1
/
5
プロジェクトマネージャー
中途
4
エントリー
on 2021/11/21 284 views

課題先進地域で地域課題の解決を目指す!事業開発メンバーを募集

秋田マテリアル株式会社

秋田マテリアル株式会社のメンバー もっと見る

  • 秋田マテリアル株式会社 代表取締役
    秋田県にかほ市出身。

    高校卒業後、製造業や土木建設業を経て、母親の勧めで2009年に秋田マテリアル株式会社に就職。
    2015年に取締役に、2016年に代表取締役に就任。
    破天荒だけど大好きな会社を守ろうと必死だったあの時。「社長就任」までの物語はドラマの一部かのよう。ぜひ直接会ったときにお話しします。
    子ども4人と妻と大好きなにかほ市で生活をしています。
    SNSでも日々、かわいい子どもたちをアップしています。こちらも見てね!
    「佐藤佑介」で検索を〜!

  • 秋田マテリアル 経営戦略部 兼 本社部長
    北海道出身。

    サッカーに明け暮れた学生時代。選抜に選ばれる実力は今でも健在。
    卒業後は上京し環境問題に関わる会社に就職。
    結婚を機に秋田県にかほ市に移住、秋田マテリアルへ入社。(現在在籍6年目)

    社内ではみんなが「力也さんがいれば安心」と口にする信頼と関係性を築き、どんな仕事でも誰よりも汗をかきながら先導するスーパーマン。着実に契約件数・売り上げを年々増加させている剛腕営業マン。
    社長からの信頼も厚く、本社業務に加え様々な仕事を兼任。
    経営戦略部のメンバーとしても主に採用活動の場面で活動する。

  • 秋田マテリアル株式会社 経営戦略部
    秋田県にかほ市出身 / 25歳
    山形大学を卒業したのち、スポーツ業界に就職。現在はフリーランス。

    東日本大震災後、被災地支援や秋田県内での防災減災教育を広める活動をしてきた。「知らないで失う命をゼロに」をマイミッションに活動。地域づくりを大学で学んだのち、スポーツ業界に就職。
    秋田県が主催する令和3年度若者チャレンジ応援事業にて、「オルタナティブとしての防災・減災プロジェクト」が採択され、防災・減災活動を軸としたソーシャルデザインについて考え実行中。
    その中で、「未来の子供たちのために」という佐藤社長の想いに共感し、ジョイン。主に採用業務を担当。

  • 千葉県千葉市出身。高校までサッカー選手を目指し、強豪校で部長を務めるものの挫折し、別の道を模索。
    大学在籍中は、インド・デリーにて地場経営コンサルティング会社で勤務後、プロスポーツチームのコンサルティング会社に入社し、Jリーグ・Bリーグチームへ顧客育成戦略立案やグッズ企画・販売代行などのプロジェクトを実施。退職後はHR Techを主な事業とするITベンチャー企業にて新卒採用の責任者を担う。
    その後、リクルートや外資系コンサルティング会社に内定をいただきながらも、Tech×地方創生の領域に関心を持ち、スタートアップへ。地域コミュニティを活性化させるような事業のプロジェクトマネージャーを担当...

なにをやっているのか

私たち秋田マテリアル株式会社は、未来の子供たちのために環境問題と地域課題の改善・解決に向けて取り組んでいます。2007年、私たちはコピー機などの廃トナーやカートリッジのリサイクルをする企業として創業しました。現在は事業も増えています。

【リサイクル事業(スクラップ事業)】
”捨てればゴミ、分ければ資源”
さまざまな金属やプラスチック等をリサイクル原料として買取し、売却。
混ざった状態よりも単一素材の方がより素材価値が高いため、解体・分別も行なっております。

【産業廃棄物処理事業】
法人から排出されるものである「産業廃棄物」を収集し、中間処理をしています。
売上は右肩上がりで成長しており、事業規模も拡大中です。

【リユース品の販売事業】
地域の企業さまで不要になったものを回収した後、全て処分してしまうのではなく、商品を整え(簡易的な修理など)情報を発信し地域内外での再利用に取り組んでいます。
今は地域の皆さんに「〇〇ある?」とお声をかけていただくことも増えました。環境問題を考え、リユースすることを地域に根付かせる土台づくりをしています。

【トランクルーム事業】
安心・便利・低価格のトランクルームの貸し出しをしています。
空きスペースや空きコンテナの有効活用も日々考えています。

【地方創生事業】
学校、行政、地域の企業との連携を積極的にすることで、地域課題の解決を目指した取り組みを行なったり、街全体の魅力を高める活動をしたりしています。具体的には、障がい者施設との連携や大学との共同研究などがあります。

