350万人が利用する会社訪問アプリ

  • AWSインフラ/SRE
  • 7エントリー

エンジニアファースト!NTTドコモ発の翻訳サービスベンチャーでSRE募集!

AWSインフラ/SRE
Mid-career
7エントリー

on 2022/03/14

560 views

7人がエントリー中

エンジニアファースト!NTTドコモ発の翻訳サービスベンチャーでSRE募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Ryosei Kawamura

みらい翻訳のWEBアプリケーションエンジニア。 自社のプロダクト「Mirai Translator」開発に立ち上げから関わり、バックエンドAPI開発をメインにアプリケーション設計、インフラ構築、デプロイパイプライン構築を行い、日々 Mirai Translator の成長を支えている。最近はSREとしてアーキテクチャ刷新や運用設計を担当。サービス2年目で600%の売り上げ成長を支える。 また、devopsの領域に関わり、開発チームと運用チームのサイロ化改善の促進やセールスチームとの連携によるデリバリーの改善も進めている。 前職では1秒約8000件のツイートを処理するシステムの開発、運用を担当。 大量のツイートを常にDBや全文検索エンジンに登録するシステムを支えてきた。 趣味はピアノとキャンプ。

FaaS/コンテナ化への道のり Cloud Native Days Tokyo(CNDT) 2020で登壇しました!

Ryosei Kawamuraさんのストーリー

Masachika Yamaguchi

大学卒業後に入社したユーザ系SIerで業務系システムの開発・運用に従事。開発と兼任していたDB構築・運用のスキルをきっかけにネット広告の事業会社にインフラエンジニアとして転職。トラフィックの多い広告・デジタルマーケティング系サービスのインフラ構築・運用を経験した後、開発PM、マネージャーへとシフト。2020年9月からは株式会社みらい翻訳にてエンジニアリングマネージャーを務める。

毎日開催に感謝!「5分だけ勉強会」を振り返りました

Masachika Yamaguchiさんのストーリー

Takeshi Kasuya

大学卒業後、金融系SIerに入社。4年の実務経験を経て、26歳の時に、友人たちとゲーム半分/SI半分の会社の立ち上げに参画。開発本部長、取締役として、10年勤務。その後、靴のECサイトの立ち上げ、生鮮食品ECサイトの開発部を経て株式会社ROIに入社。開発部部長として、ファンくる・ぐるリザ他の開発を統括。 2020年7月より 株式会社みらい翻訳のエンジニアリングマネージャー。 Jリーグ ヴィッセル神戸サポーター。 週末はスタジアムでビール飲んでるか、テレビの前でビール飲んでるかどちらかです。 ヒゲで帽子でメガネ。 ネタTシャツ好き

今、みらい翻訳にJOINすべき3つの理由

Takeshi Kasuyaさんのストーリー

株式会社みらい翻訳のメンバー

みらい翻訳のWEBアプリケーションエンジニア。 自社のプロダクト「Mirai Translator」開発に立ち上げから関わり、バックエンドAPI開発をメインにアプリケーション設計、インフラ構築、デプロイパイプライン構築を行い、日々 Mirai Translator の成長を支えている。最近はSREとしてアーキテクチャ刷新や運用設計を担当。サービス2年目で600%の売り上げ成長を支える。 また、devopsの領域に関わり、開発チームと運用チームのサイロ化改善の促進やセールスチームとの連携によるデリバリーの改善も進めている。 前職では1秒約8000件のツイートを処理するシステムの開発、運用を担...

