1
/
5
アプリ開発エンジニア
学生インターン
33
エントリー
on 2021/12/23 487 views

アプリ開発したいインターン生募集!

株式会社プラージュ

株式会社プラージュのメンバー もっと見る

  • 1974年1月24日生

    学生の時から、起業したいと思い、周囲には話していましたが、
    はっきりと「起業しよう」と決意していたのは大学卒業後、
    1997年NTT-MEに技術者(情報システム部)として就職した時。

    3,4年経ったら自分の会社を興そうと決心しました。

    その頃は、Windows95の全盛期で「Yahoo Japan」が上場し、
    インターネットの世界が広がり始めていました。

    毎日、誰よりも早く出社しコーヒーを上司が来る前に机に置いて回ってました。笑
    徐々に仕事を任せてもらえるようになり、楽しくてしょうがない時期でした。
    そして2001年に独立、代表取締役に就任しました。

    2...

  • 2017年中途採用
    大学卒業後、システム開発・検証会社にてシステム開発・検証に携わる。
    その後、最新のアプリ技術に触れることのできるプラージュに入社。
    現在は、アプリ開発の管理業務をはじめ、システム開発のサポートなど幅広く業務を担当。
    XR(クロスリアリティ)に興味があり、最近ではARcoreを用いた実験アプリを会社で制作している時間が至福のひと時だったりするが、最近は業務に追われてあまり時間が取れていない。だからこんなときこそ同じ目的を持った仲間を大募集!

  • 株式会社プラージュ 2015年中途採用

    2010年に短期大学を卒業後、化粧品の企画会社をはじめ数社を経てプラージュに入社。

    現在は新卒採用・中途採用・アルバイト採用業務を担当。
    社内総務・労務・経理関係まで幅広い業務を担当。

    空いた時間に韓国語の勉強をしているので、いつか業務に生かしたい!

なにをやっているのか

  • Webサイト制作やアプリ開発
  • システム開発やARアプリ開発

「ARアプリ事業部」は、今後C向けにサービスを展開していく。
「Webソリューション事業部」は、官公庁からご指名をいただけている。
「システムソリューション事業部」は、ユニークな開発体制を持っている。

今、プラージュには3つの事業部があります。ARメインでアプリの開発を行なっている「ARアプリ事業部」、Webシステム開発や制作・保守、ホスティングサービス、ネットワークの保守を担当する「Webソリューション事業部」、開発をメインで行なっている「システムソリューション事業部」です。
「ARアプリ事業部」は、現在たくさんの引き合いをいただいています。先進技術であり、これからもっとできることが増えていくと思いますし、それによって活かせる分野も増えてくるだろうと見ています。今まではBtoB向けの仕事をしていますが、今後はC向けのアプリ開発を進めているところです。
「Webソリューション事業部」は、昔からのお客様が多く、長くお付き合いを続けさせていただいています。最近では、官公庁の仕事が増えています。国や東京都、JAXA。こういったお客様からプラージュ指名でお仕事をいただけるようになってきました。事業としては、継続的に保守運用に関わることで安定的に収益を確保できるため、いただいている信頼を大切にしつつ、お客様を増やしていきます。
「システムソリューション事業部」は、これまでお取引のあったお客様から安定的に仕事の依頼をいただけています。フリーランスやテレワーク、在宅のエンジニアとユニークな開発体制を作ることで対応していきます。

このように、プラージュはこれまでの実績をもとに、お付き合いのあるお客様からの運用保守といった仕事で安定的な収益を確保しつつ、そこから生まれたチカラで新しいことに挑戦している会社です。
IT業界は、常に技術が進化しており、新しいことを積極的に学んでいく、取り入れていかなければ取り残されていきます。
その点、安定的な収益のある「守り」と、新しいことへの挑戦の「攻め」、この2つを両立させていく体制は今後も変わることはありません。

なぜやるのか

【経営理念】「子供達に世界一かっこいいと言われる会社を創る」

「かっこいい」は、アタマで認識する理屈めいたものではなく、心に響いて生まれるものです。心に聞けば、答えがすぐに分かるもの。だからこそ、日々の仕事の中で常に自分に問いかけてほしい。 「その対応は、かっこいいのか?」と。「その言動は、かっこいいのか?」常に考えてください。

