350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Reckonerサーバーサイド
  • 3エントリー

データ連携プラットフォームReckonerのScalaエンジニアを募集!

Reckonerサーバーサイド
Mid-career
3エントリー

on 2024/05/21

604 views

3人がエントリー中

データ連携プラットフォームReckonerのScalaエンジニアを募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Takuya Tezuka

2016年4月に新卒でITベンチャー企業にインフラエンジニアとして入社。 自治体やデータベースマーケティング会社でのインフラ設計/構築/運用を主に経験し、 2018年10月に3-ShakeにJoin。 3-Shake Join後はAWSやGCPでの、クラウドアーキテクトや構築、Kubernetes/Istioでのコンテナ運用などを担当。

敦 酒井

現在はインフラは GCP、アプリケーションは Scala で開発をしています。

Hideki Ikio

Linuxカーネルへの機能追加や組み込みソフトウェアの開発を経験した後、サイバーエージェントに入社しアドテク事業に携わりました。 その後、セプテーニ・オリジナルやビズリーチで開発リーダーやアーキテクトを経験し、FOLIOにてテーマ投資サービスのバックエンド開発に携わりました。 近年はScalaによるバックエンドシステムの開発に注力しています。 DDDを取り入れて、可読性が高く保守性/拡張性に優れるコードを書くことに興味があります。

株式会社スリーシェイクのメンバー

2016年4月に新卒でITベンチャー企業にインフラエンジニアとして入社。 自治体やデータベースマーケティング会社でのインフラ設計/構築/運用を主に経験し、 2018年10月に3-ShakeにJoin。 3-Shake Join後はAWSやGCPでの、クラウドアーキテクトや構築、Kubernetes/Istioでのコンテナ運用などを担当。

なにをやっているのか

スリーシェイクは「企業経営のインフラ(エンジニアリング)を支えるプラットフォーム」として、4つの事業を展開しています。 ◆SRE技術支援サービス事業 弊社の主力事業であり、SRE(Site Reliability Engineering)の導入・実践に向けた伴走型コンサルティングサービス。 金融、製造、小売、AI、メディアなど、技術力が求められる領域で、Google社の提唱するSREの考え方に基づき、クラウドネイティブな技術導入、開発/運用プロセスの支援をしています。 AWS, Google Cloud, Kubernetes, Observability, DBRE, MLOpsなどの最新技術の知見を集約。文化も含めた「インフラ」を整備し、企業のSRE内製化をゴールとして活動します。 「SREコンサルティング事業「Sreake」 https://sreake.com/」 ◆クラウド型データ連携プラットフォーム事業 クラウド型データ加工・連携プラットフォームです。 デジタル化に伴うデータ活用、業務自動化ニーズに向けて、データ活用/業務最適化の課題を非エンジニアでも使いこなせるノーコード基盤で解決します。 「データ連携プラットフォーム事業「Reckoner」 https://reckoner.io/」 ◆セキュリティ事業 複雑化するサイバー攻撃に対して事業者が抱えるセキュリティリスクを無くすために、簡単操作で高性能なセキュリティチェックが実現できるプラットフォームです。 「ワンクリックでできる脆弱性診断SaaS 「Securify」 https://www.securify.jp/」 ◆ フリーランスエンジニア人材紹介事業 「いいエンジニア」をあなたのチームに、をテーマとしたITフリーランスエンジニアの人材紹介エージェントです。 テックカンパニーであるスリーシェイクが エンジニア目線で案件や人材を分析することでミスマッチを防ぎ、双方にとって最適なマッチングとなるよう支援しています。 「フリーランスエンジニア人材紹介サービス「Relance」 https://relance.jp/
「Reckoner」は一切のプログラムが不要なデータ統合プラットフォームです。
「Sreake」はインフラレイヤーの多岐に渡るニーズに対応できるプロフェッショナル集団です。
代表の吉田は日本初のインフラプラットフォームを作るために3-shakeを設立しました。
事業拡大に対応するため、2021年5月に新オフィスへ移転しました!
3-shakeの4つのクレド  Professional(誠実、尊敬、高潔さ)  、Challenge(革新性) 、Speed(成長性) 、Profit(利益)
ビジョンは「労苦〈Toil〉を無くすサービスを適正な価格で提供し続ける」です。

