1
/
5
QAエンジニア
中途
14
エントリー
on 2021/11/12 330 views

デバッガーから始めるゲームエンジニアの募集

株式会社JV Studio

株式会社JV Studioのメンバー もっと見る

  • 今関未奈
    ディレクター

なにをやっているのか

  • 入社後は自社タイトルの開発に企画から参画してもらい、どのポジションでもゲーム開発の一連のプロセスやノウハウを学んでもらいます。
  • ゲームコンテンツが大好きな若手メンバーが多く所属しているため、日々新作ゲームや話題のコンテンツについての話で社内は盛り上がっています。

「ひととして、クリエイターとして、成長する」

私たちは株式会社JVのコンテンツ事業部として、事業を立ち上げ、
【ゲームコンテンツ開発 × 人材育成】を軸にこれまで事業を展開してきました。

昨年11月には、グループから独立し、株式会社JV Studioとして、新たにスタートをし、さらに事業拡大するため、チーム一丸となって、制作に取り組んでいます。

主な事業として、
・自社パブリッシングのシナリオ、カジュアルゲーム開発
・開発したタイトルの海外展開
・海外の知見とノウハウを活かした受託開発
・ゲーム×育成を活かした人材育成のコンサルティング
を行っています。

なぜやるのか

  • 「やりたいと思ったことはやってみよう!」という事業方針のもと新卒入社1年目から新規プロジェクトのメインキャラを任せてもらえることも!
  • 入社時から自身のスキルを上げるためのキャリアプランを上司と一緒に考え、Qごとの振り返りで日々の行動やスキルを上げるための方法を振り返ります。

「能力の高さより一緒に働きたい人を集める。」

わたしたちが常に大切にしているMission Statementのひとつです。

世の中には優秀な方がたくさんいます。
「優秀な方を採用し、働いてもらうこと」が事業を拡大していく上で一番簡単なことですが、わたしたちはそういった採用を行っていません。
「絵を描くことがうまいだけで、社会で通用する」とは思っていないからです。

一緒に働く仲間、クライアント、家族や自分と関わる人々を大切にし、助け合い、気遣い、支え合うことで、人として成長し、持っているスキル以上の力を発揮することができると考えています。
わたしたちはそういった人材を育成していくことで、社会や業界で活躍できる若者が1人でも増えてほしいなと思っています。

ひとつひとつの与えられるミッションや業務に対して、今はどうして言われているのか、なぜやらなければいけないのかわからなかったとしても、メンバー1人1人としっかり向き合い、これまで培ったノウハウや経験を伝え、5年後・10年後に”ここ”で働いていてよかったと思える組織を目指しています。

ーーーーーーーー
JV Studioには、20代のメンバーを中心に個性豊かなメンバーが揃っています。

メンバーの中には、
「これまでの自分のスキルや経験を若手に教えて、たくさんのメンバーを業界で活躍できる人材にしたい!」
というマネジメントメンバーもいれば、
「新卒で入社して、同年代の中で誰よりもはやくスキルアップして独立したい!」
と思う若手メンバーなど、
年齢や学歴、性別関係なく、それぞれが常に目標や目的を持って働いています。
そのため、新卒や入社直後でも、”やりたい”と思ったことに積極的に取り組める環境にあります。

どんなメンバーがいるかはこちらのブログをご覧ください!
https://note.com/jv_inc/

どうやっているのか

  • 昨年はコロナウイルスの影響で出展できませんでしたが、毎年台湾の「台北ゲームショウ」や、韓国釜山で行われる「G-Star」に参加しています。出展の際は新卒〜3年目の若手を中心に準備を行い、実際に入社1年目で海外へ行って、自分たちで現地でプロモーション、営業活動を行います。
  • 年に何度か希望者でイベントをやっています。夏はバーベキュー、冬は納会。これ以外にも競馬、スキー/スノボ、トランポリン、などなど。

■会社として大切にしていること
弊社で長く働いてくれることが一番であると思っていますが、
メンバーそれぞれの目標に沿ったキャリアの構築やスキルアップを一番に考えています。

・なにがしたい?
・何年後にどこでどんな仕事をしていたい?
・どんな会社で働きたい?
・なにか悩みはある?
など、あまり会社では話さないような内容についても話して、
メンバーそれぞれが決めた目標にしっかり進んでいけるようにしています。

定期面談を行い、自分に与えられたミッションやキャリアプランを見直すことで、
モチベーションを落とすことなく、業務にあたってもらうようにしています。

一人ひとりに合わせたキャリアプランにマネジメントがしっかり伴走し、
一緒に考えていくスタンスなので、ひとりで抱え込むことが少なく、
行きたかった会社への転職や独立以外の後ろ向きな理由での離職は過去ひとりもいませんでした。

また、業務の効率を重視しており、業界上、波はありますが、月の残業時間は平均15時間程度となっています。

現在20名くらいの組織ですが、20代が中心となって会社を作っています。
拡大ありきではなく、着実にこの輪を広げていきたいと考えており、一緒に働くメンバーを募集しています。

ーーーーーーーー
■福利厚生
積極的にクリエイティブに触れる機会が持ち、メンバーの生活が充実し、生産性高く働いてもらう環境を整えるためにも、毎年福利厚生の改善や新規導入などを検討し、アップデートをしています。

▼以下一例。
<特徴的なもの>
・研究手当:コンテンツやクリエイティブなイベントへの参加、物品購入を会社で負担します。
・書籍/ソフト購入:自身のスキルアップのための、新しいソフトや書籍の購入などを会社で負担します。
・住宅手当:本社から規定の範囲に自己名義で住んでいる社員に対して、支給します。
・副業許可:同人活動や個人制作活動を許可し、新しいスキルをつけることを応援します。
・リモートワーク:担当プロジェクトチームに応じ、選択します。

・社内自販機を低価格で利用可
・育児のための時差勤務制度
・健康診断オプション選択可能

<その他一般的なもの>
・通勤交通費:日額、月額上限あり
・各種社会保険完備

こんなことやります

現在、自社開発、受託開発含め、多くのお仕事があり、デバッグを中心とした幅広い業務に対応できる方を探しております。

【業務内容】
・自社開発タイトルのデバッグ
・受託タイトルのデバッグ

具体的には…
◆誤字、脱字のチェック
◆動作のチェック
◆レベルなどのバランスをチェック

チェックしたものを
決められたフォーマットに入力して報告していただくお仕事になります。

スタッフのほとんどが”未経験”からのスタートのため、
先輩社員に丁寧に教えてもらったり、手順書、フォーマットに沿って業務を行うため、難しい作業ではありません。

ゲーム業界で働きたいけど、なにからはじめていいかわからない方や、一歩踏み出してみたい方、どんなお仕事か試してみたい方など幅広くお会いできればと思っております。

弊社には、「ゲーム業界で働きたかったけど、なかなか就職活動がうまくいかず弊社に来た」であったり、「ゲーム業界で働きたいけど、どのようキャリアを積んでいっていいかわからなかった」「システムの勉強や講座に通ったけど、その後どうやって就職したらいいかわからない」と言ったメンバーが多くいます。
入社後にその後のキャリアにしっかり考え、社内の教育制度や、研修制度でフォローアップを行うことで、自身のキャリアをしっかり考えることができます。

まずはお気軽にご応募いただき、ざっくばらんにお話しさせていただければと思います。
たくさんの方からのご応募お待ちしております。

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社JV Studioの会社情報
株式会社JV Studio
  • 2021/11 に設立
  • 30人のメンバー
  • 海外進出している /
  • 株式会社JV Studioの会社情報
    株式会社JV Studio から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?