1
/
5
バックエンドエンジニア
中途
17
エントリー
on 2021/12/14 541 views

Ruby/Go プロダクト開発をリードするバックエンドエンジニア募集!

WED株式会社

WED株式会社のメンバー もっと見る

  • 東京工業大学 工学部機械宇宙学科を卒業。大学院で技術経営専攻を修了。その後、会社を創業するが失敗。2015年より株式会社エウレカに入社。Couples、PairsでiOSエンジニアとして開発をしつつ、スクラムマスターとして新チームのチームビルディングに携わる。2018年よりWED(旧:ワンファイナンシャル)にCTOとしてジョイン。ONEの開発を1人で担い、App Storeで無料1位になる。

  • OSSとWeb一筋のITスペシャリスト。Rails, Go, React/TypeScriptなどでの開発の傍ら、Rubyコミッターとして言語仕様の策定や機能実装に携わる。

    小学校中学年からプログラミングを始め、シャープのポケコンやPC-98でBASICに親しむ。中高時代にCを覚え、*BSDやGNUのソースを読みあさりながらUnixへの憧憬を募らせつつ、手元の貧弱な16bit MS-DOSマシンのシステムプログラミングに没頭。中学時代は硬式テニス部と将棋同好会に所属、高校では校友会にて論陣を張り、将棋同好会の部への昇格を果たす。社会人になってからも将棋アマ五段を何とか維持し、過去には社...

  • Web系のエンジニアとして活動しています。

    職歴としてはSIer → 立ち上がりのプログラミングスクール → 上場Web企業の流れで働いています。

    主にRuby on Railsをメインとした開発を得意としています。
    最近はReactを用いてフロントエンドの実装を行う機会も増えています。

    2社目でシステムの立ち上げから運用保守まで一貫して経験しているため、ある程度自立してシステム構築に取り組むことができます。

    現在はWeb系の企業で働いており、モダンな技術を身につけながら幅を広げています。

  • Ruby / Go のサーバーサイドエンジニアです。
    自身のルーツが建築業界ということもあり、細部までこだわり抜いたものづくりをモットーに、日々開発に取り組んでいます。

    現在は、レシート買取アプリ ONE のバックエンドを主に担当しています。
    Ruby で構築された既存分の改修、アップデートに加えて、Go を用いて新規機能をマイクロサービスとして開発しています。また、GCP でのインフラ管理やビッグデータの運用にも携わっています。

なにをやっているのか

  • 毎日のお買い物が楽しくお得になるアプリ「ONE」
  • お金がもらえるお買い物「ONEモール」

## 累計DL数500万突破*!レシート買取アプリ「ONE」を開発
「ONE」は、普段のお買い物が楽しく、お得になるアプリです。
ONEを使ってレシートや画像を撮影すると、通常1〜10円がキャッシュバックされます。ONEが指定する商品のレシートを撮影すれば、その商品とほぼ同額がキャッシュバックされることも。さらに、アプリ上にある複数の EC サイトからお買い物をするとお買い物金額の一部が還元されるなど、ゲーム感覚で楽しくお得にお買い物をすることができます。

ONEで貯まったお金は、電子チケットに換金したり現金として引き出すことも可能です。私たちはこのように、捨てるだけの紙切れとなっていたレシートがお金になる、魔法のような体験を生み出しています。

※ 2022年9月時点

## 買取レシート6億枚以上*の購買データを活用した、マーケティング支援
レシートには”究極のデータ”がたくさん含まれています。
ONEは、いつ、どこで、誰が何にいくら払ったのか、という一人ひとりの購買行動やパターンを分析することができます。また、ONEで集めた累計5億枚以上のレシートからなる購買データを活用し、企業の販売促進や商品開発、マーケティングを支援しています。
15兆円に上る販促市場で大手ナショナルクライアントをはじめ300以上のクライアント実績を持ち、売上は前年比300%成長を遂げました。ユーザーはお得にお買い物ができ、メーカーは自社商品の販促に繋がる win-win のビジネスモデルを実現しています。

