350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 金融・保険の総合代理店
  • 1エントリー

ただの保険会社じゃない!?保険を通じて社会を変える新規事業を作っています

金融・保険の総合代理店
Mid-career
1エントリー

on 2022/01/07

498 views

1人がエントリー中

ただの保険会社じゃない!?保険を通じて社会を変える新規事業を作っています

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Tetsuma Adachi

1985年、京都府生まれ。大学3年から保険のセールス業界へインターンとして活動。大学4年時にはMDRTのCOT基準をクリア、社会人1年目でTOTの基準を超える実績を出す。2010年フルコミッションの大手保険代理店へ転職し25歳でTOTに初登録。TOT8回の登録は世界最年少。2014年より2億の赤字を抱えた会社を引き継ぎ、R&C株式会社の代表取締役に就任。現在は「日本で一番お客様を守る保険代理店になる」というビジョンの下、全国22拠点、160名を超える保険代理店組織を経営している。保険乗合代理店業界で最大の所属募集人数を誇る一般社団法人保険乗合代理店協会の最年少理事や一般社団法人日本企業地震保険協会の理事長も兼務している。

【社長インタビュー掲載】営業で成果を上げ続ける方法

Tetsuma Adachiさんのストーリー

Hideyuki Imamura

“やっぱ営業やってみないと”と半分勉強のつもりで転じた保険業界。エンジニアとしてスタートした人生に偶然が重なり、この会社との縁を頂いた。「所詮、保険代理店でしょ?」と思っていた昔と違い、ソリューションとして本当の意味でお客様の役に立てると実感した。大きく変わりつつある業界だからこそ、“信頼される組織”を作り上げれば大きなチャンスがある。そして、多くの雇用を創出し地域を元気にできる事はとても価値ある事。競争から共生へ、個からチームへ…。個人の成長が会社の成長に直結する今のステージを存分に楽しみながら、皆で全国組織をつくり、未来へのバトンをつなぐ。その中で、仲間、成長、自信、信用、やりがい、想い出といった報酬を得ていきたい、得てほしい。保険を売ることは、その人の未来を“守る”こと。それは、その人の未来を“つくる”こと。その地域の未来を“つくる”こと、この国の未来を“つくる”こと。

井寺 晴美

R&C(株)営業企画部所属。広報・社長秘書・新卒採用。福岡うまれ。 知りたい!見たい!体験したい!好奇心のかたまり。観劇が好きすぎて上京。

【掲載中!】オカネコ

井寺 晴美さんのストーリー

Masahiko Hishimura

1985年、長崎県生まれ。10以上の金融資格を持ち、生命保険および金融サービス事業における最高水準として世界で認知される独立組織MDRTの正会員。セールス・セミナー講師・個人投資家として成果を収め、金融メディアの監修も手掛ける『お金のエキスパート』として幅広く活動している。登壇するマネー講座は平均満足度97%と好評で、目からウロコのお金の話を各所で展開していることから巷では “金の呼吸” などと呼ばれている。趣味のピアノはプロ顔負けの腕前だとか。

R&C株式会社のメンバー

1985年、京都府生まれ。大学3年から保険のセールス業界へインターンとして活動。大学4年時にはMDRTのCOT基準をクリア、社会人1年目でTOTの基準を超える実績を出す。2010年フルコミッションの大手保険代理店へ転職し25歳でTOTに初登録。TOT8回の登録は世界最年少。2014年より2億の赤字を抱えた会社を引き継ぎ、R&C株式会社の代表取締役に就任。現在は「日本で一番お客様を守る保険代理店になる」というビジョンの下、全国22拠点、160名を超える保険代理店組織を経営している。保険乗合代理店業界で最大の所属募集人数を誇る一般社団法人保険乗合代理店協会の最年少理事や一般社団法人日本企業地震保...

