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ) 現在、利用社数18.7万社、47.5万人以上のユーザーにご利用頂き、日々成長を続けています。 建築施工現場には、監督以下、基礎・大工・内装・電気・水道・設備などの各工事を担当する職人や設備メーカー、ほかにも運送会社など様々な人が複雑に関わり合っています。私たちは、数百社の建設会社や工務店経営者と仕事をする中で、工期遅れの根本原因はコミュニケーションのミスやロスにあると突き止め『ANDPAD』を開発しました。 【明日から使えるカンタン施工管理アプリ】 『ANDPAD』のポイントは、その使いやすさ。ITリテラシーが高くない方でも抵抗なく利用できるよう、UI/UXを追求しています。 ▼提供中のプロダクト(一部抜粋) ■施工管理業務をクラウドで一元管理「ANDPAD施工管理」 ■全員に漏れなく、リアルタイムに情報伝達「ANDPADチャット」 ■受発注業務をデジタル化し、煩雑な業務を効率化「ANDPAD受発注」 ■営業進捗から売上・原価まで、 経営を支える情報をひとつに集約「ANDPAD引合粗利管理」 アンドパッドのプロダクト詳細については、サービスサイトをご覧ください。 近年の「働き方改革」推進を背景にした国交省によるIT化推進の後押しもあり、『ANDPAD』の利用社数は今後着実に増加していく見込みです。 [サービスページ]https://andpad.jp/products 複数プロダクトを展開しており 施工管理、チャット、図面、検査、ボード、受発注、黒板、引合粗利管理、API連携、アプリマーケット等を現在提供中です。 業務DXにとどまらず、経営・産業をDXする新規プロダクトも続々開発しています。
施工管理アプリANDPAD
オフィスエントランス
ビジネスサイドも開発も経営も全員が近い距離感で仕事をしています。
リモートワーク中はオンラインで情報発信にも力を入れています
チームでディスカッションしながら”今”を疑い、課題に挑戦しています
常にお客様・業界のためになるサービスを追求しています。

なにをやっているのか

施工管理アプリANDPAD

オフィスエントランス

【日本の建築業界をITで変革する施工管理アプリを自社開発】 2016年3月にサービスを開始した『ANDPAD』は現場の効率化から経営改善まで一元管理していただけるシェアNo1※クラウド型建設プロジェクト管理サービスです。 ※『建設業マネジメントクラウドサービス市場の動向とベンダシェア(ミックITリポート2023年10月号)』(デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ) 現在、利用社数18.7万社、47.5万人以上のユーザーにご利用頂き、日々成長を続けています。 建築施工現場には、監督以下、基礎・大工・内装・電気・水道・設備などの各工事を担当する職人や設備メーカー、ほかにも運送会社など様々な人が複雑に関わり合っています。私たちは、数百社の建設会社や工務店経営者と仕事をする中で、工期遅れの根本原因はコミュニケーションのミスやロスにあると突き止め『ANDPAD』を開発しました。 【明日から使えるカンタン施工管理アプリ】 『ANDPAD』のポイントは、その使いやすさ。ITリテラシーが高くない方でも抵抗なく利用できるよう、UI/UXを追求しています。 ▼提供中のプロダクト(一部抜粋) ■施工管理業務をクラウドで一元管理「ANDPAD施工管理」 ■全員に漏れなく、リアルタイムに情報伝達「ANDPADチャット」 ■受発注業務をデジタル化し、煩雑な業務を効率化「ANDPAD受発注」 ■営業進捗から売上・原価まで、 経営を支える情報をひとつに集約「ANDPAD引合粗利管理」 アンドパッドのプロダクト詳細については、サービスサイトをご覧ください。 近年の「働き方改革」推進を背景にした国交省によるIT化推進の後押しもあり、『ANDPAD』の利用社数は今後着実に増加していく見込みです。 [サービスページ]https://andpad.jp/products 複数プロダクトを展開しており 施工管理、チャット、図面、検査、ボード、受発注、黒板、引合粗利管理、API連携、アプリマーケット等を現在提供中です。 業務DXにとどまらず、経営・産業をDXする新規プロダクトも続々開発しています。

なぜやるのか

チームでディスカッションしながら”今”を疑い、課題に挑戦しています

常にお客様・業界のためになるサービスを追求しています。

【日本のGDPの約10%|50兆円の巨大市場をITの力で変革】 アンドパッドの代表を務める稲田は、建設業界における就労人口の30%以上が「55歳以上」と高齢化し、生産性が低く、かつ人口が減少しているという現状を知り「抱える負が大きく、マーケットスケールも大きな領域でプロダクトを作りたい」との思いから、IT化の余地がある不動産・建設領域に着目しアンドパッドを設立しました。 建設業の建設投資額は、平成29年度で約50兆円。日本のGDPの約10%を占める巨大な産業です。建設業就業者数も500万人近くいることを踏まえると、建設業界の生産性向上がもたらす日本社会全体への経済効果は、非常に大きいものだと私たちは考えています。 「労働生産性は、ITで向上させることができる」と思いを固めた稲田は、2014年4月に独立。「アンドパッドは『ANDPAD』一本で企業成長していきます。」と彼が話すように、今後も当社では“50兆円市場のITによる変革”という大きなチャレンジに取り組んでいきます。 ▼アンドパッド Topix▼ ◎「日本スタートアップ大賞2023」にて 国土交通大臣賞(国土交通スタートアップ賞)を受賞 https://andpad.co.jp/news/2805/ ◎Findy Team+ Award 2023 を受賞、エンジニア組織の開発生産性が優れた企業として選出 https://andpad.co.jp/news/3928/ ◎Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2023」にて5位に選出 https://andpad.co.jp/news/1766/

