1
/
5
Webエンジニア/金融SE
新卒
4
エントリー
on 2021/12/16 496 views

23新卒|自分はどうなりたいか?を問い、個のキャリアを形成したいエンジニア

株式会社パスカリア

株式会社パスカリアのメンバー もっと見る

  • 横浜生まれ、横浜育ち。
    日本大学理工学部数学科卒業後、2005年に新卒で株式会社パスカリアに入社。
    大学ではIT関連の知識を身につけないままIT業界に飛び込む。

    パスカリアを選んだ理由は、
    学生時代から数学が得意であったため、
    求める人物像に、「数学が得意な人材」とあったことが一番の要因。

    趣味は野球。
    月に一度、自ら立ち上げた草野球チームで活動中。
    (絶賛部員募集中)

    10年以上1つの会社で働き続けられているのは、
    社内行事でBBQ、フットサル、ボーリングを実施したり、
    趣味の野球に参加してくれる社員の存在があったりと、
    上下関係なくフレンドリーで居心地の良さがあるから。


    <...

  • 大学は化学科を卒業して、プログラミング未経験で今の会社に、、、でも意外となんとかなるもんで10年以上も続いてます。
    やっぱ仕事もプライベートも大事に働きたいですね!

    仕事は看護介護系のソフト開発を2年、今は銀行に出向して8年以上、行員さん向けツールの設計開発保守、OS・OFFICEソフトの移行対応などなどなんでもやってますっ
    採用にも手を出したり、、、

    今働いてる会社がより働きやすい環境になるように日々上司と奮闘中です!

    趣味はランニングとか身体動かすこととか飲み歩きとか映画、アニメ鑑賞とか、、仕事もプライベートも何でも屋みたいな感じです笑

  • 【入社を決めた理由】
    就活で特に重視していたのが、『社員の雰囲気』でした。
    なぜ重視していたかというと、「もしかすると仕事で辛い時期、大変な時期が来るかもしれない。そんな時、もし仲間の雰囲気が悪かったら、絶対耐えられない。」と思ったからです。
    プログラミング未経験、パソコンを使うのはネットくらいで、ITの知識もほぼゼロに等しい中、不安な気持ちいっぱいで入社して、彼此12年目。
    意外となんとかなるものですね(笑)


    【業務内容】
    現在は、金融系の企業のリスク管理部署に常駐し、お客様が使う小規模なシステム開発の案件に携わっています。
    主に担当している業務は、お客様の実現したいことを聞いて、...

  • 2013年に入社しました。
    営業マン向けの商談プロセスマネージメントツールを開発(現在は保守業務を担当)
    お客様先に常駐勤務しています。
    常駐していることもあり、実際の利用者の方の声が聴けること、
    お客様と密にコミュニケーションが取れることにやりがいを感じています。
    利用者(営業担当)の方がどういうものを求めているのか、
    どういうシステムが使いやすいのか、日々考えながら提案をしています。
    また、お客様とお食事をご一緒させていただく機会もとても多いです。

    美味しいお店をたくさん紹介して頂くので、
    休日に自分へのご褒美で美味しいご飯を食べることも楽しみの一つです。
    他には最近は貯めたお金で...

なにをやっているのか

  • 若手中堅が中心となって活発な議論が行われています。
  • ベトナム側とも連携を強化しています。

パスカリアグループは東京、つくば、ホーチミン、ハイフォン、ダナンに拠点を持つグローバルなIT企業です。(ラオスに新規拠点設立の準備中)
多種多様な業界のクライアントワーク事業、IT/業務コンサルティング事業、インフラ事業、データ分析事業、自社サービス事業、オフショア開発事業など幅広い事業を担います。

パスカリアはこの業界では老舗といわれる創業34年目を迎え、利益や生産性のみを追求するのではなく、企業文化や人間性を重要視する社風があります。
パスカリアという社名の由来でもあるフランス人哲学者のパスカルの有名な言葉「人間は考える葦である」より、「学びと成長の場」を大事にしています。
創業当時から続けてる新卒採用など、組織の団結力が強く、海外のエンジニアとの間でも、研修やプログラミングのレビューをし合うなど、相互に支援する文化が定着しており切磋琢磨しながら成長できる職場環境が一つの強みです。

