1
/
5
中途採用
事業部長の右腕
3
エントリー
on 2016/12/21 781 views

新事業部長の《右腕候補》求む!未経験OK、一緒に事業を作っていきませんか?

株式会社Arinos

株式会社Arinosのメンバー もっと見る

  • 1983年、大阪生まれ。2007年5月、アクセンチュア株式会社入社。
    通信・ハイテク本部所属 通信・ハイテク業界の企業に対するコンサルティング業に従事。
    2010年に株式会社Arinosを設立、代表取締役社長に就任。
    日本での戦略・業務改革のコンサルティングを主軸に、フィリピン子会社でのシステム開発、カンボジア子会社での物流事業を展開。
    将来は稲盛和夫氏が創設を提唱した京都賞にならい、金銭・時間的制約で夢をかなえるのが困難な若者を支援する「大阪賞」を設立する志をもつ。

  • 立命館大学 法学部 卒業
    2007年5月より独立系SIer企業のスタートアップに参画
    全国の中小企業へ、業務改善、基幹システム・インフラの提案、プログラミング開発から保守運用までの一貫した業務に従事
    その後幼稚園・保育園へのITサービスを行うベンチャー企業を経て2012年2月に株式会社Arinosに参画

  • 豊田工業高等専門学校 情報科学専攻科卒業。アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ株式会社入社。通信メーカー、電気機器メーカー、官公庁、アパレルメーカーのSIプロジェクトにて仕様検討、設計、開発、テスト等、システム開発の各工程を経験。
    2012年5月に株式会社Arinosに参画。参画後、コンサルティング案件、システム開発案件を手掛けた後、2014年7月~フィリピンの当社子会社であるBeenest Technology Solutions,Incの代表取締役社長に就任。

  • 熊田 みのり

なにをやっているのか

  • 代表の古家由也。夢は「金銭的・時間的制約でチャレンジすることができない若者を支援する《大阪賞》を作ること」
  • カンボジア子会社代表の高橋。未経験からスタートしましたが、今ではカンボジア事業の責任者です。

私たちは、「世界を舞台に自由な発想で事業を創出し、社会を豊かにする」をコーポレートビジョンに、私たちは国内外多方面で多くの事業を展開しています。
 
2016年秋、コンサルティング事業部から独立してスタートした「キャリアパートナー事業部」では、【フリーコンサルタントのキャリアをデザインする】をコンセプトに、案件提供企業とコンサルタントをつなぐマッチングサービス「Anest」の運営を行っています。
  
 
私たちが実現したいのは「フリーランスの可能性をもっと広げるしくみ」です。「自由」が謳い文句のフリーランスですが、今を生きることに必死になってしまったり、仕事がなくなる不安に怯える毎日だったり…。
せっかく企業に縛られない生き方を選択したのなら、目の前に広がる選択肢にもっともっとチャレンジしていいはず。チャレンジできる環境がなければいけないはず。
 
私たちはそれを、日本の労働市場を元気にするための、ひとつの解決すべき課題だと考えています。

なぜやるのか

  • 会社全体の平均年齢は30代前半。夢に向かってまっすぐ進む20代後半の若手が活躍中です。
  • 写真の彼の夢は「故郷北海道でビジネスを立ち上げ、ふるさとに恩返しする」ことだそう。

株式会社Arinosのコンサルティング事業は、会社創立時から続いている事業です。6年間の事業を通して見えてきたコンサルティング業界の構造上最大の問題、それは「案件とコンサルタントのミスマッチが多すぎる」ことでした。
  
IT業界・コンサル業界は慣例的に、いわゆる「ゼネコン構造」になっています。そして必要とされているのはコンサルタントの「知見」。構造とニーズの組み合わせが仇となり、履歴書だけでアサインが決まることが多くありました。
 
しかし、コンサルタントも人間。クライアント内部に入り込み他社の社員と一緒にプロジェクトを完遂する上で最も大切なのは、経歴よりも、実は人間性やコミュニケーション能力なのではないのか?マッチングの精度は、実は書類に載っていない部分で決まるのではないのか?
 
それなら、今まで書類で弾かれてきた経験の浅い若手フリーランスにも、本来チャンスがあるはずでは?同じように仕事が来づらいシニア層にこそ、活かせる経験や知見がたくさんあるのでは?
 
