350万人が利用する会社訪問アプリ

  • フルスタックエンジニア
  • 4エントリー

HRtech×Rails 自社クラウドシステムをグロースさせるエンジニア募

フルスタックエンジニア
Mid-career
4エントリー

on 2022/01/12

213 views

4人がエントリー中

HRtech×Rails 自社クラウドシステムをグロースさせるエンジニア募

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

Takashi Sai

中央大学理工学部卒業、中央大学大学院理工学研究科修士課程修了。在院中の研究 「製品属性と使用者・使用状況の関わりに基づく人的エラーの予測」 で、2014年日本品質管理学会の研究奨励賞を受賞。 2002年、新卒でフューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)株式会社に入社。流通業の情報系システムを中心に9つのプロジェクトに従事。 2008年より当社入社。システム開発の責任者として、「MINAGINE就業管理」 などの開発を担当。2012年より オフショア開発を推進、ベトナムに駐在してシステム運用保守・開発を担当。現在は全社的なシステム利用方針策定、業務のIT化推進に取り組んでいる。 2017年4月より、HR クラウドサービス事業部の部長に就任し、システム開発だけでなく、事業部のマーケティングや営業も統括していく(予定)。

Tomoaki Kusaba

株式会社ミナジンに新卒として入社。 勤怠管理システムのカスタマーサポート・営業・導入・チームマネージャー等を経て(ビジネスサイドのほとんどをやって)、東京オフィスへ転勤。 42Tokyoというパリ発のエンジニア養成機関に通い、コンピュータサイエンスを学ぶ。 新機能の設計を行なっていましたが、最近DevOps推進をしています。

Masanobu Nakagawa

株式会社ミナジンで人事責任者をしています。 ミナジンには新卒1期生として入社、10年を経て社外でチャレンジをした後、再入社した“復帰組”です。 1983年大阪生まれ。 大阪市立大学を卒業後、「日本の人事を変える」というビジョンに共感し、人材ベンチャーに新卒1期生として入社。人事労務サポート事業の立ち上げ参画、新規営業・人事制度コンサルタントとして従事。0→1を経営陣と共に経験してきました。 #HRTEC、人事制度コンサルティング、労務アウトソーシング、社労士法人など その後、「可能性を世界で最も開花させる」という理念に共感し、株式会社リッチメディアへ入社。理念を体現できる組織づくり、事業をドライブさせる人事をテーマに、これまでサービス提供サイドとして関与していた経験を元に「企業人事」として従事。 組織・人員拡大に伴い、人事ファンクションを確立するというタイミングで、ミナジンへ復帰。人事責任者として、「人事のチカラで会社をみんながいきる場所にする」という理念を自社で体現するべく、人事・組織開発の立ち上げを行っています。採用から組織開発、労務まで、人事労務周りの企画・設計&実務の両面に従事しています。

Natsuki Takano

2017年卒としてミナジンに入社し、現在もミナジンで働いています。 入社からコーポレート系の仕事をしています。 【1年目】総務 【2年目】総務&経理 【3年目】総務&経理&労務一部 【4年目】総務&人事(今ココ) モットーは「目の前のことをスピーディーかつ丁寧にやりとげる」です。 社内の人とかかわることが多いです。 今の目標は「ミナジンで働くみんながいきいき働ける環境をつくる」です。 部署・役割をまたいで多くの人とコミュニケーションをとりながら色々なことをすすめています!明るい・積極的に意見を言ってくれる人が多い会社なので、すすめやすいです。 趣味はキャンプ、おうちパーティー、スマホゲームです!(PUBG/FGOなど) 休みをとりやすいので、3連休にして出かけたりすることが多いです。

株式会社ミナジンのメンバー

Takashi Sai

アーキテクト

Tomoaki Kusaba

SRE

Masanobu Nakagawa

人事責任者

Natsuki Takano

総務・人事サポート

中央大学理工学部卒業、中央大学大学院理工学研究科修士課程修了。在院中の研究 「製品属性と使用者・使用状況の関わりに基づく人的エラーの予測」 で、2014年日本品質管理学会の研究奨励賞を受賞。 2002年、新卒でフューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)株式会社に入社。流通業の情報系システムを中心に9つのプロジェクトに従事。 2008年より当社入社。システム開発の責任者として、「MINAGINE就業管理」 などの開発を担当。2012年より オフショア開発を推進、ベトナムに駐在してシステム運用保守・開発を担当。現在は全社的なシステム利用方針策定、業務のIT化推進に取り組ん...