なにをやっているのか

「Reckoner」は一切のプログラムが不要なデータ統合プラットフォームです。

「Sreake」はインフラレイヤーの多岐に渡るニーズに対応できるプロフェッショナル集団です。

スリーシェイクは「企業経営のインフラ(エンジニアリング)を支えるプラットフォーム」として、4つの事業を展開しています。 ◆SRE技術支援サービス事業 弊社の主力事業であり、SRE(Site Reliability Engineering)の導入・実践に向けた伴走型コンサルティングサービス。 金融、製造、小売、AI、メディアなど、技術力が求められる領域で、Google社の提唱するSREの考え方に基づき、クラウドネイティブな技術導入、開発/運用プロセスの支援をしています。 AWS, Google Cloud, Kubernetes, Observability, DBRE, MLOpsなどの最新技術の知見を集約。文化も含めた「インフラ」を整備し、企業のSRE内製化をゴールとして活動します。 「SREコンサルティング事業「Sreake」 https://sreake.com/」 ◆クラウド型データ連携プラットフォーム事業 クラウド型データ加工・連携プラットフォームです。 デジタル化に伴うデータ活用、業務自動化ニーズに向けて、データ活用/業務最適化の課題を非エンジニアでも使いこなせるノーコード基盤で解決します。 「データ連携プラットフォーム事業「Reckoner」 https://reckoner.io/」 ◆セキュリティ事業 複雑化するサイバー攻撃に対して事業者が抱えるセキュリティリスクを無くすために、簡単操作で高性能なセキュリティチェックが実現できるプラットフォームです。 「ワンクリックでできる脆弱性診断SaaS 「Securify」 https://www.securify.jp/」 ◆ フリーランスエンジニア人材紹介事業 「いいエンジニア」をあなたのチームに、をテーマとしたITフリーランスエンジニアの人材紹介エージェントです。 テックカンパニーであるスリーシェイクが エンジニア目線で案件や人材を分析することでミスマッチを防ぎ、双方にとって最適なマッチングとなるよう支援しています。 「フリーランスエンジニア人材紹介サービス「Relance」 https://relance.jp/

なぜやるのか

3-shakeの4つのクレド Professional(誠実、尊敬、高潔さ) 、Challenge(革新性) 、Speed(成長性) 、Profit(利益)

ビジョンは「労苦〈Toil〉を無くすサービスを適正な価格で提供し続ける」です。

私たちの事業や提供価値、カルチャーは下記のMission・Vision・Value(MVV)に基づいています。 - Mission インフラをシンプルにしてイノベーションが起こりやすい世界を作る - Vision 労苦〈Toil〉を無くすサービスを適正な価格で提供し続ける - Value エンジニアリングレイヤーに横たわる人、手法、ツールがサイロ化されて労苦が発生しているプロセスをシンプルにし、サービス機能開発に集中できるソリューション(SRE、DevSecOps、DataOps、HROps)を提供していきます。

どうやっているのか

代表の吉田は日本初のインフラプラットフォームを作るために3-shakeを設立しました。

事業拡大に対応するため、2021年5月に新オフィスへ移転しました!

◆スリーシェイクの3つの拠り所 1:オーナーシップ 2:技術負債から逃げない 3:サービスを作る主役 私達はモノづくり集団であるとともに、サービス、ビジネスを作り続けるエンジニアでありたいと考えています。 そのためには、攻めの技術を採用し、技術負債を定期的に解消し、事業に積極的に関わっていきます。 様々なTryを通じて、キャリアアップしていくだけでなく、共にサービスを創り上げていくことが可能です。 ◆組織強化について 弊社は、総額14億円の資金調達を終え、年170%成長を続け事業が急拡大し、テックがマネタイズする過程を最も体験できるフェーズに差し掛かりました。 責任は明確にしながらも、役割は柔軟にし、チーム全員で結果を連続して達成できる体制を目指し、再現性/専門性/効率性の高い組織に昇華していくことが課題です。 ビジネスとエンジニアが一緒に創り上げていく雰囲気が強く、型にハマらないスリーシェイクで挑戦したい方、ご連絡をお待ちしています! ※受動喫煙対策:屋内完全禁煙

こんなことやります

◎3期連続150%以上の急成長中!市場をリードする実力派テックベンチャー ◎手がけるのは、データ収集から加工、活用まで一気通貫のプラットフォーム。 ◎グロースフェーズでサーバーサイドチームも大幅増員中! 携わっていただくのは、データ連携プラットフォーム『Reckoner』のサーバーサイド開発。0→1の基盤開発フェーズはすでに完了し、着々と実績を重ね始めています。さらに完成度を高め、“グローバルに通用するプロダクト”へと育てあげていくため、サーバーサイドの開発メンバーを増員する運びとなりました。Googleのテックパートナーにも認定された実力派チームとともに、プロダクトとあなた自身のスキルを成長させていきましょう! 【業務内容】 ・k8s on GCPを使ったデータパイプライン基盤 (Scala)開発業務 (APIはGo、フロントエンドはReact.jsを利用) ・Goを使ったAPIの開発、運用    …など Goの開発スキルを磨いたり、SREに強いスリーシェイクのインフラ技術を吸収していったりすることも可能です! 【開発環境】 パブリッククラウド: GCP, AWS, Azure 開発言語: TypeScript, Go, Scala 開発フレーム: React.js 構成管理: Terraform, Helm, Kustomize, Docker コンテナオーケストレーション: Kubernetes(GKE), Cloud Run CI / CD: Cloud Build, GitHub Actions, Argo CD 監視: Cloud Monitoring, Datadog データストア: MySQL(Cloud SQL), Redis(Memorystore), BigQuery ログ管理: Cloud Logging, GCS, BigQuery インシデント管理: PagerDuty その他: Asana, Slack, Notion マシン: Mac Book Pro (14 inch) 【必須要件】 ・Scalaでのプログラミング言語での開発経験 (2年以上) ・Git / GitHubを利用した開発経験 ・RDBMS (MySQL 又は Oracle ) を使った開発経験 【歓迎要件】 ・アーキテクチャ設計の経験 ・APIの開発経験
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2015/01に設立

    127人のメンバー

    • Funded more than $300,000/
    • Funded more than $1,000,000/
    • CEO can code/

    東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑3/4F