まだまだ一般的とは言い難いフリーランスという働き方をあえて選択したからには、実現したい未来があったはず。若いから、シニアだから、〇〇ができないから仕事がないなんて、そんなもったいないことが他にあるだろうか。
 
 
そんな疑問からスタートしたAnestは、普段の書類では見えない部分を深掘りし徹底的に候補者に寄り添うことで、自分のスキルをもって新たな人生を開拓していこうとする人々を支援しています。
 
人材紹介業界では当たり前になりつつある「候補者とクライアント両方に対するコミット量の多さ」を人材派遣の領域で実現しているのは、Arinosキャリアパートナー事業部一番の強みです。
 
 
このコンサルタントと案件のマッチングサービスが最初に企画されたのが2015年夏。それから1年をかけてAnest計画は着々と進み、この度コンサルティング事業部から分離独立、新事業部設立の運びとなりました。
事業部メンバは、現在事業部長1名のみ。事業部を一緒に大きくしてくれるメンバーを求めています!

どうやっているのか

  • 新事業部長は3児のパパ!Arinosでもっともパワフルな人の一人です。
  • Arinos全体では50名強、日本だけでも約30名の社員がいます。困った時には助け合う、家族のような会社です。

フリーランスの大変さの筆頭といえば、「仕事がない・決まらない」「いつ仕事を失うかわからない」そして「助けてくれる人がいない」ーー。
 
前者にアプローチした人材派遣サービスは数あれど、それだけではミスマッチ解消にはなりません。私たちはWebサービス「Anest」でのオンラインマッチングだけでなくアサイン前後そしてアサイン中まで継続してフォローし、コンサルタント・エンジニアとクライアントの良きパートナー、架け橋となります。
 
私たちは候補者の方々に寄り添い、徹底的なメンタリングを通して人物像や得意不得意を理解することで、フリーランスならではの不安を解消します。また、アサイン先クライアントとのコミュニケーションを徹底して適切な評価を得、それを元にフィードバックを行うことで候補者の成長にも寄与します。
 
人材紹介業界では当たり前になりつつある「候補者とクライアント両方に対するコミット量の多さ」を人材派遣の領域で実現しているのは、Anest一番の強みです。
 
 
このコンサルタントと案件のマッチングサービスが最初に企画されたのが2015年夏。それから1年をかけてAnest計画は着々と進み、この度コンサルティング事業部から分離独立、新事業部設立の運びとなりました。
事業部メンバは、現在事業部長1名のみ。事業部を一緒に大きくしてくれるメンバーを求めています!

こんなことやります

できたてほやほや「キャリアパートナー事業部」事業部長の《右腕候補》を募集します。なんなら、左腕でも右脚でも左足でもOKです。
 
 
◆ なぜ右腕候補? ◆
この秋できたばかりのキャリアパートナー事業部は現在、事業部長の大槻がほぼ一人で事業を進めています。事業拡大のためには人が必要、そして、やるべきことは地味な作業から「THE 人材」なことまで山積みです。
 
今私たちが求めているのは、ちっちゃいことから大きいことまで、一緒に試行錯誤してくれる《仲間》です。まずは小さなことから順番にお任せしますので、未経験でもOK!Arinosの先輩がフォローします!
 
 
 
◆ こんな人を求めています! ◆

・やる気にあふれた方。
 「できる/できない」ではなく「とにかくやってみる」を大切にできる方。
・明るく元気な方。周りを元気にするエネルギーのある方。
・前向きで建設的な方。
 常に物事が良い方向に進む方法を考え、改善のためにトライ&エラーを繰り返せる方。
・自分自身の成長に貪欲な方。
 好奇心を持ち続け、様々な知識・情報を吸収し続けられる方。
 
 
 
◆ こんな仕事をお任せします ◆
 
【CA領域】
・コンサルタントへのキャリアアドバイジング
・当社保有の求人案件と候補者のマッチング
・候補者の求職活動に伴う面談実施〜内定までのフォロー
・就業後フォロー
【営業領域】
・新規案件、人材の獲得
・クライアント企業への求人ニーズのヒアリング
【その他】
・マッチングサイトの運営、管理
・セミナー、勉強会の企画・運営(イベントなど実施予定)
・コンサルティングプロジェクトのPMO補佐
 
 

まずは面談で詳しくお話しできればと思います!
たくさんのエントリーをお待ちしております!

会社の注目のストーリー

新規事業立ち上げは就活や婚活と共通している。WILL×CAN×NEEDの考え方。
リクルートの営業から「日本を元気にしたい」という想いで名前も知らないベンチャー企業を選んだ理由
カナダ帰りに新卒入社した会社で、入社3年目の田口が立ち上げている自分の会社の話
エントリー状況は公開されません
20人が応援しています
会社情報
株式会社Arinos
  • 2010/10 に設立
  • 60人のメンバー
  • 東京都千代田区三崎町2-4-1 TUG-Iビル B1F
  • 新事業部長の《右腕候補》求む!未経験OK、一緒に事業を作っていきませんか?
    株式会社Arinos