350万人が利用する会社訪問アプリ

  • フルスタックエンジニア
  • 3エントリー

治療用アプリを開発するフルスタックエンジニア募集!

フルスタックエンジニア
Mid-career
3エントリー

on 2021/12/06

1,597 views

3人がエントリー中

治療用アプリを開発するフルスタックエンジニア募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Shotaro Asano

株式会社Save Medical 代表取締役社長CEO 1982年生まれ。一橋大学法学部を卒業後、2005年に株式会社リクルートに入社し、営業・企画・海外事業開発・VC子会社(サンフランシスコ駐在含む)に従事。2017年より日本医療機器開発機構(JOMDD)に事業開発ディレクターとして参画。2018年に株式会社Save Medicalを創業。 聖路加国際大学公衆衛生大学院(MPH)を修了し疫学の基礎を学ぶ。 デジタルヘルスを社会実装するための臨床課題の把握・エビデンス作りを研究テーマとしています。

Tomofusa Kawakami

㈱ドリコムに新卒として入社。エンジニアとして複数事業に従事。マネジメントとしてゲーム事業を中心に組織・技術を推進し、技術部長職を経験。その後、ヘルスケアスタートアップ企業にて開発部長に就任し、プロジェクトマネージャー、スクラムマスターを兼任しサービス、開発組織を牽引。開発経験は20年を超える。 電気通信大学卒

Iwamoto Yuki

株式会社 Save Medical のメンバー

株式会社Save Medical 代表取締役社長CEO 1982年生まれ。一橋大学法学部を卒業後、2005年に株式会社リクルートに入社し、営業・企画・海外事業開発・VC子会社(サンフランシスコ駐在含む)に従事。2017年より日本医療機器開発機構(JOMDD)に事業開発ディレクターとして参画。2018年に株式会社Save Medicalを創業。 聖路加国際大学公衆衛生大学院(MPH)を修了し疫学の基礎を学ぶ。 デジタルヘルスを社会実装するための臨床課題の把握・エビデンス作りを研究テーマとしています。

なにをやっているのか

Digital Therapeutics(DTx)を開発しています。このプロダクトはソフトウェアでありながら、医療機器として医療機関で利用される新しい分野です。 現在当社では、糖尿病・メンタルヘルスを中心に開発を複数進めています。 認知行動療法など、いわゆる非薬物療法と呼ばれる従来「時間」「手間」「専門性」を要する技法をアプリ化し、医薬品のように流通させることを目指しています。
本邦初となった糖尿病アプリ治験を実施

なにをやっているのか

本邦初となった糖尿病アプリ治験を実施

Digital Therapeutics(DTx)を開発しています。このプロダクトはソフトウェアでありながら、医療機器として医療機関で利用される新しい分野です。 現在当社では、糖尿病・メンタルヘルスを中心に開発を複数進めています。 認知行動療法など、いわゆる非薬物療法と呼ばれる従来「時間」「手間」「専門性」を要する技法をアプリ化し、医薬品のように流通させることを目指しています。

なぜやるのか

医療・ヘルスケア分野においてもソフトウェアを活用した新しい治療方法が模索されています。 我々は、テクノロジーを社会実装することで患者の健康・生活の質を守り(Save Patients)、医療者の人手不足を軽減し(Save Medical Resource)、社会全体の医療費を適正化すること(Save Healthcare Cost)に貢献したいと考えています。

どうやっているのか

新しいテクノロジーを医療の現場に根付かせるには、 ・効能効果を科学的に証明すること ・規制を真正面からクリアすること ・医療者にとって使いやすいこと ・患者にとって使いやすいこと など多くの課題をクリアしていく必要があります。 我々は、ビジネス、薬事、プロダクト、テクノロジーのプロフェッショナルが集まり、試行錯誤を重ねています。

