350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 事業開発
  • 6エントリー

東北大発!技術の可能性を広げる0→1を創り出す事業開発を募集

事業開発
Mid-career
6エントリー

on 2022/01/11

746 views

6人がエントリー中

東北大発!技術の可能性を広げる0→1を創り出す事業開発を募集

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

伊勢 賢太郎

京都大学大学院農学研究科修士課程修了。大学卒業後、株式会社池田泉州銀行へ入社し、資金調達や産学連携支援業務に従事。後に関西ティー・エル・オー株式会社(現:株式会社TLO京都)にて大学が保有する知財のライセンス活動や企業連携支援に携わる。数多くの大学研究案件を担当する中で大関真之に出会う。その後、東北大学大学院情報科学研究科特任助教を経て、創業メンバーとしてシグマアイを設立。

吉本 隆久

大関 真之

駿台予備学校講師を務めながら東京工業大学で博士(理学)を取得したのち、京都大学、ローマ大学、東北大学でアカデミックキャリアを積む。アカデミアでは研究成果を積みあげるのがプロジェクトの進展、キャリア形成のための方法論になっているのではないかと疑問を持ち、 さらに自分たちの研究成果を眺めたときに、これはいったい誰のためになるのだろう、と自問自答をし始めたのがシグマアイ創業のきっかけ。本当に価値ある研究成果を世の中の人に届けるのは自分自身がやるべきなのではないか、と考えてアカデミア・ビジネス・カスタマー(ABC)ブリッジとしてシグマアイを創業。 シグマアイでは創業者として、ABCブリッジを実現するために、アカデミアに片足を置きながらシグマアイのディレクション、フロントエンド、バックエンド、基盤技術の創出を行なっています。 「わかりやすい」ということは平易な言葉で語ることではなく、その意味が誰にでもわかるように表現されること。これを大切にしています。その精神でシグマアイの技術を世に伝えようと努めております。 運命の数字は全て2です。生まれた日も2月22日、2月にいいことや人生の転機があります。

株式会社シグマアイのメンバー

京都大学大学院農学研究科修士課程修了。大学卒業後、株式会社池田泉州銀行へ入社し、資金調達や産学連携支援業務に従事。後に関西ティー・エル・オー株式会社(現:株式会社TLO京都)にて大学が保有する知財のライセンス活動や企業連携支援に携わる。数多くの大学研究案件を担当する中で大関真之に出会う。その後、東北大学大学院情報科学研究科特任助教を経て、創業メンバーとしてシグマアイを設立。

なにをやっているのか

■□シグマアイについて□■ 私たちシグマアイは、東北大学で量子アニーリングの研究に従事していた大関真之を中心とした3名のメンバーの、量子コンピューターを通して社会のより良い発展に貢献したいとの想いから、2019年4月に設立しました。 ■□事業内容について□■ 量子力学を応用した量子コンピューターは計算速度が現在のスーパーコンピューターをはるかに上回り、膨大な量の計算をリアルタイムに処理できるもの。私たちはその専門性を駆使して、量子コンピューターの活用を検討する段階の企業に技術指導するほか、企業の研究開発にコンサルティングを行っています。また、その経験を活かして、世の中の「不」を無くす独自サービスの研究開発を進めています。具体的には、物流で最適な経路を選んだり、工場で働く人のノウハウや相性をもとに最適な人員配置を決めたりといった計算を瞬時に行い、最適な選択肢を含め複数の案を提示することが見込まれます。想像できていなかった領域にも必ず役立てる技術が私たちにはあります。未知なる領域への新たな価値を見出すために、まずはできることからと、日本を代表する世界的メーカーと一緒に課題解決の支援を行っています。 ただ、まだまだ道半ばです。現在は上記以外にSaaS事業にも乗り出し、シグマアイならではの新サービスを創るために日々企業様と折衝したり、自分たちで企画から設計・開発を行っています。ぜひ一緒に新しい事業を創っていきましょう。 ■□社会からの期待について□■ 2019年12月には資金調達総額5億円となりました。事業の成長を加速させるための人材採用、事業会社とのさらなる連携を行い、量子アニーリング技術の社会実装をさらに加速していきます。 ■□最近の取組みについて□■ ・2020年4月10日 経営ハッカーに掲載されました。 【量子コンピューターの社会実装を可能とする産学連携の新しい道】 https://keiei.freee.co.jp/articles/i0101922?fbclid=IwAR3rzSku4KLQKtryvKFkPGrSolWK4Vfa5p4AJepvZOcVFTHGo6kYlM-bPC0 ・2020年4月11日 IEEE Spectrumに弊社の取組みが掲載されました。 【量子アニーリングを活用した対コロナに向けた活動】 https://spectrum.ieee.org/tech-talk/computing/hardware/can-quantum-computing-help-us-respond-to-the-coronavirus ・2020年4月25日 東洋経済に弊社の取組みが掲載されました。 【量子をビジネスで実用化」の時代はすぐそこ】 https://toyokeizai.net/articles/-/342110 ・2020年5月7日 COVID-19対策への取り組みが日経新聞で取上げられました。 【シグマアイ、量子コンピューターでコロナ医療実務の研究】 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58799150X00C20A5XY0000/ ・2020年5月12日 東北大学事業イノベーションセンターにて取組みが紹介されました。 【黎明期の「量子アニーリング」民間活用で世界市場をねらう】 http://www.rpip.tohoku.ac.jp/sangaku/inn/venture/https-sigmailab-com-index-jp-html/

