1
/
5
不動産営業
中途
1
エントリー
on 2021/12/01 66 views

不動産営業経験者の方!スキルを活かしお客様の困ったを解決しませんか?

アペックスホームズ株式会社

アペックスホームズ株式会社のメンバー もっと見る

  • わくわく五カ年計画を11/1にキックオフしたばかり。これから続々新店舗オープン計画がスタート。新時代には若いあなたの能力とセンスが必要なのです。出会いで人生は良くも悪くも変わります。ぜひウチの自慢の正しく楽しい仲間と一緒に成長しましょう。

  • 相沢 陽子
    不動産事業部 買取仕入れ担当

  • 新卒でアペックスホームズ株式会社に入社。穏やかで意外と器用なところがとりえ?
    臆せずなんでもとりあえずやってみるのがモットーです。

なにをやっているのか

  • アペックスホームズ株式会社が管理・運営しているアペックスストレージ
  • 埼玉、東京、千葉に展開中!

【お客様と感動!元気!笑顔を共有するために】

アペックスグループは、3つの事業部から構成されます。

1つ目は貸会議室事業部で、銀座で会議室開設から管理までを行っている部門です。
現在新店舗の開発事業も進めており、銀座という土地にありながらもまるで町の定食屋のように愛される、そんな会議室を目指しています。

そしてもう一つは、ストレジ事業部です。
「レンタル収納BOX」もしくは「レンタルトランクルーム」はご存じでしょうか。
弊社の根幹であり、荷物の保管場所でお困りのお客様に収納スペースを貸出すサービスを行っています。

このストレジの用地を確保するため、“不動産のプロ”として活躍するのが不動産事業部です。
コツコツと堅実に取り組み、良い現場を作り上げています。

埼玉県や東京都足立区を中心に現在35現場、全1337室を管理し、
長年多くのお客様にご愛顧いただいております。

なぜやるのか

私たちには「お客様の“困った”に寄り添い、感動!元気!笑顔を共有する」という共通の理念があります。
良い志事をする為にお客様や仲介業者様と如何にwin-winの関係でいられるかが重要です。

私たちが有するトランクルームは、建築関係の方の資材/工具をはじめ、オーナー様の大切なバイク、引っ越しをするに当たり家財道具など、様々な目的によりお使いいただいています。
このコロナ禍では、家にいる時間が増えたがスペースがなくモノを置いておける場所を、ということでご利用される方もいらっしゃいます。

時代の流れとともに個人の生活スタイルも変化し、世間のニーズの幅はどんどん広がっています。
いかに生活とその空間をシンプルにし、お客様の生活をより豊かにできるか。
生活空間に対するお困りごとを、「レンタル収納ストレージ」で解決するのが私たちの役割です。

どうやっているのか

決められたノルマの為に働くのも良いですが、会社、そして何より自分を成長させるために志事をしませんか?

私たちは少数精鋭で、和やかな雰囲気の中で声を掛け合う風土があります。
社内でのコミュニケーションを大切にしており、社員旅行では京都や過去にはグアムに行ったことも。
堅苦しく息の詰まる環境では良い働きはできませんよね。

1人1人が大事な会社の戦力として、行動力と誠実さをもって何事にもトライしましょう!
「失敗は成功のマザー」が代表 増田の口癖です。
次はこれに挑戦してみよう、今度はもっとレベルアップしよう、と自然と思えるのが弊社の特徴かもしれません。

こんなことやります

ストレジ用の物件獲得のための営業活動をお願いします。
不動産のプロとして、仲介会社や銀行のプロとマッチングする為に、条件交渉していくのかが一番大事な仕事です。
会社を支えるまさに縁の下の力持ち。そして花形でもあります。

自分の力で獲得した、最初は何もなかった物件にトランクルームが置かれ、人気現場につき契約申し込みが殺到!そしてお客様から「ここは立地も良くて綺麗で、すごく便利なんだよね」という声を聞く。
こんなことをやりがいにできる方を募集しています。

あなたのこれまでの経験を自分やチームの成長の為、お客様の笑顔の為に活かしませんか。
真面目にコツコツと、楽しみながら挑戦し続けてくださる方を募集しています。
ぜひお気軽に、ご相談をお待ちしております!

会社の注目のストーリー

【レポ】アツい涙の経営計画発表会…【その1】

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
アペックスホームズ株式会社の会社情報
アペックスホームズ株式会社
  • 2000/10 に設立
  • 東京都中央区銀座5丁目14-6 橋ビルⅡ 2階総合受付
  • アペックスホームズ株式会社の会社情報
    アペックスホームズ株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?