パスカリア・アジア、Pascalia Asia Vietnamは創業5年足らずで売上高3億円を達成した、グローバルを舞台に成長しているスタートアップ企業です。
アジアで成長してる企業を表彰する「SME100 Asia」の2021年度版にノミネートされ、winnersの栄冠を手にしました。
http://sme100.asia/winner-2021-vn.php

パスカリアグループの中でも個の能力を活かした少数精鋭な集団として位置づけられており、エンドユーザーとの直契約に拘り、「開発から運用」や「上流から下流」など一貫したサービスを提供する技術力が強みです。
限定したドメイン知識やテクノロジーに縛られない、自由で幅広いキャリアパスを用意してます。
パスカリアグループでは組織の枠を超えて共同でプロジェクトを推進していますが、グループ企業間の異動も許容しており、例えば、パスカリア⇔パスカリアアジアも可能となります。

また、パスカリアグループでは社会に新しい価値を生み出すことを存在意義として掲げています。
HPC向けPCクラスタなどを使ったインフラ事業、金融データ分析、グローバルなチームによるハイブリッド型開発、AI研究開発、WEB/クラウドサービスの開発・運用プロジェクト、日本も含めた世界中に拠点を広げるGEビジネスなど、安定した環境で多種多様な事業に取り組むことを強みとしています。

外部の専門家によるコーチングも導入し、社員の心理的な不安を取り除き、毎朝ワクワクして仕事に取り組めるよう心掛けています。

【自社サービスの一例】
Goodeal:
ベトナム市場向けキャッシュバック・サービス。
ベトナムではe-commerce取り引きが増加しており、ユーザー数1000万を目指しています。
https://goodeal.com.vn/

パスカリア・アジア
https://pascaliaasia.com/ja

なぜやるのか

  • 有志の勉強会を開催しています
  • 政府関連研究機関の開発を担う、つくば拠点

私たちは『利他の精神を持ち、みんなが幸せになる』とのミッションを掲げました。

 その前提には、以下の外部要因の変化があります。

(1)インターネットが普及し口コミなどの情報がオープンになることで、市場のトップが供給側から消費側に移り、世の中の価値観が企業側ではなく顧客の都合を出発点に考える究極の顧客志向へと変化していること。
(2)グローバル化が進み、世の中の優秀なエンジニアがより良い環境や機会を求めて自由に活動できるフラットな世界が到来していること。

 自社の利益のみを追求する「悪しき資本主義的経営」では人々が幸せになることを追求できておらず、若者を中心とした新しい価値観・消費行動をリードできないのではないか ・・・ と感じています。同じ価値観を持ち、公平公正なコミュニティを構築し、一人では到底成し遂げられない未来を共に作るとの願いをこのミッションに込めました。

 具体的には、顧客・日本/海外の社員とその家族・パートナー(協力会社、アドバイザー、採用エージェント)・株主の間で、win-winの関係を作る事が、私たちが社会に存在する意義と考えています。

 共通の価値観を持った様々なステークホルダーと共存し、既存のイデオロギーに囚われない、ありのままの姿で、且つ共通のプロトコルを実装することで、コミュニティの強さが最適化され、弱みを補うことができます。

 このようなミッション、価値観をコミュニティで分かち合うことで目指す方向性が明確になり、そこに向かって人は学び、成長し、そして幸せを感じることができると考えます。その結果、一人ひとりが享受できる何らかしらのフィードバックの量が最大化されます。

 利他の精神がパスカリアグループを通して世界中に伝搬すれば、相手に対するマナーや思いやりの精神(禅の哲学に近いイメージ)を持った新たな社会の創造にも貢献できるのです。そして、みんなが幸せになる未来を創ることができます。このマインドを世界中の人々が持つことができれば、平和な未来を後世の子供たちに残すことができます。

