350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Project Manager
  • 5エントリー

千葉大学発医療ベンチャーのディレクター・SEを募集しています

Project Manager
Mid-career
5エントリー

on 2023/03/24

1,062 views

5人がエントリー中

千葉大学発医療ベンチャーのディレクター・SEを募集しています

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

中田孝明

1999年に千葉大学医学部卒業し,救急医として診療・医学研究を行っている現役の千葉大学の医師です(千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学教授)。 救急医療の現場には改善すべき課題が多くあります.その課題を解決し,多くの患者さんが安心して急性期医療を受療できることを目指しております. 2016年から日本医療研究開発機構(AMED)の未来医療機器・システム研究開発事業「救急現場にて傷病者が早く正しい医療を受療できる技術開発プロジェクト(2016年〜2019年3月末)」の代表研究者として,現場の課題を解決するサービスの開発を行ってきており,第一弾の社会実装が目前に来ております.今後は,このサービスを国内外に広めていきたいと思っております. また2019年10月から,さらにこのサービスを飛躍的に向上する機能である救急医療予測アルゴリズムを日本医療研究開発機構(AMED)の研究開発事業として行っております.ビッグデータとAIなどの新技術を用いて未来型の救急支援サービスへと進めていきたいと思っております.    現在は,このサービス以外にも,医療に関連する様々な課題を解決するサービス開発を様々な職種の人と一緒に行っております.国立大学病院,国立医療機関,医学会から仕事の依頼を受けております. 一緒に楽しく問題解決したい方のご連絡お待ちしております!

【救急救命医療現場からの起業】ICTの力で、未来医療を創造したい

中田孝明さんのストーリー

Koga Minako

LINE法人ビジネスであるスタンプ広告や公式アカウント事業の立ち上げを担当し、年間約800億円のビジネスまでに成長させる。その他、ライブドア事業再生や外資系きぎょうの日本事業の立ち上げにも従事。

株式会社Smart119のメンバー

1999年に千葉大学医学部卒業し,救急医として診療・医学研究を行っている現役の千葉大学の医師です(千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学教授)。 救急医療の現場には改善すべき課題が多くあります.その課題を解決し,多くの患者さんが安心して急性期医療を受療できることを目指しております. 2016年から日本医療研究開発機構(AMED)の未来医療機器・システム研究開発事業「救急現場にて傷病者が早く正しい医療を受療できる技術開発プロジェクト(2016年〜2019年3月末)」の代表研究者として,現場の課題を解決するサービスの開発を行ってきており,第一弾の社会実装が目前に来ております.今後は,この...