なにをやっているのか

テクノロジー×ヒューマンサポートで「人事労務」総合サービスを提供するHRtechベンチャー 私たちは、人事労務のプロフェッショナルチームです。 「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションのもと、すべての人に働きやすい環境を提供するべく、サービスのローンチから10年を迎えたテクノロジー+ヒューマンサポートを提供する『人事部サービス』を手がけている会社です。 現在は主にベンチャー・中小企業を中心に、人事制度の構築をご支援しています。自社開発によるHRTechシステムと、約30年にわたり蓄積した人事制度の知識やノウハウを掛け合わせることで、システム会社・人事コンサルティング会社単体ではできない人事制度の課題を総合的に解決しています。 当社の強みは人事労務のワンストップサービスを提供していることです。「勤怠管理SaaS」、ルールの整備・見直しを行う「コンサルティング事業」、明確化されたルールに基づいた運用サポートを行う「アウトソーシング事業」を展開しており、お客様の要望に応える形で開始したサービスもあります。 人事業務は勤怠管理1つとっても、法解釈の違いや具体的な管理手続きの方法など、理解が非常に難しく複雑な部分が多くあります。だからこそ、私たち『人事労務のプロ』がサポートに入り、システム会社・人事コンサルティング会社単体ではできない人事制度の課題を総合的に解決しています。 ※サービス紹介はこちら https://minagine.jp/ ■MINAGINE就業管理システム ■MINAGINE労務管理アウトソーシング ■人事評価制度コンサルティング&クラウド ■社労士顧問サービス
社名・ブランドであるMINAGINE(ミナジン)は①経営者・社員を含めた組織で働く「みんなの人事部」、②日本全国すべての会社の「みんなの人事部」、という想いを込めて、創業メンバーで策定しました。
労務管理のワンストップサービスを提供するには各分野のスペシャリストが求められます。エンジニア、社労士、コンサルタント、実務エキスパートなど、違う強みをもったメンバーが連携しながら仕事を進めています。
社員数は現在40名。20代・30代を中心に、分野の違うスペシャリストが少数精鋭で中小企業の人事の課題と向き合っています。
半期ごとに全社員が集まる総会を開催しています。会社・部門方針はもちろんですが、個々人のやりたいこと・目標も議論しながら考えています!(この時はOKRの設定がテーマ)
会社・働き方ともに大変革のタイミングを迎えています。これからの時代に求められる「新しい労務管理の在り方」が問われており、私たちの活躍しどころだと思っています。
メンバーがやりがいをもって働ける会社のベースは「従業員が安心して働ける基盤づくり」だと私たちは考えています。

なにをやっているのか

社名・ブランドであるMINAGINE(ミナジン)は①経営者・社員を含めた組織で働く「みんなの人事部」、②日本全国すべての会社の「みんなの人事部」、という想いを込めて、創業メンバーで策定しました。

労務管理のワンストップサービスを提供するには各分野のスペシャリストが求められます。エンジニア、社労士、コンサルタント、実務エキスパートなど、違う強みをもったメンバーが連携しながら仕事を進めています。

