350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 土木建築業界について知りたい方
  • 6エントリー

建設業界や仕事のリアルを知れる90分! 1dayインターン

土木建築業界について知りたい方
Internship
6エントリー

on 2022/01/18

367 views

6人がエントリー中

建設業界や仕事のリアルを知れる90分! 1dayインターン

Online interviews OK
Tokyo
Internship
Expanding business abroad
Tokyo
Internship
Expanding business abroad

Hiroki Chubachi

飲食業界(中小)から社会人生活をスタートし、人材ビジネス(上場) → 飲食(上場)→ライフスタイル(大手小売) → 教育(ベンチャー) と様々な業界、様々な規模の企業で人事を経験してきて今回の土木建築業界。 仕事としては、店舗スタッフ / 店長 / SV、人事。現場の気持ちのわかる寄り添う人事として気が付けば20年以上。 PR・マーケティングも熟しつつ、人事道を究めるべく生きてます。 仕事だからこそ楽しくやりたい。 仕事だからこそ厳しくもやりたい。 どこで何をやるかではなく誰と何ができるか。 今でもこれは仕事観として大切にしている考え方。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 「理」と「情」をもって様々な人と一緒に働くことで培ってきた対人スキル。 自身も手足を動かし、周囲を巻き込みながら事業を推進する。また、様々な経営者と接することで、物事を柔軟にとらえながらも本質を見失わないバランス感覚を会得。 言葉と行動にズレを起こさず、前工程と後工程に常に配慮し、「信用」と「責任」を大切に。 ② 「ゼロから1」を生む経験/「1から100」に増やす事業の経験。 前者では挑戦的な仕事に新しい発想で取り組み、メンバーとの対話や周囲と力を合わせることの大切さを学ぶ。 後者では暗黙知を形式知に変えるノウハウ、問題解決能力を磨き、こだわりや信念をもって当初の到達点をぜったいに見失わないことを大切に。 ③ 人材を育てて身につけてきたマネジメント経験。 管理職として若手を率い、人材を管理、育成するマネジメント能力。 チームにおいては、適材適時適所を見出し、合理性を重視して常に成果の最大化を常に意識。

鹿島道路株式会社のメンバー

飲食業界(中小)から社会人生活をスタートし、人材ビジネス(上場) → 飲食(上場)→ライフスタイル(大手小売) → 教育(ベンチャー) と様々な業界、様々な規模の企業で人事を経験してきて今回の土木建築業界。 仕事としては、店舗スタッフ / 店長 / SV、人事。現場の気持ちのわかる寄り添う人事として気が付けば20年以上。 PR・マーケティングも熟しつつ、人事道を究めるべく生きてます。 仕事だからこそ楽しくやりたい。 仕事だからこそ厳しくもやりたい。 どこで何をやるかではなく誰と何ができるか。 今でもこれは仕事観として大切にしている考え方。 -------------------------...

なにをやっているのか

皆さんは『 鹿 島 道 路 』という社名を聞いてどんなイメージをもたれますか? 「道路しか作っていない会社」 「お堅そう」 このあたりの答えが返ってくるのが想像できます。 実際どうなのかというと…それは全くの間違いです! そう思われても仕方ないとは思いますよ、なにしろ社名が「鹿島」+「道路」ですから。 なので、ここでは実際の鹿島道路がおこなっている事業をツラツラーっと書いてみたいと思います。鹿島道路の主な事業は以下の通り! 【舗装事業】 道路、橋梁、空港、ダム、テストコースなど経験と技術力を活かした工法や機械の開発 【土木事業】 スポーツ施設、外構、造成などの土木事業 【建築事業】 物流・運輸施設、医療・福祉施設等の建築を開発・造成・道路・植栽から設計・施工まで一括で行う 【海外事業】 タイ・ベトナムなどの東南アジアを中心に道路、空港、工場などの舗装・土木工事を展開 【製品事業】 全国に環境に配慮したアスファルトプラントや中間処理施設を設け、リサイクル事業を展開 【環境事業】 土壌浄化事業を展開 どうですか? 皆さんの持っていたイメージの道路舗装以外にも、数多くの事業を展開していて驚いたのではないでしょうか。 実は鹿島道路という会社は、土木・建築の工事も設計から施工まで一貫して行っていて、新素材やICT技術の研究・開発も行っている 「舗装工事をコア事業としている」ゼネコンなんです。
若くても”主戦力”として活躍できる現場
女性向けのサポートも充実、夢を追える環境。
エチオピア幹線道路(エチオピア)

