1
/
5
リードエンジニア
中途
3
エントリー
on 2021/12/14 173 views

今注目のInsurTech!事業を牽引するリードエンジニアを募集します!

Sasuke Financial Lab株式会社

Sasuke Financial Lab株式会社のメンバー もっと見る

  • 代表取締役社長CEO。広島生まれ。高校卒業後、吉本総合芸能学院(通称:NSC)に所属し、構成作家としてキャリアを積む(同期は、もう中学生)。21歳の時に一念発起、アメリカ・ロサンゼルスに留学。University of California, Los Angeles(通称:UCLA)経済学部を卒業し、リーマン・ブラザーズ証券に入社、事業投資やM&A業務に従事する。そうこうしていると、リーマン・ショックが発生、会社が吹き飛ぶ。運よく野村證券に救われ、金融法人担当として、保険会社のIPOや金融機関のM&A・資金調達に携わる。その後、資産運用会社のウエリントン・マネージメントに転職、投資信託の...

  • SASUKE 採用担当

なにをやっているのか

“保険をやさしく、わかりやすく”
近年、資産運用・決済・仮想通貨など様々なFintechサービスが登場しています。一方、Insurtech分野において新たなサービスは限定的です。その背景には現在の生命保険販売における人を介した割合が99%に達することが挙げられ、オンライン(デジタル)の割合は非常に限定的です。一方、海外では急速に保険のデジタル化が進みつつあり、数多くのスタートアップ企業が誕生しています。ユーザーが将来に不安を感じた瞬間に、その不安を解消する最適な保険を提案・加入できる仕組み・社会を実現していきます。

保険には、株や投資信託、FX、仮想通貨のような値動きによるドキドキはありません。保険には、ローンのように欲しいものを購入するワクワクもありません。保険は、様々な金融商品があるなかで、とても地味な金融商品です。

日々の生活が病気や不幸により、収入が絶たれた際の保障となるものが保険です。だから保険に加入する時、多くの人は、病気など暗い未来を想像します。自分のため、家族のため。地味だけど、大切な金融商品が保険だと信じています。

【日経新聞の記事】
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO42774410S9A320C1PPE000/

【エコノミストの記事】
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20181106/se1/00m/020/033000c?fbclid=IwAR3BVNtZV3NrZ7hu6tDHfKEmw_UK5pMBoxvES8Y70xuKYpnwHnY_fZBqwac

【Newspicksの特集記事(弊社代表が執筆)】
https://newspicks.com/news/3429216/body/?ref=index

【メットライフのプログラムに選出】
http://www.metlife.co.jp/about/press/2018/pdf/181026.pdf

なぜやるのか

この数十年で様々な分野でEC化が進んできました。「事務用品・文房具」では EC化率が33.6%、次いで「書籍、映像・音声ソフト」の 24.5%など、人々の行動は徐々にインターネットに移り変わろうとしています。一方、生命保険のインターネットを通じた加入割合は 他業界に比べて圧倒的に低い状況です(99%は人を介して加入しています)。

アメリカに保険業界を表した有名な言葉があります。

"Life Insurance is Sold and not Bought"
"生命保険は売られるもので、買うものではない"

必要な時に「保険」を当たり前のように選べる未来を。そこには50兆円を超える巨大マーケットと日本ではほとんど普及していない「Insurtech」の波が世界中で巻き起こっていることを。是非、あなたの力を貸してください。「デザイン」「UX」「テクノロジー」で「保険の未来」を変えたい仲間を探しています!