みんなで「かっこいいとはどういうことか?」を考えて実践していく。そして最終的には、プラージュを外から見たとき、子供達から見てもかっこいい会社になっている。そんな未来を目指して、企業理念にしました。社名を聞いただけで、「えっ、あのプラージュで働いているんですか?」 といい意味で驚かれる、そんな会社になる未来を創っていきたいと思っています。

経営理念である「子供達に世界一かっこいいと言われる会社を創る」は、私たちが向かうべきゴールです。

【ミッション】「子供達に世界一かっこいいと言われる会社を創る」
私たちはこれまで、「社会のITインフラを支えること」の一助を担ってきました。そして「子供達により良い未来を提供する」ことを使命として掲げ、子供達に向けた新しい挑戦をはじめます。魅力のある会社とは「社会に対して好影響を与える存在になること」です。

【ビジョン】「仕事のかっこいいを、追求する」
「かっこいいと言われる会社」にはこだわっていきます。一番の理由は、自分たちの仕事に誇りを持って欲しい。事業の幅を広げ、わかりやすくかっこいいことをやっている会社として、会社を発展させていきたいという思いを企業理念には込められています。例えばですが、自分のお子さんから「パパの会社ってかっこいいよね」なんて言われたら、最高だと思いませんか。

【バリュー】 「かっこ悪いことはしない」
すごくざっくりとした行動指針と思われるかもしれませんが、仕事におけるすべての場面において自分に問いかけてほしいと思っています。「その行動は、かっこいいのか」「その決断は、かっこいいのか」。そして自分の行動に、かっこ悪い、恥ずかしい、と思われることがあったのなら正していきましょう。挨拶でも、電話対応でも、感じが悪いものよりも感じの良いものの方が気持ちの良いものです。そして気持ちの良いものは人々から支持を得られます。これは仕事をする上でも大切なことです。大きな「かっこいい」を実現するため、日々、小さな「かっこいい」を社内社外で実現していきましょう。

どうやっているのか

プラージュはこれから経営理念に掲げている「子供達に世界一かっこいいと言われる会社」を目指していきます。
「子供たちに世界一かっこいいと言われる会社」は、分かりやすいかっこよさが必要です。
そこで、東証一部上場、売上1000億円、事業内容はこれまでのITを中心に、航空宇宙、スポーツ、テーマパーク、教育といった分野に広げていきたいと考えています。
今の私たちの現状からしたら、あまりにもかけ離れた大きな夢を語っていると思うかもしれません。それは事実です。
ただ、甲子園に行くことを目指している中学生と、なんとなく野球をやっている中学生が、3年後に大きな差が出てしまうように、目指すべき目標は高く設定しなければ、現場から大して変わらない状態にしか成長できないと思っています。
だから、あえて大きな夢を描きました。 そして、ただ夢を語るだけではなく、実現させていくために本気です。
既存事業でたしかな収益を確保しながら、子供向け事業のような新しい挑戦を次々に仕掛けていくのが、今後のプラージュの戦略になります。

こんなことやります

◆アプリ開発エンジニア・プログラマー◆
世界で話題のARに携われるチャンス!

【仕事内容】
アプリ設計・開発から、開発後の動作テストまで一連の業務
 ・AR技術を使ったアプリケーションのシステム設計、開発、動作テスト
 ・スマートフォン向けアプリケーションのシステム設計、開発、動作テスト

【プログラミング言語】
Unity、C#、Objective-C、Java、PHP

【歓迎するスキル・経験(必須ではございません!)】
・学校や趣味でスマートフォンのアプリ開発について学んだことがある
・スマートフォンのアプリ開発経験
・学校や趣味でARアプリ開発について学んだことがある
・ARアプリ開発経験

【求める人物像】
・明るく元気な人!
・チームプレーが好きな人
・IT、Web業界に就職を考えている人
・成長意欲が高く自分で考え行動できる人
・自分と一緒に会社も成長させたい人

スキルがあるに越したことはありませんが、入社後でも大丈夫です!
プラージュの人事理念
「素直な心で改善・進化を繰り返し、相手を思いやり喜びと感動を与え、自分をコントロールできる人材」
に共感できるほうが大切です!

ご応募お待ちしています!

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社プラージュの会社情報
株式会社プラージュ
  • 2001/01 に設立
  • 67人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都品川区東五反田1-20-7 神野商事第2ビルB2F
  • 株式会社プラージュの会社情報
    株式会社プラージュ から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?