Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
Androidエンジニア

世界は僕らの遊び場だ!BONXがAndroidアプリエンジニアを募集!

株式会社BONX

株式会社BONXのメンバー

全員みる(8)
  • CTO、前職のボストン・コンサルティング・グループでは製造業を中心にバリューチェーン全体のコンサルティング業務に従事。東京大学大学院時代はVR/MR/AR環境における音声関連の研究を実施。

  • 株式会社チケイの創業者CEO。ボストンコンサルティンググループ出身。
    スノーボードに情熱を注ぎ、北半球と南半球と行ったり来たりする生活を4年間送る。5年ぶりの夏に感動し、情熱をサーフィンへと横展開。さらにスケーボードへの進出を目指して、オフィスを駒沢公園スケートパークの隣に設置し、クローズトゥマーケットを実現。
    副業はハーブ栽培。

  • 1987年生まれ。サウンドデザイナー, 楽器デザイナー。博士(学際情報学)(東京大学)。
    日本大学藝術学部音楽学科 情報音楽コース在籍時より、音楽セッションに着目したインタラクティブアートや電子楽器の開発を開始する。電子楽器”B.O.M.B.”, “POWDER BOX”は、Asia Digital Art Award 2014 優秀賞, 電子工作コンテスト2011 優秀賞, Laval Virtual 2014 ReVolution “Residence”, “VRIC Recommended” などに選出されている。開発した電子楽器を用いた演奏活動を国内外で行っており、千代田芸術祭2...

  • 社会人に出てから開発一筋。
    今現在はawsの運用、rails開発、運用ツールをcoffeescriptで開発したりしてます。
    趣味は旧いオートバイ、キャンプ、音楽。

なにをやっているのか

  • 623048f4 772a 4e8e 9e2d 8be5bbf240c1?1523351325
  • 491be4da 95a5 4162 be3a 7a6eee5464e5?1523352919

【スノーボーダーの夢が人類のコミュニケーションを変える】

「世界を遊び場にする」という野望を掲げて、エクストリームコミュニケーションギア「BONX」を開発・販売しています。

「BONX」は「スノーボードしながら普通に仲間と話せたら最高に楽しいよな」という創業者兼スノーボード馬鹿宮坂の素朴な発想から生まれ、自転車や釣りのような他のアウトドアアクティビティから、工事現場に至るまで、グループコミュニケーションを必要とするあらゆるシーンへと利用が拡大。人類のコミュニケーションの仕方を大きく変えるポテンシャルを秘めたプロダクトです。

その背後にあるのは、例えば雪山のように過酷な環境でもコミュニケーションを可能にしようという開発陣の情熱と職人技。ソフトウェアもハードウェアも独自開発で、本当に現場で使えるものを作り込んでいます。その結果として生まれたBONXだからこそ、これだけグローバルな需要を生み出しています。

第一弾製品である「BONX Grip」は国内のIoT系クラウドファンディングとして最高額(当時)の2,500万円超えを達成。2016年にはグッドデザイン賞特別賞・JIDAデザインミュージアムセレクションを受賞するなど、デザイン面でも高い評価を得ています。2016年末より日本国内での一般発売をスタートし、今後北米をはじめ、グローバル展開も始まっています。

また2017年10月にマウンテンバイク界におけるスーパースター選手Brandon Semenukとブランドアンバサダー契約を結び、2018年2月には世界最高峰の自転車ロードレースチームであるLottoNL-Jumbo(ロット NL・ユンボ)の2018年オフィシャルパートナーとなりました。

BONX公式ウェブサイト
https://bonx.co/ja/

◾︎本家「Tech Crunch」(US)の記事
https://techcrunch.com/2016/11/16/bonx-launch/

◾︎「CAREER HACK」 チームビルディングについての記事
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/601

◾︎「.HYAKKEI」CEO宮坂インタビュー&プロダクトレビュー
https://hyakkei.me/articles-522

◾︎「cotas」CEO宮坂インタビュー&ブランドストーリー
http://cotas.jp/entertainment/bonx.html

◾︎「akimama」体験してみたレポート
https://www.a-kimama.com/dougu/2018/01/77414/

◾︎「cyclowired」BONX製品レビュー
https://www.cyclowired.jp/lifenews/node/255693

◾︎「総額4.5億円シリーズAの資金調達のお知らせ」
https://bonx.co/ja/bonx-series-a-funding/

◾︎「Adventure Sports Network」CEO宮坂インタビュー
https://www.adventuresportsnetwork.com/transworld-business/bonx-evolves-action-and-outdoor-sports-experience/

なぜやるのか

  • A1b324c8 abce 4c20 94a1 b9ff3bcdef83 CEO 宮坂貴大

僕たちのミッションステートメントを読んでください。
_________________________________________________

"The world is our playground"

地球には海・山・川といった様々な地形がある。
それを板切れ一枚で、僕らは最高の遊び場に変えられる。
遊び心は神様が与えてくれた最高の贈り物だ。

そうした遊びは、
自由な発想があれば、
どんな環境でも楽しめることを教えてくれる。

その感覚を共有した遊び仲間の存在は、
人生を何倍も豊かにしてくれる。

そして、一生をかけて追求できる大好きな遊びが、
僕らが人として成長していく原動力にもなる。

BONXは遊びを最高に面白くするプロダクトを作って、
みんなが生まれ持った遊び心を育み、世界を自由な遊び場に変える。

どうやっているのか

  • B704ccfa d6a7 42a9 ba8e b97d556d2a27?1527574834 TEAM"BONX" 駒沢公園まで歩いてすぐ!
  • 8b91fe15 22e4 49ed 9354 4f2b9fd86273 NewOffice。真剣ながらも和気藹々とした雰囲気。