テクノロジー×ヒューマンサポートで「人事労務」総合サービスを提供するHRtechベンチャー 私たちは、人事労務のプロフェッショナルチームです。 「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションのもと、すべての人に働きやすい環境を提供するべく、サービスのローンチから10年を迎えたテクノロジー+ヒューマンサポートを提供する『人事部サービス』を手がけている会社です。 現在は主にベンチャー・中小企業を中心に、人事制度の構築をご支援しています。自社開発によるHRTechシステムと、約30年にわたり蓄積した人事制度の知識やノウハウを掛け合わせることで、システム会社・人事コンサルティング会社単体ではできない人事制度の課題を総合的に解決しています。 当社の強みは人事労務のワンストップサービスを提供していることです。「勤怠管理SaaS」、ルールの整備・見直しを行う「コンサルティング事業」、明確化されたルールに基づいた運用サポートを行う「アウトソーシング事業」を展開しており、お客様の要望に応える形で開始したサービスもあります。 人事業務は勤怠管理1つとっても、法解釈の違いや具体的な管理手続きの方法など、理解が非常に難しく複雑な部分が多くあります。だからこそ、私たち『人事労務のプロ』がサポートに入り、システム会社・人事コンサルティング会社単体ではできない人事制度の課題を総合的に解決しています。 ※サービス紹介はこちら https://minagine.jp/ ■MINAGINE就業管理システム ■MINAGINE労務管理アウトソーシング ■人事評価制度コンサルティング&クラウド ■社労士顧問サービス

なぜやるのか

会社・働き方ともに大変革のタイミングを迎えています。これからの時代に求められる「新しい労務管理の在り方」が問われており、私たちの活躍しどころだと思っています。

メンバーがやりがいをもって働ける会社のベースは「従業員が安心して働ける基盤づくり」だと私たちは考えています。

近年「働き方改革」に伴い、働き方が大きく変容してきています。 HRTech領域はミック研究所の調査結果によると、2017年179.5億円、2018年250.8億円、2019年355億円と順調に推移しており、2023年には1000億円を超える市場規模となることを推測しています。HRTech拡大の背景には、あらゆる人事労務の「課題」が表面化してきたものだと考えています。 これまでの働き方としては、年功序列型賃金や、性別・雇用形態などに格差のある待遇などが主流でしたが、現在は年功序列から成果主義が主流になりつつあります。 それぞれの企業に合った人事制度や働きやすい環境が構築されていなければ、「良い人材が辞めてしまう」ということも少なくなく、従業員から不信・不満を持たれ仕事のパフォーマンスに影響が出ることも少なくありません。こういった課題背景から、問題意識を持って人事労務の課題解決をしようという企業が増えてきています。 本来、会社とは仕事を通じて達成感や成長を味わいながら、安心できる未来を描ける場所で、それを支えるのが人事の仕事だと考えています。 当社が目指すのは今まで以上にテクノロジーの力を活用し、いまだかつてない新しい「人事労務のスタンダート」を築くことです。だからこそ、「人事の力で会社をみんなが生きる場所にする」というコンセプトを掲げ、「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションの実現に向け、邁進し続けています。 《私たちの想い》 ”MINAGINEブランドストーリー”この事業に込めた我々の想い https://www.wantedly.com/companies/minagine/post_articles/54086

どうやっているのか

社員数は現在40名。20代・30代を中心に、分野の違うスペシャリストが少数精鋭で中小企業の人事の課題と向き合っています。

半期ごとに全社員が集まる総会を開催しています。会社・部門方針はもちろんですが、個々人のやりたいこと・目標も議論しながら考えています!(この時はOKRの設定がテーマ)

~事業・組織の未来をともにつくる仲間集め~ HRTechの市場は急拡大しているフェーズです。組織的にも大きな変革が求められており、急拡大のフェーズを支える仲間を集めています。 ミナジンには様々なバックグラウンドをもった社員が在籍しておりますが、それぞれに共通しているのは、「全ての働く人たちが働きやすい環境を作るサポートをしたい」といった想いを持ち、それを実現するために行動していることです。 私たちのサービスを実現するには、人事制度のトータルサポートが必要不可欠です。そのため、システム開発のエンジニア、制度設計のコンサルタント、就業規則作成などの社労士、給与・保険実務のエキスパートなど、各領域の専門家と共にチーム一丸となって人事の課題と向き合い、企業の人事課題を解決へと導いています。 現在はIPOに向けて準備を進めており、各ポジションごとに新体制を構築しているフェーズです。今やる仕事が5年後・10年後と、当社の仕組みとして残っていくため、「体制が構築されたステージ」で働くのではなく、それを「自分で構築したい」というアツい想いを持つ方にとってはピッタリな環境だと思っています。 「働くすべての人が安心して働ける会社・社会を実現する」というミッションに共感でき新しい何かを創り上げることに対しワクワク感を感じながら働きたいと感じている意欲のある方と共に邁進していきたいと思っています。 また、当社は『やりたい』と言ったことに対して機会を奪うことは基本的にしません。成長機会を貪欲に求めたい人や、自分の実力をもって、大暴れしたい人、今いる場所では何かできないことがあるのだとしたら、ぜひミナジンで挑戦してほしいと思っています。 《当社の組織運営に関する記事》 ・「感情の衝突」はどう避ける? ミナジン取締役が実践する「個を消す組織改善」 https://wevox.io/media/dio_story_minagine/ ・感謝の言葉で人を繋げば事業への誇りが自然と生まれる https://blog.unipos.me/2018/01/05/minagine/ ・「称賛し合う文化」は自発的な行動を生むーー組織の一体感醸成で得た確信 https://www.pr-table.com/minagine/stories/17818

