1
/
5
デザイナー
中途
31
エントリー
on 2021/11/12 1,521 views

株式会社bird and insectで働くデザイナーを募集します!

株式会社bird and insect

株式会社bird and insectのメンバー もっと見る

  • bird and insect CEO / Image Director
    1985年、東京生まれ。京都工芸繊維大学で建築・デザインを学び、広告系制作会社を経てフリーランスへ。2013年、University for the Creative Arts で写真の修士号を取得。その後、bird and insectを立ち上げ、代表取締役を務める。2017年には、日本のファッション写真史の研究で博士号も取得した。将来の夢はマンハッタンのペントハウスに住むこと。

  • 京都工芸繊維大学で建築・デザインを学んだ後、都内インテリア会社に入り、8年半の間、生活用品の企画デザインを手がける。そこで革素材に出会い、4年ほど革職人のもとで製法を学ぶ。開発期間を経て、2016年10月に、レザーバッグブランドke shi kiを立ち上げる。2018年2月より、ke shi kiをbird and insectの一事業部として活動を続けると同時に、写真・映像の事業部にもデザイナーとして参加。

  • 20歳のときに居眠り運転で事故を起こし九死に一生を得る。その経験から、気持ちに正直に生きると心に決め世を渡り歩いていく。この21世紀に駆け落ちを経験後帰京し、フリーで写真・映像の仕事を行う。2017年1月、bird and insect所属。個人では自主制作のドラマや映画を制作する活動も行っている。2021年 映画「雨とひかり」国内外映画祭出品予定

なにをやっているのか

  • 美しく、クオリティの高い写真・映像を目指しています。
  • スタジオも完備

VISION【create wonder】
bird and insectは、「面白い!」を作り、
想いを共に描くImage Branding Partnerです。

既存の枠組みに捉われることなく、
写真や映像が持つ本質的な意味を捉え、
より面白く、新しい取り組みを行うことを信条としています。

MISSION【リアルをドラマに、ドラマをリアルに】

イメージは、言語だと思う。
人の想いを伝える、力だと思う。
イメージの力で、
リアルを見つめ直すと、ドラマが生まれる。
ドラマに気づくと、リアルが変わっていく。
たとえば、歴史ある会社。
その理想を映し出したら、新鮮な驚きがあった。
たとえば、まだ世に知られていない商品。
その価値を写し出したら、多くの心が動いた。
想いは、はじめからそこにある。
光、色、音、言葉、時間、
その一つひとつを連ねて
想いにフォーカスすると、
新しい発見がある、出会いがある。
わたしたち、バード アンド インセクトは
ブランドストーリーを共に描く
“イメージ・ブランディング・パートナー”です。

-------

bird and insect は、世界一「自分たちが面白いこと」をするCreative Companyを目指しています。面白いことの中には、感動や共感を生み出すことや、相手の期待を超えていくこと、そして夢中になってやれること・・・そうした、これからの世界に必要なすべてが詰まっていると思っています。クリエイティブの役割は、美しいものを生み出したり、何かを広報することだけではなく、あらゆる物事にワクワクさせてくれる人生を生み出すことにあると私達は考え、イメージメイキングを行なっています。

なぜやるのか

  • 美学やクリエイティブを一番大事なものとして考えています。
  • レザープロダクトのブランド「ke shi ki Leather Products」も事業のひとつ。多角的な視点の一例です。

クリエイティブは単に美しいものを増やして、生活を豊かにするということや、広報としての役割などに留まらず、これからは企業における経営の意思決定から営業や事務作業、はたまた働き方改革に至るまで、「美学」や「クリエイティブ」が世の中を良くしていける範囲はどんどん増えていくと言われています。

私たちも、写真や映像という「イメージ」の専門家として、美しい写真や映像を生み出すことから、より効果的なイメージの使い方や、企業や商品・人々のイメージを適切な方向にディレクションし、向上させることまでを視野に入れて、制作を行っています。

また、クリエイティブな業種の「常識や慣習」といった部分に対しても、多角的な視点から検討し、より良いクリエイターの生き方を目指して模索しています。

どうやっているのか

  • インテリアデザインで受賞歴もあるきれいなオフィスです
  • アットホームな職場です(ブラック企業フラグではない)