どうやっているのか

ビジネスサイドも開発も経営も全員が近い距離感で仕事をしています。

リモートワーク中はオンラインで情報発信にも力を入れています

【自律性の高いメンバーと迎える、第2創業期】 現在、私たちは第2創業期のフェーズを迎えています。 開発チームは、技術的なチャレンジを課してプロジェクトに取り組むことが大好きな向上心あふれるメンバーが活躍。営業チームは、マーケティング・フィールドセールス・インサイドセールスが一体となり、泥臭くも効率的な営業活動を進めています。 また、カスタマーサクセスとカスタマーエクスペリエンスにも力を入れており徹底的に顧客や業界に寄り添いたいと考えております。 製販一体を意識したものづくりと提供体制の構築をすすめています。 【急成長期だからこそ、相手へのリスペクトを忘れない】 事業の成長スピードに比べ、人材はまだまだ不足しているのが現状です。そのため、相手の気持ちを理解したうえで主体的に全体をフォローアップできる方をお迎えしたいと考えています。 建設業界の「幸せを築く人を、幸せに。」という社会的なミッションにチャレンジしたいと思いのある方には、アンドパッドのフィールドは存分に活躍できる環境です。少しでも興味を持っていただいた方と、ぜひお会いできればと思っています!

こんなことやります

▼新卒のご応募はこちらからお願いいたします  https://www.wantedly.com/projects/759803 アンドパッドでは建築・建設業界全体の生産性を改善するプラットフォーム化の実現を目指し、開発を進めています。 業界の課題解決に向けて、新たなプロダクトを作るために多数のマイクロサービス化されたプロダクトを作っています。 【募集ポジション】 新卒一期生として、以下の職種を募集しています。 【バックエンドエンジニア】 プラットフォームの上でRails / Goを用い、MVP(Minimum Viable Product)を構築、アーキテクチャ設計から関わることができるため設計から開発までに必要なあらゆるソフトウェア技術に関する知識を身に着けていただくことが出来ます。 【フロンエンドエンジニア】 ANDPADにおいて、現場管理, 数値管理, 工程表作成などと主にバックオフィスで利用される機能、施工現場で利用されるスマートフォン向けWebアプリケーションと様々なシーンに対してプロダクト開発に携わることができるポジションです。 【モバイルアプリエンジニア】 スマートフォンアプリ(iOS/Android)の開発を担います。 ANDPADの今後のビジネス成長による新規プロダクト、アライアンス対応などアプリ領域の拡大に伴い、より一層品質の高いサービスを提供に取り組みます。 【SRE】 ANDPADのパフォーマンスや信頼性、スケーラビリティを向上させるためのソフトウェアの開発・運用を担っていただきます。 【QAエンジニア】 プロダクトが提供する価値、解決すべき課題を共有し保証すべき品質を定めていただきます。 建築・建設業界のDX推進を実現するプロダクトにおいて、お客様に届けるべき価値を届けるため、適切なテスト設計・実施・修正を通じ要件に沿った品質保証を向上に取り組みます。 ※選考の中で希望や適性を見ながら決めていきます。 <下記いずれかのご経験をお持ちの方> ・バックエンドの開発経験(言語問わず) ・VueやReactの開発経験 ・Swift、Kotlin、Flutterのいずれかでのアプリ開発し、ストアに公開した経験 ・セキュリティに関する基礎知識をお持ちの方 ・AWS・GCP・Azureなどのパブリッククラウドの基礎知識をお持ちの方 ・ソフトウェア自動化に対する基礎知識をお持ちの方 ・企業の開発系インターンシップに参加したことがある、もしくは予定している ・志望職種に関連したチーム開発経験 ・技術書の執筆経験 ・技術書典などの参加経験 ・Qiita、Zennなどでの100シェア以上の経験 ・Paiza Sランク以上 ・AtCoder Aランク以上 <求める人物像> ・モノ作りが好きな方 ・社会的意義が高いサービス開発に興味がある方 ・HRT(謙虚/尊敬/信頼)を大切にしている方 ・チームで目標達成に向かって進める方 ・裁量を持って仕事をしたい方 <エントリー方法> まずは【話を聞きに行きたい】からエントリーください! 採用担当より、おってご連絡させていただきます。
8人がこの募集を応援しています

8人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2012/09に設立

613人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/
  • Funded more than $300,000/

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル8階