なにをやっているのか

株式会社Smart119は、千葉大学発医療スタートアップ企業です。 救急医、救命士、そしてエンジニアが集まって、医療現場で起きている課題を、ICTを用いて解決する会社です。 医療技術の進歩は目覚ましく、多くの患者さんの命を救うことができるようになりました。 しかし、その一方で、医療技術だけでは解決できない問題があります。 例えば、社会問題としてある救急搬入困難である「救急搬入のたらい回し」があります。 受入医療機関では人員編成に時間がかかる、また救急隊を持つ消防署との連携がスムーズでないことなど、「たらい回し」の要因を救急医療現場で気付きました。 治療の技術だけでは「救命」が遂行できないことに実感し、救急集中治療医として、看過できない問題でした。 この問題の解決策として、ICTを活用したサービスを開発しました。救急搬入受入医療機関における、医師、看護師などの人員編成を支援する「救急患者受入強化サービス ACES」。消防局、救急隊員と医療機関の連携を円滑にする「救急医療情報サービス Smart119」です。 現在、千葉大学病院、国立研究開発法人国立国際医療研究センター、千葉市消防局などへ導入されています。 今、科学技術の進歩により私達の日常生活はどんどん向上しています。 「急性期医療の現場にもICTを導入し、柔軟/独創的な発想でより多くの救急患者さんを救いたい」、と願い起業し、医療とICTの最先端技術を組み合わせる開発を行なっています。 【事業内容】 音声認識とAIを活用した救急医療情報サービス「Smart119」の開発・運用 救急患者受入強化サービス「ACES」の開発・運用 災害時の病院初期対応を「レスポンサム(respon:sum)」の開発・運用 【受賞】 2018年11月 ベンチャー・カップCHIBA グランプリ受賞 2019年01月 1/22 CHIBAビジコン 千葉起業家優秀賞・ITEC経営者メンタークラブ賞・bayfm賞 受賞 2019年02月 ベンチャークラブちば ビジネスプラン発表会 大賞受賞 2021年03月 千葉市アクセラレーションプログラム 最優秀賞受賞 2021年03月 第25回千葉県優秀企業経営者表彰「ひまわりベンチャー育成基金賞」受賞 https://smart119.biz/news/
【タブレット端末に表示される急患者情報を確認する】千葉大学病院と千葉市消防局では「救急医療情報サービス Smart119」を導入して、急患者情報を共有しています。千葉大学病院では、救急隊が到着する前に、搬入される急患者の容態を把握し、万全な受入態勢を確立しています。
【千葉大学病院ER】急患者到着と同時に、急性期治療が行われます。急患者の容態を事前に把握できることから、適切な治療方法、必要な投薬の準備、また専門医執刀の緊急手術の準備などを整え「救命」を実施します。
千葉大学発医療スタートアップ企業として、産学共同の開発を行なっています。
救急救命をはじめ、災害時に医療機関危機管理体制強化支援、医学研究成果の共有管理サービスなどを手掛ける。
【中田孝明(なかだ たかあき)】株式会社Smart119代表取締役。千葉大学大学院医学研究院救急集中治療医学教授。1999年千葉大学医学部卒業後、救急集中治療の診療と研究に携わる。ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)留学を経て、2012年千葉大学医学部講師。2019年から教授を務める。2018年5月に、株式会社Smart119を起業する。
【千葉大学病院救急救命センターへの搬入】「命を救う」現場である。命を途絶えさせてはいけない、後遺症を抑えるようにしなくてはいけない。こうした命題に、医療技術とともに、ICTを駆使して、使命感をもって日々取り組む。

なにをやっているのか

【タブレット端末に表示される急患者情報を確認する】千葉大学病院と千葉市消防局では「救急医療情報サービス Smart119」を導入して、急患者情報を共有しています。千葉大学病院では、救急隊が到着する前に、搬入される急患者の容態を把握し、万全な受入態勢を確立しています。

【千葉大学病院ER】急患者到着と同時に、急性期治療が行われます。急患者の容態を事前に把握できることから、適切な治療方法、必要な投薬の準備、また専門医執刀の緊急手術の準備などを整え「救命」を実施します。

株式会社Smart119は、千葉大学発医療スタートアップ企業です。 救急医、救命士、そしてエンジニアが集まって、医療現場で起きている課題を、ICTを用いて解決する会社です。 医療技術の進歩は目覚ましく、多くの患者さんの命を救うことができるようになりました。 しかし、その一方で、医療技術だけでは解決できない問題があります。 例えば、社会問題としてある救急搬入困難である「救急搬入のたらい回し」があります。 受入医療機関では人員編成に時間がかかる、また救急隊を持つ消防署との連携がスムーズでないことなど、「たらい回し」の要因を救急医療現場で気付きました。 治療の技術だけでは「救命」が遂行できないことに実感し、救急集中治療医として、看過できない問題でした。 この問題の解決策として、ICTを活用したサービスを開発しました。救急搬入受入医療機関における、医師、看護師などの人員編成を支援する「救急患者受入強化サービス ACES」。消防局、救急隊員と医療機関の連携を円滑にする「救急医療情報サービス Smart119」です。 現在、千葉大学病院、国立研究開発法人国立国際医療研究センター、千葉市消防局などへ導入されています。 今、科学技術の進歩により私達の日常生活はどんどん向上しています。 「急性期医療の現場にもICTを導入し、柔軟/独創的な発想でより多くの救急患者さんを救いたい」、と願い起業し、医療とICTの最先端技術を組み合わせる開発を行なっています。 【事業内容】 音声認識とAIを活用した救急医療情報サービス「Smart119」の開発・運用 救急患者受入強化サービス「ACES」の開発・運用 災害時の病院初期対応を「レスポンサム(respon:sum)」の開発・運用 【受賞】 2018年11月 ベンチャー・カップCHIBA グランプリ受賞 2019年01月 1/22 CHIBAビジコン 千葉起業家優秀賞・ITEC経営者メンタークラブ賞・bayfm賞 受賞 2019年02月 ベンチャークラブちば ビジネスプラン発表会 大賞受賞 2021年03月 千葉市アクセラレーションプログラム 最優秀賞受賞 2021年03月 第25回千葉県優秀企業経営者表彰「ひまわりベンチャー育成基金賞」受賞 https://smart119.biz/news/

