350万人が利用する会社訪問アプリ

  • AI・画像処理アルゴリズム
  • 11エントリー

AI・画像技術でIoTスマート社会を実現!自社プロダクトの設計開発をお任せ

AI・画像処理アルゴリズム
Mid-career
11エントリー

on 2022/01/04

469 views

11人がエントリー中

AI・画像技術でIoTスマート社会を実現!自社プロダクトの設計開発をお任せ

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Sadoshima Ryuhei

1979年生まれ。1999年Daigakunote.com 創業(CEO)学生向けポータルサービス立ち上げる。2002年ソネット株式会社入社後、モバイルビジネスを立ち上げる。2010年モーションポートレートに入社し、ビジネス開発・アプリ企画(CMO)を経験。2014年セーフィー株式会社創業(CEO) 

Kazuma Morimoto

2001年東京大学工学部を卒業後、ソニーに入社。営業職から開発職にキャリアチェンジし、Walkman、カメラなどのシステムLSI開発からTVなどメディア系プロダクトのソフトウェア開発を経験する。2021年 GREE CTO室勤務を経て、2013年にソニーからスピンアウトしたモーションポートレートに入社。顔認証技術を利用したライブラリ開発に携わる。2014年10月にセーフィー株式会社を創業。Safieの開発全体を統括。

Tetsuharu Furuta

愛知県長久手市出身。京都大学(院)修了。 McKinsey & Companyにて日本オフィス及び南アフリカオフィスにて勤務。電機・IT業界を中心に、戦略、マーケティング、オペレーション改善等のプロジェクトに従事。 その後、産業革新機構にて、海外投資、ベンチャー投資、再編投資等を実行、海外企業3社の社外取締役にも就任。 17年3月より、SafieにCFOとして参画、同年9月に9.7億円の資金調達、19年秋に合計20億円超の資金調達実施。 21年9月に東証マザーズ上場へ向けて邁進中。

セーフィー株式会社のメンバー

1979年生まれ。1999年Daigakunote.com 創業(CEO)学生向けポータルサービス立ち上げる。2002年ソネット株式会社入社後、モバイルビジネスを立ち上げる。2010年モーションポートレートに入社し、ビジネス開発・アプリ企画(CMO)を経験。2014年セーフィー株式会社創業(CEO)

なにをやっているのか

【サービス・事業】 私達は、「映像から未来をつくる」というビジョンのもと、日本中、世界中のカメラの映像をクラウド化し、自分のため、 社会のために誰もが活用できる映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を提供しています。 設立から3年でクラウド録画サービスシェア1位(※)を獲得し、以降は常にシェアNo.1をキープし続けており、現在のマーケットシェアは56.4%(※)で圧倒的シェアを獲得しています。 また5年でクラウド録画サービス市場全体が376%成長しており、事業のみならず社会的ニーズも飛躍的に高まってきています。 高画質・安価・誰でもカンタンに使えるセーフィーのクラウドカメラサービスは、小売・外食・不動産・建設・各種自治体など、幅広い業界からの支持を頂いております。 また、対応カメラの種類は約1,000種類にものぼり、お客様に合わせた最適なソリューション提供を行っております。 ※テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より サービスの使用用途も下記のように幅広くお使いいただいております。 ・防犯・監視カメラ用途 ・遠隔での映像確認による、人手不足対策、業務効率化推進 ・AIによる映像解析を用いた、映像データのマーケティング活用 【プロダクト紹介(一部)】 創業以来、様々な業界の課題を解決する過程で、数多くのプロダクトを開発、リリースしてきました。 ラインナップの豊富さはセーフィーの特徴でもあります。 ・Safie One(セーフィー ワン) AIを利用したアプリ(AI-App)として、小売業の課題解決を目的に立ち入り検知・通過人数カウント・立ち入りカウント機能を提供。アプリは用途に応じて入れ替え可能で、様々な業態に向けたアプリを提供予定です。 ・Safie Pocket 2(セーフィー ポケット ツー) セーフィーが自社開発したLTEを内蔵したウェアラブルカメラです。小型なので携帯可能遠隔業務で活躍。遠隔臨場、遠隔立ち会い、遠隔監査、遠隔臨店、遠隔工程検査、遠隔点検など様々なシーンで利用されている防水性・防塵性・熱対策やバッテリー内蔵など、自社カメラならでは工夫が多数みられます。 ・Safie Entrance2(セーフィー エントランスツー) Safie Entranceは顔認証で入退出をハンズフリーに、多拠点での導入もかんたんなクラウド型入退室管理サービスです。 入退履歴データはいつでもどこでも簡単にWEB上から確認することができます。 ▼事業概要 https://safie.co.jp/teams/about/ ▼プロダクト紹介ページ https://safie.co.jp/teams/product/
クラウド録画サービスシェアNo.1「Safie(セーフィー)」
Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2021」1位受賞   ©︎ CEO Conference 2020
従業員は約300名。多種多様なメンバーが参画しています。
裁量を持って自立して働けます。
デモンストレーションスペース
セーフィーの描く未来