なにをやっているのか

皆さんは『 鹿 島 道 路 』という社名を聞いてどんなイメージをもたれますか? 「道路しか作っていない会社」 「お堅そう」 このあたりの答えが返ってくるのが想像できます。 実際どうなのかというと…それは全くの間違いです! そう思われても仕方ないとは思いますよ、なにしろ社名が「鹿島」+「道路」ですから。 なので、ここでは実際の鹿島道路がおこなっている事業をツラツラーっと書いてみたいと思います。鹿島道路の主な事業は以下の通り! 【舗装事業】 道路、橋梁、空港、ダム、テストコースなど経験と技術力を活かした工法や機械の開発 【土木事業】 スポーツ施設、外構、造成などの土木事業 【建築事業】 物流・運輸施設、医療・福祉施設等の建築を開発・造成・道路・植栽から設計・施工まで一括で行う 【海外事業】 タイ・ベトナムなどの東南アジアを中心に道路、空港、工場などの舗装・土木工事を展開 【製品事業】 全国に環境に配慮したアスファルトプラントや中間処理施設を設け、リサイクル事業を展開 【環境事業】 土壌浄化事業を展開 どうですか? 皆さんの持っていたイメージの道路舗装以外にも、数多くの事業を展開していて驚いたのではないでしょうか。 実は鹿島道路という会社は、土木・建築の工事も設計から施工まで一貫して行っていて、新素材やICT技術の研究・開発も行っている 「舗装工事をコア事業としている」ゼネコンなんです。

なぜやるのか

エチオピア幹線道路(エチオピア)

鹿島道路は、道路舗装を軸に「一般土木工事」「排水工事」「建築関連工事」などの事業を通して、皆さんの快適な環境づくりを支える会社です。お客様の満足と安心を獲得するため、『品質方針』の行動指針である「お客様志向(思考)」「革新への積極的取り組み」「継続的レベルアップ」「実践の容易化」を推進。すべての活動における仕事の質を向上させ、質の高い製品、サービスの提供に努めています。 また当社は、社会資本整備を支える建設業のメンバーとして、人と地球の豊かで快適な環境づくりに重大な役割、そして責任を受け持っています。ですから『環境方針』として、地球環境保全と経済活動が両立し、かつそれらが持続的に発展することができる社会の実現に貢献したいと考えています。 そのほか、『労働安全衛生方針』の推進による安全な職場環境の形成や、当社の企業理念である『新しい価値創造に挑戦し、人と地球の豊かで快適な環境づくりに貢献する』を基にしたCSRの順守などを通して、公正で開かれ、良質かつ適正な価格で社会資本の整備を担う企業を目指しています。

どうやっているのか

若くても”主戦力”として活躍できる現場

女性向けのサポートも充実、夢を追える環境。

鹿島道路では、昨日より今日、今日より明日の自分が少しでもレベルアップして、いつになってもどこへ行っても活躍できるよう、会社としてサポートしていきます。 働き方の多様性が求められる今の時代、生涯1社で何が何でもやり抜いて全うするのが正義!なんていう考えはありませんし、そろそろ外に出てやってみたら?なんていうこともありません。 自分のキャリアですから決めるのも自分。 例えそれが外に出る決断だったとしても大切な社員が決めた道であれば、会社としてもそれを全力でサポートします。 とはいえ、せっかく選んで来てくれたのだから、長く活躍してほしいというのが本音です。 そういった想いから入社後のキャリアプランを明確に打ち出し、ロードマップに従って充実した研修も実施しています。 また、オフィス環境においてですが、このWantedlyにUPされている他の企業様のように、オシャレで華やかなオフィスではありません。でも…でも…その代わりという訳ではないですが、落ち着いてしっかり仕事に向き合える環境ですし、静まり返った雰囲気ではなく賑やかで活気あるオフィス環境ですよ! そして「土木・建築」という業界なので、気になる方も多いと思う男女比です。 これも今の時代にジェンダーを分けて考えるというのはそぐわないのかもしれませんが、 現在の鹿島道路における女性比率は全体の約15%です。 他の業界と比較したときにまだまだ少ないのが実情で、鹿島道路として注力しなければいけないテーマであり、「土木・建築業界」における女性の活躍の場を拡大し、気持ちよく働いてもらえるよう取り組んでいます。 鹿島道路は育休取得率・育休後復職率ともに100%と、女性が職場において生き生きと活躍できる環境が整っています。 また、女性技術者同士の交流会「かじまるこの会」を実施しています。交流会では、仕事・職場環境の整備や精神面のサポートについて意見を交換したり、外部講師を招いて研修会を実施し、女性技術者のネットワークを広げ働きやすい職場で活躍できるよう活動しています。

こんなことやります

業界全体像を知らずに「私はこの業界!」と絞り込んでしまって大丈夫? 土木・建設業界と言っても、様々な業種・職種があります。 そんなアナタに業界理解度を少しでも高めてほしい! という想いから始めたこの土木建設業界アレコレ講座。 2022年も開催が決定しました! コンセプトは『よりコンパクト、かつ効果的』といたしまして、 【就活のプロが教える! 就職相談会つき建設業界アレコレ研究講座】 ①建設業界のアレコレ講座 ②建設業界への質問 ③ジャンル問わず質疑応答 以上のように装い新たにリニューアルする『建設業界アレコレ研究講座』 今回から就職相談会もセットになって時間は90分へと短縮。 ちょっとした隙間時間に参加できるので是非! 開催日は残り3回! ① 2022年 1月 20日(木) 13:30~15:00 ② 2022年 1月 26日(水) 15:30~17:00 ③ 2022年 2月 1日(月) 17:00~18:30   ※23卒理系大学生・院生の方対象。    文系の方はもう少々お待ちくださいね。    別途インターン企画中です。
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    1958/02に設立

    • Expanding business abroad/

    東京都文京区後楽1-7-27