なにをやっているのか

お客様が本当に「守り続けたいもの」をサステイナブルに繁栄させるため、 総合金融サービスグループとして、必要なソリューションを提供しています。 老後2000万問題、年金問題、 お金の悩みは尽きることがありません。 そんな時代においても、 次の世代には幸せに暮らしてほしいですよね。 弊社は、どんな状況においても“一人一人の人生を守る”ことにフォーカスして 事業を展開しております。 お客様の未来を“守る”ことは、その人の家族を“守る”こと、 その人の未来を“つくる”こと、その地域の未来を“つくる”こと、そしてこの国の未来を“つくる”こと。 そんな思いで日々仕事に奔走しています。 お客様の幸せな暮らしを、 「お金」の面からサポートしています。
代表取締役 足立哲真

なにをやっているのか

代表取締役 足立哲真

お客様が本当に「守り続けたいもの」をサステイナブルに繁栄させるため、 総合金融サービスグループとして、必要なソリューションを提供しています。 老後2000万問題、年金問題、 お金の悩みは尽きることがありません。 そんな時代においても、 次の世代には幸せに暮らしてほしいですよね。 弊社は、どんな状況においても“一人一人の人生を守る”ことにフォーカスして 事業を展開しております。 お客様の未来を“守る”ことは、その人の家族を“守る”こと、 その人の未来を“つくる”こと、その地域の未来を“つくる”こと、そしてこの国の未来を“つくる”こと。 そんな思いで日々仕事に奔走しています。 お客様の幸せな暮らしを、 「お金」の面からサポートしています。

なぜやるのか

我々が今の金融業界の実態に疑問を持っているからです。 「会社のためだけに働いていないか?」 「本当にお客様の役に立っているのか?」 「もっとお客様のためにできることはないのか?」 そんなことを考えながら、 日々働いております。 今現在でもこの世の中には、残念ながらお客様のためではなく、 会社の目標達成のために仕事をしている証券会社が多くあります。 しかしながら、私たちはそんな世の中を変えたい。 お客様の目線に立って、お客様の幸せのために、 最適なプランを提案する。 そんな働き方を弊社はしています。 どこにも属さない独立した総合金融グループであるという特徴を活かして、 お客様が最も必要としているサポートだけを提供しています。

どうやっているのか

お客様の幸せな暮らしを追求することを第一に会社を運営しています。 特徴的なのは、 「残高報酬主義」を採用していること。 金融機関の多くは、 金融商品を売買した際に生じる手数料で利益を創出しています。 しかしながらこのやり方では、 会社の利益のため、会社都合での取引が横行してしまいます。 そんな現状を少しでも良くしていくため弊社が採用しているのが、 お客様の残高に連動して報酬をいただく残高報酬主義。 お客様の残高を増やせば増やすだけ、 会社の利益や個人の報酬も上がっていきます。 規模の小さい会社である分、 人件費や固定費は大企業に比べると非常に小さく、 その分仕事の成果が社員個人に反映されやすいです。 お客様にとっても、働く社員にとっても意味のある、 残高報酬主義が弊社の特徴です。

こんなことやります

「保険業界に不満は無いけど、何かイマイチ刺激が足りないな」 「古い業界だから中々新しいこととか出来ないし・・・」 その気持ちわかります… 保険業界って、IT業界などの比較的新しい業界と比べて、 あまり変化が起きませんよね。 自分が頑張った結果がインセンティブとして反映されやすい 保険業界に不満は無いとはいえど、そろそろ何かにチャレンジしたいなんて 気持ちを持つ方が一定数いらっしゃるのではないでしょうか? そんなあなたに朗報です。 総合代理店であるR&Cなら、”新規事業”を積極的に立ち上げていますよ! 【弊社の新規事業】 R&Cでは、「保険を武器に社会を変える」をコンセプトに 様々な新規事業を立ち上げています。 近年では、普通保険の加入が難しいLGBTの方向けに 「パートナー共済」というプランを作るなど、 とにかく社会問題を保険で解決するため、奮闘しております。 この他にも、がんの早期発見をサポートする「まもーる事業」など、 手掛けている事業を数多くあるため、 《保険業界で何か新しいことをやってみたい!》 なんて方に特におすすめ! また、弊社の中期ビジョンは、 《全員が年収1,000万を超える保険代理店になる!》 ということ。 少しでも興味を持った方は、一度カジュアルに面談しませんか? お気軽にお問い合わせください!
17人がこの募集を応援しています

17人がこの募集を応援しています

+5

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2006/05に設立

270人のメンバー

東京都港区芝浦3-16-4 山田ビル4F