1
/
5
フロントエンジニア
中途
6
エントリー
on 2021/12/06 573 views

研究開発のあり方を変える仕組みをつくるフロントエンジニア募集!

株式会社Co-LABO MAKER

株式会社Co-LABO MAKERのメンバー もっと見る

  • Co-LABO MAKER代表取締役 / 東北大学工学研究科博士課程/東北大学客員准教授。
    2011年に東北大学工学研究科修了。修士2年間で主著論文8本執筆。昭和電工株式会社にて、パワー半導体(SiC)の研究開発・事業立上げに従事。2017年4月にCo-LABO MAKERを起業し、新たな研究開発エコシステムを形成すべく、研究設備・ラボのシェアリングサービスを展開。
    2020年東北大学客員准教授(総長プロボスト室)に就任し、東北大学のリソース活用支援に従事。
    コロナによる社会の変化を受け、これまで得たアセットを活用した研究開発支援も開始。
    元々行っていた研究設備・ラボのシェアリングに、研...

  • 本州最東端のまち・岩手県宮古市在住.
    株式会社Nard 代表取締役,株式会社Co-LABO Maker リードエンジニア.
    本州で私の右に出るエンジニアはいません(地図上で).

    社会課題の最先端で,ITを使って社会課題に挑戦し続けています.
    関心分野:交通,建築,土木,災害,気象
    理系もいける文系.プログラミング言語マニア.競技プログラミング見習い.
    Ruby の gem へのコミット多数.

なにをやっているのか

  • 実験設備を活かしたい人と、やりたい実験がある人が巡り合う場とサポートを提供しています
  • 利用者・提供者双方の研究開発のハードルを大幅に下げます

【 Co-LABO MAKERとは? 】
「Co-LABO MAKER」は、実施したい実験を依頼したり、必要な研究設備やラボを気軽に見つけて使用したりできる研究開発リソースのシェアリングプラットフォームです。
http://co-labo-maker.com/

ユーザーには大きく「利用者」と「提供者」がいます。「利用者」は、利用可能な実験設備やラボを利用したり、技術と設備を持つ方に実験を依頼することで、速く安く実験ができ、研究を加速することができます。「提供者」は、強みの技術や遊休設備等、活かしきれていない研究開発リソースを使って、簡単に資金や機会を得ることができます。
例えば、本来であれば新たなラボの立ち上げに4000万円&半年が必要な場合でも、数十万円/月で立ち上がったラボを即利用できた、というようなケースが多数あります。

更に、これまで積み重ねてきた研究設備・ラボ・研究者・企業のネットワークを用い、総合的に研究開発からの事業開発をサポートする研究開発支援サービスもスタートしています。

加えて、大学の研究開発リソースを活用する取り組みも進めております。

【 メディア掲載 】
多数。以下FBページ参照
https://www.facebook.com/colabomaker/

【 受賞 】
・第2回MVPアワード:最優秀賞
・BRAVEアクセラレーションプログラム:TECH LAB PAAK賞
・Incubate Camp 10th ベストグロース賞2位タイ
・Sendai for Startups!ビジネスコンテスト2018 社会起業家賞
・TOHOKU ACCELERATOR 2017 共感賞、ドイツアクセラレータ賞
・未来2018 シェアリングエコノミー賞、その他部門最優秀賞
・異能vation ジェネレーションアワード「何か・どこか・誰かとつながる」分野賞
・ EO North Japan Quantumleape Lightning talk battle 2020 大賞

【 採択事業 】
・経済産業省 Startup Factory(スタートアップファクトリー)構築事業
・つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業

なぜやるのか

  • 実験機器は高額であるため、通常の研究費でやりたい実験を行うことは極めて困難です
  • 研究リソースが組織を超えて循環し、プロジェクトが頻発するエコシステムを構築します

【 ビジョン 】
研究開発の民主化
 ~ R&D ecosystem of the scientists, by the scientists, for the scientists ~
研究開発に関わる人々がよりエンパワーされ、自由になる、新しい研究開発エコシステムを創造する。