なにをやっているのか

クラウド録画サービスシェアNo.1「Safie(セーフィー)」

Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2021」1位受賞   ©︎ CEO Conference 2020

【サービス・事業】 私達は、「映像から未来をつくる」というビジョンのもと、日本中、世界中のカメラの映像をクラウド化し、自分のため、 社会のために誰もが活用できる映像プラットフォーム「Safie(セーフィー)」を提供しています。 設立から3年でクラウド録画サービスシェア1位(※)を獲得し、以降は常にシェアNo.1をキープし続けており、現在のマーケットシェアは56.4%(※)で圧倒的シェアを獲得しています。 また5年でクラウド録画サービス市場全体が376%成長しており、事業のみならず社会的ニーズも飛躍的に高まってきています。 高画質・安価・誰でもカンタンに使えるセーフィーのクラウドカメラサービスは、小売・外食・不動産・建設・各種自治体など、幅広い業界からの支持を頂いております。 また、対応カメラの種類は約1,000種類にものぼり、お客様に合わせた最適なソリューション提供を行っております。 ※テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より サービスの使用用途も下記のように幅広くお使いいただいております。 ・防犯・監視カメラ用途 ・遠隔での映像確認による、人手不足対策、業務効率化推進 ・AIによる映像解析を用いた、映像データのマーケティング活用 【プロダクト紹介(一部)】 創業以来、様々な業界の課題を解決する過程で、数多くのプロダクトを開発、リリースしてきました。 ラインナップの豊富さはセーフィーの特徴でもあります。 ・Safie One(セーフィー ワン) AIを利用したアプリ(AI-App)として、小売業の課題解決を目的に立ち入り検知・通過人数カウント・立ち入りカウント機能を提供。アプリは用途に応じて入れ替え可能で、様々な業態に向けたアプリを提供予定です。 ・Safie Pocket 2(セーフィー ポケット ツー) セーフィーが自社開発したLTEを内蔵したウェアラブルカメラです。小型なので携帯可能遠隔業務で活躍。遠隔臨場、遠隔立ち会い、遠隔監査、遠隔臨店、遠隔工程検査、遠隔点検など様々なシーンで利用されている防水性・防塵性・熱対策やバッテリー内蔵など、自社カメラならでは工夫が多数みられます。 ・Safie Entrance2(セーフィー エントランスツー) Safie Entranceは顔認証で入退出をハンズフリーに、多拠点での導入もかんたんなクラウド型入退室管理サービスです。 入退履歴データはいつでもどこでも簡単にWEB上から確認することができます。 ▼事業概要 https://safie.co.jp/teams/about/ ▼プロダクト紹介ページ https://safie.co.jp/teams/product/