【ドローンスクール運営】
秋田マテリアルで「JUAVAC ドローンエキスパートアカデミー秋田校」を運営しています。
2021年4月に本稿を開校し、現在は角館に分校も立ち上がっています。
ドローン操縦技術の習得から、一歩進んだ資格の取得まで。
秋田県にかほ市にある、専門分野に特化した実践的なスクールです。
ドローンは今後、地域のあらゆる課題解決のための重要な手段になります。
ただスクールとして技術を教えるだけではなく、「体験会」などを通し、地域の子どもから高齢者の方々までが楽しめるコンテンツも準備しています。
地域コミュニティが衰退している地域で、ドローンをきっかけに地域の盛り上がりを作ることを目指しています!
JUAVAC 秋田校HP:https://juavac-droneakita.com/ 
JUAVAC 秋田校Instagram:https://www.instagram.com/juavac_akita/

なぜやるのか

■経営理念■
秋田マテリアルの経営理念は「BE HAPPY」です。お客さまと社員の笑顔を大切にしつつ、事業を通して、地域のみなさん、そして社会全体に貢献していきます。

■ミッション■
近年、さまざまな原因が複雑に絡み合うことで、社会課題が深刻化しています。地球全体で見ても環境の持続可能性が危ぶまれています。弊社では、豊かな社会環境を未来へ繋げるため、環境問題と地域課題の解決を目指して日々事業を行なっています。

どうやっているのか

■弊社の特徴■
「地域を良くしていきたい」「地域を盛り上げていきたい」という想いのもと、地域密着性の高い事業を展開しているのが私たちの特徴です。会社を置く、秋田県にかほ市との強い繋がりを活かし、事業の可能性を次々と広げています。

■社名と事業に込めた想い■
社名に使われているマテリアル(material)は、本来「材料」「素材」という意味があります。また、動詞的には「~を具現化する」という意味合いもあります。私たちは、限りある資源を再利用・再資源化し、地球環境の保全を目的に創立しました。マテリアルは「資源」の響き。秋田の地より、多くの方々と共に廃棄物を国産資源と捉え、再資源化・有効利用していく「循環型社会の構築」という夢の現実に貢献いたします。

■働く環境■
現在の社員数は30名ほど、さまざまなバックグラウンドを持ったメンバーが集まった、多様性ある環境です。また年齢の幅も広く、下は18歳から上は70代まで働いています。
そんな個性豊かなメンバーが揃う中、共通して言えるのは、優しく・温かく・面白い人柄です。社長が同じ目線に立って一緒に物事を考えてくれるので、コミュニケーションが取りやすく、風通し良く働けます。

こんなことやります

社長の業務サポートと企画立案を行う、経営戦略部の担当者を募集します!
※他社さんでは「社長室」や「経営戦略室」「経営企画室」と呼ばれるポジションです。

入社後は、まず担当部署の業務に携わっていただきます。ゆくゆくはその部署の事業戦略の策定や実行に主体的に関わっていただきます。
「環境にとっていいこと」「地域にとっていいこと」を次々発想し、行動を起こすパワフルな社長(35歳)の描くビジョンをともに具現化していきましょう。

■仕事の醍醐味と身につくスキル■
社長の右腕として活躍するだけでなく、地域づくりにも関わることができます。
また、現在は第二創業期に近く、ドローン事業もまだ始まったばかりの段階です。そうしたフェーズの中、ゼロイチで関われます。
経営戦略部(他企業では”社長室”や”経営戦略室”にあたる)担当者は様々なレイヤーの人と関わることができるため、高いレベルのコミュニケーションが養えます。

■求める資質■
・プロジェクトマネジメントの知見がある方
・ビジネスコミュニケーションの能力が高い方
・俯瞰して物事を捉えられる方
・逆算思考ができる方
★新規事業開発の経験、マネジメント経験がある方は歓迎します!

これからどんなことをしてみたいか、まずはお話してみませんか?
是非お気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンよりエントリーしてください!

会社の注目のストーリー

【企業版ふるさと納税で相互支援】秋田県にかほ市を応援していただきました!そして、栃木県大田原市を応援させていただきました!

新卒メンバーを迎えて「青空内定式」と「なべっこ遠足」を行いました!

【Voice #14】ドローンで人に喜んでもらえる仕事がしたい

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
秋田マテリアル株式会社の会社情報
秋田マテリアル株式会社
  • 2007/09 に設立
  • 23人のメンバー
  • 秋田県にかほ市平沢字深谷地16-8
  • 秋田マテリアル株式会社の会社情報
    秋田マテリアル株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?