 「利他の精神を持ったコミュニティを通してみんなが幸せになることで、世界が平和になる。」

 果てしない挑戦のように見えますが、パスカリアグループでは、まずは会社を家族と同じように自分の居場所だと思ってもらうところからスタートしています。家族の中では利他の精神を持ち助け合いますが、会社や社会というコミュニティにおいても同様の構造だと思います。

 会社は、売上を上げるために、利益を上げるためだけに存在しているのではありません。人や社会に必要とされて、そこで働く社員が誇りを持ち、その結果、みんなが幸せを感じることができる、そんな会社になるために存在しているのです。

 一見、クレイジーなミッション、ビジョン、価値観に共感する仲間がパスカリアグループには多数います。

 小規模ながら34年間続く独立系IT企業ではありますが、100年続く会社を目指し、パスカリアは本日も社員全員がワクワクした朝を迎えられるように改善を続けています。

どうやっているのか

  • ベトナム拠点:現地エンジニアとの交流を大切にしています
  • 自社サービス「GooDeal」のロゴ。eコマース、ライブコマース、チャットコマース、在庫管理、出荷管理(フルフィルメント)など多様化するオンラインの販売形態に対応していく技術力があります。

パスカリアグループとして両利きの経営を進めてます。
安定と挑戦をコンセプトに、「既存事業」「新規事業」「国内事業」「海外事業」の4つの事業領域があり、グループとして1つの組織文化を育むことを戦略の中核に据えてます。

■組織文脈
エンジニア自身が会社の重要な制度(価値観、働き方、評価制度、投資など)を議論し決定するプロセスにこそ本物の企業の形があると考えています。
エンジニア・ファーストの精神で、世の中の流れに応じた最適な企業に変化していきます。
経営の方針が変わるから企業文化が変わるのではなく、エンジニアの日々の行動により文化が育まれ、その結果、事業が成長していきます。
具体的には「企業文化醸成会」を発足し、例えば以下のようなアジェンダについてエンジニアと共に議論しています。

・フラットで権限委譲された組織(役職の撤廃など)
・社会的存在意義
・共通の価値観
・情報共有(経営会議、財務情報、営業情報、採用情報など)
・評価制度(独立採算制の導入、インセンティブ、360度評価による給与制度導入の検討など)
・株式のシェア
・投資対象の検討(新たなサービス開発、技術への投資、新たな海外拠点の設立など)
・チームビルディング(積極てきに会社の経費を利用した交流など)
・働き方の向上(子連れ出社、時間管理の撤廃、ロケーションフリーなど)

■事業文脈
プロダクト・ファーストではなく、エンジニア・ファーストのクライアントワーク事業を中核に据えているため、エンジニアへの投資に注力しています。
技術は日進月歩で物凄いスピードで進化していますが、その技術を作っているのはエンジニアです。
従いまして、エンジニアの能力開発に力を入れてまして、技術力が高く付加価値のある事業を推進するために、社内外からエンジニアのスペシャリストによるメンター支援制度や、英会話研修、キャリアカウンセリングなど幅広い支援を行っています。

各キャリアパスの中でも複数のタイプに細分化することで、社員が目指す方向性を明確にし、それを支援する「学びと成長の場」や「コーチング」を通してエンジニアとの認識を合わせます。

キャリアパスとタイプの例をご紹介します。
■「エンジニアのスペシャリスト」
技術に特化したキャリアパスを描いてるスペシャリスト志向の方に適したモデルです。
・Fタイプ:リニューアルやSaaS化など難易度の高い開発プロジェクトにエンジニアリングマネージャーとしてジョイン。基本設計、コードのレビューからエンジニアのチームマネジメントまで幅広い作業を担当。
・Tタイプ:年間売上数億円規模のトランザクションを有する某有名サービスのリニューアルをリード。サーバーレスのアーキテクチャの設計や他システムとの連携など技術調査・検証・提案から実装まで幅広く担当。