なぜやるのか

デモンストレーションスペース

セーフィーの描く未来

【私たちの目指す未来】 私たちは、世界中であらゆる技術や、人、モノと繋がる「映像プラットフォーム」の構築のため、日々お客様と向き合い続けています。 世界でも類を見ないビジネスモデル、サービスで、日本発スタートアップとして更なる飛躍を目指しています。 今では、セーフィーの課金カメラ台数は18万台を超え、映像データ量も20PB(1台のカメラで24時間録画した×1万年分のデータ)を超えました。 しかし、私たちが実現したい世界はまだ数%しか実現できておらず、より多くの志ある仲間が必要です。 より多くの仲間とともに、映像・クラウド・AI技術を駆使し、人々の「第3の目」となることで、ひとりひとりが日々の意思決定をスピーディーかつ効果的に行うことができる次の時代をつくります。 【日本の労働力人口6900万人のみならず日本・世界のあらゆる人々の課題を解決できる】 創業のきっかけは、代表の佐渡島が家を建てた際、「防犯カメラ」を取り付けるのに高額かつ低画質だった事から、一般家庭でも手の届く価格で安心なシステムを提供できればという想いからでした。 従来の防犯カメラや監視カメラは、専用の録画機器・サーバ・ソフトウェアを必要とし、一式で数十万円以上のコストがかかる高価なソリューションでした。そこで私達は、クラウドのチカラを最大限に活かすことで、従来型の監視カメラと比較して価格はおよそ10分の1に抑え、高画質かつスマホやPCを通じて、いつでも、どこでも、カンタンに使えるサービスを提供してきました。 さらに、映像をただ「録る・見る」だけではなく、機械学習や顔認識など最新の画像処理と連携することで、多様な映像活用を可能にし、「映像プラットフォーム」の実現に向けて力強く歩み始めています。従来の防犯用途だけでなく、ビジネスの効率化、マーケティング支援、映像コンテンツとしての活用など幅広い用途で映像をご活用いただいております。 すでに、小売・飲食・建設現場等の業界のトップ企業を中心に導入いただいており、業界を問わない映像ソリューションをさらに広げていきます。 ▼採用サイト https://safie.co.jp/teams/ ▼ビジョン・カルチャー https://safie.co.jp/teams/vision/ ▼テックブログはこちら https://engineers.safie.link/ ▼セーフィーnote https://note.com/safie_ ▼Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2021」で1位を受賞致しました https://article.safie.link/safietimes/news/1465

どうやっているのか

従業員は約300名。多種多様なメンバーが参画しています。

裁量を持って自立して働けます。

【急成長する組織・事業・プロダクト】 事業拡大に伴い、毎年100名ほど仲間が増えています。 20代〜30代のメンバーが多く、それぞれが裁量を持ち、自立して働くことが特徴的な組織です。 2021年9月には、東京証券取引所へ上場し、事業を更にグロースさせていくフェーズを迎えた今、「7つのカルチャー」を軸に、「映像から未来をつくる」とのビジョンの実現を共に目指せる仲間を募集しています。 【"異才一体"で事業成長に挑むメンバー】 当社のビジョンに共感し入社してきた、非常に優秀かつ楽しい仲間たちが集まっています。 当社の「7つのカルチャー」のうちの一つである「異才一体」を体現し、より多くの人々にサービスを届けるため、日々高いレベルのコミュニケーションを取りながら事業を推進しています。 出身企業例(一部): ソニー、GREE、マッキンゼー、メルカリ、ソフトバンク、ビズリーチ、エムスリー、トヨタ、アマゾンジャパン、Yahoo、アクセンチュア、楽天、三菱商事、BCG、リクルート、DeNA、セールスフォース、デロイトトーマツ、キーエンス など 【働きやすい環境づくりのための様々な制度】 社員の皆さんに活き活きと働いていただけるよう、スキルアップのための補助や、先輩社員との交流の機会、副業可といった様々な制度を用意しています。 ・近距離手当(本社オフィスから3.5km圏内の居住者) ・資格・学習補助(セミナー・カンファレンスの参加費用、業務に関連する書籍代・研修参加費用、勉強会、セミナー参加費補助、業務に関連する資格試験の受験費用、業務に関連する登録費用(登録維持含む) など) ・メンター制度(入社から1か月間は先輩社員が1対1でサポート、ランチ代を週に一度まで会社負担で精算) ・異才ランチ(他部門の社員とのランチ代を月2回まで会社負担で精算) ・フリードリンク(常時10種以上) ・副業可 ・フレックス制(一部部門は除く)

