1
/
5
就活に不安を抱えている23卒
新卒
on 2021/11/26 161 views

就活始めたはいいけど、これで良いのか?不安な方向けのお悩み解消会を開催!

株式会社アイエスエイプラン

株式会社アイエスエイプランのメンバー もっと見る

  • 新卒で入社したIT会社で、ITに関する全てのフェーズを経験しました。幾つかプロジェクトを経験すると、IT業界のダメだと思っていたところが確信に変わりました。

    「人を大切にしない」という点と、「ITの価値をIT業界の人が軽んじている」というところです。

    そこから人に関する勉強、リーダーシップや組織論を勉強しはじめました。半ば強引かと思えるタイミングで経営大学院に入学し、その後カウンセリングやファシリテーションの勉強もしてきました。

    2006年、現役員の秋谷を誘い株式会社アイエスエイプランを設立しました。
    今年で12年目になるのですが、この間増収は一度も崩したことがありません。

    「戦...

  • 大学では日本語学を学んだ後、<言語は文法>の定義をもとにコンピュータ言語の世界へ。
    大手通信系キャリアの大規模基幹システムの開発を行った後、
    ITドメインで総合的に自分を発揮するために株式会社アイエスエイプランに入社。

    当初はプロジェクトリーダとしてアカウント担当を行っていたが、
    2017年から人材開発の責任者を担当。

    2016年4月から現職
    群馬県出身 趣味はゴロ寝と餅つき

  • 長野県出身 25歳。
    大学時代は広告制作について学び、自分の興味のあることについて広告デザインを行う。

    2018年4月 株式会社アイエスエイプランに入社し、
    通信建設会社向け開発プロジェクトに参画。2019年4月から採用担当として働いている。

    趣味はラジオを聴くこと。深夜ラジオが好きで、特にオードリーのANNをよく聴く。

  • 神奈川県出身 24歳。
    大学時代は代数について学ぶ。

    2019年4月 株式会社アイエスエイプランに入社し、
    ・新卒研修
    ・内定者勉強会
    ・プログラミングスクール
    の運営を行う。

    趣味は楽しい事をすること。
    今やりたいことは、家中にピタゴラスイッチを設置すること。

なにをやっているのか

  • アイエスエイプランは、トップダウンではなく「ボトムアップ」の組織です。コミッティ(委員会)など独自な仕組みによって、入社年次に関わらず会社運営に携わることも出来ます。また、自らの上司やリーダーを選挙で選ぶFL選挙も導入するなど、社員の自主性を大切にする風土が根付いています。
  • アイエスエイプランでは、女性の働くを応援しています。結婚、出産を経て、復帰後にキャリアや待遇が落ちない様に、しっかり個人でも考えていただき、会社としてもサポートしていく様々な仕組みを用意しています。

-------------------------------------------------------------------------------------------
アイエスエイプランは、クライアントを“考える”仕事をします。
-------------------------------------------------------------------------------------------
私たちの“考える”とは、クライアントのビジネスの「本質的な課題は何であるのか」複数の仮説を立てる。さらに「その課題はどうすれば解決できるのか」複数の仮説を立てる。そのなかから、クライアントのありたい姿を実現する方法を、導き出すということです。そのため、ITシステムの開発を依頼されたとき、私たちは「どのようにつくるか」より、まず「クライアントの事業や組織」、「ITシステムが必要となった背景」を突き詰めます。そして、私たちは“考える”。
「このプロジェクトで解決したいことは何か」はもちろん、
「その解決したいことを、本当にこのITシステムで実現できるのか」を“考える”。「効率化により、削減された人手が他のフィールドで活躍すること」までを“考える”。結果、その時点でのプロジェクトの方針が、本質的な課題の解決にならないのであれば、クライアントと方針自体を再構築します。
私たちは、この“考える”を繰り返すことで、クライアントの想いをすぐにイメージでき、未来を一緒に感じられる、「クライアントとの距離ゼロの関係」を実現します。

なぜやるのか

  • 採用時には必ず面接をしています。それは応募者がアイエスエイプランに入社して社員のみんなと入社した方が幸せになるか?と言うことを考える必要があるからです。しかし、将来的にはアイエスエイプランに入社したい!と思ってくれた方全員に入社してもらえるような組織にしたいと考えています。実現するためには、もっともっと多様性を受け入れられるようになる必要があり、今はそれを社員一丸となって実現しようとしています。
  • 多様性を大切にするアイエスエイプランでは、名刺の色も自由に選べるようになっています。あなたは何色を選びますか?