こんなことやります

<仕事概要> Node.jsを中心としたWebフロントエンドの技術を用いて、各種ユーザ向けのWeb/Mobileアプリケーション画面開発やWeb管理画面などを設計、開発、運用を担当いただきます。 レポートラインであるCTOに加えて、CEOやCPO(Cheaf Prodct Owner)、PdMとも直接議論を交わしながらプロダクトづくりに取り組んでいただくポジションです。 ご担当いただくプロダクトは医療機器として厚生労働省の認可取得、医師による処方を目指しています。そのため高いレベルの安全性、継続性の担保が求められます。目の前のスピード感だけでなく、中長期的な目線を持って開発に取り組んでいただけるポジションです。 <募集背景> 現在、チームの開発人員構成はCTOをマネージャとし、外部パートナーを含めた2〜6名程度です。今後、中長期的に渡った研究開発〜治験〜サービスインを実現していくことができる組織を実現するために、正社員を増員していく方針です。 サーバサイド、フロントエンドといった領域を問わず開発に取り組んでいただける方を募集することにいたしました。 <具体的な業務内容> ・医療機器としての疾病患者向け治療用アプリのフロントエンド、サーバーサイド開発 ・医師、医療従事者が利用するWeb管理画面のサーバサイド、フロントエンド開発 ・CI/CD を用いたワークフローの構築・運用 ・E2Eを始めとしたテストフレームワーク整備・運用 これらの中からご経験とご興味に合わせて業務をアサインいたします。 <配属予定のプロダクトと組織> プロダクト別のチーム構成で、外部パートナーを中心として1チームあたり2〜6名が在籍しています。 CTOとWebフロントエンジニア、サーバサイドエンジニアが所属しており、平均年齢は30代半ばです。 <対外公表済みプロダクト> 2型糖尿病管理指導用モバイルアプリケーション <本ポジションの魅力> 医療者、患者を中心に医療に関わる方を対象としており、社会課題の解決に貢献できるのが魅力です。 週1の出社日以外はリモート勤務できるため、自由な働き方を実現できます。週1日は全メンバーで集まって、対面での議論や雑談を大切にしており、コミュニケーションを取りながらミッションに向かって日々奮闘しています。 <必須スキル> ・Webフロントエンド設計〜開発〜運用の実務経験 ・Webサービスのサーバーサイド設計〜開発〜運用の実務経験 ・React、Vue、AngularといったSPA開発で用いられるWebフロントエンドフレームワークの実務経験  ・目安として実務経験2年以上 <歓迎スキル> ・医療・ヘルスケア関連領域での開発経験、もしくは高い興味関心 ・React、ReactNativeを使用した開発経験 ・フレームワーク、ライブラリ、アーキテクチャなど技術選定経験 ・マネジメント経験(ペアプロ, OJT, 開発チーム, プロダクトチーム, 組織など規模は問わない。) <求める人物像> ・弊社ビジョン/事業に共感をしていただける方 ・保守性、拡張性を意識してコードを書ける方 ・目的に合わせて開発スタイルを変えられる柔軟性のある方 ・課題に対し主体的に改善策を考え、地道に実現していける方 ・チームでコミュニケーションし良いサービスを作りたい方 ・中長期的な開発をプランニングをしたい方 <開発環境> 下記、技術スタック・環境で業務を始められる方 ・サーバ:AWS Fargate, AWS Lambda, S3 ・OS:iOS, Android, Windows, Mac, iPadOS etc.,AmazonLinux ・言語:TypeScript, JavaScript, HTML5+CSS3, 一部 Objective-C, Swift, Java, Kotlin,Ruby ・フレームワーク:React, ReactNative, Firebase, Node.js(NestJS, Next.js etc.),Ruby on Rails(一部) ・Web Server:Express, puma, Nginx, AWS ALB ・DB:AWS Aurora MySQL ・CI:CircleCI / GitHub Actions + Fastlane ・バージョン管理:GitHub ・チケット/ドキュメント管理: JIRA / Confluence ・Chat:Slack ※上記技術での業務就業経験を必須とはしておりません。
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2018/05に設立

    7人のメンバー

    • Funded more than $1,000,000/

    東京都中央区日本橋本町3−3−6 ワカ末ビル2F