なにをやっているのか

みらい翻訳は、AI自動翻訳"FLaT/Mirai Translator®"を開発・運営しており、NTTドコモが機械翻訳事業の強化を図るため、2014年に設立されたベンチャー企業です。 「言語の壁を越える」ことをビジョンに、根底には長年言語の壁に苦しんできた日本人に「英語を母語とする人と同じ体験をしてほしい」という思いがあります。 機械翻訳技術は海外との取引やグローバル展開など後押しし、日本や日本企業の世界における活躍を促進できるものです。ビジネスシーンの中で機械翻訳を日常的に利用することで、誰もが言語の違いを意識することなく日々の業務を行える社会を目指し「言語の壁をこえる」世界を実現する第一歩として、2017年にMirai Translator®をローンチしました。機械翻訳エンジンからサービス提供のプラットフォームも自社で開発し技術開発から提供まで一貫して行うことで、自社内で改善ループを回しています。 事業は2019年に黒字化し、プロダクトも組織も成長フェーズです。 次なる目標は、「社会になくてはならないプロダクト」から「社会になくてはならない組織への成長」です。具体的にはARR100億、現在の顧客基盤を大きく成長させつつ、LTVの引き上げを可能とする付加価値の高いサービスを継続的に生み出す仕組みを作っていきます。 ◆高い翻訳精度とセキュリティを誇るBtoB AI自動翻訳サービス ■ 翻訳精度(TOEIC960点相当の精度を誇る自社開発機械翻訳エンジン) - 実際に精度を試していただけます!お試し翻訳(https://miraitranslate.com/trial/) - 時短メール英作文サービスβ版+(https://plus.miraitranslate.com/) ■ 高セキュアなクラウド環境 全ての翻訳処理を日本国内サーバで自社運用しており、翻訳ログも一切残しません。多言語オプションも自社サーバ内で運用しているため、情報漏洩のリスクが少なく安心してご利用いただいています。 - 国内クラウド機械翻訳で初(※1)のISO27017認証取得。 総務省の多言語翻訳の要件に準拠などの実績があります ※1.「ISMS クラウドセキュリティ認証取得組織検索」 2020年4月14日付の公表情報より https://isms.jp/isms-cls/lst/ind/index.html ◆サービス紹介(動画) https://www.youtube.com/watch?v=0sjd-PdshGk 【主な事業内容】 ■AI自動翻訳SaaSサービス 自社開発した機械翻訳サービス "FLaT/Mirai Translator®" を企業様向けに提供しています。 ・高い翻訳精度(TOEIC960点相当の精度を誇る自社開発機械翻訳エンジン) ・高セキュアなクラウド環境(全ての翻訳処理を国内サーバで自社運用) ・テキスト翻訳、ファイル翻訳(Text、Word、Excel、PowerPoint、PDFファイルに対応) ・文体制御機能(「です・ます調」「だ・である調」いづれかの選択出力) ・装飾文字機能(Officeファイル/Ward,PDF)のファイル単語用語の文字装飾を保持する機能 ・ユーザ視点でのUXを追求 ■パートナーサービス  いわばOEMのように、パートナー企業が提供するサービスの中の翻訳エンジンにMirai Translator®をご活用いただいています。 ・多言語対応サポートサービス(はなして翻訳) ・多言語音声翻訳サービス(対面ホンヤク) ・文化観光業界特化型AI翻訳サービス(ひかりクラウドcototoba) ・AI翻訳プラットフォームサービス(COTOHA Translator) ・ビジネス文書のAI翻訳サービス(Zinrai Translation Service) 【注目ニュース・記事】 ・プレスリリース「新サービス「みらい翻訳Plus」提供開始のお知らせ」 https://miraitranslate.com/news/2022/ ・NewsPicks 「ビジネスの生産性を“爆上げ”する、日本のAI自動翻訳がすごい」 https://newspicks.com/news/7620175 ・NewsPicks 「AI翻訳時代、英語との“付き合い方”とは」 https://newspicks.com/news/8358502 ・「ChatGPTだけじゃない。翻訳も進化するAI時代、英語の”操り方”を知る90分」(動画) ■Session1(個人編)/https://youtu.be/QiC9n32mus0 ■Session2(組織編)/https://youtu.be/AIw4lXfnGLw
Mirai Translator®︎の翻訳画面
お試し翻訳(https://miraitranslate.com/trial)
女性メンバーも増え、パパママも多く活躍している環境です

なにをやっているのか

Mirai Translator®︎の翻訳画面

お試し翻訳(https://miraitranslate.com/trial)