■「上流に特化したエンジニア」
エンジニアとしての経験を活かし、プロジェクトをリードしたい志向の方に適したモデルです。
・Jタイプ:社長室で新規事業の検討から要件定義、設計方針、開発マネジメント、インフラ担当との調整まで技術的な要素の強い上流工程を幅広く担当。
・Hタイプ:業務分析、要件定義、プロジェクトマネジメント、ブリッジSE、受入テストまでオフショアのエンジニアを率いてSE+αの作業を担当。

■「プロジェクト(事業)と組織作りの両輪を担う」
エンジニアのスペシャリストや上流に特化したエンジニアの次の段階として事業のみならず組織作りにも参加したい志向の方に適したモデルです。

こんなことやります

”自分がどうなりたいか“
を問う個のキャリア・ファーストの推奨をしてます。
これは欧米企業のような個人主義を推奨している訳ではなく、時代が変革しようとしてる中で、日本企業も変革を起こすことが、個人にとっても、社会にとっても大きな価値をもたらすと考えているからです。

そのため、私たちの会社では、新入社員1人1人の志向やこれまで学んできたスキルレベルを鑑みて、それぞれに合った新人研修・育成のプランを考えます。

そうすることで、ITを多く学んできた新入社員は、早く現場に出て学ぶことができ、早くから活躍することができます。
また、未経験の新入社員は基礎的な技術を時間を掛け、じっくり学んで頂く事で、個々にあわせた成長曲線(Learning curve)を描く事ができます。

具体的には以下のような以下のような段階に分かれています。
◆ベーシック ・・・ OS・ネットワーク、アルゴリズム系、オブジェクト指向、プログラミングなど
◆アドバンスド ・・・ AWS、AI、API、Docker、JavaScriptの3大フレームワーク Angular, React, Vue.js、コーディング・ベストプラクティスなど
◆プロジェクト ・・・ 実プロジェクトの過去案件、ペアプログラミングなど
◆自社WEBサービス ・・・ GooDeal(https://goodeal.com.vn/)の企画/開発/運用など

以下のステップにより研修を経て実際のプロジェクトにアサインされます。
期間:3か月~12か月程度(人によって異なる)
・Step1
自分のレベルに併せて、自らスケジュールを組んでスキルアップしてもらいます。
・Step2
各分野のプロフェッショナルなメンターがスキルアップを支援したり、評価をフィードバックしてくれます。
・Step3
研修完了後、能力開発チームと共にキャリアパスを設定し、実プロジェクトへのアサイン、という運びになります。

また、上記技術的な研修以外にも、英語レッスン、ロジカルシンキング研修や資格取得のバックアップなどに力を入れており、社員に成長してる実感を持ってもらうことを大切な価値観として考えてます。

更に、技術、語学、思考面のみならず心理的に健全な会社作りにも注力してます。
社内の1on1や外部のコーチングを導入することで将来への不安や問題が解消され、社員のパフォーマンスが発揮されるからです。会社が社員の居場所であると感じてもらえるように社員1人1人と向き合うことを大切にしてます。

まずは、気軽に会社に遊びに来てください。
社員とランチやお茶をしながら、会社のこと、仕事のこと、就活のことを話しましょう!

ITエンジニアとして働くということはどういうことか。
どんなキャリアを歩むのか。
どんな生活を送るのか。
そのようなことを、少しでも具体的にイメージしていただける場にしたいと思います!

また、私たちの会社の売りである、
「会社の雰囲気の良さ」
「年次を問わない社員同士の仲の良さ」
を感じ取っていただきたいと考えています!

会社の注目のストーリー

第一回座談会開催~福島県から来てくれました!~

たのしい歓迎会!

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社パスカリアの会社情報
株式会社パスカリア
  • 1988/10 に設立
  • 73人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
    3000万円以上の資金を調達済み /
    海外進出している /
  • ロケーションフリー制度を導入しており、地方在住の方などリモートワークでの勤務が可能です。また、地方から都心の大学に就学した方で地元に戻って就業するIターン・Uターン・Jターンも可能です。面談の場所も本社(東京都千代田区内神田1-15-3)以外で、オンライン面談も対応可能となっております。 UD内神田三丁目ビル
  • 株式会社パスカリアの会社情報
    株式会社パスカリア から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?