なぜやるのか

【中田孝明(なかだ たかあき)】株式会社Smart119代表取締役。千葉大学大学院医学研究院救急集中治療医学教授。1999年千葉大学医学部卒業後、救急集中治療の診療と研究に携わる。ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)留学を経て、2012年千葉大学医学部講師。2019年から教授を務める。2018年5月に、株式会社Smart119を起業する。

【千葉大学病院救急救命センターへの搬入】「命を救う」現場である。命を途絶えさせてはいけない、後遺症を抑えるようにしなくてはいけない。こうした命題に、医療技術とともに、ICTを駆使して、使命感をもって日々取り組む。

「患者さんの不幸な転帰にならないために」。 救急隊からの急患者受入要請を受けて、救急車の到着を待つ時に、私が常に思うことです。 ■救急救命医師の特徴 急患者さんは、自らで恢復が望めない状態がほとんどです。 通常の医療は、検査の結果から、治療方針を立てて、手術やお薬の投与などを決めていきます。 しかし、救急は、発症要因など不明が多くあるにもかかわらず、治療を開始しないと命が途絶えてしまう、こうした非常に困難状態から始まり、一刻の猶予もないのが特徴です。 ■医療現場にあった「もどかしさ」 スタッフ数が少ない夜間に、多重交通事故からの搬入がありました。急患者数が多く、また様々な傷病者がいるものでした。人員を整えなくてはならない、また緊急手術へ専門医の執刀が必要になる、というものでした。人員編成のための集合要請は、電話連絡網やメールでした。発信するにも、受信し集合可否を確認するにも、また応じられるスタッフへの説明をするにも、大変時間がかかりました。 急患者を目の前にして、こうした業務連絡に、もどかしさを感じたのです。 ■ICTに解決を求めて 救命のためには、一刻の猶予もありません。「もどかしさ」は、医師として看過できないものでした。 医療では、「電子カルテ」のように、情報共有が進んでいます。このシステムは、ICTを活用したものです。ICTを救急救命医療へ応用し、解決したいと考え、人員編成を支援する「救急患者受入強化サービス ACES」の開発を着手しました。 千葉大学救急救命センターで、実証実験を行い、実用化に向けてブラッシュアップする中で、救急車が到着する前に、専門医による手術の準備が完了するなどの受入態勢確立、同数のスタッフでも、多くの急患者を受け入れられているといったことが実感できるものになっていました。 ■急患者さんの不幸の転帰にならないために 救急救命には、命を救うこと、そして後遺症などを抑えることが求められます。 治療への、少しの遅れが、不幸の転帰になってしまいます。 「救急患者受入強化サービス ACES」の開発過程において、治療以外の課題点を見出して克服することが、「不幸な転帰にならない」へ繋がるものと確信しました。 進歩目覚ましい二つの技術。医学とICTを駆使し、より多くの命を救うこと。 医師として、研究者として、そして経営者としての使命感を強く抱いて、取り組んでいます。

