350万人が利用する会社訪問アプリ

  • フロントエンドエンジニア
  • 7エントリー

継続率99%超のSaaSプロダクトを、開発から支えるフロントエンド募集

フロントエンドエンジニア
Mid-career
7エントリー

on 2022/04/07

499 views

7人がエントリー中

継続率99%超のSaaSプロダクトを、開発から支えるフロントエンド募集

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Katsuya Fujii

東京大学大学院博士課程卒業。マサチューセッツ工科大学 MIT Media Lab で訪問研究員として研究に従事した後、米国でのベンチャー企業立ち上げに参入。共同設立者としてHubbleを始動、同社CTOに就任。

齋藤 航平

Shimpei Hayakawa

【自己紹介】 1991年生まれ。兵庫県猪名川町出身です。 小中高と野球をやっていました。2番セカンドのタイプで、小技系のプレイヤーでした。 1アウト・ランナー1塁で、バントのサインを出されたことがあります。 【性格】 明るい性格で、話しかけやすいと思います! 謙遜しすぎず、大きく見せようともせず、等身大でいるように意識しています! 【趣味】 カフェ巡り・漫画・レゴ お酒も大好きです。 海外のSaaSプロダクトを調査するのも好きです。 【Hubbleでの仕事内容】 プロダクト開発・ファイナンスが主です。 シリーズAの発表をした際にプロダクト開発にかける思いをnoteに書いたので、ご興味がございまいたら、ぜひお読みください! ----------- 熱狂を生み出す「プロダクト開発の根本思想」について https://note.com/peishin/n/nb8323c8fd194 ----------- 【最近のアップデート】 スタートアップイベント ICCのピッチコンテストに出ました。 サービス内容は分かりやすいと思うので、ぜひ見てください! https://youtu.be/gELfuGv0mCU

Hubble早川晋平が語る「リーガル領域にもたらしたい新しい価値と体験」

Shimpei Hayakawaさんのストーリー

奈緒 坂脇

2022年10月にHubbleにジョイン 現在はDev採用をメインに、採用広報を担当、 その他制度企画・運用をはじめとした人事業務全般。 他にも自社運営メディアの写真撮影も担当しています◎ note:https://note.hubble-docs.com/ Legal Ops Lab:https://hubble-docs.com/legal-ops-lab

株式会社Hubbleのメンバー

東京大学大学院博士課程卒業。マサチューセッツ工科大学 MIT Media Lab で訪問研究員として研究に従事した後、米国でのベンチャー企業立ち上げに参入。共同設立者としてHubbleを始動、同社CTOに就任。

なにをやっているのか

■どんなプロダクトをやっているのか 『迅速で、ミスのない業務フローを実現する 契約書管理クラウドサービス』 Hubbleは、法務に携わる方の契約業務に係るコミュニケーションコストの削減と、契約書の履歴管理を重視する、法務機能の最大化を支援するクラウド型ソフトウェアです。 https://hubble-docs.com/ ■プロダクトを「もっと知りたい」と思ったアナタへ Hubbleというプロダクトの特徴を伝えようとすると、Wantedlyの”何をやっているのか”だけで表現するのが難しいです。そこで、先日CEOの早川が登壇したピッチイベントでの映像をご紹介します。『Hubble』というプロダクトの特徴や強みなどをご紹介しています。 https://www.youtube.com/watch?v=gELfuGv0mCU ■海外では伸びているCLM市場 契約の周辺業務を効率化するCLM(Contract Lifecycle Management)という市場が海外では成長しており、ユニコーン企業と呼ばれる企業も出てきました。Hubbleもまさに、契約業務の課題を解決するこの市場を日本で創り上げていこうとしています。
Microsoft Word はそのままに、 最先端の法務を実現
統一されたNDAに各社が同意することで、 よりフェアでスピーディな世界を
Hubbleは社員同士の仲が良いです
オフィスは恵比寿から徒歩5分程度
当たり前の世界を一緒に作っていきましょう
良質な人間関係を築くためにコミュニケーションには時間をかけて

なにをやっているのか

Microsoft Word はそのままに、 最先端の法務を実現

統一されたNDAに各社が同意することで、 よりフェアでスピーディな世界を

■どんなプロダクトをやっているのか 『迅速で、ミスのない業務フローを実現する 契約書管理クラウドサービス』 Hubbleは、法務に携わる方の契約業務に係るコミュニケーションコストの削減と、契約書の履歴管理を重視する、法務機能の最大化を支援するクラウド型ソフトウェアです。 https://hubble-docs.com/ ■プロダクトを「もっと知りたい」と思ったアナタへ Hubbleというプロダクトの特徴を伝えようとすると、Wantedlyの”何をやっているのか”だけで表現するのが難しいです。そこで、先日CEOの早川が登壇したピッチイベントでの映像をご紹介します。『Hubble』というプロダクトの特徴や強みなどをご紹介しています。 https://www.youtube.com/watch?v=gELfuGv0mCU ■海外では伸びているCLM市場 契約の周辺業務を効率化するCLM(Contract Lifecycle Management)という市場が海外では成長しており、ユニコーン企業と呼ばれる企業も出てきました。Hubbleもまさに、契約業務の課題を解決するこの市場を日本で創り上げていこうとしています。

