Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
事業開発・経営管理・IR

日本とアフリカをつなぐ熱苦しい新規事業・経営管理担当募集!

Digital Grid Inc.

Digital Grid Inc.のメンバー

全員みる(3)
  • 代表取締役CEO
    大学院在学時にC.K.Prahalad氏の論文と出会い、BOPビジネスの研究に従事。
    IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現 日本IBM)で通信・エネルギー分野の新規事業開発や業務改善プロジェクトに従事した後、友人とNPO法人ソケットを共同設立、途上国でのビジネス開発に取り組む。
    2012年にDG共同創業者の阿部教授と出会い、2013年にDG設立。

  • 執行役員 兼 COO
    日系電機メーカーにて海外営業(アジア)、経営企画を担当、その後、外資系コンサルティングファームにて日系製造業の新規事業戦略、海外事業戦略プロジェクトに従事。2014年4月より現職。

  • R&Dチームメンバー
    京都大学大学院工学研究科修了。主に物理工学を専攻し、統計解析を活用した研究に従事。新卒では採用コンサルティング会社にコンサルティング営業、事業統括、新規事業立ち上げを経験。エネルギー分野での革新的な事業を創出することを志し、2015年5月より現職。

なにをやっているのか

  • 248ae374 eb38 49a7 ad19 5e6069e8309b 未電化地域の子供たち
  • 6b749a67 810c 4c42 8515 0a82c95a524e 連携するキオスクの様子

▼アフリカの貧困層に「新しい体験」を届ける
私たちは、アフリカの未電化地域の商店(キオスク)と連携し、再生可能エネルギーの量り売り事業”WASSHA”(スワヒリ語で「火をつける」の意)を通じて、未電化地域に電気のある生活、新しい体験を提供しています。

事業の詳細は、下記のビデオを参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=U82Ncactrpw

これからはキオスクを通じて、電力サービスだけでなく、未電化地域(都会から遠く離れた地方農村部)のコミュニティの暮らしを改善するサービスも打ち出していく計画です。

▼メディア掲載
・日経BP ITpro (2017年5月25日)
「先進技術の引き算」が照らす、アフリカの未電化地域
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/030200062/052300009/?rt=nocnt

・日経BP Digital Transformation (前後編)
アフリカの無電化地域に電気を届ける「WASSHA」ビジネスで新風!~デジタルグリッドの挑戦(2017年5月9日)
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/DTrans/ecs/042600074/

モバイルマネーが無電化地域を救う! WASSHAビジネスの核心~デジタルグリッドの挑戦(2017年5月11日)
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/DTrans/ecs/042700075/

・The Bridge (2016年6月10日)
(日本語版)日本からアフリカへ、無電化地域の人々にモバイルを活用したキオスク店舗網で電力を届ける「WASSHA」
http://thebridge.jp/2016/06/digital-grid-offers-wassha-in-africa

(英語版)How Japanese energy startup Wassha delivers prepaid solar power to rural Africa
http://thebridge.jp/en/2016/06/digital-grid-offers-wassha-in-africa

なぜやるのか

▼アフリカの農村で、最先端のライフスタイルを実現する
Wiredの記事にあった一節に、僕たちが目指す世界の一端が書かれています。

"こんな世界を想像してほしい。アフリカの最貧国で育った若者。近くには学校もなければ、紙の教科書などを買うお金もない。ただ唯一あるのは、安価だがしかし高性能のスマートフォンと、高速の4Gコネクション。その若者は、オンライン学習プラットフォームを通じて、アフリカにいながらにして世界最高水準の教育を受けることができる。そして数多くの大学の学位を引っさげて世界中の競争を勝ち残り、オンラインの高給の仕事を手に入れる。こんな世界はもうすぐそこまできているのだ。"
(出所)"大規模オンライン講義「MOOC」は、世界中の若者に就職のチャンスをつくれるか"
http://wired.jp/2013/08/22/online-accreditation-of-mooc/

教育だけではありません。

病気になったら遠隔医療サービスを受け、医薬品や必要な物資はドローンが運んできて、つくった農作物は冷凍保存され価格が高い時期に需給調整して収益を上げ、人々は大渋滞の都市部に出て行かなくてもオンラインで仕事を見つけることができる、

最先端のテクノロジーを、途上国向けにカスタマイズして導入することで、今まで「最も発展が遅れている大陸」と思われてきたアフリカで、最も最先端のライフスタイルを実現する、そんな未来を実現すべく、サービス開発を進めています。

どうやっているのか

  • 2c8d22f1 6d29 48fc 84e5 89b1ad85672f 未電化地域の開拓風景
  • 1245d393 152d 4249 b395 ac41dd242d8a タンザニアのチームメンバーたち

▼現地メンバーと連携してサービスを展開
2017年6月1日現在、日本人10名(うちタンザニア駐在4名)、タンザニア人約80名、セネガル人1名で事業を実施しています。

タンザニアでは、現地メンバーと一緒に電気が整備されていない農村地域を実際に訪問し、連携してくれるキオスクを開拓しています。その後、WASSHAのサービスに必要な機器を導入、その後は遠隔でビジネスの状況を管理し、必要に応じて現地訪問・電話連絡しながらフォローしています。

▼運営資金
これまで東京大学エッジキャピタル・日本政策投資銀行・JICA(国際協力機構)などから合計で約12億円の出資を受けています。
2016年10月に実施したJICA(国際協力機構)から資金調達はJICAとしては、初のアフリカ案件、初のスタートアップ投資です。

・The Bridge (2016年10月20日)
アフリカの無電化地域に電力を届ける「WASSHA」、JICA(国際協力機構)から3億円を資金調達
http://thebridge.jp/2016/10/wassha-fundraises-3-million-from-jica

こんなことやります

本募集は東京本社勤務のお仕事です。
少ない人数で色々やっているため、下記「業務内容」のあれこれをマルチにこなせる方を募集したいと思っています。以下すべての経験がなくとも、「あれこれやるぞ!」というやる気があって、入社してからも勉強してキャッチアップする覚悟がある方が来てくれたら嬉しいです!

【勤務地】
東京オフィス

【業務内容】
・日本企業との連携プロジェクトの企画・営業・推進
(日本企業との連携案を企画・営業し、プロジェクト開始後の推進まで担っていただく想定です。)
・日本における広報活動の統括
(メディア対応や、講演・プレゼン依頼の対応など。ありがたいことに最近増えてきています。)
・タンザニア支店の財務・経理の遠隔モニタリング
(必要に応じて現地出張もあります。)

【求めるご経験/スキル/知識】
・日本企業への営業経験
・プロジェクトの立案、外部パートナー等への提案・交渉から実施管理までのご経験
・会計の基礎知識(簿記2級レベル)
・英語(アフリカの現地スタッフとのコミュニケーションに支障がないレベル)

【求める人材像】
・アフリカでの仕事に情熱をもって取り組める人
・人と話すのが好きな人
・誰に対しても自分の意見をはっきり言える人
・大勢の前で話しても物怖じしない人
・危機的な状況でも、できない理由や課題を挙げるだけでなく、どうやったら状況を打開できるか次のアクションを冷静に考えられる人

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 事業開発・経営管理・IR
採用形態 中途採用
募集の特徴 海外に出張あり / Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 秋田 智司・阿部 力也
設立年月 2013年11月
社員数 100 人
関連業界 金融・保険 / 情報通信(Web/モバイル) / インフラ・エネルギー

応援している人(24)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(24)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都台東区東上野3丁目15-12 上野野本ビル3階

Page top icon