みらい翻訳は、AI自動翻訳"FLaT/Mirai Translator®"を開発・運営しており、NTTドコモが機械翻訳事業の強化を図るため、2014年に設立されたベンチャー企業です。 「言語の壁を越える」ことをビジョンに、根底には長年言語の壁に苦しんできた日本人に「英語を母語とする人と同じ体験をしてほしい」という思いがあります。 機械翻訳技術は海外との取引やグローバル展開など後押しし、日本や日本企業の世界における活躍を促進できるものです。ビジネスシーンの中で機械翻訳を日常的に利用することで、誰もが言語の違いを意識することなく日々の業務を行える社会を目指し「言語の壁をこえる」世界を実現する第一歩として、2017年にMirai Translator®をローンチしました。機械翻訳エンジンからサービス提供のプラットフォームも自社で開発し技術開発から提供まで一貫して行うことで、自社内で改善ループを回しています。 事業は2019年に黒字化し、プロダクトも組織も成長フェーズです。 次なる目標は、「社会になくてはならないプロダクト」から「社会になくてはならない組織への成長」です。具体的にはARR100億、現在の顧客基盤を大きく成長させつつ、LTVの引き上げを可能とする付加価値の高いサービスを継続的に生み出す仕組みを作っていきます。 ◆高い翻訳精度とセキュリティを誇るBtoB AI自動翻訳サービス ■ 翻訳精度(TOEIC960点相当の精度を誇る自社開発機械翻訳エンジン) - 実際に精度を試していただけます!お試し翻訳(https://miraitranslate.com/trial/) - 時短メール英作文サービスβ版+(https://plus.miraitranslate.com/) ■ 高セキュアなクラウド環境 全ての翻訳処理を日本国内サーバで自社運用しており、翻訳ログも一切残しません。多言語オプションも自社サーバ内で運用しているため、情報漏洩のリスクが少なく安心してご利用いただいています。 - 国内クラウド機械翻訳で初(※1)のISO27017認証取得。 総務省の多言語翻訳の要件に準拠などの実績があります ※1.「ISMS クラウドセキュリティ認証取得組織検索」 2020年4月14日付の公表情報より https://isms.jp/isms-cls/lst/ind/index.html ◆サービス紹介(動画) https://www.youtube.com/watch?v=0sjd-PdshGk 【主な事業内容】 ■AI自動翻訳SaaSサービス 自社開発した機械翻訳サービス "FLaT/Mirai Translator®" を企業様向けに提供しています。 ・高い翻訳精度(TOEIC960点相当の精度を誇る自社開発機械翻訳エンジン) ・高セキュアなクラウド環境(全ての翻訳処理を国内サーバで自社運用) ・テキスト翻訳、ファイル翻訳(Text、Word、Excel、PowerPoint、PDFファイルに対応) ・文体制御機能(「です・ます調」「だ・である調」いづれかの選択出力) ・装飾文字機能(Officeファイル/Ward,PDF)のファイル単語用語の文字装飾を保持する機能 ・ユーザ視点でのUXを追求 ■パートナーサービス  いわばOEMのように、パートナー企業が提供するサービスの中の翻訳エンジンにMirai Translator®をご活用いただいています。 ・多言語対応サポートサービス(はなして翻訳) ・多言語音声翻訳サービス(対面ホンヤク) ・文化観光業界特化型AI翻訳サービス(ひかりクラウドcototoba) ・AI翻訳プラットフォームサービス(COTOHA Translator) ・ビジネス文書のAI翻訳サービス(Zinrai Translation Service) 【注目ニュース・記事】 ・プレスリリース「新サービス「みらい翻訳Plus」提供開始のお知らせ」 https://miraitranslate.com/news/2022/ ・NewsPicks 「ビジネスの生産性を“爆上げ”する、日本のAI自動翻訳がすごい」 https://newspicks.com/news/7620175 ・NewsPicks 「AI翻訳時代、英語との“付き合い方”とは」 https://newspicks.com/news/8358502 ・「ChatGPTだけじゃない。翻訳も進化するAI時代、英語の”操り方”を知る90分」(動画) ■Session1(個人編)/https://youtu.be/QiC9n32mus0 ■Session2(組織編)/https://youtu.be/AIw4lXfnGLw