現在のメンバーは、写真や映像の専門家として、ディレクターやフォトグラファー、レタッチャーなどが所属していますが、ゆくゆくは様々なクリエイティブを活かせる人と一緒に、より良い世界を作ることを目指していきたいと思っています。
同じオフィス内にはデザイナーや他のフォトグラファーもいますので、かなり刺激的な環境です。

また、出社や退社の時間も、働く場所も自分で状況を整備できれば、好きにできるシステムを取っており、スタジオや機材なども空いているときは自分のプロジェクトなどに使用可能です。むしろ、自分の作品づくりや、インプットとしての時間を取ることを推奨しています。

在籍しているメンバーは、元は今の職業と関係ない職についていたり、美大などを出ていないメンバーも多いです。
ただ、社会人としての常識があって、穏やかかつ真面目だけど、柔軟な姿勢で仕事に取り組める人たちです。
そういう人が多いからこそ、オフィスはいつも笑い声の絶えない明るいオフィスになっています。

こんなことやります

写真と動画制作ではじまったbird and insectですが、設立から5年が経ち、いまでは写真・動画に囚われないクリエイティブな発想やデザインスキルを求められるようになってきました。
現在、弊社にはデザイナーが1名所属しておりますが、業務拡大のため一緒に働いてくださるデザイナーを追加募集いたします。
※外注や業務委託契約に関しては今回は求めておりません。社員候補として募集しております。

<仕事内容>
弊社のクライアントワークにおけるデザイン関連全般を担当してもらいます。
またクライアントワークを中心として、社内のデザイン関連(写真・動画事業部や弊社のバッグブランド「ke shi ki」など)も担当していただきます。

・企画書におけるデザインや、企画提案時のキービジュアルの作成(コンペなども含みます)
・広報用のブランドブックや冊子のデザイン
・その他、仕事内容によって幅広いデザインの仕事があります。
・お持ちのスキルによって写真・映像・これから立ち上げる新規事業、その他全てのデザインに関わることができます。

<求める人物像>
デザイナー経験者。
写真・映像の業界に興味のある方、かつ、責任感と体力のある素直な方を募集しています。日常的にデザインをはじめ、写真や映像に興味を持ち、常にクリエイティブな発想を考えられる方が良いです。
また、業務範囲はデザインだけではなく、様々な業務に必要とあらば取り組めてコミットできる人を求めております。

<応募資格>
・bird and insectの理念に共感していただけること
・精神的に安定していて、真面目で素直なこと。
・気配りができて、注意深いこと、体力があること。
・adobeソフト、特にIllustrator、Photoshopが使いこなせる方
・報告、連絡、相談がこまめにできる方
・ご自身のPCをお持ちの方

<歓迎するスキル>
・After Effectsや動画編集ソフトを使える方
・CINEMA 4D、Blenderの経験がある方

弊社は一緒に働く未来の仲間に対して、

・なぜbird and insectじゃなきゃダメなのか
・デザインがどれぐらい好きなのか

この2点を重要視しております。

<こんな人に向かないかも>
弊社は少人数の制作会社です。
そのため、どのポジションのスタッフも、自分の専門外の仕事や雑務を協力してこなしています。
基本的には自分の仕事が優先ですが、人手が足りない場合など、
柔軟に他の業務や作業でも行っていける方を募集しております。
自分のポジションだけに囚われるのは、
自分の未来を狭めることに繋がる、というのが弊社の考えです。
つまり、「クリエイティブのあり方」を広く一緒に考え・実行していける仲間を探しています。

会社の注目のストーリー

bird and insectの人々 -ディレクター・コピーライター-

bird and insectの人々 -プロデューサー・PR-

bird and insectの人々 -シネマトグラファー・エディター-

ポートフォリオ

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
4人が応援しています
会社情報
株式会社bird and insectの会社情報
株式会社bird and insect
  • 2016/02 に設立
  • 20人のメンバー
  • 東京都東京都世田谷区赤堤1-42-5 第三須賀ビル2F
  • 株式会社bird and insectの会社情報
    株式会社bird and insect から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?