なぜやるのか

当たり前の世界を一緒に作っていきましょう

良質な人間関係を築くためにコミュニケーションには時間をかけて

■契約のプラットフォームに。 ・合意のプロセスを最適化し、契約のプラットフォームになる。 ・良質な関係で取引をスタートできるよう、Hubble は契約というコミュニケーションから企業間の信頼関係を支える。 ■すべての企業の契約業務のインフラに。 ・これまで複雑だった契約書のやりとりや管理を、シンプルに、スムーズに、そして楽しくする。 ・データベースとなり、 「契約書のすべてはここにある」という安心感を提供する。 ・ミスが起こり得ない仕組みを構築し、人間が強みにフォーカスできるようにする。 ■世界最高峰のユーザー体験を目指して。 ・管理者主体からユーザー主体の時代に選ばれるプロダクトであるためにも、世界最高峰の利用体験目指して提供し続ける。 ・Hubble を使うことがユーザー自身の喜びとなる、関わりたいコミュニティーであり続ける。

どうやっているのか

Hubbleは社員同士の仲が良いです

オフィスは恵比寿から徒歩5分程度

■Purpose & Values 2022年の秋に、Hubbleではカルチャーを言語化したPurpose & Valuesを策定しました。意思決定をするときには、この5つのValuesに沿った行動ができているかを軸に考えています。 https://note.hubble-docs.com/n/n3e140130e3b0 ■事業を支える3人の経営陣営 Hubbleでは、プロダクト全域をCEOの早川・開発をCTO藤井・ビジネスサイドをCLO酒井が管掌しています。入社後は自分の上司だけでなく、3人の経営陣と近い距離で仕事をするのも、Hubbleの特徴です。 CEO早川:https://note.hubble-docs.com/n/nf1a4da060f39 CTO藤井:https://note.hubble-docs.com/n/n84b6ca164f8b CLO酒井:https://note.hubble-docs.com/n/ne9f65c6180c9 ■Hubbleで働く環境 勤務時間: コアタイムなしのフルフレックスタイム制です。 フレキシブルタイムは6時〜22時。 個々のライフスタイルに合わせて働くことが可能です。 リモートワークについて: リモートワークが可能となっています。何日以上出社といったルールはありませんが、業務で必要な場合はオフィスに出社いただきます。オフィスは恵比寿から徒歩5分程度(https://note.hubble-docs.com/n/nc8348ef67897)。 入社時特別休暇: 入社してすぐに付与する「特別休暇制度」。入社したその日に付与されるもので、入社半年後に付与される有給とは別に、5日間の休暇を入社から6ヶ月の間に任意のタイミングで利用できる制度です。 スキルアップの福利厚生: 業務で必要な本を会社で購入しています。購入した本は会社の本棚で保管しているため、一緒に働くメンバーでシェアすることも可能です。また、外部セミナーなどに参加する際も、マネージャーの許可があれば会社負担でのサポートを行なっています。

こんなことやります

■募集背景 Hubbleは2022年にシリーズA 6.5億円の資金調達を行いました。 これまでのメインターゲットはスタートアップやベンチャー企業でしたが、 今後はSMBやエンタープライズ領域にも注力していく予定です。 異なるターゲットにを獲得していくためにも、プロダクトをより成長させる必要があります。 ■仕事のミッション ビジネス版のGitHubと呼ばれる「Hubble」のフロントエンドの開発を担当していただきます。 さらに事業のグロースを加速させるべく、Hubbleの新機能開発、メンテナンスなどを行っていただきます。 ■具体的な業務内容 - Hubbleを新規顧客/既存顧客に届けるための機能開発 - お客様の法務業務を深く理解した上で、あるべき仕様への落とし込み - Webフロントエンドの技術選定・設計方針策定 - プロダクト全体のUI/UX設計・実装 - カスタマーサクセス・マーケティング・セールスチームとの連携 ■開発環境 - 言語 : TypeScript - フレームワーク : Angular - インフラ・ミドルウェア : AWS、GCP、GitHub Actions - テストツール:Jest、Testing Library、Cypress、Storybook - 開発ツール : GitHub、Nx、Slack、Asana - 貸与PC:MacBook Pro ■この仕事で出来る経験 - UI/UX(デザインシステム)の構築から携わることができます - 大規模に対応するアーキテクチャの設計プロセスから関与することができます - トップダウンで作るのではなく、顧客の生の声をもとに仕様や挙動の「あるべき姿」「一番良い体験」を自ら考え、開発することができます ■働き方 - 開発部門はリモートワーク中心です。必要に応じて出社をしオフラインでのコミュニケーションを交えながら開発を行っています。 - フルフレックスのため、自分自身が一番集中しやすい時間帯で開発することが可能です。 - 技術力向上のため、就業中のカンファレンス参加や、セミナーの一部費用負担を行っています。 - 副業も許可しております。MGRの許可が必要ですが、競合他社や業務時間中でなければ原則問題ありません。 ■必須スキル - Webアプリケーションのフロントエンド開発(3年以上) - ステークホルダーと連携し、プロダクト開発を遂行するコミュニケーション能力 ■歓迎スキル - Angularを用いたフロントエンド開発 - お客様のUXを意識した、Webサービスのフロントエンドを構築した経験 - WebフロントエンドのUI・UXの設計経験 - ビジネスサイドとコミュニケーションを取り、プロダクト開発を進めてきた経験 - プロジェクトマネジメントまたはチームリーダー経験 ■求める人物像 - HubbleのPurpose & Valuesに共感していただける方 - 納期意識が高く、チームとコミュニケーションしながら開発できる方 - 積極的に技術や知識を身につけるような学習意欲が高い方 - フィードバックを積極的に行い合い、真摯に受け止める姿勢をお持ちの方
9人がこの募集を応援しています

9人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/04に設立

39人のメンバー

  • CEO can code/
  • Funded more than $300,000/
  • Funded more than $1,000,000/

東京都渋谷区恵比寿西-丁目7−3 いちご恵比寿西ビル5階