なぜやるのか

「言語の壁を超える」ことをビジョンに、世界中の人々が、異なる言語を用いて自由にコミュニケーションが出来る世界を目指しています。 SaaS AI自動翻訳プロダクトであるFLaT/Mirai Translator®は、TOEIC960点以上のプロの翻訳者と同等の精度を発揮し、翻訳精度が高いだけではなく、簡単に日常でストレスなく使えることを追求し社会の生産性向上に貢献します。 ▼事業の成長性について 日本人の4分の3は英語でのコミュニケーションがとれないと言われています。DXという言葉がフォーカスされているように、企業の業務効率化のニーズは高く、日本人がさらにグローバルに活躍するためにもサービスの機能性とセキュリティ面での安全性のバランスをもった翻訳サービスが求められています。 NTTドコモからの出資を受けていることもあり、データの保管方法と機密情報の保持については最高レベルを誇っています。省庁やメガバンクなどクラウドサービスの利用に厳しい規定がある企業・組織でも利用実績を持ち、リモートワークの普及によりセキュリティに注目が高まる中、需要がさらに高まっています。今後は、ランゲージプラットフォーム事業としてビジネス拡充を目指しサービスを展開していきます。 ▼機械翻訳による市場創造 現在、人手翻訳を機械翻訳で置き換えるという軸で市場浸透が進んでいますが(プロ翻訳者の仕事を機械が奪うという構造)、本来機械翻訳でしかできない領域がたくさんあります。世界中のコンテンツから調査をストレスなくできれば、あらゆる観点から知見を得ることができます。無意識に世界を狭めている現状から、言語ハンディキャップがなくなれば、世界が変わります。技術を使い、世界を変えるのが我々のミッションです。

どうやっているのか

女性メンバーも増え、パパママも多く活躍している環境です

【大切にしていること/コーポレートアイデンティティ】 ◆テクノロジードリブン 技術をコアにビジネスグロースしている弊社では、エンジニアのみならず、職種関係なく技術を大切にしています。 
職種割合はエンジニア割合が多い環境です。CEOはエンジニアでCTOを兼任しており、経営と技術が高度に統合された組織であることも特徴です。 ◆自分ごと化する 「一人称で考える」「自らホワイトスペースを埋める」が口癖の文化です。皆ひとりひとりが当事者意識をもち、自分事化してプロジェクトを進めています。 ◆フラットな組織 「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」が重視される会社です。その象徴として、雇用形態や役職関係なく、敬称略でニックネームで呼び合う文化があります。社長はじめ、入社当日から新入社員もみんなお互いをニックネームで呼んでいます。 年齢層は30代が多く、ベンチャーでありながらも落ち着いている雰囲気があります。 【働き方】 ◆リモートワーク 職種にかかわらずリモートワークが可能です。リモートワーク可能な日数にも制限はありません。 ※地方メンバーも増えてきています ※物理的に出社が必要な場合やPJ都合で出社の可能性もございます ◆裁量労働制、フレックス制度 - エンジニア・デザイナーは裁量労働制 - セールス・バックオフィス部門はフレックス制適用(フルフレックス) 原則9:30-18:00とし朝から仕事を始めるメンバーが多いです。
各部で朝会などを実施してから業務開始するなどコミュニケーションをとっています。 【コミュニケーションの取り方など】 ・社内コミュニケーションSlackを利用 ・SlackハドルミーティングやZoom,バーチャルオフィスoviceなど場面に応じてツールを利用しコミュニケーションをとっています ・ドキュメントはConfluenceやDocBaseを利用 ・隔週で全社MTGを実施(チーム状況共有会) ・土日祝休み(24年 年間休日129日(1/1起算日)) ◆技術ブログ https://miraitranslate-tech.hatenablog.jp/ https://qiita.com/organizations/miraitranslate ◆2021Developers Summitで、弊社エンジニアリングマネージャが登壇しました! 「さぁ、フルサイクル開発をはじめよう」 https://speakerdeck.com/catnapper_mar/lets-start-full-cycle-development ◆2022 Developers Summitで、弊社エンジニアが登壇しました! 「リーンな開発を目指す第一歩」 https://speakerdeck.com/mirai_miyata/first-step-for-lsd 本登壇内容がCodeZineに掲載されました! https://codezine.jp/article/detail/15701