こんなことやります

事業拡大・市場拡大につき、エンジニア積極採用中!! サービス拡大のため、本格的なエンジニア組織の立ち上げフェーズです。 ▼自社サービスのため、顧客からのフィードバックを元にサービス改善できる! ▼自分の業務分担部分だけではなく機能の提案や改善ができる ▼少数精鋭のため、裁量の範囲は広く他部署と連動した新機能開発などもできます! □■このポジションならではの魅力、得られるもの■□■□■□ 自社サービス「MINAGINE就業管理」の開発に関わっていただきます。 企業様の勤怠管理の悩みを、クラウドシステムで解決することができるサービスなので、とてもやりがいを感じることができます。 例えば、負担なく正確に勤怠を取れるか、など新しい技術を利用して解決していくチャレンジャブルな仕事に関わっていただきます。 発展中の部署のため、小さな事から「どんな技術を使うのか?」なども自分で決めていくことができます。 社内のコミュニケーションは、役員を含め社員同士のコミュニケーションツールが充実しているので、横串連携がしやすい環境です。 また、ベトナムでのオフショア開発を行っています。海外開発に興味がある!と言うエンジニアには海外開発にも関わっていただきます。 □■□■□■□■□■□■□■□ 現在、日本における企業数は558万社と言われています(総務省統計局より) 企業が存在すると、必ずと言って良いほど発生するのが「給与計算」や「勤怠管理」などの「労務」。 各企業が「勤怠管理や給与計算のやり方を変えなければならない!」という意識を強く持ち、労務管理に取り組んでいます。 今回のポジションでは、自社SaaSサービス「MINAGINE就業管理(勤怠管理システム)」のシステム設計~実装など、幅広い範囲で開発業務を担っていただきたいと思います。私たちは人事のプロとして各企業の「働き方改革」の実現をサポートするために、今まで以上に機能開発・デリバリーのスピードアップが必要になっており、さらなる開発スピードを早められるフルスタックエンジニアを求めています。 【具体的な業務内容】 ・「MINAGINE就業管理(勤怠管理システム)」機能拡張・改善の設計、開発 ・システム設計 ・実装 ・今後のシステム拡張を見越した技術検証 ・RubyOnRailsでの開発 ・既存コードのリファクタリング・パフォーマンスチューニング ・コードレビュー etc 【開発環境】 - 言語:Ruby(Web)、Swift(iOS)、Kotlin(Android) - フレームワーク:Ruby On Rails - リポジトリ:GitHub - プロジェクト:Jira, GitHub, FreshRelease - インフラ:AWS - コミュニケーションツール:Slack、Notion - ドキュメンテーション:Notion, GoogleWorkspace 当社は『全ての人が安心して働ける社会の実現』を叶えるために “MINAGINE社のミッション、実現したい世界に共感してくれる方”と一緒に会社を成長させていきたいと考えています。 ビジョンに少しでも興味を持ってくれる方、まずはお話ししませんか? お気軽なご応募をお待ちしております!
1人がこの募集を応援しています

1人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

1989/03に設立

50人のメンバー

  • Funded more than $300,000/
  • Expanding business abroad/

東京都千代田区神田錦町2丁目4番 ダヴィンチ小川町3階