1
/
5
ベンチャーキャピタリスト
中途
8
エントリー
on 2021/12/06 385 views

ドローン前提社会を創る!ベンチャーキャピタリスト アソシエイト募集!

DRONE FUND株式会社

DRONE FUND株式会社のメンバー もっと見る

  • 投資家として、Catch the Star なスタートアップをたくさん生み出す人生のチャレンジをしていきたいです。

  • 2002年に株式会社クリエイティブホープを創業し、戦略面を重視したWebコンサルティングを展開。Web戦略の立案・ブランディングから、アクセス解析に基づく科学的サイト分析、Webサイトの設計・構築・運用に至るワンストップサービスを立ち上げ、自らもWebコンサルタントとして数々のナショナルブランドや国際的な企業・団体の大規模Webサイトを成功に導く。2009年4月には、アクセス解析の協議会「アナリティクスアソシエイション(旧:アクセス解析イニシアチブ)」の立ち上げに参画し、副代表に就任する。2014年末より個人的なドローンの活動を開始。2016年3月26日に、ドローンムービーコンテスト20...

  • 1989年1月生まれ
    石川県小松市出身
    趣味はフットサル

    経歴
    大学在学中に公認会計士試験2次試験に合格し、準大手監査法人にて監査業務に従事。
    監査法人に4年間在籍し、上場会社を含む数社のインチャージ(現場リーダー)を経験。2015年8月に監査法人を退職し、フリーランスとしてスタートアップ複数社の管理業務を経験。
    PrivateBANKにてスタートアップの資金調達支援業務、エンジェル投資家の投資サポート業務を経験後、エンジェル投資家のVCの立ち上げに参画し、現在はVCのパートナーも務める。

  • 大学では機械工学を学び、特に金属材料の特性改善などの研究をしておりました。
    大学院へと進み、チェコの研究所と共同研究や留学、研究分野と関連がある
    大手重工会社でインターンをさせて頂きました。

    大学卒業後は住友電気工業に就職し、主に生産工程の改善や新規製品の生産技術開発などに従事してきました。特に、中国や青森などに派遣され、数カ月のPJのプロマネ業務などを担当しました。

    その後、ドイツを親会社に持つコンチネンタル・オートモーティブに転職し、
    品質保証業務などに従事しておりました。

    実家が自営業だったこともあり、漠然と経営や企業に対して憧れをもっておりましたので、上記のエンジニア時代か...

なにをやっているのか

■ドローン・エアモビリティ前提社会の実現
DRONE FUNDは、ドローン・エアモビリティ領域に特化したVCです。
ドローン・エアモビリティ前提社会を目指し、産業に特化することにより高い専門性を発揮し、出資先、投資家へ貢献しています。

これまで1号ファンド、2号ファンドを通じて50社以上のベンチャー企業へ投資を行って参りました。
1号ファンドではドローンの機体開発を行うメーカーやドローンを活用したサービスを提供するスタートアップへの投資、2号ファンドでは空飛ぶクルマであるエアモビリティに領域を広げ、投資を実行。

■2020年5月には3号ファンドを組成。
ドローン・エアモビリティが飛び交い、活用される社会の実現に向けては社会全体が高度にDX化される必要があると私たちは考えています。

たとえば、飛び交うドローンの飛行経路を通信インフラ。
街中だけでなく、広大な海上でもドローンをコントロールできる海上のDX化。
エアモビリティの活用に向けた離発着ポート。
災害など非常時にタイムリーにドローン配送サービスを提供するための気象予測技術。

次世代の空の活用に向けてはまだまだ新しい技術、ビジネス開発への投資が不可欠です。
3号ファンドでは、これまでの投資領域に加えて、このようなドローン・エアモビリティの社会実装に向けて必要不可欠な周辺技術を持つスタートアップに対しての投資を加速に取り組んでいます。

私たちはこのスタートアップへの投資及び投資先への支援活動が、人々の日常や、社会に革新を起こすことにつながると考えています。

■大手企業や官公庁との連携などスタートアップ投資にとどまらない取り組みを実施
私たちは、ドローン・エアモビリティ産業という新しい産業を産みだすプロセスにおいて、ビジネスを育てていくという役割も非常に重要と捉えており、ビジネスを立ち上げ、育てていくという取り組みはファンド運営の中核となっています。

ドローン・エアモビリティの社会インフラ化には多くの大手企業も注目しており、また私たちも豊富なノウハウを持つ既存の産業のプレイヤーに、是非この新しい産業に参画していただきたいと考えています。

例えば、大手物流会社、大手交通インフラ企業、大手通信キャリア事業会社など、彼らの持つ交通網・通信網といった資産を最大限活用できるよう、スタートアップとの連携、事業推進の支援をしています。事業会社との連携、ビジネスディベロップメントの取り組みは、産業の成長を加速するための重要なファクターです。

また、法整備も重要な側面のひとつです。
ドローン・エアモビリティ前提社会への実現に向けては、主に立法者、規制当局はもちろん、地域に暮らす皆様が、ドローン・エアモビリティが飛び交う日常を受け入れられるか、といった課題もございます。