こんなことやります

【募集概要】 セーフィー株式会社は「映像から未来をつくる」をビジョンに、クラウド録画型映像プラットフォーム「Safie」の開発と運営、クラウド録画対応カメラの販売、関連サービスの開発と運営を行っている企業です。 画像認識エンジニアは、ユーザが保有するクラウドカメラの膨大な映像データから意味や構造を抽出し、映像データの利活用と意思決定を支援することで、ユーザの課題を解決することを目指します。 クラウドカメラに対する期待は、防犯や記録用途だけではなく、映像を活用した自動化やデジタルトランスフォーメーションにまで拡大しています。有用な画像認識の研究成果を素早く取り入れ、多様な映像サービスの創出に貢献していただける画像認識エンジニアを募集しています。 【具体的な業務内容】 ・画像認識・画像処理アルゴリズムの調査、開発 ・同アルゴリズムを用いた、システム、プロダクトのプロトタイピング、PoC、設計開発 【利用技術】 ・開発言語  -Python、C++ ・AWS  -EC2、S3、ECR、Sagemaker ・データベース  -MySQL、 Redis、Elasticsearch、DynamoDB ・CI/CD  -Github Actions ・コミュニケーション  -Slack  -Github  -Google Workspace  -Wrike 【当社の特徴・魅力】 ・当社のプラットフォームには、小売、飲食、建設、製造、公共といった幅広い業界に渡り14万台以上のカメラが接続され、映像データが集積されています。これらのカメラの映像を通して学習を行いカメラを賢くしていき、「見る・聞く・記憶する・しゃべる・考える」など、人が行っていることを代替していくことで、ユーザの課題解決と新規サービスの開発を進めています。 ・画像認識エンジニアは、画像認識や深層学習技術を使ってサービスや機能の開発を行います。アルゴリズムの素養や数理的な思考能力を持ったチームメンバーとのディスカッションを通して成長できる環境が用意されています。また、製品レベルの実装も行うため、プログラミングやソフトウェアエンジニアリングの観点からのコードのレビューを通して、有用なフィードバックを受け取ることができます。クラウドだけでなくエッジやフォグなどの計算資源の特性を考慮して、システムの検討とターゲットに応じたアプリケーションの実装もしています。 ・サービスの開発では、サーバーサイドエンジニア、フロントエンジニア、デバイスエンジニアなど他のエンジニアと連携して仕事を進めることになります。また、事業開発のために、ビジネス職のメンバとチームを組んで、ユーザ課題の抽出、コンセプトの立案、実証実験(PoC)、プロトタイピングを共創する機会もあり、自身が開発した技術を着実に社会実装できる環境が整っています。 【必須要件】 ・画像処理、画像認識、機械学習、数学の基本的な知識と理解 ・Python/C++/Java/JavaScript/Goなどの言語を用いた開発の2年以上の実務経験 ・英語で文献調査が可能な程度の読解力 【歓迎要件】 ・画像認識を用いた製品・サービスの設計/実装/運用経験 ・画像認識アルゴリズム・コンピュータビジョン・機械学習の研究開発経験 ・ウェブサービスの開発経験 ・AWS等のクラウドサービスを活用した経験 ・映像を用いた製品の組み込み開発経験 ・3人以上の開発チームのリーダー経験 ・メンバー育成やチームビルディングの経験 【求める人物像】 ・業務に於いて常日頃、ResposibilityとAccountablityに対して高い意識をお持ちの方 ・チームとして業務を遂行できる方 ・コミュニケーションに於いて、対話を一番に大事にされる方
30人がこの募集を応援しています

30人がこの募集を応援しています

+18

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2014/10に設立

434人のメンバー

  • Funded more than $300,000/
  • Funded more than $1,000,000/

東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー