350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 新卒&第二新卒採用
  • 12エントリー

質としての世界企業を目指したい!そんなクレイジーな仲間を探しています!

新卒&第二新卒採用
New Graduate
12エントリー

on 2021/11/22

1,051 views

12人がエントリー中

質としての世界企業を目指したい!そんなクレイジーな仲間を探しています!

Online interviews OK
Fukuoka
New Graduate
Fukuoka
New Graduate

幸田八州雄

コウダプロという会社を福岡でやっています。 面白いこと、ワクワクすることをやる会社です。 ちょっと変わった会社かもしれませんが、良い会社にしたいと思っています。

幸田がコウダプロで日々考えていること

幸田八州雄さんのストーリー

水月 原口

世界中どこででも通用する人になりたくてコウダプロに入社。 仕事の幅が広く、なんでもやれる環境の中で、極めて自分らしく働いている社会人1年目。 物怖じしないレベル100。 毎日お菓子を食べすぎている('ω')('ω')

原口、未来開発室を卒業します。そして、新規事業の立ち上げチャレンジが始まりました!【新卒4年目 女性社員のひとり語り】

水月 原口さんのストーリー

Keishi Yamasaki

2021年4月からコウダプロで働かせていただいております!! 日々コウダプロの世界観に魅了されており、刺激的な毎日を送っております☺ 簡単に自分の紹介をさせていただきますと、大学3年の夏から公務員を目指して勉強を頑張り、国家公務員に無事合格! しかし公務員を蹴って、コウダプロに入社させていただきました! おかしな経歴ばかりですが、何の後悔もなく毎日ワクワクしながら、コウダプロで働かせていただいております✌

Rintaro Inoue

株式会社コウダプロのメンバー

コウダプロという会社を福岡でやっています。 面白いこと、ワクワクすることをやる会社です。 ちょっと変わった会社かもしれませんが、良い会社にしたいと思っています。

なにをやっているのか

コウダプロはアイデアカンパニーです。 現在は商品開発を中心とした、面白くてワクワクすることを幅広くやっています。 ■ヒット屋 ヒット屋は、消費者に「使ってみたい」「使い続けたい」と思って頂ける商品こそが“売れる商品”の基本と考え、 1. 世に埋もれた原料・技術情報を探し出す 2. 製品に、消費者の感情を揺さぶるようなストーリー性を持たせる 3. 体感やビジュアル、テクスチャーなどのしずる感を極限まで追及する 4. LTVを最大限引き上げる製品設計 5. 「これは必ずヒットする」と自信を持てるまで妥協しない 以上の5点を売れる商品開発の原則とします。 【ヒット屋公式サイト:https://hit-ya.jp】 ■アスガール事業部 「日本の飲みニケーションを応援したい!」 そんな想いから立ち上がったこの事業。 オリジナル製品のアルコール対策サプリメント、“アスガール顆粒”を販売しています。 いかにコウダプロらしい戦い方でアスガールを広められるか。 アイデアを武器にしてこの事業を盛り上げています。 ■しあわせ食卓事業部 しあわせ食卓事業部は『しあわせな食卓を世界に提案する事業部』として立ち上がりました。 ここでいう「しあわせ」は、「おいしい」だけではありません。 食事をするときのアッと驚くような体験や、クスッと笑ったりするようなユーモアたっぷりのアイテムなど、小さな感動や心地よい刺激を食卓で感じて、さらにおいしく食事をすることができる「しあわせ」を多くの人に感じてもらいたいと考えています。 ■揚げ物革命事業部 揚げ物革命事業部は、とある唐揚げマニアOLの素朴な悩みから誕生しました。 持ち帰り唐揚げの永遠の悩み。 それは、家に着いて、さあ食べるぞとワクワクしながら口に放り込んだその瞬間に嫌な油っこさを感じること。 揚げたては美味しいのだけれど、時間が経つとどうしても味が落ちてしまう…。 そこで唐揚げマニアは、もっと唐揚げを美味しく食べるため自ら研究開発を始めました。 そんな熱意から生まれた揚げ物革命事業部は、「カラッとペーパー(特許取得済)」を通じて世の中の唐揚げをもっと美味しくし、ひいては唐揚げマニアたちのQOKL(Quality Of Karaage Life)を向上させることをミッションに日々活動しています。 ■自治体四季報 自治体四季報は、全国1,741自治体の「住民の持続可能な幸福を実現する力(=自治体の経営力)」を見える化したサイトです。 1年間の自治体運営の結果を表す「全国自治体経営力ランキング」では、「各自治体に住民を幸せにする力がどれぐらいあるのか?どれぐらいの経営力があるのか?」を見ることができます。 住民を幸せにする力という、一義的には捉えどころのないものを、初めて民間企業を評価するときに用いる経営指標のように、客観的に見える化しようと考え、自治体四季報は生まれました。 【自治体四季報公式サイト:https://j-shikiho.com
ヒット屋は徹底的にクライアント様に寄り添いながら商品開発を行います。リサーチ、企画、販売戦略、コネクションの創出...コウダプロにできることは全て行います。
コウダプロのオリジナル製品、"アスガール顆粒"。地道に着々とその名を広める戦略を練り、実行しています。
毎週月曜日に行われる朝礼では、"コウダプロの在り方"について皆が徹底的に考え、意見を交わしあいます。
みんなで社員旅行に行きました。
代表の幸田が書き上げた、コウダプロの在り方を明示化した"コウダプロ憲法"。コウダプロのメンバーはこの憲法をもとに日々仕事に臨んでいます。
弊社の玄関には幸田のアタマの中が詰まっています。