なにをやっているのか

■□シグマアイについて□■ 私たちシグマアイは、東北大学で量子アニーリングの研究に従事していた大関真之を中心とした3名のメンバーの、量子コンピューターを通して社会のより良い発展に貢献したいとの想いから、2019年4月に設立しました。 ■□事業内容について□■ 量子力学を応用した量子コンピューターは計算速度が現在のスーパーコンピューターをはるかに上回り、膨大な量の計算をリアルタイムに処理できるもの。私たちはその専門性を駆使して、量子コンピューターの活用を検討する段階の企業に技術指導するほか、企業の研究開発にコンサルティングを行っています。また、その経験を活かして、世の中の「不」を無くす独自サービスの研究開発を進めています。具体的には、物流で最適な経路を選んだり、工場で働く人のノウハウや相性をもとに最適な人員配置を決めたりといった計算を瞬時に行い、最適な選択肢を含め複数の案を提示することが見込まれます。想像できていなかった領域にも必ず役立てる技術が私たちにはあります。未知なる領域への新たな価値を見出すために、まずはできることからと、日本を代表する世界的メーカーと一緒に課題解決の支援を行っています。 ただ、まだまだ道半ばです。現在は上記以外にSaaS事業にも乗り出し、シグマアイならではの新サービスを創るために日々企業様と折衝したり、自分たちで企画から設計・開発を行っています。ぜひ一緒に新しい事業を創っていきましょう。 ■□社会からの期待について□■ 2019年12月には資金調達総額5億円となりました。事業の成長を加速させるための人材採用、事業会社とのさらなる連携を行い、量子アニーリング技術の社会実装をさらに加速していきます。 ■□最近の取組みについて□■ ・2020年4月10日 経営ハッカーに掲載されました。 【量子コンピューターの社会実装を可能とする産学連携の新しい道】 https://keiei.freee.co.jp/articles/i0101922?fbclid=IwAR3rzSku4KLQKtryvKFkPGrSolWK4Vfa5p4AJepvZOcVFTHGo6kYlM-bPC0 ・2020年4月11日 IEEE Spectrumに弊社の取組みが掲載されました。 【量子アニーリングを活用した対コロナに向けた活動】 https://spectrum.ieee.org/tech-talk/computing/hardware/can-quantum-computing-help-us-respond-to-the-coronavirus ・2020年4月25日 東洋経済に弊社の取組みが掲載されました。 【量子をビジネスで実用化」の時代はすぐそこ】 https://toyokeizai.net/articles/-/342110 ・2020年5月7日 COVID-19対策への取り組みが日経新聞で取上げられました。 【シグマアイ、量子コンピューターでコロナ医療実務の研究】 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58799150X00C20A5XY0000/ ・2020年5月12日 東北大学事業イノベーションセンターにて取組みが紹介されました。 【黎明期の「量子アニーリング」民間活用で世界市場をねらう】 http://www.rpip.tohoku.ac.jp/sangaku/inn/venture/https-sigmailab-com-index-jp-html/

なぜやるのか

■□実現したいこと□■ 私たちは「顧客価値」を一番と考え、アカデミアをビジネスをつなげたサービスを、今までにない技術レベルとスピードで提供していきたいと考えています。 現役大学准教授の専門家と現役ビジネスマンが同じ思想を持ち、働いている会社。 科学技術の進展とともにビジネスシーンは大きく塗り替えられている中、私たちは新しいアイデアを生み出し続けることで、世の中に貢献してまいります。 ■□大事にしていること□■ (Academic) 科学で最も重要な客観的な事実に基づく判断と技術力で、 (Business) ビジネスで最も重要な信頼と実績で、 (Customer) お客様と常に向き合いながら未来創造のためのお手伝いします。

どうやっているのか

■□大切にしていること□■ 好きな場所で働けます。大学の准教授や元メーカーエンジニア、金融出身者や大学生など、多様な価値観をもつ人が集まり、オープンなコミュニケーションを通じて世の中に役立つことは何なのかを考えています。 ■□社内制度□■ 現在社内規定を作成しているところです。 ぜひみなさんと一緒に作っていきましょう! ■□一緒に働くメンバー□■ これから随時アップしていきます。

こんなことやります

【シグマアイについて】 シグマアイが創業した2019年4月は、量子コンピューターというものを用いたコンサル事業やセミナーをメイン事業としておりました。自分たちのスキルでもっと世の中に役立つことをしたいという思いから、2020年より事業を拡大させSaaS事業も開始。新しいプロダクトもローンチしました。今後もシグマアイの量子コンピューティング技術は、多業界で様々な場面や課題において、解決できる可能性があります。まさにマーケット課題、顧客課題とシグマアイの技術をどのように活用すれば、解決していくことができるのかぜひ以下の内容に共感いただける方、ご応募ください! 【募集ポジションについて】 事業開発 【業務内容について】 ・お客様の真の課題を特定するための仮説検証 ・PoCを含めた顧客とのコミュニケーションおよび提案、実証実験などのコンサルティング業務 ・サービス企画や開発チームへのフィードバック ・事業開発のご経験をお持ちの方 ※0→1フェーズの立ち上げ業務のご経験がある方はぜひ話を聞きにきてください。 【求める人物像】 ・シグマアイのミッション、ビジョンに共感し、事業を一緒に拡大したいという意欲をお持ちの方 ・自ら考え、動き、責任をもって主体的に業務を遂行いただける方 ・変化を楽しめる柔軟性をお持ちの方 ・お客様の成功に向きあい誠実にご対応いただける方 ・会社や事業の成長を通じて自己実現を目指したい方 少しでも興味を持たれた方、ぜひお気軽にご応募ください! ざっくばらんにお話ししましょう!
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2019/04に設立

    17人のメンバー

    • CEO can code/
    • Funded more than $1,000,000/

    〒108-0075 東京都港区港南1-2-70  品川シーズンテラス 6階