350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 地域おこし協力隊

離島移住で新たな生活をスタート!自然と一緒に暮らしませんか?

地域おこし協力隊
Mid-career

on 2021/12/13

100 views

0人がエントリー中

離島移住で新たな生活をスタート!自然と一緒に暮らしませんか?

Online interviews OK
Shimane
Mid-career
Shimane
Mid-career

Hitoshi Ago

合同会社島守ちぶり担当職員 知夫村は現在人口630人。2040年の人口推計は400人を割ると予想されています。 高齢化は50%に近づき、産業は衰退、生活サービスはギリギリのところまできています。地域は活力を失い、コロナ禍でさらにその状況は加速しました。人口減少は宿命でも、今いる人が幸せに暮らしていける島にしたい。 3年前そんな想いから合同会社島守ちぶりは誕生しました。 私たちが起こすアクションで、島の未来が少しだけ変わるかもしれない。今はその小さなアクションを積み重ねていますが、もしあなたがこの島へ来てくれるなら、そのアクションはもっともっと大きく広がっていく。 決して楽な道のりではありません。むしろ苦しいことのほうが多いかもしれない。 でも、たった一人の力がこの島の未来に与える影響は計り知れない。そして同じ目的を持った仲間がいます。一度この地に来て、小さな島の大きな可能性を感じてみてください。 プロフィール 2019年に家族三人で京都から知夫村へ地域おこし協力隊の制度を使って移住。 知夫里島地域情報発信サイト「ちぶリプ-chiburip-」の中心メンバーとして活動。 京都では店舗デザインの会社で施工管理をしていたので建築が好きで、古と新の融合に喜びを感じます。 経済優先から環境重視へ転換していく中、どんな暮らしをしたいか。自給自足を取り入れた農と共に生きる日々の、小さな営みから暮らしをデザインしています。 島の過疎が進む中、知夫里島で暮らし続けていくために何が必要なのか?地域を盛り上げるための仕掛けをあれこれ考える日々です。

Aryu Yamamoto

知夫村特定地域づくり事業特命係 大阪、和歌山、熊本に故郷を持ち2020年12月に島根県隠岐郡知夫村へ移住 島の旬を日々味わいながら、現在は産業の衰退を下支えする特定地域づくり事業協同組合の設立プロジェクトを主導している。 兵庫県加西市出身 研究分野はアジア近代史 日本酒とバーボンウイスキー、そして焚火をこよなく愛する男 スーパーカブで島中を安全にフルスロットル巡航中 よろしくお見知り隠岐ください。

知夫村役場のメンバー

合同会社島守ちぶり担当職員 知夫村は現在人口630人。2040年の人口推計は400人を割ると予想されています。 高齢化は50%に近づき、産業は衰退、生活サービスはギリギリのところまできています。地域は活力を失い、コロナ禍でさらにその状況は加速しました。人口減少は宿命でも、今いる人が幸せに暮らしていける島にしたい。 3年前そんな想いから合同会社島守ちぶりは誕生しました。 私たちが起こすアクションで、島の未来が少しだけ変わるかもしれない。今はその小さなアクションを積み重ねていますが、もしあなたがこの島へ来てくれるなら、そのアクションはもっともっと大きく広がっていく。 決して楽な道のりではありませ...

なにをやっているのか

一言で言うと、「島の魅力づくり」を行なっています。 ■具体的には ・自然と調和した活力ある産業づくり ・安心安全で快適な生活環境づくり ・豊かな心と人間性を育む人づくり ・ふれあいと絆を強める持続可能な地域づくり ■知夫村とは 平成27年に人口600人を割ったが令和元年に650人を超え、人口増加率全国1位になりました。 移住者が増加傾向だが、未だ仕事はあるが人と住まいが不足しているといった問題も発生しています。 海と山の両方を楽しめるが、都会にあるものはすべてナシ、畜産が盛んで、放牧地が多くサファリパークのようだと観光客に喜ばれています。
知夫村の風景
知夫村の風景

なにをやっているのか

知夫村の風景

知夫村の風景

一言で言うと、「島の魅力づくり」を行なっています。 ■具体的には ・自然と調和した活力ある産業づくり ・安心安全で快適な生活環境づくり ・豊かな心と人間性を育む人づくり ・ふれあいと絆を強める持続可能な地域づくり ■知夫村とは 平成27年に人口600人を割ったが令和元年に650人を超え、人口増加率全国1位になりました。 移住者が増加傾向だが、未だ仕事はあるが人と住まいが不足しているといった問題も発生しています。 海と山の両方を楽しめるが、都会にあるものはすべてナシ、畜産が盛んで、放牧地が多くサファリパークのようだと観光客に喜ばれています。

なぜやるのか

魅力的な島を守るため、知夫村に住んでいる村民が知夫村に誇りを持ち、この地に住み続けたいと思えるよう魅力ある島へ変えていくことが、私たちのミッションです。 住民の福祉の増進を図り、将来に希望をもてる村として村民一人ひとりがこの地に住んでよかったと実感できるための取組みをおこなっていきます。 自然が好きな方、人をサポートするのが好きな方、自分のアイディアを形にしたい方など、 少しでもこのミッションに共感できた方は、ぜひ一緒に取り掛かりましょう!

どうやっているのか

■事業展開 住民主導の地域活性化を実現するためにも、民間企業の力を借りて、三位一体を強く意識した事業展開をおこなっています。 課題を常に三者で共有するための情報発信、地域交流を積極的に進めていく。 少人数の島では、たった1人の力で波が立ち、3人寄れば大きなうねりが起こりうります! ■働く環境 民間企業で社会経験を経たUIターン者が半数を占めており、オープンで風通しのよい職場環境。 小規模自治体の強みである意思決定の速さ、実行力、実現性。 あなたのやりたいことが、すぐにできます!

こんなことやります

自然豊かな「知夫村」で、あなたの新生活をスタートさせてみませんか? ☆知夫村 ・海と山の両方を楽しめる ・自給自足率が高い ・とてもゆったりとした時間が流れている ・畜産が盛んで、放牧地が多くサファリパークのようだと観光客に喜ばれる 令和元年には人口650人を超え、移住者が増加傾向にあります。 都会にあるものは全てナシ。 しかし、都会にないものが全てあります! ◎今回は知夫村役場より協同組合YADDOへ出向していただくポジションとなります。 ☆協同組合YADDO(やっど)知夫里島 ・2021年に設立 ・支援することを目的として発足 ・知夫村をもっと魅力ある地域にします! YADDOは、 ・進歩的なアイデア ・大胆な行動 ・支援の確固たる基盤になる を大切にしています。 そして、 「知夫里島を、働きやすく人生を楽しめる場にすること」 を目標としています。 ※移住前提の募集のため、フルリモートでの就業はお断りしております。 協同組合YADDO公式HP https://yaddochibu.wixsite.com/yaddo ☆業務内容 YADDOは仕事は「支援」です! 漁業・水産加工・ホテル・商店・バスの運転まで、、、 島の「何でも屋さん」として地域の生活をサポートします。 ☆移住について 移住はハードル高いな、、、 と思ったそこのあなた! 移住に関しては私たちが0からサポートいたします! また、【地域おこし協力隊】の制度を活用すれば、移住支援を受けることも可能です! 私たちにお任せください! 少しでも興味をもっと方、ぜひ一度オンラインにてお話しましょう! ご応募をお待ちしております。
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2019/09に設立

    35人のメンバー

    島根県隠岐郡知夫村1065番地