こんなことやります

【募集背景】 開発はBizDevOpsを実現するべくマイクロサービス開発チームとして変わりつつあり、その中でSite Reliability Engineeringの考えに基づいて環境を整備していくため、可用性や信頼性の維持・向上に日々取り組んでいます。 幅広い知識や豊富なプログラミング技術を活かしたデプロイ・モニタリングなどSREとして活躍いただける方を募集します! 【主な業務内容】 ・Mirai Translator®および関連アプリケーションについての信頼性向上のための各種取り組み  -クラウドインフラ構築における開発チームのリーディング、サポート  -SLI/SLOの定義  -監視システムの構築・サービスの信頼性に関するデータの分析・アラート対応  -ダウンタイムを極小化するための仕組みの構築  -運用全般の自動化によるToilの削減 ・フルサイクル開発を実現するためのツール開発や技術サポートなど、開発チームの課題解決のための取り組み  -CI/CDパイプラインの構築・運用  -IaC化、コンテナ化の推進  -プロダクトに関する各種メトリクスの分析環境の構築・運用 【求める必須スキルや経験】 ・Linuxサーバの運用に関する基礎的な知識 ・クラウドインフラの構築・運用経験(AWS, Azure, Google Cloud) ・Webアプリケーション、OS、ネットワーク、DNS、DB、セキュリティ、仮想化技術等に関する基礎的な知識 ・監視実装、運用の自動化、IaCツール利用などによるプログラミング経験 ・GitHub などを使った Pull Request ベースでの開発の経験や理解 ・チーム開発の経験 ・歓迎スキルのうちどれか1つ以上当てはまるもの 【歓迎スキルや経験】 ・AWS ECS/EKS、GKE、Cloud Run などによるコンテナアプリケーションの開発運用の経験 ・CI/CDパイプラインの構築経験 ・Webサーバ や データベースなどのミドルウェアの構築・運用、チューニングなどの経験 ・クラウド技術を用いた開発経験(AWS EC2, Lambda, DynamoDBなど) ・Webアプリケーションのバックエンド、フロントエンドなどの開発経験 ・DAST/SASTツールの運用や、CSIRTなどでのセキュリティ対策活動の経験 ・SLI/SLOやエラーバジェットに基づいたSREの実践経験 ・AWSのコスト計算と改善の知見 ・スクラム開発の経験 ・BtoBサービスでの開発・運用経験 ・技術や開発成果の発信経験 (勉強会、ブログなど) 【社内の技術環境や使用言語】 ◇インフラ AWS(EC2,ECS,S3,SQS,Lambda,Cognito,CloudFormation,Aurora,ElastiCache,DynamoDB, etc.) ◇フロントエンド:Language/Framework React, Angular, TypeScript ◇バックエンド:Language/Framework Java, Scala, Akka, PHP, Python ◇テスト Junit, Pytest, Selenium ◇監視、モニタリング、分析 Mackerel, CloudWatch, site24x7, Elastic Cloud ◇バージョン管理、デプロイ GitHub, CircleCI, GitHub Actions, CodeDeploy 【こんな方を求めています!】 ・コーディングや開発技術が好きで、開発が楽しいと思える方 ・心理的安全性について理解し、ポジティブに議論できる方 ・自身の成長とメンバーの成長を一緒に喜ぶことができる方 ・目的遂行のために、様々な可能性を検討し実行できる方 ・新しい開発技術をキャッチアップできる方 ・チームのメンバーを理解し、信頼することができる方 【仕事・本ポジションの魅力】 ・言語や環境においてモダンで先端的な技術に触れることができる (サーバレスやコンテナ技術、関数型言語など) ・機械翻訳というディープテック企業の成長期(フェーズは1→100へと広げていく段階)において、会社の成長と自身の成長を同時に体験できる ・将来的に開発リーダーを経て、マネージメント職(開発マネージャー)やシステムアーキテクトなど役職になることも可能 機械翻訳をはじめとした言語処理の分野は今後の市場将来性が大きく、通訳者不足を解消し、日々の生産性向上へ貢献しながら、いつの日か当たり前に言語の壁を超えている世界を一緒に目指しませんか? 少しでも興味をお持ちいただけたら、是非お気軽にエントリーしてください! ご応募心よりお待ちしております!
31人がこの募集を応援しています

31人がこの募集を応援しています

+19

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2014/10に設立

60人のメンバー

東京都渋谷区渋谷二丁目22番3号 渋谷東口ビル 2F