1
/
5
DevOps エンジニア
中途
6
エントリー
on 2021/12/24 245 views

人工衛星システムの DevOps を進めるエンジニア募集!

株式会社アクセルスペース

株式会社アクセルスペースのメンバー もっと見る

  • アクセルスペース、採用人事担当。

  • Co-Founder, 取締役, CTO

  • 廣田 祐一郎

なにをやっているのか

  • 弊社開発一号機目の超小型衛星"WNISAT-1"。一般的なデジカメと同じRGB(赤・緑・青)可視光波長カメラと、近赤外光波長カメラの2つのカメラを搭載し、宇宙から撮影することで北極海域の海氷を観測する人工衛星です。
  • 超小型衛星"WNISAT-1R"。WNISAT-1を大きく上回る観測性能および衛星の基本性能を達成しながらも、短期開発によりコストを抑えることに成功した人工衛星です。

アクセルスペースでは、超小型人工衛星と呼ばれる重さ100kg以下の人工衛星の設計・開発を中心事業に掲げています。
超小型衛星の歴史は、東京大学と東京工業大学の共同研究プロジェクトメンバーだった弊社の創業メンバー達が2003年に世界で初めて打ち上げた、大きさ10cm立方、重さたった1kgの手のひら衛星「CubeSat(キューブサット)」から始まりました(精密工学学誌 Vol.77. No.1, 2011参照)。
この10年間で超小型衛星は確実な進化を遂げ、そのミッション(機能・目的)を選択・集中・最適化することで大型衛星に負けないミッションを短期で低コストで遂行可能であり、実用化のステージに進んでいます。

アクセルスペースでは、単に衛星を開発し、販売するだけに留まらず、超小型衛星、そして宇宙というフィールドを新たに利用するお客様に対して、どのような問題が発生し、どのように解決していくのかを一緒に考えて、最適なシステムを提案します。そのような意味で、アクセルスペースでは、超小型衛星を中心として、最適システム提案・設計製造・打ち上げ・運用という一連の流れを提供する「宇宙ソリューションプロバイダー」となるべく事業を進めています。

なぜやるのか

  • 衛星網のイメージ図
  • 打上ロケットのイメージ図

昔、建物一杯にあったような大型計算機も、今やスマートフォンや携帯端末のサイズまで小型化し、省電力化し、高機能化しました。人工衛星も例外ではありません。
アクセルスペースでは、人工衛星の利用目的(ミッション)をお客様と深く議論することで必要な機能を選択・集中・最適化させ、最新のデバイスと小型化の技術を多用することで、大型衛星の1/10~1/100の低コスト化と開発期間2年以内という短期開発化を実現しました。このような大幅なコストダウン化により、民間企業、そしてもしかしたら個人レベルでも超小型衛星の所有、もしくはそれを使った新しいビジネスを展開を始められる可能性が出て来ています。
現在、世界的に見ても我々の開発コストと開発スピードで超小型衛星を開発できる企業は他にはありません。
一機辺りの開発コストが下がってきますと、一度に複数の超小型衛星を打ち上げ、群衛星としてより高度なミッションを遂行でき、世界中のあらゆる地点において、その上空には必ず超小型衛星が通過し写真を撮影できるようなことも可能になってきます。

"Space within Your Reach"
弊社のスローガンとなりますが、今まで国家主導で進められてきた宇宙開発の形を大きく変え、誰もが利用できる宇宙を目指し、幅広い宇宙利用のソリューションを提供できる数少ない技術者集団として、誰もがアクセスできる宇宙を実現していきます。

どうやっているのか

  • 弊社オフィス内での作業風景
  • 弊社オフィス内にあるクリーンルームの様子

超小型衛星を開発していると話しますと、”工場はどこにあるの?”という質問をよく受けます。アクセルスペースでは、PC上で設計をし、どこかの工場に製造を委託しているわけではなく、都内のオフィス内にクルーンルームを設置し、PC上の設計から始まり、実際に組み上げまで一貫して行っています。
アクセルスペースの超小型衛星の開発手法は、従来の大型衛星を小型化するという方法ではなく、低コスト化・短期開発を実現する超小型衛星ならでは開発手法を常に考えながら開発を進めています。その一例として、大型衛星が従来行ってきた各種環境試験(宇宙空間で人工衛星が正常に動作するかを、地上の試験設備を使って模擬し動作確認を行う試験)を全て行うのではなく、試験内容と手法を一度0から見直し、本当に必要な項目のみを選択して実施しています。
また、PCや最新のスマートフォンなどに代表される最新の電子デバイスやソフトウェア手法などを積極的に採用することで、超小型衛星でも大型衛星に引けを取らないミッションを遂行できるように設計開発をしています。
その為、宇宙工学・宇宙物理のバックグラウンドを持ったエンジニアだけではなく、他分野で活躍されている回路設計エンジニア・ソフトウェアエンジニアにも開発に携わって頂き、その最新の技術を用いてより高度な超小型衛星の開発を目指して行きたいと考えています。

こんなことやります

Axelspace の衛星運用チームは、現在 5 機の衛星からなるコンステレーションを運用しています。
2018 年末に最初の1機 GRUS-1A を打ち上げ運用を開始し、運用システムの改善を重ねて 2021年3月に4機 GRUS-1BCDE の同時打ち上げに対する初期運用を完了し、定常運用を行っています。
最初の1機の時点では、ほぼ存在しない状態であった運用システムを、ソフトウェア開発チーム自身が運用も行う DevOps のスタイルで行うことで、開発、拡張してきました。
CI/CD を活用し日常的に運用ソフトウェアのデプロイを行っており、GRUS-1BCDE の打ち上げに際しても、ごく簡単なものですが、first pass から 2nd pass までの間に運用システムを改変してデプロイしています。
これは、運用システムおよび衛星を含むシステム全体のアーキテクチャが、改変に対して頑強となるよう設計されていること、また、日常的に小さな更新を行うことで、更新そのもの、および、更新の検証、問題があった場合の検出、ロールバック等が安定して実現できる環境が構築されていることから実現できたことだと考えています。
これらは、現代的なソフトウェア開発では一定程度広く行われていることだと思いますが、アクセルスペースの衛星運用チームでは、こういった手法をより進化させて、みなさんと一緒に、スケールする衛星サービスを作って行きたいと思います。

会社の注目のストーリー

【Axelspace Employee Interview #06 (Engineer ver.)】No Satellite Images without DevOps!

宇宙スタートアップで働くということ (第2回)

【Axelspaceの社員 #06 (エンジニア編)】DevOpsなしでは人工衛星画像の提供はできません!撮影した画像が利用者の手元に届くまで🛰

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社アクセルスペースの会社情報
株式会社アクセルスペース
  • 2008/08 に設立
  • 90人のメンバー
  • 1億円以上の資金を調達済み /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都中央区日本橋本町三丁目3番3号 Clipニホンバシビル
  • 株式会社アクセルスペースの会社情報
    株式会社アクセルスペース から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?