DRONE FUNDは、ドローンの公共政策、法律立案、規制策定に積極的に関与。
ドローンが提供できる潜在的な価値について議論をすすめることは、より良い産業への理解、より良いドローン法整備の環境を整え、より良い未来をもたらす事を意味します。
また、私達はシンポジウムやイベント等を通して、ドローン・エアモビリティが解決できる社会課題について議論する場を作っています。これらの取り組みを通してドローン・エアモビリティのポテンシャルをよりよく理解することで、ドローン・エアモビリティ市場の適切な法整備へとつながって行きます。

なぜやるのか

■ビジョン「ドローン・エアモビリティ前提社会を創る」
■ミッション「まだ見ぬ幸せな未来を創造し、テクノロジーで世界の課題を解決する」

私達はドローン・エアモビリティやドローン・エアモビリティに関連する技術が人々にとって欠かせなくなる未来が到来すと信じています。

ードローン配送によって、地方での暮らしが変わる
ー危険な場所のインフラ点検業務を、AI・ロボットと分担し、安全に行える
ー非常時に道路が分断されてもエアモビリティですぐに安全な場所へ移動できる
ー深海など、これまで見えなかったものが水中ドローンによって可視化され新しい資源活用が生まれる

そんな社会の実現を目指して、スタートアップの投資をはじめ、多くの取り組みを行っております。

現在、ドローンテクノロジーはテスト段階から商用利用段階に移行しています。
法整備は「目視ができる範囲での無人エリアの飛行」から「目視外での有人エリア飛行、かつ自律的飛行」の実現に向かっています。
エアモビリティに関しても、2025年の大阪・関西万博での飛行向けて期待が高まっています。

DRONEFUNDはこれらの取り組みをリードする存在として事業を推進しております。
ドローン・エアモビリティ産業は、既存の自動車産業・航空産業・IT産業のすべてのノウハウを組み合わせた間口の広い産業になりうると考えており、裾野の広い新しい産業をつくる、という意思で事業を行っております。

どうやっているのか

■バリュー(5-Be)
Be of DRONE Mind.
常に高い視座で物事を捉える

Be a Learner
全ての事は学び

Be Humble
常に相手を思いやる気持ちを

Be Strong and Swift
常に力強くスピード感を意識する

Be a Team
背中を預け合う

DRONEFUNDでは経営者の成長が会社の成長に直結すると考えています。
成長を支援する中で、投資先と対峙する場面では常に謙虚さを大切にする姿勢、ファンドとしての立場でだからこそできる高い視座を大切にしています。
そして、ファンドとしての幅広い取り組みの中ですべてから学びインプットしていくこと、学んだことを次の業務へ活かしアウトプットしていくことで、メンバー自身の成長スピード、そして関係者への提供価値の最大化を目指しています。

また、チームとしては、一人ひとりのメンバーが自律的に業務を行いながらもお互いの強みを活かし、助け合うことでチームとしての価値を提供していける体制を構築。

自分の業務に責任を持ち、事業会社や投資先など社外の関係者へ価値を提供していれば、働き方や仕事の進め方、業務上での裁量は非常に高いです。
その中でも公共政策、財務、事業開発など様々なバックグラウンドを持つメンバーがそれぞれの視点からフラットに議論を行い、連携を行うことでDRONEFUNDとしての可能性を広げています。

こんなことやります

当社のアソシエイトとしてご入社いただき、ベンチャーキャピタリストを目指していただきます。
新規投資先のソーシング~投資実行、既存の投資先のビジネスディベロップメントや財務などあらゆる面での経営支援、LP投資家さまとの関係構築などを通じて、経営に関わる幅広い知見を磨いていただける環境です。

また、ドローンに特化しているVCであるDRONEFUNDならではの取り組みとして、ドローン産業全体に影響を与える取り組みや、ドローンの社会実装に向けた提言、投資先同士の協働をサポートするなど、コミュニティを形成しており、出資を通した支援に留まらない幅広い取り組みが可能です。

投資先はドローン本体の開発のみではなく、ハード・ソフト、基礎技術やドローン関連サービス運営会社など多岐にわたります。
物流や災害対策、公共インフラを支えるサービスなど、社会的意義や社会貢献性も高いことが特徴です。

●具体的な業務内容
具体的な業務としては以下の業務を想定しています。
・投資候補先のソーシング、DD、投資実行
・投資先へのハンズオン(各自の強みを活かしたバリューアップ)
・投資回収(IPO又はM&A)
・投資先、出資者などとののコミュニティ形成支援

【いずれか必須】
■戦略/総合コンサルでのコンサルティング経験
■証券会社/監査法人などでスタートアップIPO関連業務経験
■金融機関などで企業向けの財務分析経験
■ベンチャー企業での事業開発経験を積んでいる方
■メーカーでの経営企画/事業企画/財務などのご経験

【求める人物像】
・「ドローン・エアモビリティ前提社会を創る」DRONE FUNDのビジョンに対する共感
・キャピタリストの立場でベンチャー経営に長期的に向き合い、経営にまつわるあらゆるスキルを身に着けたいとお考えの方
・ハードウェア開発を中心とした研究開発型のベンチャー企業や保有技術にご興味をお持ちの方

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
3人が応援しています
会社情報
DRONE FUND株式会社の会社情報
DRONE FUND株式会社
  • 2014/09 に設立
  • 7人のメンバー
  • 東京都渋谷区恵比寿 3-3-6 滝澤ビル 3F
  • DRONE FUND株式会社の会社情報
    DRONE FUND株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?