【真剣な遊びの会社】
遊び仲間が集まって、最高の遊び道具を真剣に作るという雰囲気で仕事しています。みんなで海行ったり山行ったり、横に乗ったり縦に乗ったりするのが大好きです。一方で、ユーザー体験のために妥協を許さないプロフェッショナルな風土もあります。

【音声コミュニケーションにフォーカスした少数精鋭のエキスパート集団】
開発チームは、ハードウェアからソフトウェアまで音声コミュニケーションシステムの構築に必要な要素をほぼ全て内製できる、日本では類を見ない集団となっています。国からも多額の技術開発支援を受け、プロダクトのポップな見た目とは裏腹にディープなテクノロジーを開発しています。

【一流アスリートとのネットワーク】
スポーツメディア「Transworld」が選ぶ「2017 Rider of the Year」に輝いたスノーボードの國母和宏氏や、FMB World Tourで3度優勝したMTBのBrandon Semenuk氏など、一流のアスリートと協力してプロダクト開発やマーケティングを実施しています。2018年2月には世界最高峰の自転車ロードレースチームであるLottoNL-Jumbo(ロット NL・ユンボ)の2018年オフィシャルパートナーとなりました。

【丁寧な暮らし】
家族がいるメンバーも多いので、家族の時間は大切に、また自由に遊ぶ時間も大切にしています。駒沢公園すぐ隣のオフィスなので、気晴らしに走ったり、バスケしたり、スケボーしたり、やり放題です。ちなみに弊社はスケートパークから世界一近いスタートアップではないかと思われます。

こんなことやります

BONXは、2015年のクラウドファンディングでの大成功後2016年12月からの一般発売を開始。
「世界は僕らの遊び場だ」をキャッチコピーにスノーボード、スキー、自転車、釣りといったアウトドア領域を中心に着々とファンを増やしてきました。
2018年より「BONX for BUSINESS」を本格的に始動させ、toBの領域でもファンを増やしています。

躍進続けるBONXですが新規領域の拡大、現行のアプリにより磨きをかけるというところで、Androidエンジニアのリソースが不足しています(泣)
なのでBONXの世界観に共感してジョインしてくださるAndroidエンジニアを募集します!
いきなりガチガチの面接は致しません。
まずはオフィスの見学だけでも構いませんので、一度お話できればと思います。お気軽にご応募ください。

▼具体的には?
・Androidアプリの設計・開発・品質管理・UX改善など(上流から下流まで)
・既存機能、UI/UXの改善業務
・新機能の企画・開発・品質管理
・ハードウェア側との通信部分の仕様設計

▼社内の開発環境
・言語: Kotlin, Java, C++
・ツール: Github, CircleCI, Slack

▼働き方のイメージ
・フリーアドレスのデスク
特に決まったデスクはなくオフィス内はフリーアドレスです。いつも違う席で仕事をすることで毎日新鮮な気分で仕事に取り組めます。そのため部署を飛び越えたコミュニケーションも盛んで風通しが良くなっています。

・フレックスワーク 
CTOも子供の送り迎えをしてフレックスに働いています。 
自分の時間は思いっきり好きなことをやるのがBONXスタイル。社長自ら率先してスノーボードをしますし、昼休みは駒沢公園でスケボーをします。プロの釣り師も居ますしみんな遊ぶのが大好きです。 

・リモートワーク
大雪や台風で電車が止まりそうだったり、家族が体調不良で苦しんでいるような状況で「出社しろ!!」と言うのはナンセンスだと私たちは考えます。自己判断でクールに仕事を遂行するのがBONXスタイル。

・ワークライフバランス
ワークライフバランスを大切にしています。社内には、スノーボーダー、釣り師、スケーター、音楽家など様々な趣味を持った人間が在籍しており、自分の時間は思いっきり好きなことをします。

価値観

会社の価値観をもっと見る
プロダクト愛

CEO宮坂のスノーボードをしていた時の経験からBONXは生まれました。社内にはスノーボーダー、釣り師、スケートボーダーといった様々なフ... さらに表示

フラットな組織

オフィスには固定の座席がなく、自分の好きな場所で働く事が出来ます。そのため部署の垣根を超えたコミュニケーションが自然に生まれる環境です。

メンバーの多様性

BONXにはいろいろなバックグラウンド持った人達が居ます。ノルウェーで年間120日以上滑っていたスノーボードマニア、ドイツに渡りプロ釣... さらに表示

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 Androidエンジニア
採用形態 新卒採用 / 中途採用 / 副業・契約・委託
募集の特徴 Skypeで話を聞ける / 留学生さん歓迎 / 学生さんも歓迎
会社情報
創業者 宮坂貴大
設立年月 2014年11月
社員数 20人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / エンターテイメント / 家電・電子機器・精密機器

応援している人(7)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(7)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都世田谷区駒沢4-18-20 佐々木ビル3F

Page top icon