【 ミッション 】
研究開発リソースが滑らかに循環する仕組みを、科学し、発明し、日常にする
~Co-Create New R&D Ecosystem~
研究開発に関わる人々がより活かされ、充実する、研究開発リソースが最大限活かされる仕組みを研究者とともに創る。その結果、科学技術の発展とその社会実装が加速し、より多くの人々が幸せに暮らせる社会を実現する。

【 創業ストーリー 】
代表の古谷は、大学時代に2つの研究室を経験後、総合化学メーカーで半導体関連の研究開発をしていました。本事業に集中していますが、現在も大学と大学発のリアルテックベンチャーに籍があります。

その中で、多くの機器や技術、そして研究者が活かされずに可能性を持て余しているという、大変もったいない状況を多数目にしてきました。「余っているのに使えない。やりたい実験ができない。そんな不合理な状態を解消するにはどうすればいいか?」こんな問いがCo-LABO MAKERの原点です。

日本では、研究からの事業化も、研究そのものも、大変危機的な状況にあります。どうにかしてこの状況を変えたい、そうした想いが強くなり、研究の世界を飛び出しました。

活用できる機器や技術を可視化し、提供できる仕組みを整えることで、チャレンジのハードルを大幅に下げられます。また、これまでつながらなかった人・技術同士がつながり、化学反応を起こして、多くの新結合=イノベーションが生まれます。実験設備のシェアリングサービスを起点に、研究開発の課題を解決するサービスを展開していくことで、研究開発のあり方そのものを更新していきます。

私たちはCo-LABO MAKERを通して、誰もがやりたい実験や挑戦ができる社会を実現します。

どうやっているのか

  • 拠点となる仙台オフィスには弊社CEOはじめ仙台在住のメンバーが集まります。
  • フルリモートでの勤務が可能です。日本全国・海外各地のメンバーがフレックスタイム制のもと新しい働き方を実践しています。

現在は、仙台のスタートアップが集うenspaceというコワーキングスペース内に構えたオフィスを主な拠点としつつも、海外も含めフルリモートで仕事をしています。
https://www.enspace.work/

フルコミットメンバーは主に仙台で活動しています。拠点間でも、slackやzoom等でコミュニケーションをとりながら事業構築を進めており、海外にいるメンバーもいます。
以前はspatial chat、現在はoViceなどのバーチャルオフィスもフル活用しながら、一体感を持って進めています。

皆Co-LABO MAKERのビジョン・ミッションに共感してジョインしているため、研究業界をどうすればもっとよくしていけるか、真剣に考え、行動しています。

2018年3月に実験機器のシェアリングサービスとしてβ版をリリースしました。サービスを回しながら様々な実験を行い、七転八倒しつつも事業としてうまく回るポイントをみつけ、現在は急速に成長しています。
新たな研究開発のかたちを実証するところから、その素晴らしい体験をいかに速く広く普及させていくか、という段階に来ています。
東北大学の特任准教授(客員)として研究開発リソース活用を進めたり、今まで獲得してきた研究開発リソースを活用した研究開発支援サービスも開始したりと、活動の幅も広がっています。
組織も事業も広がり続ける、非常に面白い時期にいます。

こんなことやります

Web サービス開発を一緒に進めていただけるフロントエンジニアを募集します!
開発は Ruby on Rails で行っており、弊社のプロダクトデザイナーやリードエンジニアと一緒に開発を進めるチームに加わっていただける方を探しています。

これまで、これまでになかった新たな事業を立ち上げるため、事業開発を進めながら、そのために必要な Web サービス開発を業務委託・副業メンバーを中心に進めてきました。
事業開発が進み、ついに本格的な Web サービス開発を進めたりSaaSの立ち上げに注力していく状態になったため、エンジニアリングチームを拡大します。