※ 2022年11月時点

## 「ONE」の OCR 技術を活用した、新規プロダクト「Zero」
「Zero」は、丸井グループと共同開発した商業施設向けのクラウド型売上管理サービスです。Zero が提供するのは`シンプルでワクワクした体験`。toBサービスでありながらも、toCサービスのような UI/UX にこだわっています。現在は順調にテナントへの導入が進んでおり、MRR(月次経常収益)はリリース時の10倍にまで成長しています。

現在の商業施設は、売上管理業務が煩雑化しており、グループ全体で1日あたり300時間以上を要する商業施設もあります。Zeroは、アナログで複雑な売上管理業務をシンプルでかんたんな業務にすることで、今までの作業工数を最終的には85%削減することに成功。今後は売上業務だけでなく売上管理の一元化やデータ活用を実現していくことで、店舗ビジネスのスタンダードを目指していきます。

このように、WEDには人々の消費行動に関する情報が日々集まっています。これらの既存事業を拡張しながら、積極的に新しいプロダクトを生み出すことで、`再現性のない成長`を遂げていきたいと考えています。

なぜやるのか

## なぜ`消費`なのか?
人々の営みはすべて`消費`に現れると思います。移動する、食べる、着る、住む。すべて消費です。消費に関わるデータビジネスを展開することで、人々のあらゆる行動やパターンが可視化されます。それを上手く活用して人々の営みをより面白くしていくことが、ワクワクする楽しい未来を造る近道になると私たちは考えています。
つまりは、私たちが未来をいち早く知って、少しでも面白く、楽しい未来にしよう、という魂胆です。

## WEDが提供できる価値
「ONE」は、日々のお買い物がお得になるだけではなく、ゲーム感覚で楽しくお買い物ができる、そんなプロダクトを目指しています。朝一息つくためのコーヒーが無料に。いつものランチが割引に。仕事終わりのご褒美ビールが半額に。

そんな誰にでもある日常の中に、ほんのちょこっとの幸せとワクワクを創造し、私たちの力で人々の幸せの総量を増やしていきたいと考えています。

WEDが目指すのは、もっとお得でワクワクする日常の体験を人々に提供することです。

どうやっているのか

  • CEO 山内 奏人
  • WEDの大切にしている価値観

## WEDが大切にする価値観
私たちが最も大切にしている価値観。それは`あたりまえを超える`という哲学。
今私たちの周りにあるものは、何もしなければ何も変わりません。それは居心地が良いWEDが大切にする価値観かもしれませんが、あえて変化を起こさなければ革新は生まれません。

今のあたりまえを疑い、思考を繰り返すことで、`あたりまえを超える`瞬間を生み出せると私たちは考えています。これからも、あたりまえを超える仲間たちとワクワクするプロダクトを生み出し、人々の体験をアップデートしていきます。

### mission
消費の未来を追求する

### value
- 世界観ファースト
- 新しい発見をし続けよう
- 一人ではできないことをしよう

## `あたりまえを超える`組織づくり
### 研究開発室を新設
2022年より代表直下で体験の研究開発ユニットを新設。新しい体験と新規プロダクトの開発を行い、今まで以上に体験のアップデートに注力します。

### 幅広いキャリアパス
プロフェッショナル (Expert) とマネジメント (Manager) の両キャリアでのキャリアアップが可能です。幅広いキャリアの選択肢を用意すること、やりたいことを尊重することで`好きを極める環境`を作っています。

## 技術力向上への取り組み
### モブプロの実施
2週間に1回、ドメイン知識と技術的な知見を広めることを目的として行なっています。題材はエンジニア全員で出し合って決めています。

### 各種勉強会の開催
DDD の輪読会や Go , k8s で開発プロジェクトなど、自身の専門以外の領域の学習をみんなで実施。特定の技術領域にかかわらず、幅広く必要な技術領域で活躍していただきたいと考えています。

### 登壇/技術ブログの執筆
カンファレンスやイベントの登壇、業務でのインプットに関するブログ記事執筆など積極的に取り組んでいます。2021年は、iOSDC,RubyKaigi,Kaigi on Rails,PyCon JP,Qiita Engineer Summit などのカンファレンスに協賛しました。