「IT業界は5K」と言う人がいます。「目の前の設計書を、プログラミングすればいい」というスタンスの人にとっては、そうかもしれません。でも、「クライアントの課題を解決する」というスタンスであれば、5Kになる前に、自然に必要な環境を整備するように動く。結果、仕事はとてもクリエイティブなものになるし、やりきった結果は自身の価値を十分に味わえるものになります。だから私たちは、以下の5つを大切にしています。「みんなで決める」、「コンテクストを感じ取る」「リーダシップの創造」、「学び続ける」、「思いの現実化」そして、「収入と仕事を自分でつくれる力」、「親友・恋人・子ども、大切な人に誇れるカッコイイ仕事」を、みんなで手に入れたいと考えています。

どうやっているのか

  • 社員旅行の一幕!写真は伊勢志摩にいきました。牡蠣食べ放題を楽しむ様子です!
  • 5月のBBQの様子!今年は都立潮風公園バーベキュー広場行いました!BBQには家族も参加OKで、お子さんを連れて来る方や恋人を連れて来る方も!写真はビア缶チキンの作成風景。味はもちろん絶品です★

アイエスエイプランでは経営層が何でも決めるのではなく、「みんなで決める」ことによって、社員一人ひとりの「やりたい」を叶えることを大切にしています。だからこそ、自分の上司は選挙で自分で決められる「FL選挙」を導入。社員を決して一人にしないために、選挙で選ばれたリーダーが隔週で全メンバーと面談を行ない、目指したい姿に向けてバックアップをする「1on1」という制度も、子育てママをサポートする時短勤務制度も、社員の声から生まれました。その一部を下記でご紹介します。

◇1 on 1
すべてのメンバーが必ず1名のリーダーを選ぶ制度。仕事のことはもちろん、時にプライベートの相談もできる、フランクな関係を築いています。

◇FL選挙
毎年組織をつくる「FL(ファシリテーション・リーダー)」を社員全員による選挙で決定。組織や採用コンセプトの決定、メンバーへのコーチングを行ない、組織のために社員がすべきことを明確にしていきます。

◇9 blocks
「どれだけ広い視野で組織と関われているか」を図るFL軸、「SEとして数字やチームをどれだけ意識できているか」を図るPL軸で構成された評価ブロックを9つにブロック分け。
自分の現在地を可視化し、次にすべきことを明確にする仕組みです。

こんなことやります

「インターンシップや早期選考に参加中!」
「まだここで働きたい!には出会っていない...」
「そもそも就活始めたけれど、このまま進めていって大丈夫なのか...?」

こんな気持ちを抱いている23卒の方はいらっしゃいませんか?
今回は、そんな方のために就活不安解消会を開きます!

【コンテンツは?】
就活の各フェーズにおけるコツやポイントをお伝えします!
企業人事目線でお話しますので、どこに行っても使えるポイントばかり!
 1.就活を知る:会社ってなぜ存在しているの?
 2.業界を知る:世の中にはどんな業界があるの?
 3.企業を知る:企業を探すときのコツって何?
 4.自分を知る:フレームワークを使って自己分析してみよう!
 5.企業と自分をマッチングする:どんな情報からマッチングすべき?
 6.面接を攻略する:絶対やるべき!○○とは?

みなさんの不安な気持ちが少しでも晴れるよう、私たちもお手伝いします!
少しでも気になってくださった方は、「話を聞きに行きたい」ボタンからお待ちしております!

会社の注目のストーリー

どうしたら会社にマッチする人が集まるの!? ー採用振り返り「マーケティング編」ー

【説明会をちょい見せ】入社前~入社後までずっと学び続けられる環境とは!?

あなたがアイエスエイプランを選んだ理由は?内定者インタビュー①

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
6人が応援しています
会社情報
株式会社アイエスエイプランの会社情報
株式会社アイエスエイプラン
  • 2006/06 に設立
  • 110人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都中央区晴海1-8-12 トリトンスクエアZ 30F
  • 株式会社アイエスエイプランの会社情報
    株式会社アイエスエイプラン から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?