どんな画面や機能を実装したらユーザに響くプロダクトになるか?を考えるところから、それを実装、リリースしてユーザの反応を見るところまで
一気通貫で経験していただけるので、「何を作るか納得感をもって開発したい」「アジャイルに開発してちゃんと役立つものを作りたい」という
思いを持っているエンジニアの方にはとても良い機会になると考えています。

また、会社としてもまさに急成長/急拡大しているフェーズなので、組織内の開発プロセスやソースコードのフレームワークなどの仕組みづくりにも携わっていただけます。
スキルとマッチするようでしたら、バックエンド開発やデータ分析といった領域もたくさんやりたいことがあるので、お手伝いいただけると嬉しいです。

フルリモートでの参加や、仙台・東京(近々設立予定)の拠点を活用していただくなど、柔軟に働き方を選んでいただけます。
既にさまざまな働き方のメンバーが参加していますが、SlackやAsanaなどを活用してご活躍いただいています!
Ovice等のバーチャルオフィスも最近常用しており、フルリモートでも共に働く実感を得ながら仕事ができます!

今のITエンジニアのように、組織や場所や過去の経歴にとらわれず、好奇心と学習意欲さえあれば研究開発ができるような、そんな新たな研究エコシステムを是非一緒に作りましょう!
大げさな話ではなく、世界が変わると思っています!

【 業務内容 】
- Co-LABO MAKER(Web システム、SaaS)の開発全般(新規機能設計/開発、機能改善)

【 必須スキル 】
- Ruby on Railsを使用した Web アプリケーション開発
※ 実務経験がない場合は,他言語の同様のフレームワークの実務経験および個人での学習履歴
- GitHub(またはGitlab)を使ったチームでの開発経験
- RSpec またはそれに類似する他言語の同様のテストツールの使用経験(TDD, BDD の開発経験)

【 歓迎スキル 】
- Web アプリケーションの要件定義と仕様設計
- Ruby on Rails を用いた Webシステム開発
- ReactやVue等のフレームワークを用いたWebシステム開発
- List や単体テストの実装・運用
- Google Analytics などの分析ツールを用いたユーザ体験向上の設計
- Platform サービスの設計・開発
- Docker/AWS Fargate/AWS ECS を用いたインフラ構築
- CI/CD 構築
- 業務データ分析を活用した新しいユーザ体験の設計
- データ分析基盤の構築
- アジャイルな開発手法の経験

【 こんな人を求めています! 】
- 顧客のためになる良いサービス、良い会社を築くことに拘れる人
- ビジネスにも関心がありつつ、モノづくり精神・探求精神を内に秘めている人
- 環境や文化も構築していける人
- いいプロダクトを作るために積極的にコミュニケーションを取り、行動できる人
- 新しい技術や価値観に関心を持ち柔軟に取り入れることができる人
- ビジネスにも関心がありつつ根は研究者な人
- バリバリ理系出身な人
- OSS へのコントリビュート経験、勉強会・カンファレンス等のイベントへの参加・登壇経験がある人

【 開発環境 】
- Ruby on Rails
- HTML5 / CSS3 / Sass / JavaScript
- RSpec
- Git / GitHub
- Docker
- CircleCI / CodeClimate / DataDog / Sentry
- AWS

【 働きやすい環境 】
- フルリモート
- オンラインだけど密に交流

気楽にご連絡ください!
一緒に新しい研究開発のかたちを創造しましょう!

会社の注目のストーリー

【プレスリリース】Co-LABO MAKER、研究開発ニーズ・シーズマッチング機能ローンチに向け、ニーズ登録の募集を開始

日経産業新聞一面掲載!:仙台に半導体再興の芽 東北大学発スタートアップが成長

【メンバーnoteまとめ】Co-LABO MAKERでの日々

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社Co-LABO MAKERの会社情報
株式会社Co-LABO MAKER
  • 2017/04 に設立
  • 15人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9 enspace
  • 株式会社Co-LABO MAKERの会社情報
    株式会社Co-LABO MAKER から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?