どうやっているのか

千葉大学発医療スタートアップ企業として、産学共同の開発を行なっています。

救急救命をはじめ、災害時に医療機関危機管理体制強化支援、医学研究成果の共有管理サービスなどを手掛ける。

若手からベテランまで,バラエティーに富んだバックグランドを持ったエンジニアが先進的な未来型システム開発に取り組んでいます。現在、医療機関向け、自治体向けのシステムを中心に、6つ製品を展開しています。 導入に応じたカスタマイズ、社会状況に応じた機能追加など、絶え間ないアップデートを行なっています。 【ラインナップ】 ・救急医療情報サービス Smart119  救急医療をより早く・正しくする未来型情報サービス  公式サイト:https://smart119.biz/smart119/ ・救急患者受入体制強化サービス ACES  緊急時に必要な人員招集を迅速に行い、救急患者の受入体制を確立する急性期医療支援システム  公式サイト:https://smart119.biz/aces/ ・LINEWORKS履歴管理サービス Smart:TelMed(Telemedicine)  LINEを使ってリモート診断を簡単に。問診履歴を保存し、電子カルテに反映して診療を確実に  公式サイト:https://smart119.biz/telmed/ ・医療事業継続支援システム レスポンサム(respon:sum)  緊急事態(災害、テロ、パンデミック)の発生時に、医療事業継続と復旧を支援するスタッフ安否確認・集合要請システム  公式サイト:https://smart119.biz/responsum/ ・研究成果の共有・管理サービス Smart:RA(Research Archive)  より迅速に、より確実に医療技術を確立を支援する。他の医局や研究機関とのデータベースを連携する研究成果共有サービス  公式サイト:https://smart119.biz/ra/ ・シフト作成・勤怠管理システム Smart:Work  働き方改革支援システム 【産学官の共同研究】 平成28年度から,千葉市において日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を行なっております。 また、千葉大学をはじめ、大阪府泉州救急救命センター、千葉市消防局との連携を深め、産学官の共同研究を行なっています。

こんなことやります

-------------------------------------------------------------------------- Smart119で働くメリット -------------------------------------------------------------------------- ●社会貢献性・成長性のあるサービス 当社が手掛ける救急医療情報システムは、医療機関や大学と連携しながら開発をしています。また医療機関と共同で進める開発の他、国立大学との産学連携プロジェクトにも挑戦。人の命を救うシステムを扱う社会貢献性の高い仕事ですので、世の中の役に立っている実感を日々味わうことができます。 ●経験より人物面を重視しています 誕生間もないベンチャー企業ということもあり、同じ志のもと一緒に働ける仲間を募集しています。スキルや経験も大切ではありますが、今回はスタートアップメンバーということで、人物面や意欲を重視した選考を行なう予定です。当社の仕事内容や事業内容に興味があれば、ぜひご応募ください。 ●営業力よりお客様に寄り添う姿勢が大切 今回募集しているディレクター・SEは、電話での新規営業や飛び込み営業などではなく、弊社サービスに、興味を持っていただいている自治体や消防、病院に対して、ニーズを聞き取ってサービスを生かすシステム構築作業をお願いします。 資料作成やスケジュール管理はもちろんのこと、お客様へのサービス案内など、幅広い業務を行っていただくことになります。既につながりのあるお客様への案内や今後お客様になってもらう方に『もっとこうだったらいいのに』『この機能があればいいのに』等お話を聞いてもらい、具現化するためにどういった開発をすればいいのか動いてもらいたいです。 営業力よりも、お客様との信頼関係を築き、お客様のためになりたい、と考えられる姿勢が重要です。 お客様サポート、使い方の説明、運用等の幅広い内容まで対応していただきたいと思います。 現在リリースしている「Smart119」https://smart119.org/に加え、複数の新規サービスにおける開発プロジェクトが進行しています。「Smart119」は特許取得済みで、現在進行中のサービスにおいても特許申請中のものがあります。 弊社サービス紹介 動画リンク https://youtu.be/mebOF-Otv4g https://youtu.be/t-GEUnJF1AE https://youtu.be/qv2556odmLU ---------------------------------------------------------------------------  応募資格 ---------------------------------------------------------------------------   必須条件(営業未経験者歓迎です) ・人と接することが好きな方 ・システム開発経験 ・ITに関する基礎知識・概念 求める人物像 ・お客様のために何ができるかを考え、行動できる方 ・お客様との信頼関係を大切にしていきたい方 ・業務を進めるためのコミュニケーション力 ・様々なことに挑戦してみたいと考えられる方
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2018/05に設立

    30人のメンバー

    • Expanding business abroad/

    東京都千代田区飯田橋3-11-15 ヒキタカ飯田橋ビル4階