なにをやっているのか

ヒット屋は徹底的にクライアント様に寄り添いながら商品開発を行います。リサーチ、企画、販売戦略、コネクションの創出...コウダプロにできることは全て行います。

コウダプロのオリジナル製品、"アスガール顆粒"。地道に着々とその名を広める戦略を練り、実行しています。

コウダプロはアイデアカンパニーです。 現在は商品開発を中心とした、面白くてワクワクすることを幅広くやっています。 ■ヒット屋 ヒット屋は、消費者に「使ってみたい」「使い続けたい」と思って頂ける商品こそが“売れる商品”の基本と考え、 1. 世に埋もれた原料・技術情報を探し出す 2. 製品に、消費者の感情を揺さぶるようなストーリー性を持たせる 3. 体感やビジュアル、テクスチャーなどのしずる感を極限まで追及する 4. LTVを最大限引き上げる製品設計 5. 「これは必ずヒットする」と自信を持てるまで妥協しない 以上の5点を売れる商品開発の原則とします。 【ヒット屋公式サイト:https://hit-ya.jp】 ■アスガール事業部 「日本の飲みニケーションを応援したい!」 そんな想いから立ち上がったこの事業。 オリジナル製品のアルコール対策サプリメント、“アスガール顆粒”を販売しています。 いかにコウダプロらしい戦い方でアスガールを広められるか。 アイデアを武器にしてこの事業を盛り上げています。 ■しあわせ食卓事業部 しあわせ食卓事業部は『しあわせな食卓を世界に提案する事業部』として立ち上がりました。 ここでいう「しあわせ」は、「おいしい」だけではありません。 食事をするときのアッと驚くような体験や、クスッと笑ったりするようなユーモアたっぷりのアイテムなど、小さな感動や心地よい刺激を食卓で感じて、さらにおいしく食事をすることができる「しあわせ」を多くの人に感じてもらいたいと考えています。 ■揚げ物革命事業部 揚げ物革命事業部は、とある唐揚げマニアOLの素朴な悩みから誕生しました。 持ち帰り唐揚げの永遠の悩み。 それは、家に着いて、さあ食べるぞとワクワクしながら口に放り込んだその瞬間に嫌な油っこさを感じること。 揚げたては美味しいのだけれど、時間が経つとどうしても味が落ちてしまう…。 そこで唐揚げマニアは、もっと唐揚げを美味しく食べるため自ら研究開発を始めました。 そんな熱意から生まれた揚げ物革命事業部は、「カラッとペーパー(特許取得済)」を通じて世の中の唐揚げをもっと美味しくし、ひいては唐揚げマニアたちのQOKL(Quality Of Karaage Life)を向上させることをミッションに日々活動しています。 ■自治体四季報 自治体四季報は、全国1,741自治体の「住民の持続可能な幸福を実現する力(=自治体の経営力)」を見える化したサイトです。 1年間の自治体運営の結果を表す「全国自治体経営力ランキング」では、「各自治体に住民を幸せにする力がどれぐらいあるのか?どれぐらいの経営力があるのか?」を見ることができます。 住民を幸せにする力という、一義的には捉えどころのないものを、初めて民間企業を評価するときに用いる経営指標のように、客観的に見える化しようと考え、自治体四季報は生まれました。 【自治体四季報公式サイト:https://j-shikiho.com

なぜやるのか

代表の幸田が書き上げた、コウダプロの在り方を明示化した"コウダプロ憲法"。コウダプロのメンバーはこの憲法をもとに日々仕事に臨んでいます。

弊社の玄関には幸田のアタマの中が詰まっています。

コウダプロは普通に世界企業になります。 面白いものが次々と生まれ、世界中の人たちに支持される企業となります。 そしてフランスに本社のあるLVMH社(5兆円企業)を、規模において超えるとは言いませんが、 彼らに一太刀二太刀を浴びせ、 「こいつら今のうちに買収しとかないとヤバくね??」 と、思われるような会社になります。 ・・・と社員に言い続けて早3年が経ちます。 最初は漠然とした思いでしたが、今では鮮明に感じられるようになりました。 多分、実現すると思います。 と、まぁ世の中の皆さんが聞けば、総員20名くらいの中小企業(2023年4月現在)の世迷い事のように聞こえるでしょうが、いたって真面目にそれを信じております。 なぜそんな頭がオカシイと思われるリスクを冒してでも、こんな大風呂敷を広げているかといいますと、 シンプルにいうと、それが自分の為すべきことと感じるからなのですが、 もう少し違う言い方をすると、我々が成長して世界企業となって、それが我々に関わる人々の幸福な人生の上に成立するのであれば、広く社会に対して新しい価値観を提示することになると思っているからです。 こんなにワクワクして、こんなに楽しんで仕事ってできるんだ。 こんなに楽しみながら大きな成長って実現できるんだ。 それを証明したいと思います。 我々は企業家です。 格闘家が理論や思想ではなく、勝敗という結果のみによってしか何かを証明し得ないように、我々はビジネスの結果をもってのみ、語る言葉が意味を持つのでしょう。 というわけで足下からコツコツと頑張って参ります。

どうやっているのか

毎週月曜日に行われる朝礼では、"コウダプロの在り方"について皆が徹底的に考え、意見を交わしあいます。

みんなで社員旅行に行きました。

「今週も会社に来てくれてありがとう!」 コウダプロの1週間は、代表 幸田のこの言葉から始まります。 コウダプロでは、毎週月曜日に朝礼が行われます。 しかし、この場で業務目標に関することが話されることはありません。 ここでは、"コウダプロの在り方"について皆が徹底的に考え、意見を交わしあうのです。 コウダプロの価値・使命・未来など、話し出せばキリがありません。 そこに自分がコミットできているか、その都度見つめなおすことができる貴重な時間です。 そんなコウダプロのメンバーは皆、「サクッと濃く働いて、早く帰ってリフレッシュ」する働き方をしています。 量のハードワークを求めたり、ダラダラと残業したりするのではなく、質を高めて密度の濃い仕事をする。 こうすることで、心身の健康を保っています。 また、コウダプロでは思考を停止することが禁止されています。 メンバーは皆、どんなときでも「自分の頭で考えること」をやめません。そして諦めません。 そんなメンバーだからこそ、日々各人の好奇心を刺激するような発言や行動が続々と生まれる環境をつくることができています。

こんなことやります

コウダプロが一緒に働く方に求めることはただひとつ。 それは、いわゆる企業理念・社是・クレド・行動指針をミックスにしたような存在である、 「コウダプロ憲法」 これに共感できること。 それだけです。 コウダプロ憲法とは、全36条からなる憲法で、私たちが事業を行う上で最も大切にしているものです。 コウダプロ憲法の第一条【コウダプロの企業目的】には、 「コウダプロは、事業活動を通じて、顧客・パートナー企業・社員・経営者の幸福を増大することを企業目的とする」 と書いてあり、私たちはその実現をホントに目指して仕事をしています。 コウダプロの事をもっと知って頂きたいと思います。 「コウダプロってどんな会社なの?」 「どんな人が働いてるの?」 「どんな仕事をしているの?」 少しでもコウダプロに興味を持って頂いた方は、ぜひ一度オフィス見学も兼ねてお話してみませんか。 コウダプロでは、主体性があればどんなポジションもお任せします。 新規事業の立ち上げにおいても、年齢、経験は問いません。 コウダプロでは社員が自由である分、それぞれが自立したプロであることが求められます。 例えばコウダプロには業務日報が存在しません。 各人が自立したプロなので、「社員がサボらないように管理する」という発想自体がコウダプロではナンセンスだからです。 管理されないからラクチンだ!と思う方はコウダプロには向いていないと思います。 自由と厳しさの両面を味わえる(?)のがコウダプロです。 誰もがワクワクして、周りを幸せにできる事業を一緒に立ち上げ、運営しましょう。 ご応募、お待ちしております!! ◎新卒・第二新卒の方からのご応募をお待ちしております。 ◎オンライン面談も可能です。 ◎勤務地は本社(福岡)です。
2人がこの募集を応援しています

2人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/04に設立

15人のメンバー

福岡市中央区渡辺通4丁目6-20 星野ビル7F