## 希少性の高い人材育成
### 全員SQL習得制度
勉強会や SQL の実力を競う Sリーグの実施、学習プログラムの活用など、全社員が SQL を習得する制度を設けています。

### 外国人講師との英会話レッスン
マネージャー以上を対象に、週1回の外国人講師との 1on1 レッスンを実施しています。将来的には、全社員に対しての導入を計画中です。

## その他、WEDの働く環境
### 労働環境サポート
MacBook Pro(M1 Pro)や4K モニターなど、業務に必要な備品を柔軟に揃えています。

### 個人を尊重する働きやすい環境
フレックスタイム制(コアタイム11時ー15時)やリモートワーク制度を導入し(週2日出社推奨)、家庭や健康状態に合わせて柔軟に働くことができます。社員の3割以上が子育てをしながら働いており、柔軟な働き方ができる環境です。

こんなことやります

## プロダクト

下記どちらかのプロダクトにジョインしていただきます。
詳しくは面接・面談の中でお伺いください。

### ONE

ONE は、毎日のお買い物が楽しく、お得になるアプリです。
「だれが」「いつ」「どこで」「何を買った」という消費者の購買データを用いて、企業のマーケティングやプロモーション、商品開発を支援しています。

- 累計DL数: 500万以上
- レシート買取総数: 5億枚以上
(2022年9月時点)

### Zero

Zero は売上管理の業務効率化を実現すると共に商業施設の DX を推進しています。
ONE の OCR 技術を活用し、丸井グループ協力のもと、プロダクト開発をしています。

- あらゆるレシートフォーマットの読み込みに対応
- 読み取りデータの正誤を自動判定
- 年間最大20,000時間の作業工数を削減

## 具体的な業務内容

- Ruby または Go を使ったアプリケーションの開発
- パフォーマンス、冗長性、保守性、ROI を考慮したシステムアーキテクチャの策定、設計(アーキテクチャを含めて全体的にやっていきたいという方には最適な環境です)
- SRE に関わる開発や運用(専任のSREメンバーはいません)
- チームごとによくコミュニケーションをするメンバーが異なります。
 - Servicesチーム: Story Owner(PdM) と Designer
 - Solutionsチーム: Account Director
 - 全社横断チーム: Engineer がメイン
- 20%の自由時間を改善、学びに使ってください。
- 採用広報活動
- [Techブログ](https://wed.dev/) での技術発信
 - 採用のためのスカウト文の作成、面談・面接の実施

特定の技術領域に関わらず幅広く必要な技術領域で活躍していただきたいと考えています。
また、ご志向や適性によりマネジメント業務もお願いします。

## 必須要件

- Ruby, Go, Python のいずれかで API を開発した経験
- Docker などコンテナ技術の利用経験
- クラウドインフラの経験(AWS や GCP など)
- デプロイして運用していること
- 各種サービス(Cloud SQL, Cloud Storage など)の利用

## 歓迎要件

- 100万MAU以上の to Cプロダクトの開発経験
- OpenAPI や gRPC の利用経験
- CI/CD の構築経験
- クエリのパフォーマンスチューニングの経験
- アルゴリズムの知識
- セキュリティ、認証関連の開発経験
- サーバーレスアーキテクチャの開発経験
- マイクロサービスアーキテクチャの開発経験

## カルチャー

- 2週間に1回の開発プロセスの振り返り会の実施
- モブプロの文化がある
- 勉強会の実施
- Engineering Talks にてエンジニアだけの雑談の時間を設けている

## 福利厚生

- MacBook Pro の支給
- 4Kモニター
- カンファレンスのスポンサーが提案できる
  - iOSDC, RubyKaigi, Kaigi on Rails, PyCon JP などの実績あり

## 技術スタック
https://stackshare.io/wed/wed

会社の注目のストーリー

【WEDメンバー紹介#6】HR/PR 長谷川

【WEDメンバー紹介#5】Customer Success 落合

【WEDメンバー紹介#4】Designer /PdM 亀谷

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
WED株式会社の会社情報
WED株式会社
  • 2016/05 に設立
  • 33人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8 SSUビル 101
  • WED株式会社の会社情報
    WED株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?