"Life Insurance is Bought and not Sold"
"生命保険は買うものであり、売られるものではない"

この世界を実現するための仲間を探しています。

どうやっているのか

メンバーのバックグラウンドは実にさまざま。10年以上のキャリアを有するエンジニア、多くの受賞歴を持つデザイナー、メディアにも登場するファイナンシャルプランナー、世界規模の案件を数多く手がけてきた証券、銀行、資産運用会社等の出身者、個性豊かなメンバーが集まっています。フラットな組織を徹底し、常にそれぞれが持つ意見やアイデアをぶつけ合いながら優れたプロダクトを生み出しています。

こんなことやります

自社プロダクトのアーキテクチャ設計、開発、および運用を担当していただきます。
サービスが達成したい目標を理解した上で、サービス改善や新機能などを設計し、開発を推進。
さらに、ディレクター・デザイナー・デジタルマーケティング担当とともに、サービス企画も担い、試作/開発/検証/リリース/運用/その後の機能チューニングまでを積極的に取り組んでいただきます。

■仕事内容
・自社プロダクトの開発に関わる業務全般
・サービス開発に必要なアーキテクチャ設計および実装
・サービス安定稼働に必要な保守運用業務
・フロント側で利用するデータCRUD/APIの作成・メンテナンス
・管理画面のページ作成・メンテナンス
・DBテーブル作成・メンテナンス

■仕事の魅力
・裁量権をもって仕事に取り組むことができる
・GDPの10%を占める巨大な保険産業のDXに取り組める
・自社プロダクトの開発に携わることができる

【求める人物】
■必須要件
・Webアプリケーションの開発経験
・サーバーサイドの開発経験:5年以上
・チームでの開発経験

■歓迎要件
・react/vue/angularなどフロントエンド側の知識・経験
・クラウド(AWS/GCP等)でのインフラ構築経験

【開発環境】
・言語/フレームワーク
 └B2C:Ruby on Rails ver5, Wordpress, JQuery(変更予定)->React.js
 └B2B(案件による):Node.js, OpenAPI, sequelize, php(Laravel), Vue.js
・OS:Linux
・インフラ:AWS (EC2/ECS/IAM/Route53/CodePipeLine/OpsWorks/RDS/Redis)
・プロジェクト管理:GitHub, Backlog, CodeCommit
・コミュニケーションツール:Slack, Charwork

【SASUKE MISSON】
自分に合った保険を、
自分で選べる世界を。

●だれでも、知識がなくても、納得感をもって保険を選べる世界
 SASUKEでは、「コのほけん!」を利用する全てのユーザーにとって、
 わかりやすく、選びやすい新たなプラットフォームを提供します。
●ユーザーにとって必要なもの、欲しいもののみを提供する世界
 SASUKEでは、「コのほけん!」を利用するユーザー1人ひとりが求めるものを
 徹底的に考え抜き、常にお客さま目線のサービスを提供します。
●いつでも、どこでも、自分のペースで保険にアクセスできる世界
 SASUKEでは、「コのほけん!」を利用する全てのユーザーが時間や場所に
 囚われず保険にアクセスできる環境を提供します。

【Sasuke Financial Labの事業】
Sasuke Financial Lab株式会社は「自分に合った保険を、自分で選べる世界を。」というミッションのもと、2016年3月に設立されたインシュアテックベンチャー企業です。
ユーザーが将来に不安を感じた瞬間に、その不安を解消する最適な保険を提案・加入できる仕組み・社会の実現に向けて、主に2つの事業ドメインに注力しています。

①BtoC事業
BtoC向け自社プロダクト「コのほけん!」では、データ分析に加え、ユーザー調査から顧客のニーズを明らかにすることで、オンラインで保険を検討する全てのお客さまが、自分に合った保険を、自分で選べる世界を目指しています。

②BtoB事業
Insurtech(Insurance × technology)をリードするマーケティング、クリエイティブ、システム開発の総合代理店として、生命保険・損害保険業界、及び保険代理店業界等を中心とした様々なクライアント様にソリューションを提供しています。

会社の注目のストーリー

Insurtech Connect 2018に参加しました!

総額5000万円の資金調達を実施!ロボット保険アドバイザー「コのほけん!(旧称:ドーナツ)」の事前登録も開始しました!!

シリーズBで11.2億円、累計16.8億円となる資金調達を実施。開発体制を強化し、保険業界のDX化を加速します!

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
Sasuke Financial Lab株式会社の会社情報
Sasuke Financial Lab株式会社
  • 2016/03 に設立
  • 51人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル FINOLAB
  • Sasuke Financial Lab株式会社の会社情報
    Sasuke Financial Lab株式会社 から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?